■ 氏名
山本 裕二 (ヤマモト ユウジ)
YAMAMOTO Yuji

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Multidisciplinary Science Cluster, Interdisciplinary Science Unit/Professor
教育研究部 総合科学系 複合領域科学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Center for Advanced Marine Core Research
海洋コア総合研究センター

■ 連絡先
住 所
電 話
F A X
E-Maily.yamamoto●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://www.kochi-u.ac.jp/marine-core/Members_HP/yamamoto/

■ 出身大学院・研究科等
東京工業大学 博士(理工学研究科 地球惑星科学専攻) 2002 (修了)
東京工業大学 修士(理工学研究科 地球惑星科学専攻) 1999 (修了)

■ 出身学校・専攻等
東京工業大学 (理学部 地球・惑星科学科) 1997 (卒業)

■ 取得学位
博士(理学) (課程) 東京工業大学 固体地球惑星物理学

■ 研究職歴
2002-2003年 産業技術総合研究所 海洋資源環境研究部門 海洋地球物理研究グループ 特別研究員
2003-2006年 日本学術振興会 特別研究員PD(産業技術総合研究所 地質情報研究部門 地球変動史研究グループ)
2006年 産業技術総合研究所 地質情報研究部門 地球変動史研究グループ テクニカルスタッフ
2006-2007年 日本学術振興会 海外特別研究員 (英国リバプール大学 海洋地球科学科 地球電磁気学研究室)
2007-2008年 高知大学 海洋コア総合研究センター 助手/助教
2008-2015年 高知大学 教育研究部 自然科学系 理学部門 助教
2015年- 高知大学 教育研究部 自然科学系 理学部門 准教授

■ 委員歴・役員歴
2010年- 日本地球掘削科学コンソーシアム(J-DESC)科学計測専門部会委員

■ 受賞学術賞
大林奨励賞(地球電磁気・地球惑星圏学会) (2007)

■ 所属学会
地球電磁気・地球惑星圏学会
 (学生発表賞事務局員(第1分野) 2007年- 国内)
American Geophysical Union
 ( 国外)
日本地球惑星科学連合
 ( 国内)

■ 専門分野
古地磁気学, 岩石磁気学

■ 主な研究テーマ・活動
古地球磁場変動の解明
古地球磁場強度測定法の開発・改良
環境磁気学的アプローチによる古環境変動の解明

■ 研究についてのPR
 一般に,我々が生活の基盤としている地球表層は大陸・海洋・大気から成り立っていると考えられ,地球環境について議論・考察をする際はとかくこの三者に目が向けられがちです.しかし,ここで忘れてはならないのは,地球磁場もまた地球表層の環境を構成する重要な要素の一つであり,この磁場の変動もまた我々人間の生活に大きな影響を与えるということです.地球磁場は,太陽から吹き付ける太陽風などの高エネルギー放射線に対するバリアーとしての役割を果たし,そのおかげで,地上における私たち人類を含む生物の活動が可能となってきました.

 しかし,地球磁場は時間的に安定ではなく,様々なタイムスケールで変動します.その最たるものが地球磁場の逆転で,約78万年前に最後の逆転を起こし現在の状態に至っています.この78万年間にも,逆転には至らなかったものの,類似した現象(地磁気エクスカーション)が20回以上も起こっていた可能性があることが分かってきました.このような地磁気逆転および地磁気エクスカーションの期間中には,地球磁場の強さが現在の1/10にまで減少していたことも最近の研究によって明らかになってきました.

 このようなダイナミックな地球磁場変動の姿は,主に1990年代以降の研究によって明らかになってきました.しかし,とくに地球磁場強度変動の姿については,まだまだ未解明な部分が数多く残されています.古地球磁場強度測定法の改良・開発に取り組むと同時に,火山岩・海底堆積物等の地質試料から古地球磁場強度変動史を明らかにする研究に取り組んでいます.また,非破壊・迅速測定といった古地磁気・岩石磁気測定のメリットを生かし,環境磁気学的アプローチによる古環境変動の解明にも取り組んでいきます.

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
「地球磁場は変動している〜地質試料から明らかになってきた古地球磁場強度変動の姿」

■ 研究業績(論文・解説)
Geomagnetic paleosecular variation for the past 5 Ma in the Society Islands, French Polynesia
 Earth Planets Space (Yamamoto Y., Shimura K., Tsunakawa H., Kogiso T., Uto K., Barsczus H.G., Oda H., Yamazaki T., and Kikawa E.) 54/, 797-802 2002 (学術雑誌)

Paleointensity study of the Hawaiian 1960 lava: Implications for possible causes of erroneously high intensities
 Geophys. J. Int. (Yamamoto Y., Tsunakawa H., and Shibuya H.) 153/, 263-276 2003 (学術雑誌) 10.1046/j.1365-246X.2003.01909.x

Comment on ``Experimental reassessment of the Shaw paleointensity method using laboratory-induced thermal remanent magnetization
 J. Geophys. Res. (Yamamoto Y.) 108/, 2278 2003 (その他) 10.1029/2002JB002214

Palaeointensity study of the Oshima 1986 lava in Japan: implications for the reliability of the Thellier and LTD-DHT Shaw methods
 Phys. Earth Planet. Inter. (Mochizuki N., Tsunakawa H., Oishi Y., Wakai S., Wakabayashi K., and Yamamoto Y.) 146/, 395-416 2004 (学術雑誌) 10.1016/j.pepi.2004.02.007

Validity of the LTD-DHT Shaw and Thellier palaeointensity methods: a case study of the Kilauea 1970 lava
 Phys. Earth Planet. Inter. (Oishi Y., Tsunakawa H., Mochizuki N., Yamamoto Y., Wakabayashi K., and Shibuya H.) 149/, 243-257 2005 (学術雑誌) 10.1016/j.pepi.2004.10.009

Geomagnetic field intensity during the last 5 Myr: LTD-DHT Shaw palaeointensities from volcanic rocks of the Society lslands, French Polynesia
 Geophys. J. Int. (Yamamoto Y. and Tsunakawa H.) 162/, 79-114 2005 (学術雑誌) 10.1111/j.1365-246X.2005.02651.x

絶対古地球磁場強度測定法の進展と新方法による過去500万年間の平均地球磁場強度 −現在の地磁気は異常に強い?−
 地学雑誌 (山本 裕二, 綱川 秀夫) 114/, 161-173 2005 (学術雑誌)

Paleomagnetism of the middle Cretaceous Iritono granite in the Abukuma region, northeast Japan
 Tectonophys. (Wakabayashi K., Tsunakawa H., Mochizuki N., Yamamoto Y., and Takigami Y.) 421/, 161-171 2006 (学術雑誌) 10.1016/j.tecto.2006.04.013

Possible TCRM acquisition of the Kilauea 1960 lava, Hawaii: failure of Thellier paleointensity determination inferred from equilibrium temperature of the Fe-Ti oxide
 Earth Planets Space (Yamamoto Y.) 58/, 1033-1044 2006 (学術雑誌)

Relative Paleointensity Stack during the Last 250 kyr in the Northwest Pacific
 J. Geophys. Res. (Yamamoto Y., Yamazaki T., Kanamatsu T., Ioka N., and Mishima T.) 112/B01104, 2007 (学術雑誌) 10.1029/2006JB004477

40Ar/39Ar ages and palaeomagnetism of transitionally magnetized volcanic rocks in the Society Islands, French Polynesia: Raiatea excursion in the upper-Gauss Chron
 Geophys. J. Int. (Yamamoto Y., Ishizuka O., Sudo M., and Uto K.) 169/, 41-59 2007 (学術雑誌) 10.1111/j.1365-246X.2006.03277.x

Palaeomagnetism of the Older Ontake Volcano, Japan: contributions to the palaeosecular variation for 750-400 Ka, the lower half of the Brunhes Chron
 Geophys. J. Int. (Tanaka H., Kamizaki R., and Yamamoto Y.) 169/, 81-90 2007 (学術雑誌) 10.1111/j.1365-246X.2006.03306.x

Paleomagnetism of the Datong monogenetic volcanoes in China: paleodirection and paleointensity during the middle to early Brunhes Chron
 Earth Planets Space (Yamamoto Y., Tsunakawa H., Shaw J., and Kono M.) 59/, 727-746 2007 (学術雑誌)

New K-Ar ages of the Society Islands, French Polynesia, and implication for the Society hotspot feature
 Earth Planets Space (Uto K., Yamamoto Y., Sudo M., Uchiumi S., Ishizuka O., Kogiso T., and Tsunakawa H.) 59/, 879-885 2007 (学術雑誌)

Paleomagnetic and rock magnetic studies of the Sakurajima 1914 and 1946 andesitic lavas from Japan: A comparison of the LTD-DHT Shaw and Thellier paleointensity methods
 Phys. Earth Planet. Inter. (Yamamoto Y., and Hoshi H. ) 167/, 118-143 2008 (学術雑誌) 10.1016/j.pepi.2008.03.006

Development of the microwave LTD-DHT Shaw method for absolute paleointensity determination
 Phys. Earth Planet. Inter. (Yamamoto Y., and Shaw, J. ) 170/, 15-23 2008 (学術雑誌) 10.1016/j.pepi.2008.06.021

Paleointensity study of the middle Cretaceous Iritono granite in northeast Japan: Implication for high field intensity of the Cretaceous normal superchron
 Phys. Earth Planet. Inter. (Tsunakawa, H., Wakabayashi, K., Mochizuki, N., Yamamoto, Y., Ishizaka, K., Hirata, T., Takahashi, F., Seita, K.) 176/, 235-242 2009 (学術雑誌) 10.1016/j.pepi.2009.07.001

Anelastic strain recovery reveals extension across SW Japan subduction zone
 Geophys. Res. Lett (Byrne, T. B., W. Lin, A. Tsutsumi, Y. Yamamoto, J. C. Lewis, K. Kanagawa, Y. Kitamura, A. Yamaguchi, and G. Kimura) 36/L23310, 2009 (学術雑誌) 10.1029/2009GL040749

Geomagnetic paleointensity deduced for the last 300 kyr from Unzen Volcano, Japan, and the dipolar nature of the Iceland Basin excursion
 Earth Planet. Sci. Lett. (Yamamoto Y., Shibuya H., Tanaka H. and Hoshizumi H.) 293/, 236-249 2010 (学術雑誌) 10.1016/j.epsl.2010.02.024

Microscopic observation of titanomagnetite grains during palaeointensity experiments of volcanic rocks
  () 196/1, 145-159 2014 () 10.1093/gji/ggt387

Palaeomagnetic study of IODP Sites U1331 and U1332 in the equatorial Pacific?extending relative geomagnetic palaeointensity observations through the Oligocene and into the Eocene
  () 196/2, 694-711 2014 () 10.1093/gji/ggt412

Paleointensity of the geomagnetic field in the Late Cretaceous and earliest Paleogene obtained from drill cores of the Louisville seamount trail
  () 15/6, 2454-2466 2014 () 10.1002/2014GC005298

Hydrostatic pressure effect on magnetic hysteresis parameters of multidomain magnetite: Implication for crustal magnetization
  () 233/, 33-40 2014 () 10.1016/j.pepi.2014.06.001

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る