■ 氏名
村松 久司 (ムラマツ ヒサシ)
MURAMATSU Hisashi

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Multidisciplinary Science Cluster, Life and Environmental Medicine Science Unit/Associate Professor
教育研究部 総合科学系 生命環境医学部門/准教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Agriculture and Marine Science, Department of Agricultural Chemistry
農林海洋科学部 農芸化学科

■ 連絡先
住 所
電 話088-864-5187
F A X
E-Mailhmura●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://www.cc.kochi-u.ac.jp/~hmura/

■ 出身大学院・研究科等

■ 出身学校・専攻等

■ 取得学位
修士(工学) (課程) 山梨大学 生物機能・バイオプロセス
博士(農学) (課程) 京都大学 応用生物化学

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本生化学会
 ( 国内)
日本農芸化学会
 ( 国内)
日本ビタミン学会
 ( 国内)

■ 専門分野
酵素学、微生物学

■ 主な研究テーマ・活動
 自然界から産業に利用できる微生物酵素を見つけ出し、遺伝子工学・タンパク質工学・酵素学的手法を使って、詳細な機能解析を行う。さらに、得られた生物資源を実用化するための応用研究も行う。

■ 研究についてのPR
 酵素(生体触媒)を利用した物質生産は環境負荷が低く、基質特異性・立体特異性・位置特異性などが高いことが特徴です。そのため、酵素による物質生産は、高効率な生産プロセスを実現する技術として注目されています。そこで、医薬品の合成中間原料などの生産に利用できる新しい微生物酵素を見つけ出し、有用物質生産プロセスに活用することで、産業や環境保全に貢献したいと考えています。また、バイオセンサーとして利用できる微生物酵素を見つけ出し、健康維持や食品中に含まれる機能性物質の定量試験などに活用したいと考えています。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
酵素学、微生物学に関する内容

■ 研究業績(論文・解説)
Enzymatic synthesis of N-methyl-L-phenylalanine by a novel enzyme, N-methyl-L-amino acid dehydrogenase, from Pseudomonas putida.
 TETRAHEDRON-ASYMMETRY. 15(18) (Muramatsu H., Mihara H., Kakutani R., Yasuda M.,Ueda M., Kurihara T., Esaki N.) /, 2841- 2843 2004 (学術雑誌)

N-Methyl-L-amino acid dehydrogenase from Pseudomonas putida, A novel member of an unusual NAD(P)-dependent oxidoreductase superfamily.
 FEBS J. (Mihara H., Muramatsu H., Kakutani R., Yasuda M., Ueda M., Kurihara T., Esaki N.) 272/5, 1117-1123 2005 (学術雑誌)

The putative malate/lactate dehydrogenase from Pseudomonas putida is an NADPH-dependent D1-piperideine-2-carboxylate/D1-pyrroline-2-carboxylate reductase involved in the catabolism of D-lysine and D-proline.
 J. Biol. Chem. (Muramatsu H., Mihara H., Kakutani R., Yasuda M., Ueda M., Kurihara T., Esaki N.) 280/7, 5329-5335 2005 (学術雑誌)

A new family of NAD(P)H-dependent oxidoreductases distinct from conventional Rossmann-fold proteins.
 J. Biosci.Bioeng. (Muramatsu H., Mihara H., Goto M., Miyahara I., Hirotsu K., Kurihara T., Esaki N.) 99/6, 541-547 2005 (学術雑誌)

Crystal structures of delta1-piperideine-2-carboxylate/delta1-pyrroline-2-carboxylate reductase belonging to a new family of NAD(P)H-dependent oxidoreductases conformational change,substrate recognition, and stereochemistry of the reaction.
 J. Biol. Chem. (Goto M., Muramatsu H., Mihara H.,Kurihara T., Esaki N., Omi R., Miyahara I., Hirotsu K.) 280/49, 40875-40884 2005 (学術雑誌)

Enzymatic synthesis of L-pipecolic acid by delta1-piperideine-2 carboxylate reductase from Pseudomonas putida.
 Biosci.Biotechnol. Biochem. (Muramatsu H., Mihara H., Yasuda M., Ueda M., Kurihara T., Esaki N.) 70/9, 2296-2298 2006 (学術雑誌)

Enzymatic synthesis of cyclic amino acids by N-methyl-L-amino acid dehydrogenase from Pseudomonas putida.
 TETRAHEDRON-ASYMMETRY (Yasuda M., Ueda M., Muramatsu H., Mihara H., Esaki N.) 17/12, 1775-1779 2006 (学術雑誌)

Prediction of missing enzyme genes in a bacterial metabolic network.
 FEBS J. (Yamanishi Y., Mihara H.,Osaki M., Muramatsu H., Esaki N., Sato T., Hizukuri Y., Goto S., Kanehisa M.) 274/9, 2262-2273 2007 (学術雑誌)

Purification and properties of cycloinulooligosaccharide fructanotransferase from Paenibacillus polymyxa MG-CF6.
 Journal of Applied Glycoscience (Nanjo F., Goto K., Oka H., Muramatsu H., Kato S., Nagata S.) 55/, 217-224 2008 (学術雑誌)

ピリドキサール 5’-リン酸依存性フェニルセリンアルドラーゼの発現を制御するタンパク質Reg-psaldの同定とその利用
 Vitamines (Japan) (村松久司,上島左久子,山本浩明,加藤伸一郎,味園春雄,永田信治) 84/2, 37-45 2010 (学術雑誌)

Identification, cloning and characterization of L-phenylserine dehydrogenase from Pseudomonas syringae NK-15.
 Enzyme Research (Ueshima S., Muramatsu H., Nakajima T., Yamamoto H., Kato S., Misono H., Nagata S.) 2010/Article ID 597010, 10 pages 2010 (大学・研究所等紀要) 10.4061/2010/597010.

Aureobasidium pullulansにおける機能性β-グルカン生産と細胞形態の関係
 生物工学会誌 (宮脇香織,寺尾啓吾,山北真一,高橋佐知,池上裕倫,藤井昇,尾仲隆,村松久司,永田信治) 88/12, 634-641 2010 (学術雑誌)

Discovery and characterization of D-phenylserine deaminase from Arthrobacter sp. TKS1.
 Appl. Microbiol. Biotechnol. (Muramatsu H., Suzuki Y.,Imai T., Ueshima S., Ozaki J., Matsui Y., Kato S., Ohnishi K., Kimoto N., Yamamoto H., Nagata S.) /, In Press (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)
β-1, 3-1, 6-グルカンの定量方法
 特許公開2010-41957

D-フェニルセリンデアミナーゼ及びその利用
 特許公開2010-187658

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る