■ 氏名
清水 孝洋 (シミズ タカヒロ)
SHIMIZU Takahiro

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Medical Sciences Cluster, Basic Medicine Unit/Associate Professor
教育研究部 医療学系 基礎医学部門/准教授

■ 学部・学科・コース等
Medical School, Medical Course, Department of Pharmacology
医学部 医学科 薬理学

■ 連絡先
住 所高知県南国市岡豊町小蓮
電 話088-880-2327
F A X088-880-2328
E-Mailshimizu●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
北海道大学 修士(薬学研究科 医療薬学専攻) 2003 (修了)
高知大学 博士(医学系研究科 神経科学系専攻) 2008 (修了)

■ 出身学校・専攻等
北海道大学 (薬学部 総合薬学科) 2001 (卒業)

■ 取得学位
医学博士 (課程) 高知大学 神経化学・神経薬理学

■ 研究職歴
2003年4月 高知医科大学医学部 助手(薬理学講座)
2003年10月 高知大学医学部 助手(薬理学講座)
2007年4月 高知大学医学部 助教(薬理学講座)
2011年10月 高知大学医学部 講師(薬理学講座)
2012年12月 高知大学医学部 准教授(薬理学講座)
 現在に至る

■ 委員歴・役員歴
2008年11月ー 日本自律神経学会学術評議員
2010年4月ー 日本薬理学会学術評議員

■ 受賞学術賞
第4回KMS Research Meeting優秀賞 (2005)
平成19年度高知信用金庫・高知安心友の会学術賞 (2007)
第85回日本薬理学会年会優秀発表賞 (2012)

■ 所属学会
日本薬理学会
 ( 国内)
日本薬学会
 ( 国内)
日本自律神経学会
 ( 国内)
北米神経科学会
 ( 国外)

■ 専門分野
神経化学、神経薬理学、神経内分泌学

■ 主な研究テーマ・活動
[主要な研究テーマ]
1)ストレス反応に重要な役割を演ずる交感神経・副腎髄質系賦活の中枢性制御機構を明らかにする。特に炎症メディエーターとして著明なプロスタノイド類や脳内エンドカンナビノイド(脳内大麻)との関連について。
2)褐色脂肪組織に豊富に存在する新規肥満関連因子Cideaの発現・活性制御機構を交感神経との関連で明らかにする。
[主な担当科目]
講義「生体と薬物」(医学部医学科3年生)
実習「薬理学実習」(医学部医学科3年生)
講義「薬理学」(高知県立大学看護学部1年生)

■ 研究についてのPR
1)生体が種々のストレスに曝されると、脳内の各種神経伝達物質を介して、様々なストレス反応が惹起されることが知られております。この反応に関わる中枢神経系からの出力系の1つに交感神経・副腎髄質系があり、この系の過剰な活性化は例えば高血圧症、消化性潰瘍、免疫能低下による発癌など種々なストレス関連疾患を引き起こすとされています。よって、交感神経・副腎髄質系賦活の中枢性制御機構の解明はこれらストレス関連疾患の原因療法・予防医学的治療法の開発につながると考えられます。
 これまで私達は動物実験において、ストレス反応に関わる脳内神経物質の脳室内投与により惹起された交感神経・副腎髄質系の賦活が抗炎症薬のインドメタシン(炎症反応に関わるプロスタノイド類の産生を抑える薬物で、「痛み止め」「熱冷まし」などの作用を有する)脳室内前投与により抑制される、という興味深い知見を見出しています。このことから、交感神経・副腎髄質系賦活には脳内のプロスタノイド類が関係しており、現在市場で最も汎用されている抗炎症薬が種々のストレス性疾患に応用できる可能性が考えられます。
 さらに最近、交感神経・副腎髄質系賦活時の脳内プロスタノイド類産生経路を検討した所、2-アラキドノイルグリセロールがプロスタノイド類の前駆物質として機能することを明らかにしました。興味深いことに、この2-アラキドノイルグリセロールはエンドカンナビノイド(脳内大麻)であることが報告されており、私達は交感神経・副腎髄質系賦活に対して2-アラキドノイルグリセロールが脳内大麻として抑制性にも関与することも明らかにしました。このことから、脳内大麻を標的とした薬物が各種ストレス性疾患に応用できる可能性が考えられます。
 以上の結果をふまえ、交感神経・副腎髄質系賦活の中枢性制御機構、すなわち脳内プロスタノイド類によるこの系の賦活機構および脳内大麻によるこの系の抑制機構について、現在詳細な解析を進めております。

2)近年脚光を浴びているメタボリックシンドロームは糖尿病、心筋梗塞、脳卒中の主な原因となる病態であり、その一因として特に内臓脂肪型肥満に伴うインスリン抵抗性などの代謝異常が指摘されています。このことから、食事療法・運動療法によるエネルギー収支の適正化により内臓脂肪蓄積を減少させる生活習慣の改善を積極的に行う意義が明確となりました。
 褐色脂肪組織(BAT)は脱共役タンパク質(UCP)を介して熱産生を行うエネルギー消費促進機能を有する組織です。このためBATは余剰エネルギーの消費亢進による肥満症治療戦略の標的として着目されております。近年、BATに豊富に存在する分子CideaがUCPの活性を負に制御していることが明らかにされ、Cideaが内因性のエネルギー消費抑制因子として機能している可能性が示されました。このことから、Cideaの発現・活性制御機構を明らかにすることは、生体のエネルギー収支調節機構解明、ひいては肥満症の治療法開発につながると考えられます。
 そこで私達は、Cideaの発現・活性制御機構をBATに密に分布している交感神経との関連で、分子レベルで検討を進めております。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
「ストレスに対するからだの応答」
「からだにおける脳内大麻の役割」
「脳内大麻を標的とした薬物開発」

■ 研究業績(論文・解説)
Extrahypothalamic corticotropin-releasing hormone mediates (-)-nicotine-induced elevation of plasma corticosterone in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Okada S, Shimizu T, Yokotani K.) 473/, 217-223 2003 (学術雑誌)

Brain phospholipase C and diacylglycerol lipase are involved in corticotropin-releasing hormone-induced sympatho-adrenomedullary outflow in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Okada S, Shimizu T, Yokotani K.) 475/, 49-54 2003 (学術雑誌)

Brain phospholipase C-diacylglycerol lipase pathway is involved in vasopressin-induced release of noradrenaline and adrenaline from adrenal medulla in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Shimizu T, Okada S, Yamaguchi-Shima N, Yokotani K.) 499/, 99-105 2004 (学術雑誌)

Possible involvement of pyruvate kinase in acquisition of tolerance to hypoxic stress in glial cells.
 J. Neurochem. (Shimizu T, Uehara T, Nomura Y.) 91/, 167-175 2004 (学術雑誌)

Role of K+ channels in M2 muscarinic receptor-mediated inhibition of noradrenaline release from the rat stomach.
 J. Pharmacol. Sci. (Nakamura K, Okada S, Yamaguchi N, Shimizu T, Yokotani K, Yokotani K.) 96/, 286-292 2004 (学術雑誌)

副腎髄質からのノルアドレナリン及びアドレナリン分泌の選択的な中枢性調節機序 -脳内アラキドン酸カスケード系との関連について- 
 The Autonomic Nervous System (Journal of the Japan Society of Neurovegetative Research) (岡田尚志郎、清水孝洋、山口奈緒子、横谷邦彦) 41/, 411-415 2004 (学術雑誌)

Brain prostanoid TP receptor-mediated adrenal noradrenaline secretion and EP3 receptor-mediated sympathetic noradrenaline release in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Yokotani K, Okada S, Nakamura K, Yamaguchi-Shima N, Shimizu T, Arai J, Wakiguchi H, Yokotani K.) 512/, 29-35 2005 (学術雑誌)

Brain phospholipase C/diacylglycerol lipase are involved in bombesin BB2 receptor-mediated activation of sympatho-adrenomedullary outflow in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Shimizu T, Okada S, Yamaguchi N, Arai J, Wakiguchi H, Yokotani K.) 514/, 151-158 2005 (学術雑誌)

Centrally administered histamine evokes the adrenal secretion of noradrenaline and adrenaline by brain cyclooxygenase-1- and thromboxane A2-mediated mechanisms in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Shimizu T, Okada S, Yamaguchi N, Sasaki T, Lu L, Yokotani K.) 541/, 152-157 2006 (学術雑誌)

Adrenal adrenaline- and noradrenaline-containing cells and celiac sympathetic ganglia are differentially controlled by centrally administered corticotropin-releasing factor and arginine-vasopressin in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Yamaguchi-Shima N, Okada S, Shimizu T, Usui D, Nakamura K, Lu L, Yokotani K.) 564/, 94-102 2007 (学術雑誌)

Roles of brain phosphatidylinositol-specific phospholipase C and diacylglycerol lipase in centrally administered histamine-induced adrenomedullary outflow in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Shimizu T, Yamaguchi N, Okada S, Lu L, Sasaki T, Yokotani K.) 571/, 138-144 2007 (学術雑誌)

Role of brain adrenoceptors in the corticortopin-releasing factor-induced central activation of sympatho-adrenomedullary outflow in rats.
 Life Sci. (Yorimitsu M, Okada S, Yamaguchi-Shima N, Shimizu T, Arai J, Yokotani K.) 82/, 487-494 2008 (学術雑誌)

Bidirectional roles of the brain 2-arachidonoyl-sn-glycerol in the centrally administered vasopressin-induced adrenomedullary outflow in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Shimizu T, Yokotani K.) 582/, 62-69 2008 (学術雑誌)

Brain nuclear factor kappa B is involved in the corticotropin-releasing factor-induced central activation of sympatho-adrenomedullary outflow in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Okada S, Yamaguchi-Shima N, Shimizu T, Arai J, Yorimitsu M, Yokotani K.) 584/, 207-212 2008 (学術雑誌)

Centrally administered N-methyl-D-aspartate evokes the adrenal secretion of noradrenaline and adrenaline by brain thromboxane A2-mediated mechanisms in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Okada S, Yamaguchi-Shima N, Shimizu T, Arai J, Yorimitsu M, Yokotani K.) 586/, 145-150 2008 (学術雑誌)

Role of brain nicotinic acetylcholine receptor in centrally administered corticotropin-releasing factor-induced elevation of plasma corticosterone in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Okada S, Yamaguchi-Shima N, Shimizu T, Arai J, Lu L, Wakiguchi H, Yokotani K.) 587/, 322-329 2008 (学術雑誌)

Role of the brain prostanoids in glucagons-like peptide-1-induced central activation of sympatho-adrenomedullary outflow in rats.
 Clin. Exp. Phamacol. Physiol. (Arai J, Okada S, Yamaguchi-Shima N, Shimizu T, Sasaki T, Yorimitsu M, Wakiguchi H, Yokotani K.) 35/, 965-970 2008 (学術雑誌)

Brain neuronal/inducible nitric oxide synthases and cyclooxygenase-1 are involved in the bombesin-induced activation of central adrenomedullary outflow in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Lu L, Shimizu T, Nakamura K, Yokotani K.) 590/, 177-184 2008 (学術雑誌)

Centrally administered neuromedin U elevates plasma adrenaline by brain prostanoid TP receptor-mediated mechanisms in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Sasaki T, Shimizu T, Wakiguchi H, Yokotani K.) 592/, 81-86 2008 (学術雑誌)

Roles of the brain phospholipase C, 2-arachidonoylglycerol and arachidonic acid in the central activation of the sympatho-adrenomedullary outflow in rats. 
 The Autonomic Nervous System (Journal of the Japan Society of Neurovegetative Research) (Shimizu T, Yokotani K.) 45/, 167-177 2008 (学術雑誌)

Selective activation of the sympathetic ganglia by centrally administered corticotropin-releasing factor in rats.
 Auton. Neurosci. (Usui D, Yamaguchi-Shima N, Okada S, Shimizu T, Wakiguchi H, Yokotani K.) 146/, 111-114 2009 (学術雑誌)

Brain cyclooxygenase and prostanoid TP receptors are involved in centrally administered epibatidine-induced secretion of noradrenaline and adrenaline from the adrenal medulla in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Shimizu T, Yokotani K.) 606/, 77-83 2009 (学術雑誌)

Central bombesin activates adrenal adrenaline- and noradrenaline-containing cells via brain thromboxane A2 in rats.
 Auton. Neurosci. (Usui D, Yamaguchi-Shima N, Okada S, Shimizu T, Wakiguchi H, Yokotani K.) 147/, 33-37 2009 (学術雑誌)

Effects of centrally administered prostaglandin E3 and thromboxane A3 on plasma noradrenaline and adrenaline in rats: comparison with prostaglandin E2 and thromboxane A2.
 Eur. J. Pharmacol. (Shimizu T, Yokotani K.) 611/, 30-34 2009 (学術雑誌)

Acute cold exposure-induced down-regulation of CIDEA, cell death-inducing DNA fragmentation factor-α-like effector A, in rat interscapular brown adipose tissue by sympathetically activated β3-adrenoreceptors.
 Biochem. Biophys. Res. Commun. (Shimizu T, Yokotani K.) 387/, 294-299 2009 (学術雑誌)

Possible inhibitory roles of endogenous 2-arachidonoylglycerol during corticotropin-releasing factor-induced activation of central sympatho-adrenomedullary outflow in anesthetized rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Shimizu T, Lu L, Yokotani K.) 641/, 54-60 2010 (学術雑誌)

脳内エンドカンナビノイドの中枢性交感神経―副腎髄質系賦活における抑制性調節機序
 The Autonomic Nervous System (Journal of the Japan Society of Neurovegetative Research) (清水孝洋、横谷邦彦) 47/, 419-427 2010 (学術雑誌)

Brain α4β2 nicotinic acetylcholine receptors are involved in the secretion of noradrenaline and adrenaline from adrenal medulla in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Shimizu T, Tanaka K, Hasegawa T, Yokotani K.) 654/, 241-248 2011 (学術雑誌)

Endogenously generated 2-arachidonoylglycerol plays an inhibitory role in bombesin-induced activation of central adrenomedullary outflow in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Shimizu T, Lu L, Yokotani K) 658/, 123-131 2011 (学術雑誌)

Possible involvement of S-nitrosylation of brain cyclooxygenase-1 in bombesin-induced central activation of adrenomedullary outflow in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Tanaka K, Shimizu T, Lu L, Yokotani K) 679/, 40-50 2012 (学術雑誌)

Centrally administered bombesin activates COX-containing spinally projecting neurons of the PVN in anesthetized rats
 Auton. Neurosci. (Tanaka K, Shimizu T, Lu L, Nakamura K, Yokotani K) 169/, 63-69 2012 (学術雑誌)

Brain phospholipase C, diacylglycerol lipase and monoacylglycerol lipase are involved in (±)-epibatidine-induced activation of central adrenomedullary outflow in rats.
 Eur. J. Pharmacol. (Shimizu T, Tanaka K, Nakamura K, Taniuchi K, Yokotani K.) 691/, 93-102 2012 (学術雑誌)

Involvement of presynaptic voltage-dependent Kv3 channel in endothelin-1-induced inhibition of noradrenaline release from rat gastric sympathetic nerves.
 Eur. J. Pharmacol. (Nakamura K, Shimizu T, Tanaka K, Taniuchi K, Yokotani K.) 694/, 98-103 2012 (学術雑誌)

Stimulatory and inhibitory roles of brain 2-arachidonoylglycerol in bombesin-induced central activation of adrenomedullary outflow in rats.
 J. Pharmacol. Sci. (Shimizu T, Tanaka K, Yokotani K. ) in press/, 2013 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)
低酸素ストレスによりヒトグリア細胞で発現誘導される蛋白質の単離・同定 (第52回日本薬理学会北部会 2001 口頭発表)

低酸素ストレスに伴って発現誘導される蛋白質の単離・同定 (第7回グリア研究会 2002 口頭発表)

低酸素により発現誘導されるピルビン酸キナーゼの細胞死に対する役割 (日本薬学会第123年会 2003 ポスター)

ラット副腎髄質ノルアドレナリン及びアドレナリンの選択的な中枢性遊離調節機序の解析 (第56回日本自律神経学会総会 2003 口頭発表)

バソプレシンによる中枢性交感神経―副腎髄質系賦活における脳内ホスホリパーゼCおよびジアシルグリセロールリパーゼの役割 (第77回日本薬理学会年会 2004 口頭発表)

脳室内投与バゾプレッシンは脳内トロンボキサンA2を介して副腎髄質からノルアドレナリンを遊離する (第77回日本薬理学会年会 2004 ポスター)

ムスカリンM2受容体を介するラット胃からのノルアドレナリン遊離抑制にはカリウムチャネルの賦活が関与する (第77回日本薬理学会年会 2004 ポスター)

アルギニン・バソプレシンにより惹起される中枢性交感神経―副腎髄質系賦活には脳内ホスホリパーゼCおよびジアシルグリセロールリパーゼが関与している (日本薬学会第124年会 2004 ポスター)

Involvement of brain phospholipase C and diacylglycerol lipase in the arginine-vasopressin-induced activation of the central sympatho-adrenomedullary outflow in rats. (5th WORLD CONGRESS ON STRESS 2004 ポスター)

Centrally administered arginine-vasopressin elicites adrenal noradrenaline release by brain thromboxane A2-mediated mechanisms in rats. (5th WORLD CONGRESS ON STRESS 2004 ポスター)

Centrally administered bombesin elicits adrenal noradrenaline release by brain thromboxane A2-mediated mechanisms in rats. (5th WORLD CONGRESS ON STRESS 2004 ポスター)

ラット脳室内に投与したCRHは脳内アセチルコリン含有神経系および脳内ノルアドレナリン含有神経系の賦活を介して血漿コルチコステロンを増加させる (第27回日本神経科学大会・第47回日本神経化学会大会合同大会 2004 ポスター)

視床下部―下垂体―副腎皮質系賦活における脳内CRH含有神経およびコリン作動性神経の相互作用。 (第31回日本神経内分泌学会 2004 口頭発表)

脳室内投与したCRHは脳内ホスホリパーゼCおよびジアシルグリセロールリパーゼを介して中枢性に交感神経―副腎髄質系を賦活する (第57回日本自律神経学会総会 2004 口頭発表)

ボンベシンBB2受容体を介する中枢性交感神経ー副腎髄質系賦活には脳内ホスホリパーゼCおよびジアシルグリセロールリパーゼが関与している (第78回日本薬理学会年会 2005 口頭発表)

脳室内投与CRFによる視床下部ー下垂体ー副腎皮質系賦活には青斑核ノルアドレナリン系が関与する (第78回日本薬理学会年会 2005 ポスター)

脳室内投与したバゾプレッシンは脊髄のサブスタンスPを介して副腎髄質系を賦活する (第78回日本薬理学会年会 2005 ポスター)

視床下部ー下垂体ー副腎皮質系賦活における脳内CRF含有神経およびコリン作動性神経の役割 (第16回CRH・ACTH研究会 2005 口頭発表)

Extrahypothalamic corticotropin-releasing factor activates th hypothalamic-pituitary-adrenal axis by activation of the noradrenergic system originated from locus coeruleus in rats. (20th Biennial Meeting of the International Society for Neurochemistry jointly with the European Society for Neurochemistry 2005 ポスター)

Brain phospholipase C/diacylglycerol lipase are involved in the bombesin BB2 receptor-mediated activation of adrenomedullary outflow in rats. (NEUROSCIENCE 2005 SfN 35th Annual Meeting 2005 ポスター)

Adrenal and sympathetic noradrenaline release were separately controlled by centrally administered arginine-vasopressin and corticotropin-releasing factor in rats. (NEUROSCIENCE 2005 SfN 35th Annual Meeting 2005 ポスター)

Brain prostanoid TP receptor-mediated adrenal noradrenaline secretion and EP3 receptor-mediated sympathetic noradrenaline release in rats. (NEUROSCIENCE 2005 SfN 35th Annual Meeting 2005 ポスター)

Centrally applied corticotropin-releasing factor elevates plasma corticosterone by activation of α3β2 nicotinic acetylcholine receptor- and prostaglandin-mediated noradrenergic neuron projection to the hypothalamic paraventricular nucleus in rats. (NEUROSCIENCE 2005 SfN 35th Annual Meeting 2005 ポスター)

Involvement of brain phospholipase C and diacylglycerol lipase in the bombesin BB2 receptor-mediated activation of adrenomedullary outflow in rats. (The 3rd Takeda Science Foundation Symposium on PharmaScience 2005 ポスター)

Adrenal and sympathetic noradrenaline release were separately controlled by centrally administered arginine-vasopressin and corticotropin-releasing factor in rats. (The 3rd Takeda Science Foundation Symposium on PharmaScience 2005 ポスター)

ラット脳室内投与ヒスタミンは脳内トロンボキサンA2およびシクロオキシゲナーゼ-1を介して副腎髄質からアドレナリンとノルアドレナリンを遊離する (第79回日本薬理学会年会 2006 口頭発表)

副腎髄質(A細胞とNA細胞)と交感神経系(腹腔神経節)は、脳室内投与アルギニンーバソプレシンおよびコルチコトロピン放出因子により個別に制御される。 (第79回日本薬理学会年会 2006 口頭発表)

ラット胃からのノルアドレナリン遊離のプロスタノイドEP3およびTP受容体を介する抑制におけるK+チャネルの役割 (第79回日本薬理学会年会 2006 ポスター)

CRFによる中枢性交感神経―副腎髄質系賦活に関与する脳内COXアイソフォムの解析 (第79回日本薬理学会年会 2006 ポスター)

脳内NF-kBはCRFによる中枢性交感神経―副腎髄質系賦活に関与する (第79回日本薬理学会年会 2006 ポスター)

GLP-1は脳内プロスタノイドを介して中枢性に交感神経―副腎髄質系を賦活する (第79回日本薬理学会年会 2006 ポスター)

Characterization of brain cyclooxygenase involved in CRF-induced central activation of sympathoadrenomedullary outflow in rats. (The 15th World Congress of Pharmacology 2006 ポスター)

Role of K+ channels in prostanoid EP3 and TP receptors-mediated inhibition of noradrenaline release fro the rat stomach. (The 15th World Congress of Pharmacology 2006 ポスター)

ヒスタミンにより惹起される中枢性の副腎髄質系賦活には脳内シクロオキシゲナーゼー1及びトロンボキサンA2が関与している (第59回日本自律神経学会総会 2006 口頭発表)

交感神経-副腎髄質系の中枢性賦活における脳内アラキドン酸カスケード系の役割 (第80回日本薬理学会年会 2007 口頭発表)

ヒスタミンによる中枢性副腎髄質系賦活には脳内ホスファチジルイノシトール特異的ホスホリパーゼCおよびジアシルグリセロールリパーゼが関与している (第80回日本薬理学会年会 2007 口頭発表)

ラット脳室内投与ニューロメジンUは脳内シクロオキシゲナーゼおよびトロンボキサンA2を介して血中アドレナリン量を増加させる (第80回日本薬理学会年会 2007 ポスター)

ボンベシンによる中枢性副腎髄質系賦活に関与する脳内COXアイソフォムの解析 (第80回日本薬理学会年会 2007 ポスター)

プロスタノイドEP3およびTP受容体を介するラット胃ノルアドレナリン遊離抑制におけるK+チャネルの役割 (第80回日本薬理学会年会 2007 ポスター)

ラット脳室内投与NMDAは脳内トロンボキサンA2を介して副腎髄質からノルアドレナリンおよびアドレナリンを遊離する (第80回日本薬理学会年会 2007 ポスター)

脳室内投与ボンベシンは脳内プロスタノイドTP受容体を介して副腎髄質A細胞およびNA細胞を活性化する。 (第80回日本薬理学会年会 2007 ポスター)

ヒスタミンにより惹起される中枢性副腎髄質系賦活に対する脳内アラキドン酸カスケードの役割 (第11回活性アミンに関するワークショップ 2007 口頭発表)

ラット脳室内投与したNMDAは脳内トロンボキサンA2を介して副腎髄質からカテコールアミンを分泌する (第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会合同大会 2007 ポスター)

視床下部室傍核および青斑核の下行性自律神経線維におけるCOX発現は脳室内投与CRFにより活性化する。 (第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会合同大会 2007 ポスター)

脳室内投与CRFによる交感神経―副腎髄質系賦活における視床下部脊髄路での一酸化窒素合成酵素の役割。 (第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会合同大会 2007 ポスター)

Roles of brain PI-PLC/diacylglycerol lipase in centrally administered histamine-induced adrenomedullary outflow in rats. (The 5th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience held in conjunction with the 60th Annual Meeting of the Japan Society of Neurovegetative Research, Kyoto 2007 ポスター)

Activation of spinally projecting neurons expressing cyclooxygenase isozymes by centrally administered corticotropin-releasing factor in the rat brain. (NEUROSCIENCE 2007 SfN 37th Annual Meeting 2007 ポスター)

Noradrenaline release in the hypothalamic paraventricular nucleus is involved in the NMDA-induced elevation of adrenomedullary outflow in rats. (NEUROSCIENCE 2007 SfN 37th Annual Meeting 2007 ポスター)

バソプレシンによる中枢性副腎髄質系賦活における脳内2―アラキドノイルグリセロールの二面性作用について (第81回日本薬理学会年会 2008 口頭発表)

ボンベシンによる中枢性副腎髄質系賦活に関与する脳内NOSアイソフォムの解析 (第81回日本薬理学会年会 2008 ポスター)

ラット胃からのプロスタノイドTP受容体を介するノルアドレナリン遊離抑制にはホスホリパーゼCが関与する (第81回日本薬理学会年会 2008 ポスター)

ラット脳室内投与NMDAによる副腎髄質系賦活には脳内α1アドレノレセプターが関与する (第81回日本薬理学会年会 2008 ポスター)

バソプレシンにより惹起される中枢性副腎髄質系賦活において脳内2―アラキドノイルグリセロールは二方向性作用を示す (第61回日本自律神経学会総会 2008 口頭発表)

脳室内投与したNMDAによる副腎髄質系賦活機構の薬理学的解析 (第61回日本自律神経学会総会 2008 口頭発表)

中枢性に投与されたエピバチジンによる副腎髄質からのノルアドレナリンとアドレナリン分泌には脳内シクロオキシゲナーゼおよびプロスタノイドTP受容体が関与する (第82回日本薬理学会年会 2009 口頭発表)

脳内の内因性NOによるCOXのS-ニトロシリル化が中枢性に投与されたボンベシンによる中枢性副腎髄質系賦活に関与する可能性について (第82回日本薬理学会年会 2009 ポスター)

急性寒冷曝露ラットの褐色脂肪組織において交感神経によるアドレナリンβ3受容体の活性化によりCIDEA(cell death-inducing DNA fragmentation factor-α-like effector A)の発現低下が惹起される (第13回活性アミンに関するワークショップ 2009 口頭発表)

脳内エンドカンナビノイドはコルチコトロピン放出因子による中枢性交感神経-副腎髄質系賦活を抑制性に制御する (第62回日本自律神経学会総会 2009 口頭発表)

内因性に生成された2-アラキドノイルグリセロールはコルチコトロピン放出因子による中枢性交感神経-副腎髄質系賦活に対し抑制性作用を示す (第83回日本薬理学会年会 2010 口頭発表)

Endogenously generated 2-arachidonoylglycerol plays an inhibitory role in corticotropin-releasing factor-induced activation of central sympatho-adrenomedullary outflow in rats. (The 14th International Congress of Endocrinology 2010 ポスター)

Possible inhibitory roles of endogenous 2-arachidonoylglycerol during corticotropin-releasing factor-induced activation of central sympatho-adrenomedullary outflow in anesthetized rats. (Keystone Symposia Conference: Bioactive lipids: Biochemistry and Diseases 2010 ポスター)

脳内エンドカンナビノイドはカンナビノイドCB1受容体を介してボンベシンによる中枢性副腎髄質系賦活を抑制性に制御する (第63回日本自律神経学会総会 2010 口頭発表)

脳内エンドカンナビノイドの中枢性交感神経―副腎髄質系賦活における抑制性制御 (第38回薬物活性シンポジウム 2010 口頭発表)

Endogenously generated 2-arachidonoylglycerol plays an inhibitory role in the bombesin-induced activation of central adrenomedullary outflow in rats. (5th International Peptide Symposium in conjunction with 47th Japanese Peptide Symposium 2010 ポスター)

内因性に生成された脳内2-アラキドノイルグリセロールはボンベシンによる中枢性副腎髄質系賦活に対し二方向性の役割を示す (第84回日本薬理学会年会 2011 その他)

ボンベシン脳室内投与により活性化される視床下部室傍核脊髄投射性ニューロンにおけるシクロオキシゲナーゼの発現 (第84回日本薬理学会年会 2011 その他)

ボンベシン脳室内投与による視床下部室傍核脊髄投射性ニューロン活性化における脳内シクロオキシゲナーゼの関与 (第34回日本神経科学大会 2011 ポスター)

脳室内投与2-アラキドノイルグリセロールは中枢性交感神経-副腎髄質系賦活に対し二方向性の役割を有する (第64回日本自律神経学会総会 2011 口頭発表)

脳内2-アラキドノイルグリセロールはボンベシンにより惹起された中枢性交感神経-副腎髄質系賦活に対して二方向性の役割を有する (第85回日本薬理学会年会 2012 口頭発表)

ボンベシン脳室内投与によるラット視床下部室傍核脊髄投射性ニューロンにおけるシクロオキシゲナーゼのニトロシル化 (第85回日本薬理学会年会 2012 ポスター)

エンドセリン-1によるラット胃ノルアドレナリン遊離抑制におけるKv3カリウムチャネルの役割 (第85回日本薬理学会年会 2012 ポスター)

ボンベシンにより惹起された中枢性交感神経-副腎髄質系賦活における脳内2-アラキドノイルグリセロールの二方向性の役割 (日本薬学会第132年会 2012 ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る