■ 氏名
常行 泰子 (ツネユキ ヤスコ)
TSUNEYUKI Yasuko

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Lecturer
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/講師

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Health and Physical Education Course)/Lifelong Education Division (Sports Sciences Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(保健体育コース)、生涯教育課程(スポーツ科学コース)

■ 連絡先
住 所〒780-8520 高知市曙町2-5-1 高知大学教育学部
電 話088-844-8392
F A X088-844-8392
E-Mailtsuneyuki●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等

■ 出身学校・専攻等

■ 取得学位
博士(学術) (課程) 神戸大学

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴
大阪体育学会50周年記念事業実行委員会委員(平成20年11月−平成22年3月)
日本スポーツ社会学会実行委員会委員(平成21年1月−平成21年3月)
高知県生涯スポーツ推進プラン作成委員会委員(平成24年9月20日−平成25年5月31日)
高知市スポーツ推進審議会臨時委員(平成25年4月1日−平成26年3月31日)
高知県女子体育連盟理事(平成25年4月1日−現在)
公益財団法人高知市スポーツ振興事業団評議員(平成26年6月9日−現在)
高知県教育委員会「スポーツを通じたエリアネットワーク事業」コーディネーター(平成27年6月−現在)
高知県生涯スポーツ推進協議会委員(平成27年6月−現在)
高知県スポーツ推進審議会委員(平成28年7月−現在)
高知県障害者スポーツ普及促進実行委員会委員長(平成28年7月−現在)
高知県女性のスポーツ推進検討委員会委員長(平成28年7月−現在)


■ 受賞学術賞
学生研究奨励賞(日本体育学会体育社会学専門分科会) (2008年)
インストラクター・オブ・ザ・イヤー優秀賞(株式会社クラブビジネスジャパン「月刊NEXT」) (2010年)

■ 所属学会
日本体育学会,日本体力医学会,日本生涯スポーツ学会,身体運動文化学会,日本スポーツ社会学会, 兵庫体育・スポーツ科学学会,大阪体育学会,日本転倒予防学会,日本女子体育連盟,高知県女子体育連盟,全国大学体育連合,日本スポーツ産業学会
 ( 国内)
高知県女子体育連盟
 (理事 国内)

■ 専門分野
スポーツ社会学,健康スポーツ、ダンス,フィットネス

■ 主な研究テーマ・活動
運動・スポーツ及び健康づくりに関連する社会調査,ダンス、フィットネス


■ 研究についてのPR
運動・スポーツと社会との関わりやダンス・フィットネスなどの健康運動プログラムについて国内外を含めて多面的に研究を進めており,学生の方々の興味のあるテーマについて幅広くサポートさせていただきます.
運動・スポーツ実施に至る背景や現象を,アンケートを用いた質問紙調査やインタビュー,ケーススタディなどの手法を通して明らかにすることや,ダンスあるいは健康運動に関する実証的な研究を行っています.

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
トレーニングと健康、ダンス,ピラティス,エアロビックダンスなどのフィットネスプログラムに関する指導方法
健康運動指導士・健康運動実践指導者・総合型地域スポーツクラブアシスタントマネージャー資格取得対策講座
運動療法を用いたコンディショニング(体幹トレーニングによる競技力向上,中高年を対象とする腰痛あるいは膝痛の予防・改善,ダンサーの傷害予防・リハビリ)など.




■ 研究業績(論文・解説)
高齢者の運動ステージと運動セルフ・エフィカシーに影響を及ぼす健康要因と社会心理的要因に関する研究
 体育学研究 (常行泰子,山口泰雄,高折和男) 56/2, 325−341 2011 (学術雑誌)

Health and Socio-Psychological Factors Related to the Stages of Exercise Behavior Change in Japanese Older Adults
 Journal of Asiania Sport for All the 10th edition (Yasuko Tsuneyuki,Yasuo Yamaguchi, Kazuo Takaori ) 10/, 1-22 2010 (学術雑誌)

グループエクササイズの指導における多様性の検討 −高齢者に対するエアロビックダンスの段階的アプローチから−
 身体運動文化論攷 (常行泰子) 4/, 17-41 2005 (学術雑誌)

A report of research on the health factors influencing quality of life of people exercising in parks −A comparative study between Taipei and Kobe city−
 Taiwan National Science Council (NSC) (Yasuo Yamaguchi,Yasuko Tsuneyuki, Shintaro Inaba) /, 1-9、11-12分担(全14ページ) 2011 (その他)

ジャズダンスからのアプローチ ―アイソレーションの応用―
 女子体育 (常行泰子) /平成24年8・9月号, 100-101 2012 (学術雑誌)

健康政策と身体活動支援 ―行動科学理論・モデル適用に関する課題の検討―
 身体運動文化論攷 (常行泰子,山口泰雄) 8/, 453-488 2009 (学術雑誌)

大学生保護者の運動・スポーツ実施における行動変容ステージと運動セルフエフィカシーに影響を及ぼす要因 −中年期のライフステージに着目して−
 大学体育学 (常行泰子,山口泰雄) /12, 13-23 2015 (学術雑誌)

中年期における運動・スポーツ実施の行動変容ステージに影響を及ぼす要因の質的研究
 スポーツ産業学研究 (常行泰子,谷めぐみ,山口泰雄) 25/1, 75-88 2015 (学術雑誌)

運動初心者のニーズに関する質的研究:中高年向けフィットネス教室に着目して
 身体運動文化論攷 (常行泰子,村田トオル) /14, 59-73 2015 (学術雑誌)

大学生の運動・スポーツ指導と運営に関する実践課題 ―アクティブ・ラーニングによる民間企業との連携協働に着目して―
 高知大学教育実践研究 (常行泰子) /31別冊, 2017 (大学・研究所等紀要)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る