■ 氏名
泉谷 知明 (イズミヤ チアキ)
IZUMIYA Chiaki

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Medical Sciences Cluster, Clinical Medicine Unit/Associate Professor
教育研究部 医療学系 臨床医学部門/准教授

■ 学部・学科・コース等
Medical School, Medical Course, Department of Obstetrics and Gynecology
医学部 医学科 産科婦人科学

■ 連絡先
住 所高知県南国市岡豊町小蓮
電 話088-880-2383
F A X088-880-2384
E-Mail
U R L

■ 出身大学院・研究科等

■ 出身学校・専攻等
高知医科大学 (医学部 医学科) 1993 (卒業)

■ 取得学位
医学博士 () 高知大学

■ 研究職歴
2001- 高知医科大学助手


■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本産婦人科学会
 ( 国内)
日本受精着床学会
 ( 国内)
日本産科婦人科内視鏡学会
 ( 国内)
日本不妊学会
 ( 国内)

■ 専門分野
生殖内分泌

■ 主な研究テーマ・活動

■ 研究についてのPR

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)

■ 研究業績(論文・解説)
Coordinated but depressed expression of human leukocyte antigen-DR, intercellular adhesion molecule-1, and CD14 on peritoneal macrophages in women with pelvic endometriosis.
 Fertil Steril (Izumiya C, Maeda N, Kusume T,Masumoto T, Yamashita C, Yamamoto Y, Oguri H, Fukaya ) 80/, 768-775 2003 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)
痛みのメカニズムとこれからの治療薬・治療法の開発(菅原隆編)第4章部位別の痛みの最新治療・薬物選択・治療へのニーズ.[3]子宮内膜症,(2015)
 出版社:技術情報協会

■ 研究業績(口頭・ポスター)
Dienogest improves decreased antigen presentation and increased pro-inflammatory cytokine production by peritoneal macrophages from women with endometriosis. (13th World Congress on Endometriosis 2017 )

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る