■ 氏名
今村 潤 (イマムラ ジュン)
IMAMURA Jun

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Medical Sciences Cluster, Clinical Medicine Unit/Lecturer
教育研究部 医療学系 臨床医学部門/講師

■ 学部・学科・コース等
Medical School, School Hospital, Central Clinical Facilities, Transfusion Medicine and Cell Therapy Department
医学部附属病院 中央診療施設 輸血・細胞治療部

■ 連絡先
住 所
電 話088-880-2623
F A X
E-Mailimamuraj●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
高知医科大学 博士(医学研究科 発生形態系) 1989 (修了)

■ 出身学校・専攻等
高知医科大学 (医学部 医学科) 1985 (卒業)

■ 取得学位
博士(医学) (課程) 高知医科大学 ウイルス学

■ 研究職歴
1989-1991 がん研究振興財団 リサーチ・レジデント 
       (国立がんセンター 研究所ウイルス部)
1991-1994 高知医科大学医学部第3内科 助手
1991-1993 米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校血液・腫瘍部門
       research fellow
1994- 高知医科大学医学部附属病院輸血部 講師

■ 委員歴・役員歴
日本輸血・細胞治療学会 中国・四国支部 評議員(高知県代表評議員)

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本輸血学会
 (日本輸血学会中国四国地方会 評議員 1995- 国内)
日本臨床検査医学会
 (日本臨床検査医学会中国四国地方会 評議員 2002- 国内)
日本癌学会
 ( 国内)
日本分子生物学会
 ( 国内)
日本血液学会
 ( 国内)

■ 専門分野
輸血学、血液・腫瘍学、内科学、ウイルス学

■ 主な研究テーマ・活動
1) 輸血治療法に関する研究
2) 輸血に関連する病原性微生物に関する研究
3) 幹細胞治療に関する研究
4) ウイルス発癌に関する研究

■ 研究についてのPR
 輸血は現代医療に不可欠な治療法である。器材や保存液の発展により、現在では簡便に実施することができるようになった.しかしながら輸血による副作用や不必要な輸血による血液の浪費を防ぐため、不適切な輸血は避けなければならない.そのため私は輸血治療法の研究,特に適切な輸血療法と輸血における副作用を研究している.
 また、輸血に関連する病原性微生物,特に成人T細胞白血病ウイルス1型 (human T-cell leukemia virus type-1; HTLV-1),ヘルペスウイルスやEbstein-Barr (EB) ウイルス,さらに血液疾患との関連も見いだされているヘリコバクター・ピロリ等の感染性と病原性に関して検討する.特にHTLV-1については,中心的テーマとしてその感染性と病原性に関する研究を続けている.HTLV-1は感染後,40-50年の潜伏期の後に成人T細胞白血病 (adult T-cell leukemia; ATL) を,あるいはより短い潜伏期の後にHTLV-1関連脊髄症 (HTLV-1-associated myelopathy; HAM) を発症する.感染の成立,潜伏期と病原性の違いなどの成因について分子生物学的手法を用いて検討する.
 造血幹細胞移植の発展に伴い,悪性腫瘍の治療は大きく発展した.造血幹細胞移植はこれまでは化学療法による副作用により治療が不可能であった症例の多くに延命の効果を認めている.私は造血幹細胞移植、組織再生療法の一層の普及と発展を図り,さらに胎児性幹細胞 (embryonic stem cell; ES細胞) の基礎的・臨床的研究を進める。将来的に輸血部を「輸血・細胞治療部」として、細胞プロセッシングを含めた「細胞治療センター」の機能を果たせるよう充実・発展させる所存である.

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
輸血医療について、幹細胞治療について、成人T細胞白血病

■ 研究業績(論文・解説)
p53 mutation in hematologic disorders. (共著)
 Blood () 84(8), 2412-21/, 1994 (学術雑誌)

DNA blotting analysis of human retroviruses in cerebrospinal fluid of spastic paraparesis patients: the viruses are identical to human T-cell leukemia virus type-1 (HTLV-1). (共著)
 International Journal of Cancer () 42(2), 221-4/, 1988 (学術雑誌)

Nucleotide sequence analysis of a provirus derived from HTLV-1-associated myelopathy (HAM). (共著)
 Molecular Biology and Medicine () 5(1), 29-42/, 1988 (学術雑誌)

Isolation of HTLV-I from cerebrospinal fluid of a patient with myelopathy.(共著)
 Lancet () 2(8503), 397-8/, 1986 (学術雑誌)

Serial transplantation of an HTLV-I-transformed hamster lymphoid cell line into hamsters.(共著)
 International Journal of Cancer () 41(6), 868-72/, 1988 (学術雑誌)

Genetic alteration of p53 in some patients with adult T-cell leukemia.(共著)
 Japanese Journal of Cancer Research () 82(12), 1421-7/, 1991 (学術雑誌)

Quantification of gene expression over a wide range by the polymerase chain reaction.(共著)
 Analytical Biochemistry () 206(2), 231-5/, 1992 (学術雑誌)

Mutation of the p53 gene in neuroblastoma and its relationship with N-myc amplification.(共著)
 Cancer Research () 53(17), 4053-8/, 1993 (学術雑誌)

Absence of HTLV-I infection among seronegative subjects in an endemic area of Japan.(共著)
 International Journal of Cancer () 54(1), 16-9/, 1993 (学術雑誌)

Mutations of p53 in Wilms' tumors.
 Modern Pathology () 8(5), 483-7/, 1995 (学術雑誌)

Characterization of adenosine-uridine-rich RNA binding factors. (共著)
 Journal of Cellular Physiology () 165(3), 484-92/, 1995 (学術雑誌)

RT-PCRを利用した遺伝子発現の半定量的解析法の検討(共著)
 日本臨床化学会四国支部会誌 () 12(1), 73-80/, 1995 (学術雑誌)

Establishment of a clonal cell line producing granulocyte colony-stimulating factor and parathyroid hormone-related protein from a lung cancer patient with leukocytosis and hypercalcemia.(共著)
 Jpn J Cancer Res () 87(5), 451-8/, 1996 (学術雑誌)

Polymerase chain reaction amplification of Asp f I and alkaline protease genes from fungus balls: clinical application in pulmonary aspergillosis.(共著)
 Intern Med () 36(1), 19-27/, 1997 (学術雑誌)

Detection of HTLV-I proviral DNA by fluorescence in situ hybridization.(共著)
 Am J Hematol () 54(1), 86-8/, 1997 (学術雑誌)

末梢血幹細胞移植
 高知県臨床衛生検査技師会会報「こうち」 () 27(3), 5-16/, 1998 (学術雑誌)

分析装置のオンライン接続の行程数短縮と規格標準化への課題(共著)
 臨床病理 () 45(6), 564-72/, 1997 (学術雑誌)

抗結核剤により肝障害,左肺浸潤陰影,両側胸水・心嚢液貯留が軽快した大動脈炎症候群の一例(共著)
 日本胸部疾患学会雑誌 () 24(10), 1146-50/, 1986 (学術雑誌)

Testican3 expression in adult T-cell leukemia.
 Leukemia Research (Kamioka M, Imamura J, Komatsu N, Daibata M, and Sugiura T.) 33/, 913-8 2009 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)
Homology of HTLV-I viral isolates from HTLV-I-associated myelopathy (HAM) and adult T-cell leukemia (ATL).(共著)(1989)
 出版社:in HTLV-I and the nervous system, Alan R. Liss, Inc.

Automated Clinical Laboratory Systems. (共著)(1996)
 出版社:in Handbook of clinical automation, robotics, and optimization. John Wiley & Sons, Inc.

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)
成人T細胞白血病ウイルスによる発癌機序の検討(2001-)受託研究等

海洋深層水の医学的効果に関する研究(2001-)受託研究等

海洋深層水の畜産動物に与える効果に関する研究(2004-)受託研究等


前ページへ戻る