■ 氏名
伊谷 行 (イタニ ギョウ)
ITANI Gyo

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Associate Professor
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/准教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Science Education Course)/Lifelong Education Division (Living Environments Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(理科教育コース)、生涯教育課程(生活環境コース)

■ 連絡先
住 所
電 話
F A X
E-Mailitani●cc.kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://www.cc.kochi-u.ac.jp/~itani/

■ 出身大学院・研究科等
京都大学 博士(理学研究科 海洋生物学) 2002 (修了)

■ 出身学校・専攻等
京都大学 (理学部 動物学) 1995 (卒業)

■ 取得学位
理学修士 (課程) 京都大学
博士(理学) (課程) 京都大学

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本ベントス学会
 ( 国内)
日本甲殻類学会
 ( 国内)
The Crustacean Society
 ( 国外)
日本貝類学会
 ( 国内)
日本生態学会
 ( 国内)

■ 専門分野
海洋生物学

■ 主な研究テーマ・活動
海産無脊椎動物の自然史学、河口域・干潟域の生態学、共生生態学、理科教育

■ 研究についてのPR
 干潟に深い巣穴をつくって住むアナジャコ類という甲殻類を題材にしています。アナジャコ類は干潟の生態系の様相を決定するエコシステムエンジニアであり、それと同時に、その巣穴や身体には多種多様な共生者を宿しています。アナジャコ類とその共生者の分類学、生態学を通して、海洋環境における共生関係の進化、種の多様化について研究しています。沿岸域の環境問題として、激減している砂浜域の底生生物相の研究、外来性二枚貝の生態に関する研究も行っています。また、土佐の自然を題材にして、理科教育についても取り組んでいます。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
・うみのいきもの
・干潟の生物のくらし
・干潟の生物の多様性と機能
・水生生物に見られる共生・寄生関係
など

■ 研究業績(論文・解説)
Two types of symbioses between grapsid crabs and a host thalassinidean shrimp.
 Publications of the Seto Marine Biological Laboratory (Itani, G.) 39/, 129-137 2002 (学術雑誌)

Behavior of the shrimp ectosymbionts, Peregrinamor ohshimai (Mollusca : Bivalvia) and Phyllodurus sp.(Crustaces : Isopoda) through host ecdyses
 Journal of the Merme Biological Association of the United Kingdom (Itani, G., Kato, M. and Shirayama, Y.) 82/, 69-78 2002 (学術雑誌)

Cryptomya (Venatomya) truncata (Bivalvia: Myidae): association with thalassinidean shrimp burrows and morphometric variation in Japanese waters
 Venus (Itani, G. and Kato, M.) 61/, 193-202 2002 (学術雑誌)

Burrow morphology of the goby Taenioides cirratus
 Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom (Itani, G. and Uchino, T.) 83/, 881-882 2003 (学術雑誌)

Interspecific differences in the burrow morphology between the sympatric mud shrimps, Austinogebia narutensis and Upogebia issaeffi (Crustacea: Thalassinidea: Upogebiidae)
 Journal of Marine Biological Association of the United Kingdom (Kinoshita, K. and Itani, G.) 85/, 943-947 2005 (学術雑誌)

A morphometric study of the burrowing mud shrimp Laomedia astacina (Decapoda: Thalassinidea: Laomediidae)
 Crustacean Research (Itani, G. and Uchino, T.) 34/, 87-95 2005 (学術雑誌)

Macrosymbiotic association of myid bivalves Cryptomya with thalassinidean shrimps: examples from modern and Pleistocene tidal flats of Japan
 Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology (Nara, M., Akiyama, H. and Itani, G.) 261/, 100-104 2008 (学術雑誌)

Sperm structure and sperm transfer in Pseudopythina subsinuata (Bivalvia; Galeommatoidea)
 Zoologischer Anzeiger (Jespersen, A., Lützen, J. and Itani, G.) 248/, 57-67 2009 (学術雑誌)

Utilization of the non-indigenous green mussel, Perna viridis, by the native pinnotherid crab Arcotheres sinensis in Uranouchi Inlet, Kochi, Japan
 Crustacean Research (Yamada, C., Itani G. and Asama H.) 38/, 70-76 2009 (学術雑誌)

Burrow morphology and associated animals of the mud shrimp Upogebia yokoyai (Crustacea: Thalassinidea: Upogebiidae)
 Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom (Kinoshita, K., Itani, G. and Uchino, T.) 90/, 947-952 2010 (学術雑誌)

Epizoanthus spp. associations revealed using DNA markers: a case study from Kochi, Japan
 Zoological Science (Reimer, J. D., Hirose, M., Nishisaka, T., Sinniger, F. and Itani, G.) 27/, 729-734 2010 (学術雑誌)

An introduced Asian parasite threatens northeastern Pacific estuarine ecosystems
 Biological Invasions (Chapman, J. W., Dumbauld, B. R., Itani, G. and Markham, J. C.) 14/, 1221-1236 2012 (学術雑誌)

Burrow utilization in the goby Eutaeniichthys gilli associated with the mud shrimp Upogebia yokoyai
 Zoological Science (Henmi, Y. and Itani, G.) 31/, 523-528 2014 (学術雑誌)

Laboratory quantification of burrow utilization in the symbiotic varunid crab Sestrostoma toriumii
 Plankton and Benthos Research (Henmi, Y. and Itani, G.) 9/, 203-206 2014 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)
巣穴の中の共生関係.「甲殻類学」,朝倉彰編(2003)
 出版社:東海大学出版会

エビの上で二人で暮らすーエビヤドリムシの生活史と種の多様性.「フィールドの寄生虫学」,長澤和也編(2004)
 出版社:東海大学出版会

干潟の巣穴をめぐる様々な共生.「寄生と共生」,石橋信義・名和行文編(2008)
 出版社:東海大学出版会

寄生 ―主が服を脱ぐとき.「動物の生き残り術:行動とそのしくみ」,酒井正樹編(2009)
 出版社:共立出版株式会社

「干潟の絶滅危惧動物図鑑 海岸ベントスのレッドデータブック」,日本ベントス学会編(2012)
 出版社:東海大学出版会

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る