■ 氏名
栄徳 勝光 (エイトク マサミツ)
EITOKU Masamitsu

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Medical Sciences Cluster, Cooperation Medicine Unit/Assistant Professor
教育研究部 医療学系 連携医学部門/助教

■ 学部・学科・コース等
Medical School, Medical Course, Department of Human Health and Medical Sciences
医学部 医学科 医療学

■ 連絡先
住 所
電 話088-880-2406
F A X
E-Mailmeitoku●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等

■ 出身学校・専攻等

■ 取得学位

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会

■ 専門分野
環境医学

■ 主な研究テーマ・活動
酸化インジウムによる呼吸器炎症発生メカニズムの究明

■ 研究についてのPR
酸化インジウムは携帯電話やコンピュータのディスプレイの材料である透明導電幕に用いられ、日本が世界一の消費量(85%)を誇る金属化合物です。とても有用な物質な上に従来安定であると考えられていたのですが、2001年にその製造工場で呼吸器障害が引き起こされることが報告され、その安全性についての再評価が必要になっています。日本独自と言っても過言でない産業分野の安全を確保するため、日々研究に勤しんでおります。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
環境保健学、臨床中毒学、リスク評価・制御論、健康医療福祉情報解析学、産業保健学

■ 研究業績(論文・解説)
Structure of the histone chaperone CIA/ASF1-double bromodomain complex linking histone modifications and site-specific histone eviction.
 Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. (Akai Y, Adachi N, Hayashi Y, Eitoku M, Sano N, Natsume R, Kudo N, Tanokura M, Senda T and Horikoshi M.) 107/18, 8153-8158 2010 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)
Effect of intratracheal instillation of Indium oxide to acatalasemic mice (International Symposium on Occupational and Environmental Allergy and Immune Disease 2010 in KYOTO 2010 ポスター)

酸化インジウムの気管内投与によるアカタラセミアマウスへの健康影響の検討 (第83回日本産業衛生学会 2010 口頭発表)

Effect of intratracheal instillation of Indium oxide to acatalasemic mice (The 21st Japan China Korea Joint Conference on Occupational Health 2010 その他)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る