■ 氏名
矢田部 智昭 (ヤタベ トモアキ)
YATABE Tomoaki

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Medical Sciences Cluster, Clinical Medicine Unit/Lecturer
教育研究部 医療学系 臨床医学部門/講師

■ 学部・学科・コース等
Medical School, School Hospital, Central Clinical Facilities, Intensive Care Unit
医学部附属病院 中央診療施設 集中治療部

■ 連絡先
住 所高知県南国市岡豊町小蓮
電 話088-880-2471
F A X088-880-2475
E-Mailyatabe●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://www.kochi-ms.ac.jp/~fm_ansth/index.htm

■ 出身大学院・研究科等
高知大学 博士(医学研究科 ) 2012 (修了)

■ 出身学校・専攻等
高知医科大学 (医学部 医学科) 2004 (卒業)

■ 取得学位
博士 (課程) 高知大学 麻酔・蘇生学

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞
日本人工臓器学会論文賞(代謝系) (2012)

■ 所属学会
日本麻酔科学会
 (指導医 国内)
日本集中治療医学会
 (専門医 国内)
日本人工臓器学会
 ( 国内)

■ 専門分野
麻酔科学、集中治療学

■ 主な研究テーマ・活動
・人工膵臓を用いた周術期血糖管理法
・集中治療における栄養療法

■ 研究についてのPR
・人工膵臓を用いた周術期血糖管理法
周術期、集中治療領域においては様々なストレスから高血糖状態が引き起こされます。
この高血糖が感染症の増加を招くことが知られています。人工膵臓を用いて血糖管理を行うことで、合併症のない安全な周術期管理を目指して検討を行っています。
・集中治療における栄養療法
重症患者さんにおいて栄養療法が最近のトピックスとなっています。どのような栄養療法が患者さんに優れているかを今後、検討していきたいと思っています。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
・麻酔一般
・血糖管理
・周術期栄養療法

■ 研究業績(論文・解説)
Better postoperative oxygenation in thoracoscopic esophagectomy in prone positioning.
 J Anesthesia (Yatabe T, Kitagawa H, Yamashita K, Akimori T, Hanazaki K, Yokoyama M.) 24/5, 803-6 2010 (学術雑誌) 10.1007/s00540-010-0968-4

The evaluation of the ability of closed loop glycemic control device to maintain the blood glucose concentration in ICU patients.
 Crit Care Med (T Yatabe, R Yamazaki, H Kitagawa, T Okabayashi, K Yamashita, K Hanazaki, M Yokoyama. ) 39/3, 575-8 2011 (学術雑誌) 10.1097/CCM.0b013e318206b9ad

Continuous monitoring of glucose levels in the hepatic vein and systemic circulation during Pringle maneuver in Beagles.
 J Artif Organs (T Yatabe, H Kitagawa, T Kawano, M Munekage, T Okabayashi, K Yamashita, K Hanazaki, M Yokoyama.) 14/3, 232-7 2011 (学術雑誌) 10.1007/s10047-011-0574-8

Administration of recombinant thrombomodulin before progression of disease causing disseminated intravascular coagulation might be better compared with administration after progression of disease
 Journal ofIntensive Care (T Yatabe, R Nakamura, N Kumagai, T Iiyama, K Yamashita, M Yokoyama) 2/, 49 2014 (学術雑誌)

Energy expenditure measured using indirect calorimeter after minimally invasive esophagectomy in ventilated postoperative patients.
 Asia Pac J Clin Nutr. (Yatabe T, Kitagawa H, Yamashita K, Hanazaki K, Yokoyama M) 23/4, 555-9 2014 () 10.6133/apjcn.2014.23.4.20

Preoperative oral rehydration therapy with 2.5 % carbohydrate beverage alleviates insulin action in volunteers.
 J Artif Organs. (Yatabe T, Tamura T, Kitagawa H, Namikawa T, Yamashita K, Hanazaki K, Yokoyama M.) 16/4, 483-8 2013 (学術雑誌) 10.1007/s10047-013-0722-4

Influence of desflurane on postoperative oral intake compared with propofol.
 Asia Pac J Clin Nutr (Yatabe T, Yamashita K, Yokoyama M) 23/3, 408-12 2014 (学術雑誌) 10.6133/apjcn.2014.23.3.15

Influence of dexmedetomidine on cognitive function in volunteers.
 J Clin Anesth. (Yatabe T, Tamura T, Yamashita K, Yokoyama M.) 33/, 92-6 2016 (学術雑誌) 10.1016/j.jclinane.2016.03.017

The optimal target for acute glycemic control in critically ill patients: a network meta-analysis.
 Intensive Care Med. (Yatabe T, Inoue S, Sakaguchi M, Egi M.) /, 2016 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)
麻酔科研修ノート 2-3.注意すべき病歴と身体所見,必要検査(2010)
 出版社:診断と治療社

臨床に役立つ最新血糖管理マニュアル 麻酔中の血糖管理における人工膵臓の果たす役割(2012)
 出版社:医学図書出版

麻酔科医のための周術期の薬物使用法 3-7 抗アレルギー薬/ステロイドメチルプレドニゾロン(2015)
 出版社:中山書店

まれな疾患の麻酔A to Z 低血糖症(2015)
 出版社:文英堂

消化器病診療 第2版(消化器病診療第2 版編集委員会編)IV-2 麻酔(2014)
 出版社:医学書院

■ 研究業績(口頭・ポスター)
集中治療領域における厳格血糖管理を考える 当院ICUにおける人工膵臓を用いた強化インスリン療法(IIT)の試み (第37回日本集中治療医学会 2010 口頭発表)

リコンビナントトロンボモジュリンのDIC治療における検討 (第38回日本集中治療医学会学術集会 2011 口頭発表)

食道癌術後超早期経腸栄養の有用性に関する検討 (第27回日本静脈経腸栄養学会 2012 口頭発表)

ERAS (Enhanced Recover After Surgery)の概要 (日本麻酔科学会第59回学術集会 2012 口頭発表)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る