■ 氏名
幸 篤武 (ユキ アツム)
YUKI Atsumu

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Lecturer
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/講師

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Health and Physical Education Course)/Lifelong Education Division (Sports Sciences Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(保健体育コース)、生涯教育課程(スポーツ科学コース)

■ 連絡先
住 所高知市曙町2−5−1
電 話
F A X
E-Mailatsuyuki●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
愛知教育大学 修士(教育学研究科 ) 2007 (修了)
鹿屋体育大学(NIFS) 博士(体育学研究科 ) 2010 (単位取得満期退学)

■ 出身学校・専攻等
愛知教育大学 (教育学部 生涯教育課程スポーツ・健康コース) 2005 (卒業)

■ 取得学位
博士(体育学) (論文) 鹿屋体育大学(NIFS)

■ 研究職歴
2010年〜2013年 (独)国立長寿医療研究センター NILS-LSA活用研究室 研究員

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞
第60回日本体力医学会大会 桃太郎賞 (2005)

■ 所属学会
日本体力医学会
 (評議員 国内)
日本体育学会
 ( 国内)
日本キャンプ協会
 ( 国内)
日本発育発達学会
 ( 国内)
日本サルコペニア・フレイル学会
 ( 国内)

■ 専門分野
体力科学、健康科学

■ 主な研究テーマ・活動
運動による健康増進

■ 研究についてのPR

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)

■ 研究業績(論文・解説)
Assembly of transverse tubule architecture in the middle and myotendinous junctional regions in developing rat skeletal muscle fibers
 J Muscle Res Cell Motil (共著) 28/2-3, 141-51 2007 (学術雑誌) 10.1007/s10974-007-9111-z

坐骨神経の凍結麻痺により一過性に不活動としたラット脛骨骨梁構造の変化
 体力科学 (共著) 57/2, 189-96 2008 (学術雑誌) 10.7600/jspfsm.57.189

Morphological characteristics of cardiac calcium release units in animals with metabolic and circulatory disorders
 J Muscle Res Cell Motil (共著) 30/5-6, 225-31 2009 (学術雑誌) 10.1007/s10974-009-9191-z

Upregulation of osteogenic factors induced by high-impact jumping suppresses adipogenesis in marrow but not adipogenic transcription factors in rat tibiae
 Eur J Appl Physiol (共著) 109/4, 641-50 2010 (学術雑誌) 10.1007/s00421-010-1383-0

Magnetic field strength properties in bone marrow during pulsed electromagnetic stimulation
 J. Biomedical Science and Engineering (共著) 3/, 1156-60 2010 (学術雑誌) 10.4236/jbise.2010.312150

Response Training Shortens Visuo-Motor Related Time in Athletes
 Int J Sports Med (共著) 32/8, 586-90 2011 (学術雑誌) 10.1055/s-0031-1275299

筋損傷を伴う走トレーニングが骨格筋の形態的,機能的特性に及ぼす影響
 愛知教育大学研究報告, 芸術・保健体育・家政・技術科学・創作編 (共著) 60/, 47-52 2011 (大学・研究所等紀要)

ジャンプトレーニング並びに持久走トレーニングによるラット下肢骨及び骨格筋の発達変化とその関連性
 日本運動生理学雑誌 (共著) 19/2, 65-73 2012 (学術雑誌)

Relationship between physical activity and brain atrophy progression
 Med Sci Sports Exerc (共著) 44/12, 2362-8 2012 (学術雑誌) 10.1249/MSS.0b013e3182667d1d

虚弱,サルコペニアの疫学─日本人データから─
 Bone Joint Nerve (共著) 3/1, 67-74 2013 (学術雑誌)

Relationship Between Light-Intensity Physical Activity and Cognitive Function in a Community-Dwelling Elderly Population―An 8-Year Longitudinal Study
 J Am Geriatr Soc (共著) 61/3, 452-3 2013 (学術雑誌) 10.1111/jgs.12119

肥大を起こした筋線維の特性
 愛知教育大学研究報告, 芸術・保健体育・家政・技術科学・創作編 (共著) 62/, 27-33 2013 (大学・研究所等紀要)

Response time and muscle activation patterns of the upper limbs during different strikes in kendo
 Arch Budo (共著) 9/2, 101-7 2013 (学術雑誌)

Relationship between Low Free Testosterone Levels and Loss of Muscle Mass
 Scientific Reports (共著) 3/, 1818 2013 (学術雑誌) 10.1038/srep01818

中高年者の脳萎縮を抑制する日常歩行量の解明 〜地域からの無作為抽出者を対象とした大規模縦断研究〜
 デサントスポーツ科学 (共著) 34/, 31-39 2013 (学術雑誌)

Visuo-motor related time analysis using electroencephalograms
 World Journal of Neuroscience (共著) 3/, 142-6 2013 (学術雑誌) 10.4236/wjns.2013.33018

地域在住中高年者のサルコペニア有病率とその10年間の推移
 日本未病システム学会雑誌 (共著) 19/2, 1-6 2013 (学術雑誌)

咀嚼動作を用いた光刺激に対する反応トレーニングが音刺激の反応時間へ及ぼす影響
 日本生理人類学会誌 (共著) 18/4, 165-9 2013 (学術雑誌)

Age-related skeletal muscle change among community-dwelling Japanese - a 12-year longitudinal study
 Geriatr Gerontol Int (共著) 14/S1, 85-92 2014 (学術雑誌) 10.1111/ggi.12219

事前ジャンプ動作による選択的全身反応時間への効果
 トレーニング科学 (共著) 25/2, 157-164 2014 (学術雑誌)

サルコペニアの診断と評価
 臨床栄養 (共著) 124/3, 279-285 2014 (学術雑誌)

地域在住高齢者におけるサルコペニアの実態
 医学のあゆみ (共著) 248/9, 649-654 2014 (学術雑誌)

Muscle contraction and relaxation-response time in response to on or off status of visual stimulus
 J Physiol Anthropol (共著) 33/1, 23 2014 (学術雑誌) 10.1186/1880-6805-33-23

サルコペニアの概念と診断基準
 CLINICAL CALCIUM (共著) 24/10, 1441-1448 2014 (学術雑誌)

長期飼育した非肥満型自然発症2型糖尿病ラットにおける骨及び骨髄組織の特性
 高知大学学術研究報告 (共著) 63/, 211-219 2014 (大学・研究所等紀要)

サルコペニアの疫学 II
 最新医学 (共著) 70/1, 37-43 2015 (学術雑誌)

地域在住高齢者におけるサルコペニアの実態
 別冊・医学のあゆみ (共著) /, 11-16 2015 (学術雑誌)

Epidemiology of sarcopenia in elderly Japanese
 The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine (共著) 4/1, 111-115 2015 (学術雑誌) 10.7600/jpfsm.4.111

Low free testosterone is associated with loss of appendicular muscle mass in Japanese community-dwelling women
 Geriatr Gerontol Int (共著) 15/3, 326-333 2015 (学術雑誌) 10.1111/ggi.12278

Sex- and age-related differences in mid-thigh composition and muscle quality determined by computed tomography in middle-aged and elderly Japanese
 Geriatr Gerontol Int (共著) 15/, 700-706 2015 (学術雑誌) 10.1111/ggi.12338

サルコペニアの概念,評価とその意義
 臨牀透析 (共著) 31/8, 1013-1020 2015 (学術雑誌)

疫学研究から見える今後のサルコペニア・フレイル対策
 医薬ジャーナル (共著) 51/9, 2157-2161 2015 (学術雑誌)

Higher gait speed and smaller sway area decrease the risk for decline in higher-level functional capacity among middle-aged and elderly women
 Arch Gerontol Geriatr (共著) 61/3, 429-436 2015 (学術雑誌) 10.1016/j.archger.2015.08.001

サルコペニアの疫学;地域在住高齢者における頻度の現状
 MB Orthop (共著) 28/13, 31-40 2015 (学術雑誌)

Sex-differences in age-related grip strength decline: a 10-year longitudinal study in community-living middle-aged and older Japanese
 The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine (共著) 5/1, 87-94 2016 (学術雑誌) 10.7600/jpfsm.5.87

身体組成:加齢による体格・必要栄養量の変化
 臨床栄養別冊 JCNセレクト 健康寿命延伸をめざす栄養戦略 (共著) 11/, 10-17 2016 (学術雑誌)

AWGS基準によるサルコペニアの頻度
 最新醫學別冊 診断と治療のABC (共著) 112/, 17-24 2016 (学術雑誌)

サルコペニアとロコモの有病率と発症危険因子
 Loco CURE (共著) 2/3, 220-227 2016 (学術雑誌)

Epidemiology of Frailty in Elderly Japanese
 The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine (共著) 5/4, 301-307 2016 (学術雑誌) 10.7600/jpfsm.5.301

Sarcopenia based on the Asian Working Group for Sarcopenia criteria and all-cause mortality risk in older Japanese adults
 Geriatr Gerontol Int (共著) 17/, 1642-1647 2017 (学術雑誌) 10.1111/ggi.12946

幼児を対象とした体力テストの実践
 教育実践研究 (共著) 31/, 177-183 2017 (大学・研究所等紀要)

紙媒体アンケートにおける複数回答形式の設問の効率的な集計方法の開発
 高知大学教育学部研究報告 (共著) 77/, 45-50 2017 (大学・研究所等紀要)

長期縦断研究からみたフレイル・サルコペニアの現状と課題
 体育の科学 (共著) 67/5, 292-296 2017 (学術雑誌)

動画映像の提示方法の違いが運動経過の把握に与える影響:スローモーションや繰り返し再生の効果
 体育学研究 (共著) /, 印刷中 (学術雑誌)

超高齢社会における女性のフレイルを考える
 White (共著) 5/2, 109-116 2017 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)
栄養・運動で予防するサルコペニア(葛谷雅文,雨海照祥編)Part2 日本人における診断(分担著)(2013)
 出版社:医師薬出版
 ISBN:978-4-263-70614-5

サルコペニア24のポイント(関根里恵,小川純人編)Q.3 罹患の実態について教えてください(分担著)(2013)
 出版社:フジメディカル出版
 ISBN:978-4-862-70048-3

サルコペニアと運動(島田裕之編)第1章-3 サルコペニアの有症率と危険因子(分担著)(2014)
 出版社:医師薬出版
 ISBN:978-4-263-21937-9

サルコペニアとフレイル 〜医療職間連携による多角的アプローチ〜(荒井秀典編)総論1 サルコペニアの概念と診断基準(分担著)(2015)
 出版社:医薬ジャーナル社
 ISBN:978-4-7532-2770-9

サルコペニア診療マニュアル(原田敦編)Tサルコペニアの概念を整理しよう-2サルコペニアの疫学(分担共著)(2016)
 出版社:メジカルビュー社
 ISBN:978-4-7583-0394-1

いまさら訊けない!CKD患者栄養・運動療法の考えかた,やりかたQ&A(加藤明彦編著)フレイルとはどんな病態ですか?フレイルとはどうやって評価すればよいですか?(2016)
 出版社:中外医学社
 ISBN:978-4-498-22430-8

■ 研究業績(口頭・ポスター)
Low free testosterone levels are associated with loss of appendicular muscle mass in Japanese community-dwelling women (18th annual Congress of the ECSS 2013 )

アンドロゲン受容体遺伝子多型とテストステロンの相互作用が中高齢男性の筋量に与える影響 (第68回日本体力医学会大会 2013 )

Sex and age related differences in muscle mass and quality determined by mid-thigh computed tomography in a middle aged and elderly Japanese population (International Conference on Frailty & Sarcopenia Research 2014 )

Mid-thigh CTによる大腿筋量測定と筋肉の質の評価 (第87回日本整形外科学会学術総会 2014 )

膝関節痛と脂肪量・筋量との関連 − 一般地域住民を対象とした性別・変形程度別の検討 (第87回日本整形外科学会学術総会 2014 )

女性における膝関節痛の有無および既往と脂肪量・筋量との関連 (第6回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2014 )

日本人中高齢者における日常歩行量と全がん死亡との関連 (第69回日本体力医学会大会 2014 )

膝関節痛の有無および既往と脂肪量・筋量との関連−一般地域住民を対象とした性別・変形程度別の検討 (第16回日本骨粗鬆症学会 2014 )

Gait speed and sway area predict decline in higher-level competence among middle-aged and elderly women (第25回日本疫学会学術総会 2015 )

日本人男性におけるサルコペニアと全死亡との関連 (第70回日本体力医学会大会 2015 )

幼児の筋力と両親の握力との横断的関連性 (第77回日本体力医学会中国・四国地方会 2016 )

AWGSサルコペニア(SP)と身体機能低下との関連−NILS-LSAからの横断・縦断解析結果− (第58回日本老年医学会学術集会 2016 )

サルコペニア・フレイルの長期縦断疫学研究 (第71回日本体力医学会大会 2016 )

地域在住高齢者におけるAWGS基準サルコペニアの推定発症率 (第3回日本サルコぺニア・フレイル研究会研究発表会 2016 )

Risk factors of muscle weakness and sarcopenia in elderly Japanese - a 13-year longitudinal study (Annual Scientific Meeting of the GSA 2016 )

幼児の運動器異常の頻度と体力との関連性 〜運動器健診に基づく横断解析〜 (第79回日本体力医学会中国・四国地方会 2017 )

地域在住高齢者でのフレイル頻度と関連要因−長期縦断疫学研究(NILS-LSA)12年間のデータから (第59回日本老年医学会学術集会 2017 )

フレイルと高次生活能力低下との関連:地域住民を対象とした4年間の縦断研究 (第72回日本体力医学会大会 2017 )

反応トレーニングに伴う反応時間、並びに鼓膜温への影響 (第72回日本体力医学会大会 2017 )

地域在住高齢男性の筋量減少に対するカロテノイドと喫煙の交互作用 (第4回日本サルコペニア・フレイル学会大会 2017 )

Dietary factors associated with the development of physical frailty in community-dwelling older adults (3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia 2017 )

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)
More Activity, Less Brain Atrophy (Runner's World)(2012)その他

Exercise Could Ward Off Brain Shrinkage (Huffington Post)(2012)その他

中日こどもウイークリー 110号 支え合おう超高齢社会〜増える体力ある高齢者〜(2013)その他


前ページへ戻る