■ 氏名
斎藤 卓也 (サイトウ タクヤ)
SAITO Takuya

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Sciences Unit/Assistant Professor
教育研究部 自然科学系 理学部門/助教

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Science, Department of Natural Science, Physical Science Course
理学部 理学科 物理科学コース

■ 連絡先
住 所
電 話8493
F A X
E-Mailtsaitou●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 卒業大学及び大学院等
広島大学

■ 学位(種類)
理学博士

■ 所属学会
物理学会、電気学会

■ 専門分野
ハドロン物理学、計算物理

■ 主な研究テーマ・活動
 自然界の物質を構成する原子は、原子核とその周りを回る電子からなり、原子核は陽子と中性子から構成されます。さらに、現代物理学においては、陽子や中性子といったハドロン粒子は、クォークとグルーオンと呼ばれる素粒子から構成されていることが分かっています。しかし、このクォークやグルーオンはハドロンの中にとても強い力で閉じ込められておりその様子を知ることは大変難しいことも知られています。この奇妙な現象は「クォークの閉じ込め問題」と呼ばれ現代物理学でも最も解くことが難しい課題とされています。
 私は、クォークやグルーオンが従う理論である量子色力学の数値的研究により閉じ込め問題の研究を行っています。理論を格子上に再定義することにより、コンピュータ上でのシミュレーションが可能になり、クォークやグルーオンの動きを探ることができます。また、閉じ込め力の存在しない宇宙初期における高温状態におけるクォークグルーオンプラズマの研究も行っています。これらの研究を通じて、閉じ込め問題の解明や量子色力学の深い理解に挑みたいと思っています。

■ 研究についてのPR
●ハドロン物理やクォーク閉じ込め問題を理解することは、理論的に大変難しいですが、実験研究
  からのサポートもあり、やりがいのある研究テーマです。
●数値計算はスーパーコンピュータを使います。その他の新しい計算手法の開発研究(並列、ベク
  トル等)にも関心を持っています。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)

■ 研究業績
1. Coulomb-gauge ghost and gluon propagators in SU(3) lattice Yang-Mills theory
  Y. Nakagawa, A. Voigt, E.-M. Ilgenfritz, M. Muller-Preussker, A. Nakamura, T. Saito, A. Sternbeck, H. Toki
  Phys. Rev. D79, 114504, 2009
2. Volume dependence of the long-range two-body potentials in various color channels by lattice QCD:
  Y. Nakagawa, A. Nakamura, T. Saito, H. Toki: Phys. Rev. D77, (2008), 034015-[1-7] .
3. Confining time-like gluon and confined spatial gluons in coulomb gauge QCD
  Y. Nakagawa, A. Nakamura, T. Saito, H. Toki: Mod. Phys. Lett. A, Vol. 23, Issue:27/30, Page2352-2355
  (2008)
4. The Coulomb gauge confinement scenario and the color-dependent quark potentials in lattice QCD
  simulations.: Y. Nakagawa, A. Nakamura, T. Saito, H. Toki: Mod. Phys. Lett. A, Vol.23,Issue:27/30,
  Page 2348 - 2351 (2008) .
5. Color confinement and the Faddeev-Popov ghosts in Coulomb gauge QCD: Y. Nakagawa, A. Nakamura,
  T. Saito, H. Toki: PoS, LAT2007:319, (2007).
6. Long-distance color-dependent quark potentials in the Coulomb gauge QCD: Y. Nakagawa, A. Nakamura,
  T. Saito, H. Toki: PoS, LAT2007:327, (2007) .
7. Infrared behavior of the Faddeev-Popov operator in Coulomb gauge QCD: Y. Nakagawa, A. Nakamura,
  T.Saito, H. Toki, Phys. Rev. D75, (2007) 014508-[1-7]
8. Color-singlet instantaneous potential in the Coulomb gauge QCD:Y. Nakagawa, A. Nakamura, T. Saito,
  H. Toki: Prog. Ther. Phys. Supp. 116, (2007) .
9. Infrared divergence of the color-Coulomb self-energy in Coulomb gauge QCD: Y. Nakagawa, A. Nakamura,
  T. Saito, H. Toki: PoS, LAT2006:071, (2006) .
10. Properties of color-Coulomb string tension: Y. Nakagawa, A. Nakamura, T. Saito, H. Toki, and D.
  Zwanziger: Phys. Rev. D73, (2006) 094504-[1-8]


前ページへ戻る