■ 氏名
蘆田 真吾 (アシダ シンゴ)
ASHIDA Shingo

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Medical Sciences Cluster, Clinical Medicine Unit/Lecturer
教育研究部 医療学系 臨床医学部門/講師

■ 学部・学科・コース等
Medical School, School Hospital, Clinical Department, Urology
医学部附属病院 診療科 泌尿器科

■ 連絡先
住 所
電 話088-880-2402
F A X
E-Mailashidas●med.kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 卒業大学及び大学院等
高知医科大学医学部医学科,高知医科大学大学院

■ 学位(種類)
医学博士

■ 所属学会
日本泌尿器科学会,日本癌学会,日本透析医学会,日本人類遺伝学会

■ 専門分野
泌尿器科一般

■ 主な研究テーマ・活動
腎癌および前立腺癌の診断・治療における新規標的分子の探索ならびにその機能解析

■ 研究についてのPR

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)

■ 研究業績
Ashida S, Nakagawa H, Katagiri T, Furihata M, Iiizumi M, Anazawa Y, Tsunoda T,
Takata R, Kasahara K, Miki T, Fujioka T, Shuin T, Nakamura Y. Molecular features
of the transition from prostatic intraepithelial neoplasia (PIN) to prostate cancer: genome-wide gene-expression profiles of prostate cancers and PINs. Cancer Res. Sep 1;64(17):5963-72,2004.

Ashida S, Furihata M, Tanimura M, Sugita O, Yamashita M, Miura T, Moriyama M,
Shuin T. Molecular detection of von Hippel-Lindau gene mutations in urine and lymph
Node samples in patients with renal cell carcinoma. J Urol. 169:2089-2093,2003.

Ashida S, Nishimori I, Tanimura M, Onishi S, Shuin T.Effects of von Hippel-Lindau
gene mutation and methylation status on expression of transmembrane carbonic
anhydrases in renal cell carcinoma. J Cancer Res Clin Oncol.128:561-568,2002.

蘆田真吾, 執印太郎. 近未来泌尿器科医療のための診断と治療法の開発 10〜20年後の
泌尿器科医療の確保とそのための突破口の模索 VHL遺伝子変異を用いた循環血中腎細胞癌
細胞の検出. 西日本泌尿器科63:298-303,2001.

Ashida S, Okuda H, Chikazawa M, Tanimura M, Sugita O, Yamamoto Y, Nakamura S,
Moriyama M, Shuin T. Detection of circulating cancer cells with von hippel-lindau
gene mutation in peripheral blood of patients with renal cell carcinoma.
Clin Cancer Res. Oct;6(10):3817-22, 2000.

蘆田真吾,山本晶弘,岡 夏生,増田秀作,湯浅健司,寺尾尚民.腎サンゴ状結石に対する
ESWL単独療法の長期成績についての臨床的検討.泌尿器科紀要44:541-546,1998.

蘆田真吾,岡 夏生,増田秀作,山本晶弘,湯浅健司,寺尾尚民,降幡睦夫,大朏祐治,
武政龍一,山本博司.透析患者における人工股関節手術の臨床的検討.日本透析医学会雑誌
31:939-943,1998.


前ページへ戻る