■ 氏名
岩城 裕之 (イワキ ヒロユキ)
IWAKI Hiroyuki

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Professor
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Japanese Language Education Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(国語教育コース)

■ 連絡先
住 所
電 話
F A X
E-Mailiwaki●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
広島大学 博士(文学研究科 ) 2001 (修了)

■ 出身学校・専攻等
広島大学 (教育学部 ) (卒業)

■ 取得学位
博士(文学) (課程) 広島大学 日本語学

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴
2018-現在 Director, International Association of Urban Language Studies(国際都市言語学会 理事)

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本語学会、日本言語学会、社会言語科学会、語彙研究会、天理台湾学会 日本教育心理学会、日本高専学会
 ( 国内)
International Association of Urban Language Studies
 (Director(理事) 現在 国外)

■ 専門分野
日本語学

■ 主な研究テーマ・活動
方言語彙の記述と分析、言語変化
医療・福祉場面、災害時における方言をめぐるコミュニケーション
文法やことばの意味に注目した国語授業の開発
ユニバーサルデザインの国語授業


■ 研究についてのPR

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
日本語や方言に関すること



■ 研究業績(論文・解説)
20世紀初頭台湾語語彙の残存状況について
 天理臺灣學報 (中澤信幸・岩城裕之) /28, 31-50 2019 (学術雑誌)

東方孝義編『台日新辞書』所収語彙の特徴
 天理臺灣學報 (中澤信幸・岩城裕之) /27, 97-118 2018 (学術雑誌)

文章表現を文法から読み解く試み −『新しい国語』(東京書籍)所収「風の五線譜」の授業のために−
 教育学部研究報告 (岩城裕之) /78, 241-245 2018 (大学・研究所等紀要)

高知県大豊方言における数量副詞語彙の体系
 高知大学教育学部研究報告 (岩城裕之) 77/, 245-252 2017 (大学・研究所等紀要)

沖縄県の言語聴覚士の「方言問題」
 高知大学教育学部研究報告 (岩城裕之) 77/, 239-244 2017 (大学・研究所等紀要)

医療現場における方言問題の現状とニーズ 日台の看護師への調査から
 仙台高等専門学校広瀬キャンパス教育研究紀要(Web) (岩城裕之 武田拓) 46/, 12‐16(J‐STAGE) 2017 (大学・研究所等紀要) 10.20662/nitsendaih.46.0_12

教育学部における教育力向上の取組と教育効果の検証 : 卒業生アンケートと「履修カルテ」の分析結果から
 高知大学教育実践研究 (小島 郷子, 岩城 裕之, 野角 孝一, 草場 実, 谷口 雅基, 寺田 信一, 矢野 宏光, 吉岡 一洋) /30, 135-142 201603 (大学・研究所等紀要)

日本語教育における「日台基本漢字」発音対照表の可能性について
 山形大学大学院社会文化システム研究科紀要 (中澤 信幸, 岩城 裕之, 是澤 範三) /10, 13-20 201310 (大学・研究所等紀要)

学校が楽しみになる導入教育 : 教養教育の立場から創る「技術者入門」 (第7回論文特集号)
 日本高専学会誌 = Journal of the Japan Association for College of Technology (岩城 裕之) 18/3, 69-74 201307 (学術雑誌)

発達障がいに関わる特別支援教育体制の整備-中国地区8高専連携 高専教育力向上プロジェクト-
 論文集「高専教育」 : kosen kyoiku (飯島 睦美, 岩城 裕之, 岩井 一師, 中村 貢治, 永井 猛, 長戸 喜隆, 俣野 好治, 宮奥 正道) /36, 639-642 201303 (大学・研究所等紀要)

高専1学年時に行う導入科目の新設に向けた検討
 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM) (三村陽一, 山岡俊一, 林和彦, 岩城裕之, 上寺哲也, 井上浩孝, 佐々木伸子) 67th/, ROMBUNNO.CS1-010 20120801 (学術雑誌)

医療従事者のための方言の手引き (特集 ことばのハンドブック)
 日本語学 (岩城 裕之) 31/8, 36-45 201207 (その他)

餅・団子類語彙の地域性と連続性 : 北部九州から山陰地方を対象に
 語彙研究 (岩城 裕之) /9, 78-85 201112 (学術雑誌)

島根県隠岐・出雲地域における餅・団子類語彙 : 稲作を中心としない2地点の比較から
 語彙研究 (岩城 裕之) 0/8, 22-31 201012 (学術雑誌)

医療現場で利用できる方言データベースの開発
 呉工業高等専門学校研究報告 (岩城 裕之) /71, 57-66 200908 (大学・研究所等紀要)

第2回 富山県射水市 北前船で栄えた港町(高専のある町)
 高等専門学校の教育と研究 : 日本高専学会誌 (出村 哲朗, 岩城 裕之, 宮重 徹也) 11/2, 33-36 200605 (学術雑誌)

「分類語彙表」3.1910-10語彙の部分体系--同一文中に出現する他語との関係を手がかりに
 語彙研究 (岩城 裕之, 蛭谷 安紀子) 0/3, 43841 200602 (学術雑誌)

20 教育実践と心理学のあいだの「ことば」の了解可能性 : 「問題児」または「問題」ということばをめぐって(自主シンポジウムE)
 日本教育心理学会総会発表論文集 (本山 方子, 上淵 寿, 野坂 祐子, 磯村 陸子, 杉山 亜希子, 岩城 裕之, やまだ ようこ) 0/46, S56-S57 20040910 (その他)

29 学校における談話行動の発達と支援 : 音声言語表現の指導をめぐって(自主シンポジウムF)
 日本教育心理学会総会発表論文集 (藤江 康彦, 市川 洋子, 梶井 芳明, 岩城 裕之, 藤澤 伸介, 秋田 喜代美) 0/46, S74-S75 20040910 (その他)

方言数量副詞語彙の体系と地域性 (公開組織としての語彙研究会発足大会)
 語彙研究 (岩城 裕之) 0/1, 44165 200309 (学術雑誌)

遠隔地とのコミュニケーションツールを利用した授業のコンテンツ開発 : 地域言語を題材にした衛星を利用した遠隔授業
 研究紀要 (岩城 裕之) 44/, 115-126 20030331 (大学・研究所等紀要)

B 研究内容 第2編 個別教科 第1章 国語科
 研究紀要 (荒木 由弥, 有地 秀樹, 岩城 裕之, 金沢 節子, 谷本 文男, 吉田 隆) 43/1, 51-61 20020306 (大学・研究所等紀要)

方言類義語も個人差 広島方言若年層話者の遅さを表す形容詞語彙の場合
 研究紀要 (岩城 裕之) 43/2, 145-154 20020306 (大学・研究所等紀要)

岡山県真庭郡久世町方言の性向語彙体系 : 「大胆な人」カテゴリー内部の個人性と社会性
 國語學 (岩城 裕之) 52/1, 20010331 (学術雑誌)

副詞「たっぷり」の用法にみる個人性と社会性--広島方言若年層話者の場合
 国文学攷 (岩城 裕之) 0/169, 43845 200103 (学術雑誌)

島根県邑智郡桜江町小田方言の副助詞 (日本語方言副助詞の研究)
 方言資料叢刊 (岩城 裕之) 8/0, 206-213 2000 (その他)

大崎下島大長の数量副詞語彙にみる個人性と社会性--数量〈多〉と〈少〉のカテゴリーの場合
 国文学攷 (岩城 裕之) /, 43845 199812 (学術雑誌)

島根県邑智郡桜江町小田の待遇表現
 方言資料叢刊 (岩城 裕之) 7/, 160-166 19971227 (その他)

島根県邑智郡桜江町小田方言の助数詞
 方言資料叢刊 (岩城 裕之) 6/, 223-233 19961107 ()

島根県邑智郡桜江町小田方言の否定表現
 方言資料叢刊 (岩城 裕之) 5/, 207-212 19951225 ()

大崎下島大長方言の農業従事者の風位語彙について
 内海文化研究紀要 (岩城 裕之, 室山 敏昭) /, 27-52 1995 (大学・研究所等紀要)

島根県邑智郡桜江町小田方言のアスペクト
 方言資料叢刊 (岩城 裕之) 4/, 217-221 19941122 ()

島根県邑智郡桜江町小田方言における比喩語
 方言資料叢刊 (岩城 裕之) 3/, 159-163 19930510 ()

広島県山県郡芸北町才乙方言における比喩語
 方言資料叢刊 (岩城 裕之) 3/, 170-175 19930510 ()

広島県安芸郡蒲刈町宮盛方言における比喩語
 方言資料叢刊 (岩城 裕之) 3/, 176-181 19930510 ()

■ 研究業績(著書)
日本のことばシリーズ39 高知県のことば(2020)
 出版社:明治書院
 ISBN:9784625624551

実践方言学講座 第3巻 人間を支える方言(2020)
 出版社:くろしお出版
 ISBN:9784874248478

方言数量副詞語彙の個人性と社会性(200906)
 出版社:和泉書院

出雲弁検定教科書(200809)
 出版社:ワン・ライン

音声言語研究のパラダイム(2007)
 出版社:和泉書院

未来への学力と日本の教育4-&0d0a;ことばの教育と学力(2006)
 出版社:明石書店

関西方言の広がりとコミュニケーションの行方(2005)
 出版社:和泉書院

音声研究入門(2005)
 出版社:和泉書院

方言語彙論の方法(2000)
 出版社:和泉書院

■ 研究業績(口頭・ポスター)
東方孝義編『台日新辞書』所収語彙の特徴 (天理台湾学会 2017 口頭発表)

身体部位を表す方言語彙の表示システム 第2報 (日本語教育方法研究会 2016 口頭発表)

The need for data on dialects in the Japanese healthcare field and development of manuals for their comprehension (日本医???的方言信息需求和入?手册的??) (Urban Language Seminar 14 2016 口頭発表)

Language and communication problems concerning dialects on medical sites (The 3rd Asia Future Conference 2016 口頭発表)

身体部位を表す方言語彙の表示システム (日本語教育方法研究会誌 2016 )

災害時にみる医療と地域の「問題」―医療者と住民の円滑なコミュニケーションのために― (日本ヘルスコミュニケーション学会雑誌(Web) 2015 )

言語聴覚士(ST)のための方言データベースの開発と評価 (日本ヘルスコミュニケーション学会雑誌(Web) 2015 )

第34回研究大会ワークショップ : 災害時の医療・福祉現場における方言の問題と支援-東日本大震災から学ぶ減災のための方言支援ツール- (社会言語科学 2015 )

東日本大震災に学ぶ災害初期対応のための方言支援ツールの開発 (日本集団災害医学会誌 2014 )

災害時・減災のための方言支援ツールの開発 (日本方言研究会研究発表会発表原稿集 = Conference papers of the Dialectological Circle of Japan 2013 )

東日本大震災災害派遣医療関係者を中心とした方言コミュニケーションの問題と効用 (日本方言研究会研究発表会発表原稿集 = Conference papers of the Dialectological Circle of Japan 2013 )

呉高専における導入教育-カリキュラム編成の軌跡と実践報告− (日本高専学会 2012 )

医療・看護・福祉現場における方言教育(ブース発表,日本語学会2010年度秋季大会研究発表会発表要旨) (日本語の研究 2011 )

シンポジウム 21世紀の方言使用「医療現場における方言をめぐる『問題』」 (日本方言研究会 第90回 研究発表会 2010 )

医療現場における方言をめぐる「問題」 (第90回日本方言研究会シンポジウム 21世紀の方言使用) (日本方言研究会研究発表会発表原稿集 2010 )

富山県における体調を表す語彙の地域性 (日本方言研究会 第87回 研究発表会 2008 )

富山県における体調を表す語彙の地域性--看護実習生へのアンケートと臨地調査にみる富山方言の「問題」 (日本方言研究会研究発表会発表原稿集 2008 )

自主シンポジウム 学校における談話行動の発達と支援 (日本教育心理学会 第46回総会 2004 )

自主シンポジウム 教育実践と心理学のあいだのこ「ことば」の了解可能性 (日本教育心理学会 第46回総会 2004 )

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る