■ 氏名
今城 雅之 (イマジョウ マサユキ)
IMAJOH Masayuki

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Agriculture Unit/Lecturer
教育研究部 自然科学系 農学部門/講師

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Agriculture and Marine Science, Department of Marine Resource Science, Aquaculture Course
農林海洋科学部 海洋資源科学科 海洋生物生産学コース

■ 連絡先
住 所783-8502 高知県南国市物部乙200
電 話088-864-5151
F A X088-864-5151
E-Mailm-imajoh●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
高知大学 修士(農学研究科 栽培漁業学) 2001 (修了)
愛媛大学 博士(連合農学研究科 ) 2004 (修了)

■ 出身学校・専攻等
高知大学 (農学部 栽培漁業学科) 1999 (卒業)

■ 取得学位
博士(農学) (課程) 高知大学
博士(医学) (論文) 高知大学

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本魚病学会
 ( 国内)
日本ウイルス学会
 ( 国内)
日本水産学会
 ( 国内)

■ 専門分野
ウイルス学・細菌学・寄生虫学

■ 主な研究テーマ・活動
魚類病原微生物(ウイルス、細菌、寄生虫)の病原性発現機構の解明、疫学調査、ワクチン療法、人魚共通感染性細菌に関する研究

■ 研究についてのPR
高知大学では全国でも有数の海産魚類の飼育設備・施設が備わっており、特色ある研究を行う環境が整っている。日本の海産養殖魚の約9割はブリ類とマダイで占められ、そこで問題となっている感染症を研究対象にすることで水産業に大きく貢献することを目指している。また、人魚共通感染症に注目し、ヒトへの感染性や病原性機構を明らかにすることで、食品としての養殖魚の安心・安全性を考えていく。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
「魚類の感染症」
養殖魚における感染症について知ってもらい、どのような対策を講じているのかについて概説する。また、今後期待される新たな防除法についても紹介する。

■ 研究業績(論文・解説)
1. Apoptosis induced by a marine birnavirus in established cell lines from fish.
 Fish Pathology (Imajoh M., Suzuki S. ) 34/2, 73-79 1999 (学術雑誌)

2. Early interaction of marine birnavirus infection in several fish cell lines.
 Journal of General Virology (Imajoh M., Yagyu K., Oshima S.) 84/7, 1809-1816 2003 (学術雑誌)

3. Morphological changes contribute to apoptotic cell death and affected by caspase-3 and caspase-6 inhibitors during red sea bream iridovirus permissive replication.
 Virology (Imajoh M., Sugiura H., Oshima S. ) 322/2, 220-230 2004 (学術雑誌)

4. Frequent occurrence of apoptosis is not associated with pathogenic infectious pancreatic necrosis virus (IPNV) during persistent infection.
 Fish and Shellfish Immunology (Imajoh M., Hirayama T., Oshima S.) 18/2, 163-177 2005 (学術雑誌)

5. Interaction mechanism of marine birnavirus (MABV) in fish cell lines.
 Uirusu Review Japanese (Oshima S, Imajoh M., Hirayama T.) 55/1, 133-144 2005 (学術雑誌)

6. Quantification of aquabirnaviruses isolated from different host species by real-time RT-PCR.
 Microbiology and Immunology (Hirayama T., Imajoh M., Oshima S.) 49/4, 361-371 2005 (学術雑誌)

7. Characterization of cleavage sites and protease activity in the polyprotein precursor of Japanese marine aquabirnavirus and expression analysis of generated proteins by a VP4 protease activity in four distinct cell lines.
 Archives of Virology (Imajoh M., Goto T., Oshima S.) 152/6, 1103-1114 2007 (学術雑誌)

8. Characterization of a new fibroblast cell line from a tail fin of red sea bream, Pagrus major, and phylogenetic relationships of a recent RSIV isolate in Japan.
 Virus Research (Imajoh M., Ikawa T., Oshima S.) 126/1-2, 45-52 2007 (学術雑誌)

9. Presence of Merkel cell polyomavirus in Japanese cutaneous squamous cell carcinoma.
 Journal of Clinical Virology (Murakami M., Imajoh M., Ikawa T., Nakajima H., Kamioka M., Nemoto Y., Ujihara T., Uchiyama J., Matsuzaki S., Sano S., Daibata M.) 50/1, 37-41 2011 (学術雑誌)

10. Characterization of lytic enzyme open reading frame 9 (ORF9) derived from Enterococcus faecalis bacteriophage phiEF24C.
 Applied and Environmental Microbiology (Uchiyama J., Takemura I., Hayashi I., Matsuzaki S., Satoh M., Ujihara T., Murakami M., Imajoh M., Sugai M., Daibata M.) 77/2, 580-585 2011 (学術雑誌)

11. Promoter methylation of the bone morphogenetic protein 6 gene in multiple myeloma.
  Oncology Reports (Hashida Y., Nemoto Y., Imajoh M., Murakami M., Taniguchi A., Komatsu N., Yokoyama A., Daibata M. ) 27/3, 825-830 2012 (学術雑誌)

12. Characterization of Epstein-Barr virus (EBV) BZLF1 gene promoter variants and comparison of cellular gene expression profiles in Japanese patients with infectious mononucleosis, chronic active EBV infection, and EBV-associated hemophagocytic lymphohistiocytosis.
 Journal of Medical Virology (Imajoh M., Hashida Y., Murakami M., Maeda A., Sato T., Fujieda M., Wakiguchi H., Daibata M. ) 84/6, 940-946 2012 (学術雑誌)

13. Novel human polyomaviruses, Merkel cell polyomavirus and human polyomavirus 9, in Japanese chronic lymphocytic leukemia cases.
 Journal of Hematology and Oncology (Imajoh M., Hashida Y., Taniguchi A., Kamioka M., Daibata M.) 5/, 25 2012 (学術雑誌)

14. Detection of Merkel cell polyomavirus in cervical squamous cell carcinomas and adenocarcinomas from Japanese patients.
 Virology Journal (Imajoh M., Hashida Y., Nemoto Y., Oguri H., Maeda N., Furihata M., Fukaya T., Daibata M. ) 9/, 154 2012 (学術雑誌)

15. Genotypic characteristics of a Mycobacterium sp. isolated from yellowtail Seriola quinqueradiata and striped jack Pseudocaranx dentex in Japan.
 Microbiology and Immunology (Imajoh M., Sugiura H., Hashida Y., Hatai K., Oshima S., Daibata M., Kawai K. ) 57/1, 13-20 2012 (学術雑誌)

16. Detection of Merkel cell polyomavirus with a tumour-specific signature in non-small cell lung cancer.
 British Journal of Cancer (Hashida Y., Imajoh M., Nemoto Y., Kamioka M., Taniguchi A., Taguchi T., Kume M., Orihashi K., Daibata M. ) 108/3, 629-637 2013 (学術雑誌)

17. Absence of Merkel cell polyomavirus in monocytic leukemias.
 Acta Haematologica (Hashida Y., Imajoh M., Taniguchi A., Kamioka M., Daibata M. ) 130/3, 135-137 2013 (学術雑誌)

18. Prevalence and viral DNA loads of three novel human polyomaviruses in skin cancers from Japanese patients.
 The Journal of Dermatology (Imajoh M., Hashida Y., Nakajima H., Sano S., Daibata M. ) 40/8, 657-660 2013 (学術雑誌)

19. Integrated and mutated forms of Merkel cell polyomavirus in non-small cell lung cancer.
 British Journal of Cancer (Hashida Y., Imajoh M., Daibata M. ) 108/12, 2624 2013 (学術雑誌)

20. Gene expression analysis in Merkel cell polyomavirus-positive non-small cell lung cancer from Japanese patients.
 International Journal of Cancer (Hashida Y., Imajoh M., Daibata M.) 133/12, 3014-3015 2013 (学術雑誌)

21. Phylogenetic analysis of Merkel cell polyomavirus based on full-length LT and VP1 gene sequences derived from neoplastic tumours in Japanese patients.
 Journal of General Virology (Hashida Y., Imajoh M., Kamioka M., Taniguchi A., Kuroda N., Hayashi K., Nakajima H., Sano S., Daibata M.) 95/1, 135-141 2014 (学術雑誌)

22. Draft genome sequence of Streptococcus parauberis strain SK-417, isolated from diseased Sebastes ventricosus in Kagoshima, Japan.
 Genome Announcements (Oguro K., Yamane J., Yamamoto T., Ohnishi K., Oshima S., Imajoh M.) 2/3, e00453-14 2014 (学術雑誌)

23. Draft genome sequences of two genetic variant strains of Edwardsiella piscicida, JF1305 and RSB1309, isolated from olive flounder (Paralichythys olivaceus) and red sea bream (Pagrus major) cultured in Japan, respectively.
 Genome Announcements (Oguro K., Tamura K., Yamane J., Shimizu M., Yamamoto T., Ikawa T., Ohnishi K., Oshima S., Imajoh M.) 2/3, e00546-14 2014 (学術雑誌)

24. PCR array analysis of gene expression profiles in chronic active Epstein-Barr virus infection.
 Microbes and Infection (Murakami M., Hashida Y., Imajoh M., Maeda A., Kamioka M., Senda Y., Sato T., Fujieda M., Wakiguchi H., Daibata M.) 16/7, 581-586 2014 (学術雑誌)

25. Failure to protect yellowtail Seriola quinqueradiata against nocardiosis by vaccination with a recombinant protein and pcDNA4 expression vector of Edwardsiella tarda glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase.
 Fish Pathology (Imajoh M., Tamura K., Oguro K., Kurihara S., Yamane J., Shimizu M., Oshima S., Kawai K.) 49/4, 151-158 2014 (学術雑誌)

26. 日本の主要海産魚の各種刺激に対するストレス応答
 Aquaculture Science (橋口健太郎、川合研児、今城雅之、大嶋俊一郎) 62/4, 385-392 2014 (学術雑誌)

27. Establishment of a new cell line susceptible to Cyprinid herpesvirus 3 (CyHV-3) and possible latency of CyHV-3 by temperature shift in the cells.
 Journal of Fish Diseases (Imajoh M., Fujioka H., Furusawa K., Tamura K., Yamasaki K., Kurihara S., Yamane J., Kawai K., Oshima S.) 38/6, 507-514 2015 (学術雑誌)

28. Prevalence and characteristics of Cyprinid herpesvirus 3 (CyHV-3) infection in common carp (Cyprinus carpio L.) inhabiting three rivers in Kochi Prefecture, Japan.
 Veterinary Microbiology (Fujioka H., Yamasaki K., Furusawa K., Tamura K., Oguro K, Kurihara S., Seki S., Oshima S., Imajoh M. ) 175/2-4, 362-368 2015 (学術雑誌)

29. Draft genome sequence of Nocardia seriolae strain N-2927 (NBRC 110360), the causal agent of nocardiosis of yellowtail (Seriola quinqueradiata).
 Genome Announcements (Imajoh M., Fukumoto Y., Yamane J., Sukeda M., Shimizu M., Ohnishi K., Oshima S.) 3/2, e00082-15 2015 (学術雑誌)

30. ブリのストレス応答に及ぼす淡水浴の影響
 Aquaculture Science (橋口健太郎、川合研児、今城雅之、大嶋俊一郎) 63/1, 79-87 2015 (学術雑誌)

31. マダイイリドウイルス病のゼブラフィッシュDanio rerio感染モデルについて
 高知大学学術研究報告 (今城雅之、大嶋俊一郎) 64/, 193-200 2015 (大学・研究所等紀要)

32. 鹿児島県の養殖ブリおよび高知県の養殖カンパチから分離されたNocardia seriolaeにおける薬剤感受性の動向
 高知大学学術研究報告 (今城雅之、志水将人、難波悠介、大嶋俊一郎) 64/, 201-206 2015 (大学・研究所等紀要)

33. 高知県の養殖カンパチと養殖イシダイ及び鹿児島県の養殖ブリに寄生するカプサラ科単生類の種の同定とその遺伝的多様性について
 高知大学学術研究報告 (今城雅之、合田暉、藤岡博哉、井川拓也、山本剛、森光一幸、久保栄作) 64/, 207-215 2015 (大学・研究所等紀要)

34. Draft genome sequence of erythromycin- and oxytetracycline-sensitive Nocardia seriolae strain U-1 (NBRC 110359)
 Genome Announcements (Imajoh M., Sukeda M., Shimizu M., Yamane J., Ohnishi K., Oshima S.) 4/1, e01606-15 2016 (学術雑誌)

35. Draft genome sequence of Flavobacterium psychrophilum strain KTEN-1510 with genotype A/G-C, isolated from an ayu (Plecoglossus altivelis altivelis) in the Kagami River, Kochi, Japan.
 Genome Announcements (Shimizu M., Goda H., Yamasaki K., Oshima S., Ohnishi K., Osaki Y., Kataoka S., Imajoh M.) 4/1, e01762-15 2016 (学術雑誌)

36. ブリへのイヌリン経口投与による淡水浴の影響緩和
 Aquaculture Science (橋口健太郎、稲見佑子、今城雅之、大嶋俊一郎) 64/1, 13-20 2016 (学術雑誌)

37. 高知県野見湾におけるCryptocaryon irritansのTaqManリアルタイムPCR検出と分子系統解析
 魚病研究 (今城雅之、森光一幸、助田将樹、梅崎拓也、門野真弥、合田暉、久保栄作、大嶋俊一郎) 51/3, 2016 (学術雑誌)

38. リアルタイムPCR法を用いたブリ体内におけるNocardia seriolae感染動態の解析およびスルファモノメトキシン経口投与効果の評価
 高知大学学術研究報告 (今城雅之、福本陽一) 65/, 205-212 2016 (大学・研究所等紀要)

39. Draft Genome Sequence of Flavobacterium psychrophilum Strain SSADA-1411, Isolated from an Ayu (Plecoglossus altivelis altivelis) Migrating Downriver to Spawn in the Shimanto River, Kochi, Japan
 Genome Announcements (Imajoh M., Tsuji Y., Yamashita H., Ohgi M., Monno S., Ohnishi K., Horioka K) 5/, e00735-17 2017 (学術雑誌)

40. 高知県鏡川におけるアユ細菌性冷水病の疫学調査
 魚病研究 (今城雅之、山崎憲一、山下はづき、門野真弥、片岡榮彦、大崎靖夫、高橋徹) 52/3, 141-151 2017 (学術雑誌)

41. 高知県浦ノ内湾における海産白点虫Cryptocaryon irritansの分布動態について
 高知大学学術研究報告 (今城雅之、梅埼拓也、門野真弥、小島伸介) /, 2017 (大学・研究所等紀要)

42. 高知県野見湾の養殖カンパチにおけるカプサラ科単生類2種の季節的寄生状況および遺伝的多様性について
 高知大学学術研究報告 (今城雅之、合田暉、門野真弥、久保栄作、森光一幸) /, 2017 (大学・研究所等紀要)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)
本邦におけるメルケル細胞ポリオーマウイルスの分子系統解析 (第60回日本ウイルス学会学術集会 2012 口頭発表)

リアルタイム定量PCR法を用いたNocardia seriolaeの実験感染による体内動態の解析 (平成25年度日本魚病学会春季大会 2013 口頭発表)

高知県に生息する野生コイCyprinus carpioを対象にしたコイヘルペスウイルス(CyHV‐3)の保有状況について (第61回日本ウイルス学会学術集会 2013 口頭発表)

非小細胞肺がんにおけるメルケル細胞ポリオーマウイルスの検出 (第61回日本ウイルス学会学術集会 2013 ポスター)

主要海産養殖魚の各種刺激に対するストレス応答 (平成26年度日本水産学会春季大会 2014 )

ブリのストレス応答に及ぼす淡水浴の影響 (平成26年度日本水産学会春季大会 2014 )

高知県の天然河川に生息するコイを対象としたコイヘルペスウイルスの実態調査 (平成26年度日本魚病学会春季大会 2014 口頭発表)

高知県の天然河川のコイから検出されたコイヘルペスウイルスの遺伝子型とそのコイの系統の特徴について (平成26年度日本魚病学会春季大会 2014 口頭発表)

ブリのノカルジア症に対するEdwardsiella tarda GAPDH組換えサブユニットおよびDNAワクチンの防御効果について (平成26年度日本魚病学会春季大会 2014 口頭発表)

淡水浴を行ったブリのストレス緩和法の検討 (平成26年度日本水産学会秋季大会 2014 口頭発表)

温度変化によるin vitroでのコイヘルペスウイルス複製へ影響 (平成26年度水産学会中国・四国支部研究発表会 2014 口頭発表)

養殖ヒラメ及び養殖マダイから分離されたEdwardsiella piscicidaのゲノム解析と数種海産魚に対する病原性について (平成26年度水産学会中国・四国支部研究発表会 2014 口頭発表)

高知県鏡川を中心とした四国の河川に生息するコイにおけるコイヘルペスウイルスの検出状況 (平成27年度日本水産学会春季大会 2015 口頭発表)

高知県鏡川における 2014 年のアユ冷水病菌Flavobacterium psychrophilumの疫学調査 (平成27年度日本水産学会春季大会 2015 口頭発表)

ビタミンCおよびE投与によるブリ淡水浴後のストレスの緩和効果 (平成27年度日本水産学会春季大会 2015 口頭発表)

ブリのストレス応答に及ぼす飼育密度の影響 (平成27年度日本水産学会春季大会 2015 口頭発表)

マダイおよびヒラメ病原細菌の感染性に及ぼす各種ストレスの影響 (平成27年度日本水産学会春季大会 2015 ポスター)

高知県鏡川におけるアユ冷水病の継続的疫学調査 (平成27年度水産学会中国・四国支部研究発表会 2015 口頭発表)

高知県と鹿児島県の海産養殖魚に寄生するカプサラ科単生類の種の同定とその遺伝的多様性について (平成27年度水産学会中国・四国支部研究発表会 2015 口頭発表)

高知県須崎市野見湾における海産白点病Cryptocaryon irritansの疫学調査 (平成27年度水産学会中国・四国支部研究発表会 2015 口頭発表)

鹿児島県の養殖ブリおよび高知県の養殖カンパチから分離されたNocardia seriolaeの薬剤感受性の動向 (平成27年度水産学会中国・四国支部研究発表会 2015 口頭発表)

高知県四万十川における2014年のアユ冷水病の疫学調査 (平成27年度水産学会中国・四国支部研究発表会 2015 ポスター)

2015 年の高知県二級河川鏡川におけるアユの Flavobacterium psychrophilum 保菌調査と河川水における本菌検出状況 (平成28年度日本水産学会春季大会 2016 口頭発表)

高知県四万十川における 2015 年のアユの細菌性冷水病の疫学調査 (平成28年度日本水産学会春季大会 2016 ポスター)

高知県及び鹿児島県の養殖ブリから分離された Nocardia seriolae の ゲノム解析 (平成28年度日本水産学会春季大会 2016 ポスター)

高知県二級河川鏡川のアユから分離された A/G-C 型の Flavobacterium psychrophilum のゲノム解析 (平成28年度日本水産学会春季大会 2016 ポスター)

ニジマスのストレス応答に及ぼす塩水浴の影響 (平成28年度日本水産学会春季大会 2016 口頭発表)

各飼育水温におけるニジマスのストレス応答に及ぼす塩水浴の影響 (平成28年度日本水産学会春季大会 2016 口頭発表)

Mycobacterium pseudoshottsii isolated from aquacultured fish in south-western Japan (Asian Society of Conservation Medicine 2016 口頭発表)

高知県野見湾の養殖カンパチに対するカプサラ科単生類2種の寄生の季節的変化 (平成28年度水産学会中国・四国支部研究発表会 2016 口頭発表)

愛媛県松山市小野川のコイを対象にしたコイヘルペスウイルスの検出状況について (平成28年度水産学会中国・四国支部研究発表会 2016 口頭発表)

高知県須崎市野見湾におけるリアルタイムPCR法を用いた海産白点虫Cryptocaryon irritansの分布動態の解析 (平成28年度水産学会中国・四国支部研究発表会 2016 口頭発表)

高知県野見湾におけるCryptocaryon irritansの分布動態把握および分子系統学的解析 (平成29年度日本水産学会春季大会 2017 口頭発表)

リアルタイム定量PCR法を用いた高知県浦ノ内湾の海産白点虫Cryptocaryon irritansの分布動態の解析 (平成29年度日本水産学会春季大会 2017 ポスター)

愛媛県松山市重信川水系および西条市渦井川水系のコイを対象にしたコイヘルペスウイルスの感染実態調査 (平成29年度日本水産学会春季大会 2017 ポスター)

高知県鏡川における鏡ダム上流本川のアユを対象にしたFlavobacterium psychrophilumの継続的疫学調査 (平成29年度日本水産学会春季大会 2017 ポスター)

高知県二級河川鏡川で2017年に発生したアユの異型細胞性鰓病の疫学調査 (平成29年度水産学会中国・四国支部研究発表会 2017 口頭発表)

高知県二級河川鏡川の鏡ダム上流におけるアユ細菌性冷水病の疫学調査研究 (平成29年度水産学会中国・四国支部研究発表会 2017 口頭発表)

香川県小豆島のアサリRuditapes philippinarumを対象にしたパーキンサス属原虫の疫学調査 (平成29年度水産学会中国・四国支部研究発表会 2017 口頭発表)

愛媛県西条市馬渕川・サラサラ川水系におけるリアルタイムPCR法を用いたコイヘルペスウイルス感染拡大の実態調査 (平成29年度水産学会中国・四国支部研究発表会 2017 口頭発表)

ヒラメ及びマダイから分離された新規エドワジエラ属細菌の海産魚2種に対する病原性の差異と各種比較検討 (第91回日本細菌学会総会 2017 ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)
鏡川水系環境保全対策協議会委員長(2015年〜)その他


前ページへ戻る