■ 氏名
松下 雅英 (マツシタ マサヒデ)
MATSUSHITA Masahide

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Medical Sciences Cluster, Cooperation Medicine Unit/Associate Professor
教育研究部 医療学系 連携医学部門/准教授

■ 学部・学科・コース等
Medical School
医学部 土佐山へき地診療所

■ 連絡先
住 所
電 話088-895-2636
F A X
E-Mailmasahide●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 卒業大学及び大学院等
自治医科大学

■ 学位(種類)
医学博士

■ 所属学会
日本プライマリ・ケア学会、日本家庭医療学会、日本内科学会、日本循環器学会、日本感染症学会、日本環境感染学会

■ 専門分野
地域医療学、家庭医療学、プライマリ・ケア

■ 主な研究テーマ・活動
地域における医学教育、高齢者におけるインフルエンザワクチン接種後抗体価に関する研究

■ 研究についてのPR

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)

■ 研究業績
へき地在住高齢者における,A/H3N2亜型株変更後のインフルエンザワクチン接種後抗体価に影響する因子の検討,月刊地域医学,2009(in press)
Matsushita M, Takeuchi S, Yang Y, Yoshino N, Tsukasaki K, Taguchi H, Phillip Koeffler H, and Seo H:Methylation of the MLH1 Gene in Hematological Malignancies. ONCOLOGY REPORTS 14:191-194, 2005
松下雅英,鶴谷善夫,安 隆則,小塚裕之,菅原養厚,橋本重正,久保典史,藤井幹久,井野隆史,齋藤宗靖:感染性心内膜炎の臨床像と治療成績―10年間における61例の検討―,心臓34:646-654,2002
松下雅英,鶴谷善夫,齋藤宗靖:心筋炎・心膜炎・感染性心内膜炎の予後,循環器科51:67-72,2002


前ページへ戻る