■ 氏名
加納 理成 (カノウ リセイ)
KANO Risei

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Lecturer
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/講師

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Mathematics Education Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(数学教育コース)

■ 連絡先
住 所高知市曙町2丁目5−1
電 話088-844-8442
F A X
E-Mailkano●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
千葉大学 博士(自然科学研究科 数理物性科学) 2009 (修了)
岐阜大学 修士(教育学研究科 教科教育) 2006 (修了)

■ 出身学校・専攻等
岐阜大学 (教育学部 学校教員養成課程 数学教育講座) 2004 (卒業)

■ 取得学位
博士(理学) (課程) 千葉大学
修士(教育学) (課程) 岐阜大学

■ 研究職歴
2009年4月-2010年3月 近畿大学工学部 教育推進センター 非常勤講師
2010年4月-2012年3月 近畿大学工学部 教育推進センター 助教
2012年4月-現在    国立大学法人高知大学 教育学部 講師


■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本数学会(実関数論分科会)、数学教育学会
 ( 国内)

■ 専門分野
非線形解析・非線形偏微分方程式

■ 主な研究テーマ・活動
物理や制御等幅広い分野の解析で用いられている変分不等式に関して、求める未知関数自身によって受ける制限が決定されるという特徴を持った仮似変分不等式という問題について深く研究している。また、仮似変分不等式の抽象理論を用いて、複雑な依存関係を持った方程式系で記述される現象の解析も行なっており、近年では癌浸潤現象のモデルの解析について取り組んでいる。

■ 研究についてのPR
ミクロな視点からマクロな視点まで様々な要素を包含して考えることができることが大きな特徴であり、日常に潜む様々な現象は未だに解明されていないものが数多くある。また、数学の研究分野ながら非常に多くの異分野との連携が可能であるという点も特徴である。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)

■ 研究業績(論文・解説)
SOLVABILITY OF NONLINEAR EVOLUTION EQUATIONS GENERATED BY SUBDIFFERENTIALS AND PERTURBATIONS
 DISCRETE AND CONTINUOUS DYNAMICAL SYSTEMS SERIES S (R.Kano and Y.Murase) 7/1, 75-93 2014 (学術雑誌)

THE EXISTENCE OF SOLUTIONS FOR TUMOR INVASION MODELS WITH TIME AND SPACE DEPENDENT DIFFUSION
 DISCRETE AND CONTINUOUS DYNAMICAL SYSTEMS SERIES S (R.Kano) 7/1, 63-74 February 2014 (学術雑誌)

TUMOR INVASION MODEL WITH A RANDOM MOTILITY OF TUMOR CELLS DEPENDING UPON EXTRACELLULAR MATRIX
 Advances in Mathematical Sciences and Applications (R.Kano and A.Ito) 23/2, 397 2013 (学術雑誌)

ある癌浸潤モデルの解の存在について
 第33回発展方程式若手セミナ−報告集 (加納理成) /, 65-70 2011 (その他)

The existence of time global solutions for tumor invasion models with constraints
 Dynamical Systems and Differential Equations, DCDS Supplement 2011,Proceedings of the 8th AIMS International Conference (R. Kano and A. Ito) /, 774-783 2011 (学術雑誌)

The existence of time global solutions for tumor invasion models
 京都大学数理解析研究所講究録 (R.Kano and A.Ito) 1693/, 180-190 2010 (大学・研究所等紀要)

Quasi-variational inequality approach to tumor invasion models with constraints
 Current Advances in Nonlinear Analysis Related Topics, GAKUTO International Series Mathmatical Sciences and Applications (R. Kano, A. Ito, K. Yamamoto and H. Nakayama) 32/, 365-388 2010 (学術雑誌)

時間・空間に依存する拡散係数を持つ癌浸潤モデルの解の存在について
 第32回発展方程式若手セミナ−報告集 (加納理成) /, 39-46 2010 (その他)

Parabolic Quasi-variational Inequalities with Non-local Constraint
 Advances in Mathematical Sciences and Applications (Y. Murase, R. Kano and N. Kenmochi) 19/2, 565-583 2009 (学術雑誌)

Quasi-variational evolution inequalities generated by subdifferentials
 学位論文(千葉大学) (R. Kano) /, 1-96 2009 (その他)

仮似変分不等式論による癌浸潤モデルの局所可解性について
 第31回発展方程式若手セミナ−報告集 (加納理成) /, 125-132 2009 (その他)

Elliptic Quasi-Variational Inequalities and Applications
 Discrete Contin. Dyn. Syst. 2009, Dynamical Systems, Differential Equations and Applications. 7th AIMS Conference, suppl. (Kano, N. Kenmochi and Y. Murase) /, 583-591 2009 (学術雑誌)

Applications of abstract parabolic quasi-variational inequalities to obstacle problems
 Banach Center Publication (R. Kano) 86/, 163-174 2009 (学術雑誌)

Nonlinear evolution equations generated by subdifferentials with nonlocal constraints
 Banach Center Publication (R. Kano, N. Kenmochi and Y. Murase) 86/, 175-194 2009 (学術雑誌)

A class of doubly nonlinear evolution equations in Hilbert spaces
 Advances in Mathematical Sciences and Applications (R. Kano, N. Kenmochi and Y. Murase) 18/1, 381-399 2008 (学術雑誌)

Existence theorems for elliptic quasi-variational inequalities in Banach spaces
 Recent Advance in Nonlinear Analysis: Proceedings of the International Conference on Nonlinear Analysis, World Sci. Publ. (R. Kano, N. Kenmochi and Y. Murase) /, 149-169 2008 (学術雑誌)

放物型仮似変分不等式の応用における解の存在について
 第30回発展方程式若手セミナ−報告集 (加納理成) /, 83-89 2008 (その他)

放物型仮似変分不等式の抽象理論に関する応用について
 第29回発展方程式若手セミナ−報告集 (加納理成) /, 126-132 2007 (その他)

「高校数学における「ランダムウォーク」の教材化―不確実性の理解促進を目指 して―」
 日本数学教育学会誌 数学教育学論究 臨時増刊 第47回秋期研究大会特集号 (服部裕一郎・加納理成・渡部靖司) 96/, 137-144 2014 (学術雑誌)

工学における数学基礎力の定着を目指した学習支援とその評価 -近畿大学工学部教育推進センターにおける試み-
 (社)日本工学教育協会 平成23年度 工学教育研究講演会講演論文集 (伊藤昭夫, 加納理成, 高山智行, 藤井亮) /, 82-83 2011 (大学・研究所等紀要)

工学部初年次数学教育における学生の質保証への取り組みについて
 数学教育学会誌2011 年度数学教育学会春季年会発表論文集 (加納 理成, 伊藤 昭夫, 高山 智行, 藤井 亮 ) /, 163-165 2011 (大学・研究所等紀要)

紙媒体アンケートにおける複数回答形式の設問の効率的な集計方法の開発
 高知大学教育学部研究報告 (北川晃・服部裕一郎・遠藤尚・加納理成・柴英里・鈴木恵太・武久康高・幸篤武・柳林信彦) /77, 45-50 2017 (大学・研究所等紀要)

教育学部学生の学生生活・就職に関わる意識とその特徴―学生生活に関するアンケート調査から―
 高知大学教育実践研究 (服部裕一郎、加納理成、北川晃、柴英里、武久康高、柳林信彦、横山卓) 29/, 153-167 2015 (大学・研究所等紀要)

成績データから見る学校教員養成課程所属学生の分析
 高知大学教育学部研究報告 (加納理成、北川晃、柴英里、武久康高、服部裕一郎、柳林信彦、横山卓) /75, 25-42 2015 (大学・研究所等紀要)

入試区分別にみた教育学部生の傾向に関する一考察
 高知大学教育学部研究報告 (柴英里、加納理成、北川晃、武久康高、服部裕一郎、柳林信彦、横山卓) /75, 17-23 2015 (大学・研究所等紀要)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)
The existence of solutions for the quasi-variational inequality related to hardening problems (RIMS研究集会「発展方程式の理論と非線形現象の数学解析」(京都大学数理解析研究所) 2017 口頭発表)

硬化現象を記述する 1次元モデルの可解性について (日本数学会2017秋季総合分科会(山形大学) 2017 口頭発表)

The existence of solutions for the parabolic problem related to hardening phenomena ("Equadiff 2017,Bratislava, Slovakia 2017 口頭発表)

ある完全塑性モデルの可解性について (日本数学会2017年会(首都大学東京) 2017 口頭発表)

The solvability of the perfect plasticity model with time dependent constraints (The 11th AIMS Conference on Dynamical Systems, Differential Equations and Applications,Orlando, Florida, USA 2016 口頭発表)

完全塑性モデルに関連した 変分不等式の解の収束について (日本数学会2016年会(筑波大学) 2016 口頭発表)

完全塑性モデルに関する ある弱変分不等式の解の存在について (第41回発展方程式研究会(日本女子大学) 2015 口頭発表)

完全塑性モデルに関連した ある弱変分不等式の解の存在について (日本数学会2015秋季総合分科会(京都産業大学) 2015 口頭発表)

The existence of solutions for the perfect plasticity model with time dependent constraints (Equadiff 2015, Lyon, France 2015 ポスター)

時間依存パラメータを含む 完全塑性モデルの近似問題の 解の存在について (日本数学会2015年会(明治大学) 2015 口頭発表)

ある塑性現象に関する近似問題の解の収束について (第5回非線形数理科学(ながおか市民センター) 2015 口頭発表)

The existence of solutions for the models of perfect plasticity with time depending constraints (第40回発展方程式研究会(日本女子大学) 2014 口頭発表)

ある癌浸潤モデルにおける可解性について (日本数学会2014年会(学習院大学) 2014 口頭発表)

ある癌浸潤モデルの解の存在とその性質について (日本数学会2013秋季総合分科会 特別講演(愛媛大学) 2013 口頭発表)

Solvability of evolution problem for tumor invasion models with the constraints (第9回非線形の諸問題(高知大学) 2013 口頭発表)

ある癌浸潤モデルにおける弱解の存在について (日本数学会2013年会(京都大学) 2013 口頭発表)

癌浸潤モデルにおける解の連続依存性について (第38回発展方程式研究会(日本女子大学) 2012 )

Optimal control problems for the tumor invasion models (5th Polish-Japanese Days on Nonlinear Analysis in Interdisciplinary Sciences - Modellings, Theory and Simulations -, kyoto, kyoto, Japan 2012 口頭発表)

ある癌浸潤モデルにおける解の漸近挙動について (日本数学会2012年秋季総合分科会(九州大学) 2012 口頭発表)

仮似変分不等式論による癌浸潤モデルの可解性について (第51回実函数論・函数解析合同シンポジウム(東京理科大学) 2012 口頭発表)

Solvability of the tumor invasion model (The 9th AIMS Conference on Dynamical Systems, Differential Equations and Applications, Orlando, Florida, USA 2012 口頭発表)

The existence of solutions for tumor invasion models including the endogeneous inhibitors (第4回サービス数学セミナー(佛教大学) 2012 口頭発表)

抵抗を考慮した癌浸潤モデルの可解性について (日本数学会2012年度年会(東京理科大学) 2012 口頭発表)

放物型仮似変分不等式に対応する摂動項付き発展方程式の解の存在について (日本数学会2012年度年会(東京理科大学) 2012 口頭発表)

内因性抵抗力を含む癌浸潤モデルの可解性について (第37回発展方程式研究会(岐阜大学) 2011 口頭発表)

The existence of solutions for tumor invasion models equipped with a diffusion depending on some stress (Dutch-Japanese Workshop Analysis of non-equilibrium evolution problems:selected topics in material and life sciences, Eindhoven, the Netherlands (オランダ) 2011 口頭発表)

The evolution problem with a dependent diffusion of the unknown function for tumor invasion models (RIMS 研究集会「非平衡非線形現象の解析-発展方程式の立場から-」(京都大学) 2011 口頭発表)

未知関数に依存した拡散係数を含む癌浸潤モデルの可解性について (日本数学会2011年度秋季総合分科会(信州大学) 2011 口頭発表)

ある癌浸潤モデルの可解性について (第33回発展方程式若手セミナー(つくば) 2011 口頭発表)

タンパク質に依存した拡散を持つ癌浸潤モデルの考察 (第1回サービス数学セミナー(佛教大学) 2011 口頭発表)

ある癌浸潤モデルの解の存在と一意性について (日本数学会2011年度年会(早稲田大学) 2011 口頭発表)

ある癌浸潤モデルに関する解の存在と一意性について (第36回発展方程式研究会(中央大学) 2010 口頭発表)

仮似変分不等式論を用いたChaplain-Anderson 型癌浸潤モデルの可解性について (第7回現象数理若手シンポジウム(明治大学) 2010 口頭発表)

時間・空間依存拡散係数を持つ癌浸潤モデルの可解性について (日本数学会2010年度秋季総合分科会(名古屋大学) 2010 口頭発表)

時間・空間に依存する拡散係数を持つ癌浸潤モデルの解の存在について ( 第32回発展方程式若手セミナー(沼津) 2010 口頭発表)

The existence of time global solutions for tumor invasion models with constraints (8th AIMS International Conference on Dynamical Systems, Differential Equations and Applications, Dresden, Germany (ドイツ) 2010 口頭発表)

仮似変分不等式論を用いた癌浸潤モデルにおける時間大域解の存在について (日本数学会2010年度年会(慶応義塾大学) 2010 口頭発表)

仮似変分不等式論による癌浸潤モデルに対する時間大域解の存在について (第35回発展方程式研究会(中央大学) 2009 口頭発表)

Existence of solution to tumor invasion models (RIMS 研究集会「非線形発展方程式と現象の数理」(京都大学) 2009 口頭発表)

癌浸潤モデルに対する仮似変分不等式的アプローチについて (日本数学会2009年秋季総合分科会(大阪大学) 2009 口頭発表)

仮似変分不等式論による癌浸潤モデルの局所可解性について (第31回発展方程式若手セミナー(埼玉) 2009 口頭発表)

Quasi-variational evolution inequalities generated by subdifferentials 第4回非線形数理科学(千葉大学) (第4回非線形数理科学(千葉大学) 2008 口頭発表)

ある放物型仮似変分不等式の可解性について (日本数学会2008年秋季総合分科会(東京工業大学) 2008 口頭発表)

放物型仮似変分不等式の応用における解の存在について (第30回発展方程式若手セミナー(山梨) 2008 口頭発表)

Abstract parabolic quasi-variational problems in Hilbert spaces (World Congress of Nonlinear Analysts (WCNA) 2008, the Hyatt Grand Cypress Resort in Orlando, Florida , America (アメリカ) 2008 口頭発表)

Elliptic quasi-variational inequality (7th AIMS International Conference on Dyn. Systems, Diff. Equations and Applications, University of Texas , Arlington , America (アメリカ) 2008 口頭発表)

Hilbert 空間上の二重非線形発展方程式について (日本数学会2008年年会(近畿大学) 2008 口頭発表)

A class of doubly nonlinear evolution equations in Hilbert spaces (International Conference on Free Boundary Problems in Chiba 2007, Chiba University, Chiba, Japan (日本) 2007 ポスター)

An existence theorem for parabolic quasi-variational inequalities and Applications (第67 回神楽坂解析セミナー(東京理科大学) 2007 口頭発表)

放物型仮似変分不等式の時間大域解の存在定理とその応用 (日本数学会2007年秋季総合分科会(東北大学) 2007 口頭発表)

放物型仮似変分不等式の存在定理とその応用 (第33回発展方程式研究会(中央大学) 2007 口頭発表)

放物型仮似変分不等式の抽象理論に関する応用について (第29回発展方程式若手セミナー(山口) 2007 口頭発表)

Applications of the abstract theory to parabolic quasi-variational inequalities (Nonlocal and abstract parabolic equations and their applications, The Mathematical Research and Conference Center, Bedlewo, Poland (ポーランド) 2007 ポスター)

ある種の非局所的条件下での放物型仮似変分発展不等式 (日本数学会2007年年会(埼玉大学) 2007 口頭発表)

Evolution Problems for Quasi-Variational Inequalities (第2回非線形数理科学(千葉大学) 2006 口頭発表)

An existence theorem for elliptic quasi-variational inequalities in Banach spaces (NCTS 2006 International Conference on Nonlinear Analysis, National Tsing Hua University, sinchu, Taiwan (台湾) 2006 口頭発表)

抽象的仮似変分不等式の存在定理 (日本数学会2006年秋季総合分科会(大阪市立大学) 2006 口頭発表)

工学における数学基礎力の定着を目指した学習支援とその評価-近畿大学工学部教育推進センターにおける試み- (日本工学教育協会第59回年次大会(北海道大学) 2011 口頭発表)

工学部初年次数学教育における学生の質保証への取り組みについて (数学教育学会2011年春季年会(早稲田大学) 2011 口頭発表)

工学部初年次教育における学生の質保証に向けての取り組みについて (数学教育研究会2011 (京都) 2011 口頭発表)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る