■ 氏名
金野 大助 (カネノ ダイスケ)
KANENO Daisuke

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Science and Technology Unit/Associate Professor
教育研究部 自然科学系 理工学部門/准教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Agriculture and Marine Science, Department of Marine Resource Science, Marine Biological Chemistry Course
農林海洋科学部 海洋資源科学科 海洋生命科学コース

■ 連絡先
住 所
電 話
F A X
E-Mailkaneno●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://www.cc.kochi-u.ac.jp/~kaneno

■ 出身大学院・研究科等
東京大学 博士(理学系研究科 化学専攻) (修了)
東京大学 修士(理学系研究科 化学専攻) (修了)

■ 出身学校・専攻等
東京大学 (理学部 化学科) (卒業)

■ 取得学位
博士(理学) (課程) 東京大学 有機化学

■ 研究職歴
日本学術振興会特別研究員(東京大学総合文化研究科)
理化学研究所ゲノム科学総合研究センター リサーチアソシエイト
東京大学 大学院総合文化研究科広域科学専攻 助手
東京大学 大学院総合文化研究科広域科学専攻 助教


■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本化学会
 ( 国内)
有機合成化学協会
 ( 国内)
基礎有機化学会
 ( 国内)
英国王立化学会
 ( 国外)

■ 専門分野
有機量子化学、生物有機化学、計算化学

■ 主な研究テーマ・活動
・実験とコンピュータ計算による有機化学反応のメカニズム解析
・生体内での分子反応のメカニズム解析
・タンパク質の三次元構造解析

■ 研究についてのPR
化学反応とは、ナノサイズの原子がフェムト秒の時間に起こす、分子の分解・再構築の動きです。この目に見えない、小さくて速い原子の動きをコンピュータシミュレーションすることで、様々な化学反応のメカニズム、とりわけ(1)同時に複数の反応が起こり得るときに、どの反応が優先されるのか(反応選択性)や、(2)酵素反応のような生体内での複雑な反応メカニズム、の解明などに取り組んでいます。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
コンピュータで見る分子構造・化学反応

■ 研究業績(論文・解説)
Theoretical Study on the Mechanism and Diastereoselectivity of NaBH4 Reduction.
 J. Phys. Chem. A. (Suzuki, Y.; Kaneno, D.; Tomoda.) 113/, 2578-2583 2009 (学術雑誌)

The Danishefsky Pyranone Puzzle. An Explanation based on the Exterior Frontier Orbital Extension Model.
 Tetrahedron Lett. (Kaneno, D.; Tomoda, S.) 50/, 329-332 2009 (学術雑誌)

The Importance of Lone Pair Delocalizations: Theoretical Investigations on the Stability of cis and trans Isomers in 1,2-Halodiazenes.
 J. Org. Chem. (Yamamoto, T.; Kaneno, D.; Tomoda, S.) 73/, 15429-5435 2008 (学術雑誌)

Solvent effects on the diastereoselection in LiAlH4 reduction of a-substituted ketones.
 Tetrahedron lett. (Suzuki, Y.; Kaneno, D.; Miura, M.; Tomoda, S.) 49/, 4223-4226 2008 (学術雑誌)

The Origin of Cis-Effect in 1,2-Dihaloethenes: The Quantitative Comparison of Electron Delocalizations and Steric Exchange Repulsions.
 Bull. Chem. Soc. Jpn. (Yamamoto, T.; Kaneno, D.; Tomoda, S.) 81/, 1415-1422 2008 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る