■ 氏名
西脇 芳典 (ニシワキ ヨシノリ)
NISHIWAKI Yoshinori

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Lecturer
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/講師

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Science Education Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(理科教育コース)

■ 連絡先
住 所高知市曙町2-5-1 高知大学教育学部3号棟3階分析化学研究室
電 話088-844-8462
F A X088-844-8462
E-Mailnishiwaki●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
東京理科大学 博士(理学研究科 化学専攻) (修了)
東京理科大学 修士(理学研究科 化学専攻) 2000 (修了)

■ 出身学校・専攻等
東京理科大学 (理学部 応用化学科) 1998 (卒業)

■ 取得学位
博士(理学) (課程) 東京理科大学 分析化学

■ 研究職歴
兵庫県警察本部刑事部科学捜査研究所 主任研究員(2000〜2012年)

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞
社団法人電気化学会論文賞 (平成16年)
財団法人ジェイ・ピー財団 科学警察研究の部 最優秀論文賞 (平成19年)
警察庁長官賞詞 (平成21年)
社団法人日本分析化学会 近畿支部 近畿分析技術研究奨励賞 (平成22年)

■ 所属学会
日本分析化学会
 ( )
日本法科学技術学会
 ( )

■ 専門分野
分析化学・法化学・科学捜査

■ 主な研究テーマ・活動
科学捜査を中心とした安全・安心のための分析化学を行っています。主なテーマは以下の3つです。
テーマ@「高感度X線分析を用いた科学捜査微細試料の非破壊分析」:放射光をはじめとする強力なX線源を用いて、科学捜査微細試料の非破壊微量元素分析法を開発しています。科学捜査微細試料の例としては、ガラス、塗膜、セラミック、繊維などが挙げられます。
テーマA「金属ナノ粒子を用いた表面増強ラマン分光法による乱用薬物の現場分析法の開発」:表面増強ラマン分光法はSERSと呼ばれる高感度分析法です。金属ナノ粒子に乱用薬物が吸着するとラマン散乱が数万倍以上に増強されることを利用しています。ラマン分光装置は比較的小型化でき、分析結果が水に影響されにくいことから、SERSを現場分析法として確立することを目指しています。
テーマB「LC-MSを用いた毒性物質製剤の識別法の開発」:通常は毒性物質の有効成分を検出することが目的ですが、本研究では有効成分以外に含まれる添加物等に着目し、製剤を識別・特定することを目標にしています。これにより、悪意を持って食品等に農薬等の毒性物質製剤を混入したとしても、犯人や入手ルートの解明が可能になると考えています。
 

■ 研究についてのPR
分析化学の技術を用いて社会の安全・安心に貢献したいと考えています。多くの分析法を用いて多角的に物質を捉え、科学捜査に有用な分析技術を開発していきます。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
安全・安心のための化学
社会の安心を支える科学捜査

■ 研究業績(論文・解説)
Depth elemental imaging of forensic samples by confocal micro-XRF method
 Anal. Chem. (K. Nakano, C. Nishi, K. Otsuki, Y. Nishiwaki, K. Tsuji ) 83/, 3477-3483 2011 (学術雑誌)

Capability of a TES microcalorimeter SEM-EDS system for forensic analysis of automotive paint and gunshot residue
 Surf. Interface Anal. (I. Nakai, Y. Ono, Q. Li, Y. Nishiwaki, K. Tanaka, S. Nakayama ) 42/, 402-410 2010 (学術雑誌)

Trace elemental analysis of titanium dioxide pigments and automotive white paint fragments for forensic examination using high-energy synchrotron radiation x-ray fluorescence spectrometry
 J. Forensic Sci. (Y. Nishiwaki, S. Watanabe, O. Shimoda, Y. Saito, T. Nakanishi, Y. Terada, T. Ninomiya, I. Nakai ) 54/, 564-570 2009 (学術雑誌)

Lower limits of detection of synchrotron radiation high-energy x-ray fluorescence spectrometry and its possibility for the forensic application for discrimination of glass fragments
 Forensic Sci. Int. (T. Nakanishi, Y. Nishiwaki, N. Miyamoto, O. Shimoda, S. Watanabe, S. Muratsu, M. Takatsu, Y. Terada, Y. Suzuki, M. Kasamatsu, S. Suzuki ) 175/, 227-234 2008 (学術雑誌)

Application of total reflection x-ray fluorescence spectrometry to small glass fragments
 Anal. Sci. (Y. Nishiwaki, M. Shimoyama, T. Nakanishi, T. Ninomiya, I. Nakai ) 22/, 1297-1300 2006 (学術雑誌)

Nondestructive discrimination of small glass fragments for forensic examination using high energy synchrotron radiation x-ray fluorescence spectrometry
 X-ray Spectrom. (Y. Nishiwaki, T. Nakanishi, Y. Terada, T. Ninomiya, I. Nakai ) 35/, 195-199 2006 (学術雑誌)

Nondestructive analysis of silver in gold foil using synchrotron radiation x-ray fluorescence spectrometry
 Anal. Sci. (M. Kasamatsu, Y. Suzuki, T. Nakanishi, O. Shimoda, Y. Nishiwaki, N. Miyamoto, S. Suzuki ) 21/, 785-787 2005 (学術雑誌)

Forensic discrimination of sheet glass by a refractive-index measurement and elemental analysis with synchrotron radiation x-ray fluorescence spectrometry
 Anal. Sci. (Y. Suzuki, M. Kasamatsu, S. Suzuki, T. Nakanishi, M. Takatsu, S. Muratsu, O. Shimoda, S. Watanabe, Y. Nishiwaki, N. Miyamoto ) 21/, 855-859 2005 (学術雑誌)

Study of Mn dissolution from LiMn2O4 spinel electrodes using in situ total reflectionx-ray fluorescence analysis and fluorescence XAFS technique
 J. Power Sources (Y. Terada, Y. Nishiwaki, I. Nakai, F. Nishikawa ) 97-98/, 420-422 2001 (学術雑誌)

高エネルギー放射光蛍光X線分析の科学捜査への応用(博士論文要録)
 分析化学 (西脇芳典) 58/10, 915-916 2009 (学術雑誌)

遺留物の起源を探る
 化学と教育 (西脇芳典) 58/2, 74-77 2010 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る