■ 氏名
野角 孝一 (ノズミ コウイチ)
NOZUMI Koichi

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Lecturer
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/講師

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Arts and Crafts Education Course)/Lifelong Education Division (Arts and Culture Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(美術教育コース)、生涯教育課程(芸術文化コース)

■ 連絡先
住 所
電 話
F A X
E-Mailnozumi●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
筑波大学 博士( ) 2009 (修了)

■ 出身学校・専攻等
筑波大学 (芸術専門学群 美術専攻日本画コース) 2004 (卒業)

■ 取得学位
博士号 (課程) 芸術学

■ 研究職歴
2009年 筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科博士特別研究員

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞
筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科芸術学専攻 最優秀研究賞 (2008年)
筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科芸術学専攻 優秀研究賞 (2007年)

■ 所属学会
社団法人創画会
 (准会員 国内)

■ 専門分野
日本画

■ 主な研究テーマ・活動
日本画における心象表現の追及、及び材料研究

■ 研究についてのPR
現代における日本画は材料や表現が多様化しています。その中でどのような材料を用いて、いかに表現すべきかという事柄は、日本画の材料を扱う者として一度は考え、解決していかなくてはならない問題です。自身も制作者の一人として制作や研究を通して、私なりにそれらを解決し、教育に還元していきたいと考えています。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
(授業)
・日本画実習
・日本画技法材料演習

■ 研究業績(論文・解説)
博士論文「日本画における支持体の研究―綿布に関する基礎研究―」
  () /, 2009年 (その他)

論文『賢儒図像扁額模本』における人物描写に関する一考察
 「日本美術研究」別冊(特別号)平成一五年度三菱財団研究助成 美術史料による江戸前期湯島聖堂の研究 研究報告集 (筑波大学日本美術史研究室) /, 2005年 (大学・研究所等紀要)

論文『日本画における支持体の研究』単著
 芸術学研究12号 () 12/117〜126, 2008年 (大学・研究所等紀要)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)
第31回東京春季創画展(2005年)芸術活動・建築作品等

第33回創画展 奨励賞(2006年)芸術活動・建築作品等

第6回福知山市佐藤太清賞公募美術展 日本画の部 佐藤太清賞(2007年)芸術活動・建築作品等

第33回東京春季創画展(2007年)芸術活動・建築作品等

第9回雪梁舎フィレンツェ賞展 佳作賞(2007年)芸術活動・建築作品等

第34回創画展 創画会賞(2007年)芸術活動・建築作品等

第34回東京春季創画展(2008年)芸術活動・建築作品等

第35回創画展(2008年)芸術活動・建築作品等

第35回東京春季創画展(2009年)芸術活動・建築作品等

第20回記念臥龍桜日本画大賞展 奨励賞(2009年)芸術活動・建築作品等

第36回創画展 (2009年)芸術活動・建築作品等

第36回東京春季創画展(2010年)芸術活動・建築作品等

第5回前田青邨記念大賞展(2010年)芸術活動・建築作品等

第3回全国公募絵画展2010ビエンナーレうしく (2010年)芸術活動・建築作品等

第37回創画展(2010年)芸術活動・建築作品等


前ページへ戻る