■ 氏名
田村 貴彦 (タムラ タカヒコ)
TAMURA Takahiko

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Medical Sciences Cluster, Clinical Medicine Unit/Lecturer
教育研究部 医療学系 臨床医学部門/講師

■ 学部・学科・コース等
Medical School, School Hospital, Central Clinical Facilities, Intensive Care Unit
医学部附属病院 中央診療施設 集中治療部

■ 連絡先
住 所
電 話
F A X
E-Mail
U R L

■ 出身大学院・研究科等

■ 出身学校・専攻等

■ 取得学位
博士(医学) () 高知大学

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会

■ 専門分野

■ 主な研究テーマ・活動

■ 研究についてのPR

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)

■ 研究業績(論文・解説)
Oral carbohydrate loading with 18% carbohydrate beverage alleviates insulin resistance.
 Asia Pac J Clin Nutr. (Tamura T, Yatabe T, Kitagawa H, Yamashita K, Hanazaki K, Yokoyama M) 22/, 48-53 2013 (学術雑誌)

Current status of studies about optimal composition of the amino acid and protein for ICU patients: systematic review
 Anaesthesia and Intensive Care (T Tamura, T Yatabe, M Yokoyama, M Nishimura.) 42/, 806-807 2014 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)
LiSA(2013)
 出版社:メディカル・サイエンス・インターナショナル

■ 研究業績(口頭・ポスター)
Dexmedetomidine maintains cognitive function in volunteers (Euroanaesthesia 2013 2013 口頭発表)

肺動脈カテーテル先端に結び目ができ抜去困難となった1例 (第40回日本集中治療医学会学術集会 2013 口頭発表)

プロタミン投与後にアナフィラキシーショックを呈した一例 (第40回日本集中治療医学会学術集会 2014 )

ICU患者におけるアミノ酸・タンパク質の指摘投与組成に関する研究の現状ー文献検索 (第40回日本集中治療医学会学術集会 2014 )

全身炎症後認知機能障害に及ぼす早期リハビリテーションの効果ー高齢ラット炎症モデルを用いてー (第40回日本集中治療医学会学術集会 2014 口頭発表)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る