■ 氏名
北村 直也 (キタムラ ナオヤ)
KITAMURA Naoya

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Medical Sciences Cluster, Clinical Medicine Unit/Lecturer
教育研究部 医療学系 臨床医学部門/講師

■ 学部・学科・コース等
Medical School, School Hospital, Clinical Department, Dentistry & Oral and Maxillofacial Surgery
医学部附属病院 診療科 歯科口腔外科

■ 連絡先
住 所
電 話088-880-2421
F A X
E-Mailnkitamura●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 卒業大学及び大学院等
1998年 広島大学歯学部 卒業

■ 学位(種類)
博士(歯学)

■ 所属学会
日本口腔外科学会(専門医)、日本口腔科学会、アジア口腔顎顔面外科学会、日本口腔組織培養学会

■ 専門分野
歯科口腔外科全般

■ 主な研究テーマ・活動
口腔癌における赤外線カメラシステムを用いたセンチネルリンパ節同定法の開発

■ 研究についてのPR
赤外線カメラシステムを用いて、口腔原発巣からリンパ管に入ったがん細胞が最初に到達するリンパ節(センチネルリンパ節)を同定する方法の開発を行い、縮小手術を目指しています。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
歯科口腔外科全般

■ 研究業績
1.Unicystic ameloblastoma of the maxilla: A case report Satoshi Ito, Toshiko Mandai, Kosei Ishida, Naoya Kitamura, Hiroyo Deguchi, Tsuyoshi Hata, Isao Irei, Masaru Hosoda
Kawasaki Medical Journal 35(1): 95-98, 2009
2.遊離腓骨皮弁移植により再建された下顎への歯科用インプラント義歯症例 石田光生, 北村直也, 伊藤聡, 出口博代, 畑毅, 細田超 川崎医学会34(3)203-209(2008)
3.大腸癌が上顎および頸部リンパ節に転移した1例 北村直也, 石田光生, 出口博代, 畑毅, 岡本哲治, 細田超 日本口腔外科学会雑誌53(8) 504-508(2007)
4.左側耳下腺に同時性にみられた多形性腺腫とWarthin腫瘍の1例 石田光生, 伊藤聡, 北村直也, 出口博代, 畑毅, 細田超 日本口腔外科学会雑誌53(8) 509-513(2007)
5.外耳道骨折を伴った関節突起骨折の1例 畑毅, 石田光生, 伊藤聡, 北村直也, 出口博代, 細田超 川崎医学会誌33(1) 49-55(2007)
6.Developmental Signaling Disorders in Craniofacial Anormalies and Cancers. Yan Zang, Hua Wang, Akihide Kamegai, Tsuyoshi Hata, Naoya Kitamura, Masaru Hosoda, Ryouji Tani, Yasutaka Hayashido, Shigeaki Toratani, Tetsuji Okamoto Oral Science International 3(2) 56-63(2006)
7.遊離皮弁による舌再建後に発症した急性肺血栓塞栓症の1例 北村直也, 石田光生, 伊藤聡, 出口博代, 畑毅, 細田超 日本口腔外科学会雑誌52(10) 565-568(2006)
8.保存療法を施行した顎関節円板前方転移症例の臨床経過ならびにMRI所見の検討 畑毅, 釋舎竜司, 永井清久, 伊藤聡, 石田光生, 北村直也, 出口博代, 細田超, 吉田耕治 川崎医学会誌31(4) 227-233(2005)
9.Introduction of wild-type patched gene suppresses the oncogenic potential of human squamous cell lines including A431. Chika Koike, Taketoshi Mizutani, Taiji Ito, Yasuhito Shimizu, Nobutake Yamamichi, Takashi Kameda, Eiji Michimukai, Naoya Kitamura, Tetsuji Okamoto, Hideo Iba Oncogene 21(17) 2670-2678(2002)
10.Mutation in the human homologue of the Drosophila segment polarity gene patched in oral squamous cell lines. Eiji Michimukai, Naoya Kitamura, Yan Zhang, Hua Wang, Yoshiko Hiraishi, Kensaku Sumi, Yasutaka Hayashido, Shigeaki Toratani, Tetsuji Okamoto In Vitro Cellular and Developmental Biology 37(7)459-464(2001)


前ページへ戻る