■ 氏名
中村 洋平 (ナカムラ ヨウヘイ)
NAKAMURA Yohei

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Multidisciplinary Science Cluster, Kuroshio Science Unit/Associate Professor
教育研究部 総合科学系 黒潮圏科学部門/准教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Agriculture and Marine Science, Department of Marine Resource Science, Aquaculture Course
農林海洋科学部 海洋資源科学科 海洋生物生産学コース

■ 連絡先
住 所〒783-8502 高知県南国市物部乙200
電 話088−864−5236
F A X
E-Mailynakamura●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://aquaticecologylab.com/

■ 出身大学院・研究科等
東京大学 修士(農学系研究科 ) 2001 (修了)
東京大学 博士(農学系研究科 ) 2004 (修了)

■ 出身学校・専攻等
静岡大学 (農学部 応用生物化学科) 1999 (卒業)

■ 取得学位
博士(農学) (課程)

■ 研究職歴
2004-2006 琉球大学大学院理工学研究科・COE研究員
2006-2008 日本学術振興会・特別研究員PD(東京大学海洋研究所)
2008-2012 高知大学大学院総合人間自然科学研究科・助教
2012-2013 高知大学大学院総合人間自然科学研究科・講師
2013-現在 高知大学大学院総合人間自然科学研究科・准教授

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本水産学会,日本魚類学会,日本サンゴ礁学会
 ( 国内)
国際サンゴ礁学会
 ( 国外)

■ 専門分野
魚類生態学

■ 主な研究テーマ・活動
魚類生息場としてのサンゴ礁・海草藻場・マングローブ域の役割,魚類の着底場選択機構,環境劣化が魚類に与える影響,地球温暖化が土佐湾の生態系に与える影響, 土佐湾における温帯性・熱帯性魚類の生態・加入機構

高知県,琉球列島,東南アジアを主な研究フィールドとしている。

■ 研究についてのPR
上記の研究課題に対して,潜水観察,野外実験,耳石解析,安定同位体比分析などの手法を用いて調べている。最近は,人間活動が沿岸生態系に及ぼす影響にも興味がある。黒潮圏を中心に,沿岸生態系や,沿岸生態系に影響を及ぼす人間活動の実態を把握することで,人と自然が持続的に共存できるような沿岸環境管理手法を確立することを目的として研究を行っている。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
・魚類成育場としてのサンゴ礁・海草藻場・マングローブ域の機能
・沿岸環境の劣化が魚類に与える影響
・魚類の生態
・サンゴ礁と漁業

■ 研究業績(論文・解説)
Fish response to expanding tropical Sargassum beds on the temperate coasts of Japan
 Marine Ecology Progress Series (Terazono Y, Nakamura Y, Imoto Z, Hiraoka M) 464/, 209-220 2012 (学術雑誌)

Variability in nursery function of tropical seagrass beds during fish ontogeny: Timing of ontogenetic habitat shift
 Marine Biology (Nakamura Y, Hirota K, Shibuno T, Watanabe Y) 159/, 1305−1315 2012 (学術雑誌)

Effects of alternate reef states on coral reef fish habitat associations
 Environmental Biology of Fishes (Lecchini D, Carassou L, Frederich B, Nakamura Y, Mills SC, Galzin R) 94/, 421-429 2012 (学術雑誌)

Relationship between pelagic larval duration and abundance of tropical fishes on temperate coasts of Japan
 Journal of Fish Biology (Soeparno, Nakamura Y, Shibuno T, Yamaoka K) 80/, 346-357 2012 (学術雑誌)

Global human footprint on the linkage between biodiversity and ecosystem functioning in reef fishes.
 PLoS Biology (Mora C, Aburto-Oropeza O, Bocos AA, et al.) 9/4, e1000606 2011 (学術雑誌)

Predation risks for juvenile fishes in a mangrove estuary: a comparison of vegetated and unvegetated microhabitats by tethering experiments
 Journal of Experimental Marine Biology and Ecology (Nanjo K, Nakamura Y, Horinouchi M, Kohno H, Sano M) 405/1-2, 53-58 2011 (学術雑誌)

高知県横浪半島のサンゴ群集域にみられる魚類群集の季節的変化
 魚類学雑誌 (平田智法・小栗聡介・平田しおり・深見裕伸・中村洋平・山岡耕作) 58/1, 49-64 2011 (学術雑誌)

Patterns in fish response to seagrass bed loss at the southern Ryukyu Islands, Japan.
 Marine Biology (Nakamura Y) 157/, 2397−2406 2010 (学術雑誌)

Interspecific variations in age and size at settlement of 8 emperor fishes (Lethrinidae) at the southern Ryukyu Islands, Japan.
 Fisheries Science (Nakamura Y, Shibuno T, Suzuki N, Nakamori J, Kanashiro K, Watanabe Y) 76/, 503-510 2010 (学術雑誌)

Spatial variability in habitat associations of pre- and post-settlement stages of coral reef fishes at Ishigaki Island, Japan.
 Marine Biology (Nakamura Y, Shibuno T, Lecchini D, Kawamura T, Watanabe Y) 156/, 2413−2419 2009 (学術雑誌)

Habitat selection by emperor fish larvae.
 Aquatic Biology (Nakamura Y, Shibuno T, Lecchini D, Watanabe Y) 6/, 61−65 2009 (学術雑誌)

How does shoreline development impact the recruitment patterns of coral reef fish juveniles (Moorea Island, French Polynesia)?
 Ichthyological Research (Lecchini D, Million J, Nakamura Y, Galzin R) 56/, 314−318 2009 (学術雑誌)

Evidence of ontogenetic migration from mangroves to coral reefs by black tail snapper Lutjanus fulvus: stable isotope approach.
 Marine Ecology Progress Series (Nakamura Y, Horinouchi M, Shibuno T, Tanaka Y, Miyajima T, Koike I, Kurokura H, Sano M) 355/, 257-266 2008 (学術雑誌)

Spatial and temporal patterns of seagrass habitat use by fishes at the Ryukyu Islands, Japan.
 Estuarine, Coastal and Shelf Science (Nakamura Y, Tsuchiya M) 76/, 345-356 2008 (学術雑誌)

Habitat use patterns of fishes across the mangrove-seagrass-coral reef seascape at Ishigaki Island, southern Japan.
 Ichthyological Research (Shibuno T, Nakamura Y, Horinouchi M, Sano M) 55/, 218-237 2008 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)
サンゴ礁魚類の生産機構と生態系サービス,「浅海域の生態系サービス」 水産学シリーズ169(2011)
 出版社:恒星社厚生閣

サンゴ礁の魚たち,日本サンゴ礁学会編「サンゴ礁学-未知なる世界への招待」(2011)
 出版社:東海大学出版会

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)
国際協力機構(JICA)短期専門家/地球規模課題対応国際科学技術協力事業 (SATREPS)(H22-H26)


前ページへ戻る