■ 氏名
道法 浩孝 (ドウホウ ヒロタカ)
DOHO Hirotaka

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Professor
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Technology Education Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(技術教育コース)

■ 連絡先
住 所
電 話088−844−8407
F A X
E-Maildoho●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
兵庫教育大学 (学校教育研究科 ) (修了)

■ 出身学校・専攻等
広島大学 (学校教育学部 ) (卒業)

■ 取得学位
学校教育学修士 () 兵庫教育大学

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本産業技術教育学会
 ( 国内)
システム制御情報学会
 ( - 国内)
電子情報通信学会
 ( - 国内)
計測自動制御学会
 ( - 国内)
日本科学教育学会
 ( - 国内)
日本理科教育学会
 ( - 国内)
日本物理教育学会
 ( - 国内)

■ 専門分野
技術科教育

■ 主な研究テーマ・活動
ニューロコンピューティング
技術科教育における電気回路の設計・製作学習に関する研究
技術科教育における計測・制御教材の開発と指導法の研究

■ 研究についてのPR
 ニューロコンピューティングは,脳を構成する神経回路網のモデルを構築し,それによる様々な情報処
理の可能性を探るものであり,従来の2値論理に基づくノイマン型コンピュータとは異なるアーキテク
チャーで,脳に学んだ新しい情報処理手段の確立を目的とするものです.現在,新たなモデルを提案
し,コンピュータシミュレーションを通してその工学的適用性を追究しています.
 また,中学校技術科の電気回路の設計・製作学習において,生徒が既習の知識・技術を活用して主
体的・問題解決的に学習活動を展開する授業づくりをめざして,製作題材,教材・教具の開発および学
習指導法について研究を行っています.さらに,パソコンを活用した計測・制御教材やシミュレーション
教材の開発および電気回路の設計・製作学習への援用についての研究を行っています.

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
電気・電子工作・ 木材,金属,プラスチック等を用いたものづくり
電気の話

■ 研究業績(論文・解説)
技術科における「トランジスタ回路設計力」を育成する授業モデル開発
 茨城大学教育学部紀要 (共著) /第53号, pp.139−153 2004 (大学・研究所等紀要)

Signal Recognition by Input-Output Correlation in Associative Neural Networks
 Electronics and Communications in Japan (共著) Part3,Vol.86/No.5, pp.54−64 2003 (学術雑誌)

技術科教育における総合的な学習題材の開発
 広島県技術教育学会誌 () 第8巻/, pp.15−23 2003 (学術雑誌)

連想記憶型ニューラルネットの入出力相関に基づく信号識別機構
 電子情報通信学会論文誌 (共著) Vol.J84‐A NO.11/, pp.1366〜1376 2001 (学術雑誌)

技術教育教材としての模型飛行機に関する研究―大学院の授業の評価―
 日本産業技術教育学会誌 (共著) 第43巻/第4号, pp.193−208 2001 (学術雑誌)

技術教育教材としての模型飛行機に関する研究―設計方法について―
 日本産業技術教育学会誌 (共著) 第43巻/第1号, pp.15−25 2001 (学術雑誌)

技術科教育における技能学習の方法論的研究―電気部品のはんだづけを事例とした実験授業―
 学校教育実践学研究(広島大学) (共著) 第5巻/, pp.63−71 1999 (大学・研究所等紀要)

テクノロジー教育を志向した電気に関する学習内容の構成と展開
 学校教育実践学研究(広島大学) (共著) 第4巻/, pp.131−142 1998 (大学・研究所等紀要)

技術科教育におけるトランジスタ増幅回路設計のための計測・シミュレーションシステムの開発
 日本産業技術教育学会誌 (共著 ) 第39巻/第1号, pp.49−58 1997 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る