■ 氏名
小松 利広 (コマツ トシヒロ)
KOMATSU Toshihiro

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Medical Sciences Cluster, Basic Medicine Unit/Assistant Professor
教育研究部 医療学系 基礎医学部門/助教

■ 学部・学科・コース等
Medical School, Medical Course, Department of Immunology
医学部 医学科 免疫学

■ 連絡先
住 所高知県南国市岡豊町小蓮 高知大学医学部免疫学講座
電 話088-880-2317
F A X088-880-2320
E-Mailtkomatsu●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://www.kochi-ms.ac.jp/~ff_immnl/index.htm

■ 出身大学院・研究科等
高知大学 修士(医学系研究科 医科学専攻) 2008 (修了)

■ 出身学校・専攻等
高知大学 (理学部 自然環境科学科) 2006 (卒業)

■ 取得学位
修士(医科学) (課程) 高知大学 免疫学

■ 研究職歴
2007. 4. 1. - 2010. 3. 31. 高知大学 教育研究部 医療学系 医学部門 技術補佐員 2010. 8. 1. - 2010. 11. 30. 高知大学 医学部附属システム糖鎖生物学教育研究センター 特任助教 2010. 12. 1 ~ 現職

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞
第9回四国免疫フォーラム奨励賞 (2010)
JSI Young Investigators’ Travel Award for 14th ICI (2010) 国外
第14回四国免疫フォーラム奨励賞 (2015)

■ 所属学会
日本免疫学会
 ( 国内)

■ 専門分野
免疫学

■ 主な研究テーマ・活動
ペプチド免疫療法に関する研究

■ 研究についてのPR
 これまで癌治療法としては、摘出手術、抗癌剤療法、放射線療法が三大療法となってきた。しかしながら、これらの療法は、リスクを伴う場合が少なくない。特にこれらの療法において問題とされているのが副作用である。それに伴い近年、これらの療法に加え、新たな第四の療法として免疫療法が期待されている。免疫療法の特徴としては、副作用が非常に少ないということである。また、摘出手術や放射線療法には、再発や転移などのリスクが伴うが、免疫療法は、再発や転移に対しても効果を発揮する。  これまでに免疫療法に対する多くの研究結果が報告されているが、依然として抗腫瘍効果は低いままとなっている。現在、本学で実施しているCTL誘導型のペプチド免疫療法においても、抗腫瘍効果は低い。しかしながら、我々は、Wcをアジュバントとして使用することで、CTL誘導型のペプチド免疫療法の効果が上昇することを示している(A, Yano&T, Komatsu et al. 2007)。事実、臨床試験においても、CTL誘導型ペプチドを単独で投与した場合よりも抗腫瘍効果が上昇する結果を得ている。しかしながら、依然として抗腫瘍効果は低いままに留まっている。今後はより積極的に癌を退縮させる免疫応答を誘導しなければならない。そのためには、ペプチド免疫療法で誘導されたCTLの腫瘍内浸潤効率を高める工夫が必要不可欠である。  近年、我々の研究からCTLの腫瘍内浸潤効率を高めるメカニズムが明らかとなっており、このメカニズムの解明は癌抑制に関する研究を大きく支持する。また、このメカニズムを利用すれば、世界に先駆けて抗腫瘍免疫療法の改良が可能であり、これまで治療法がないとされてきた癌を治癒させる可能性がある。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
免疫学の基礎

■ 研究業績(論文・解説)
Potent CTL Induction by a Whole Cell Pertussis Vaccine in Anti-Tumor Peptide Immunotherapy.
 Microbiology and Immunology (Arisa Yano, Toshihiro Komatsu, Masahide Ishibashi, and Keiko Udaka) 51/7, 685-699 2007 (学術雑誌)

Novel Combination Therapy with Imiquimod and Sorafenib for Renal Cell Carcinoma
 International Journal of Urology (Karashima, Takashi; Komatsu, Toshihiro; Niimura, Mayumi; Kawada, Chiaki; KAMADA, Masayuki; Inoue, Keiji; Udaka, Keiko; Kuroda, Naoto; SHUIN, Taro) 21/7, 702-6 2014 (学術雑誌)

Improvement of Peptide-Based Tumor Immunotherapy Using pH-Sensitive Fusogenic Polymer-Modified Liposomes
 Molecules (Yuta Yoshizaki, Eiji Yuba, Toshihiro Komatsu, Keiko Udaka, Atsushi Harada and Kenji Kono) 21/, 1284 2016 (学術雑誌)

Knockout of the interleukin-36 receptor protects against renal ischemia-reperfusion injury by reduction of proinflammatory cytokines
 Kidney International (Hirofumi Nishikawa, Yoshinori Taniguchi, Tatsuki Matsumoto, Naoki Arima, Mamoru Masaki, Yoshiko Shimamura, Kosuke Inoue, Taro Horino, Shimpei Fujimoto, Kentaro Ohko, Toshihiro Komatsu, Keiko Udaka, Shigetoshi Sano, Yoshio Terada Correspondence information about the author Yoshio Terada Hirofumi Nishikawa, Yoshinori Taniguchi, Tatsuki Matsumoto, Naoki Arima, Mamoru Masaki, Yoshiko Shimamura, Kosuke Inoue, Taro Horino, Shimpei Fujimoto, Kentaro Ohko, Toshihiro Komatsu, Keiko Udaka, Shigetoshi Sano, Yoshio Terada ) /, 2017 (学術雑誌) http://dx.doi.org/10.1016/j.kint.2017.09.017

■ 研究業績(著書)
次世代のがん治療薬・診断のための研究開発 〜免疫療法・遺伝子治療・がん幹細胞〜 (2016年2月29日)
 出版社:技術情報協会
 ISBN:978-4 86104-611-7

■ 研究業績(口頭・ポスター)
CD4 T細胞の腫瘍内浸潤にかかわるMHC class II分子発現細胞の解析 (第36回日本免疫学会総会・学術集会 2006 ポスター)

Potent CTL Induction by a Whole Cell Pertussis Vaccine in Anti-Tumor Peptide Immunotherapy. (第37回日本免疫学会総会・学術集会 2007 口頭発表)

腫瘍特異的Th細胞の腫瘍内浸潤には、血管内皮細胞と樹状細胞の両方にMHC class II分子の発現が必要である (第9回四国免疫フォーラム 2010 口頭発表)

腫瘍特異的Th細胞に先導されたCTLの腫瘍内への浸潤機構 (第9回四国免疫フォーラム 2010 口頭発表)

Tumor specific Th cells promote an active recruitment of CTLs into solid tumors. (14th International Congress of Immunology 2010 ポスター)

MHC class II dependent infiltration of tumor specific Th cells into solid tumors. (14th International Congress of Immunology 2010 ポスター)

T細胞の腫瘍内浸潤における血管内皮細胞の働き/Endothelial cells promote an active recruitment of T cells into solid tumors (第40回日本免疫学会総会・学術集会 2011 口頭発表)

How do T cells find their way into solid tumors? (第15回日本がん免疫学会総会 2011 その他)

Presentation of tumor antigens by endothelial cells guides tumor specific infiltration of Th cells which orchestrate recruitment of CTLs and destruction of solid tumors. (KTIC第1回集会 2012 その他)

腫瘍抗原の提示とT細胞の浸潤機構 (KTCC第22回学術集会 2012 口頭発表)

固形腫瘍における組織抗原の提示機構 (第16回日本がん免疫学会 2012 その他)

Examination of constitutive expression of MHC class II molecules on blood vessels in normal mouse (第41回日本免疫学会総会・学術集会 2012 ポスター)

The in vivo presentation of tumor antigens by endothelial cells guides infiltration of Th and CTLs into solid tumors (The 6th International Workshop of Kyoto T Cell Conference 2013 2013 口頭発表)

マウス正常組織の血管内皮細胞におけるMHC class II分子の発現解析 (第12回四国免疫フォーラム 2013 口頭発表)

RGD motif promotes uptake of apoptotic tumor cells by endothelial cells (第42回日本免疫学会総会・学術集会 Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology,2013 2013 口頭発表)

液相に加えたペプチドのMHC class II提示効率は悪い (第13回四国免疫フォーラム 2014 口頭発表)

生きた抗原提示細胞のMHC class II分子へのペプチド結合解析 (第18回日本がん免疫学会総会 2014 口頭発表)

Presentation of exogenous peptides by antigen presenting cell is inefficient due to cell-associated peptidases (第43回日本免疫学会総会・学術集会 2014 口頭発表)

MHC class II molecules are expressed on endothelial cells, but not on pericytes of the vasculature in solid tumors due to IFN-γ released from T cells and/or NK cells (第43回日本免疫学会総会・学術集会 2014 ポスター)

腎癌にたいするImiquimodとSorafenibの新規併用療法 (第102回日本泌尿器科学会総会 2014 )

血管内皮細胞による腫瘍細胞の取り込みに関わるopsonin活性について (第14回四国免疫フォーラム 2015 口頭発表)

Presentation of tumor antigens in the context of MHC class II molecules by the endothelial cells in solid tumors grown in vivo (ICCIM2015 International Conference of Cancer Immunotherapy and Macrophages 2015 2015 口頭発表)

HLA class II-binding peptides exhibit more promiscuous binding to allomorphs than the HLA class I-binding peptides (第44回日本免疫学会総会・学術集会 2015 )

血管内皮細胞のクロスプレゼンテーションによるCTLの固形腫瘍への抗原特異的浸潤 (第15回四国免疫フォーラム 2016 口頭発表)

血管内皮細胞のHLAクラスII発現は、T細胞浸潤及び膵腫瘍に対する傷害活性と関連する (第8回血液疾患免疫療法学会学術集会 2016 )

Cross-presentation of tumor antigen by endothelial cells promotes infiltration of tumor specific CTLs (第45回日本免疫学会総会・学術集会 2016 ポスター)

Extravasation of CTLs occurs by recognizing the MHC-peptide complexes cross-presented by vascular endothelial cells. (第46回日本免疫学会総会・学術集会 2017 ポスター)

Construction of a TAP deficient HLA class I-binding assay system with the use of CRISPR/Cas9 system (第46回日本免疫学会総会・学術集会 2017 ポスター)

固形腫瘍内へのT細胞の浸潤機構 (新学術領域研究「ネオ・セルフの生成・機能・構造」 第1回 若手の会(第2回 領域班会議) 2018 口頭発表)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)
高知女子大学 看護学部 非常勤講師(2008 〜 )その他


前ページへ戻る