■ 氏名
奥谷 文乃 (オクタニ フミノ)
OKUTANI Fumino

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Medical Sciences Cluster, Nursing Science Unit/Professor
教育研究部 医療学系 看護学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Medical School, Nursing Course, Community Nursing Science
医学部 看護学科 地域看護学

■ 連絡先
住 所
電 話088-880-2560
F A X
E-Mailokutanif●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等

■ 出身学校・専攻等
高知医科大学 (医学部 医学科) 1984 (卒業)

■ 取得学位
博士(医学) (論文) 高知医科大学 神経科学一般

■ 研究職歴
1987-1987 高知医科大学附属病院 助手
1991-2002 高知医科大学 助手
2002-   高知医科大学助教授


■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞
高砂研究奨励賞(匂部門) (2002)

■ 所属学会
日本神経科学会
 ( 国内)
日本生理学会
 ( 国内)
日本耳鼻咽喉科学会
 ( 国内)
日本味と匂学会
 ( 国内)
(Society for Neuroscience)北米神経科学会
 ( 国外)
日本産業衛生学会
 ( 国内)
日本医学教育学会
 ( 国内)

■ 専門分野
神経科学
耳鼻咽喉科学

■ 主な研究テーマ・活動
嗅覚嫌悪学習成立の神経機構
ヒト脳における嗅覚情報処理過程
日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
高知大学岡豊事業場 産業医

■ 研究についてのPR
生まれて間もない幼若ラットはまだ視覚も聴覚も発達しておらず、自分の世話をしてくれる母のにおいをよく覚える。このように幼い動物は嗅覚と皮膚感覚に頼って発育する。そこで生まれたばかりの動物ににおいを覚えさせ、そのときにおこる脳の中の変化を探求している。 またわれわれが何かのにおいをかいだときには、「○○のにおい」というようにある対象物を思い浮かべることが多い。そこでにおいの情報が脳の中で他の情報(視覚、聴覚)とともにどのように処理されているか、fMRIを使って明らかにすることをめざしている。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
医学部および修士課程 生理学(感覚)
看護師養成課程 生理学一般
言語聴覚士養成課程 耳鼻咽喉科学
大学院黒潮圏海洋科学研究科 嗅覚生理心理学特論

■ 研究業績(論文・解説)
Evaluation of “Open Essence” odor-identification test card by application to healthy volunteers
 Auris Nasus Larynx (Fumino Okutania, Kahori Hirose, Taisuke Kobayashi, Hideto Kaba, Masamitsu Hyodo) /, (学術雑誌) org/10.1016/j.anl.2012.02.007

Common properties between synaptic plasticity in the olfactory bulb and olfactory learning in young rats.
 Neuroscience (Zhang J-J, Okutani F, Huang G-Z, Taniguchi M, Murata Y, Kaba H) 170/, 259-267 2010 (学術雑誌)

嫌いなにおいの情報処理過程―事前告知の影響―
 AROMA RESEARCH (奥谷文乃,村田和子) 38/, 102-105 2009 (その他)

島皮質と嗅覚
 CLINICAL NEUROSCIENCE (奥谷文乃,村田和子) 28/, 388-389 2009 (その他)

学外の指導医による高知大学出身研修医の評価ー准教授講師会によるアンケート調査ー 
 医学教育 (奥谷文乃,柿沼由彦,岡田尚志郎,藤枝幹也,公文義雄,西森功) 39/, 421-432 2008 (学術雑誌)

Effects of olfactory stimulation with isovaleric acid on brain activation in informed and naive conditions: A functional MRI study.
 Auris Nasus Larynx (Murata Y, Okutani F, Nakahira M, Ushida T, Ikemoto T, Yokoe I, Takeda T, Kaba H, Tani T, Ogawa Y) 34/, 465-469 2007 (学術雑誌)

Modulation of olfactory learning in young rats through intrabulbar GABAB receptors.
 European Journal of Neuroscience () 18, 2031-2036/, 2003 (学術雑誌)

Activation of the mitogen-activated protein kinase/extracellular signal-regulated kinase signaling pathway leading to cyclic AMP response element-binding protein phosphorylation is required for the long-term facilitation process of aversive olfactory learning in young rats.
 Neuroscience () 121, 9-16,/, 2003 (学術雑誌)

Activation of the cyclic AMP response element-binding protein signaling pathway in the olfactory bulb is required for the acquisition of olfactory aversive learning in young rats.
 Neuroscience () 117, 707-713,/, 2003 (学術雑誌)

においの学習のシナプス・分子機構に関する研究(高砂研究奨励賞受賞講演).
 日本味と匂学会誌 () 9, 271,/, 2002 (学術雑誌)

Non-Specific Olfactory Aversion Induced by Intrabular Infusion of the GABA(A) Receptor Antagonist Bicuculline in Young rats
 Neuroscience () 112/4, 901-906 2002 (学術雑誌)

幼若ラットにおけるにおいの学習の嗅球内メカニズム(総説)
 AROMA RESEARCH () 3, 284-290,/, 2002 (学術雑誌)

Modulation of dendrodendritic interactions and mitral cell excitability in the mouse accessory olfactory bulb by vaginocervical stimulation.
 Eur J Neurosci () 13, 1833-1838,/, 2001 (学術雑誌)

Facilitatory effect of ritanserin is mediated by dopamine D(1) receptors on olfactory learning in young rats.
 Dev Psychobiol () 37, 246-252,/, 2000 (学術雑誌)

GABAergic control of olfactory learning in young rats.
 Neuroscience () 93, 1297-1300,/, 1999 (学術雑誌)

The biphasic effects of locus coeruleus noradrenergic activation on dendrodendritic inhbition in the rat olfactory bulb.
 Brain Res. () 783: 272-279,/, 1998 (学術雑誌)

幼若ラットを用いたにおい学習研究法(実験ノート).
 日本味と匂学会誌, () 8, 79-86,/, 2001 (学術雑誌)

副鼻腔炎術後に発生した眼窩内嚢胞の一症例
 耳鼻咽喉科臨床 () 81/4, 1988 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る