■ 氏名
吉田 茂樹 (ヨシダ シゲキ)
YOSHIDA Shigeki

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Associate Professor
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/准教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Japanese Language Education Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(国語教育コース)

■ 連絡先
住 所780-0915 高知市曙町二丁目5番1号
電 話088-844-8382
F A X
E-Mails.yoshida●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
鳴門教育大学 修士( 学校教育研究科 教科・領域教育(言語系国語コース)) 1998 (修了)

■ 出身学校・専攻等
二松学舎大学 (文学部 国文学科) 1985 (卒業)

■ 取得学位
教育学修士 (課程) 鳴門教育大学 教科教育学

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
全国大学国語教育学会
 ( )
日本国語教育学会
 ( )
日本読書学会
 ( )
鳴門教育大学国語教育学会
 ( )
二松學舍大学人文学会
 ( )
高知大学国語国文学会
 ( )
九州国語教育学会
 ( )

■ 専門分野
国語科授業論 表現教育論 古典教育論

■ 主な研究テーマ・活動
(1)「書くこと」の実践的研究について
 これまで、主として「書くこと」の実践的研究に取り組んできた。文章表現指導研究の一環として、表現の生成過程そのものに焦点を当てている。実践現場の状況論的構造における、学習者の思考と指導者を含む他者からの支援との関係性に着目し、生徒一人ひとりの内的な学習プロセスをいかに効果的に支援することができるのかを主たる研究テーマとしている。
(2)「古典教育」の実践的研究について
 単元的展開を中心とした「古典教育」の実践的研究を並行して進めてきた。いわゆる「古典嫌い」と称される学習者が、組織的な単元構成と有効な「てびき」にしたがって活動を展開することを通して古典に親しみ、それによって、ものの見方・感じ方・考え方を再構成する方法を研究している。

■ 研究についてのPR
今まで高等学校教諭・指導主事として培った指導体験を生かし、国語教育学の在り方を、学校現場にふんだんな具体的事例を参考にしながら実感的に伝えることができる研究を行っていきたいと考えている。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)

■ 研究業績(論文・解説)
「重ね読み」と「リライト」による昔物語の脱構築―自動化された昔物語から新たな〈読み〉を表出するための一考察―
 鳴門教育大学国語教育学会『語文と教育』 (吉田茂樹) /14, 71-80 2000.8 (学術雑誌)

「読む楽しみを体感させる」ための読書指導―日常生活のワク(価値観)を超える試み―
 日本国語教育学会『月刊 国語教育』 (吉田茂樹) /363, 22-27 2002.7 (学術雑誌)

推こう過程における〈停滞〉に対する支援方法の研究―表現意図と表現の調整過程に機能するメタ的な支援の可能性―
 全国大学国語教育学会『国語科教育』 (吉田茂樹) /55, 44-51 2004.3 (学術雑誌)

「俳句の創作・英訳」を課題とした総合的な単元構想の試み―『総合的な学習の時間』における教科横断的な学習の取り組み―
 鳴門教育大学国語教育学会『語文と教育』 (吉田茂樹) /18, 76-84 2004.8 (学術雑誌)

対話による〈個に即した支援〉を図る国語科授業の創造―俳句創作の授業を中心に―
 全国大学国語教育学会『国語科教育』 (吉田茂樹) /58, 58-65 2006.9 (学術雑誌)

通信制高校における「書く力」の現状と課題―全日制との作文の比較を通して―
 鳴門教育大学国語教育学会『語文と教育』 (吉田茂樹) /21, 75-87 2007.8 (学術雑誌)

緊迫した臨場感をリアルに読み味わわせる古文指導の工夫―傍注資料による『平家物語(能登殿の最期)』のペア朗読を通して―
 鳴門教育大学国語教育学会『語文と教育』 (吉田茂樹) /22, 112-122 2008.8 (学術雑誌)

学習者が「初読の読者」として意欲的に小説学習に取り組む方法の研究―結末を省略したテクストを用いた『こゝろ』の指導を通して―
 全国大学国語教育学会『国語科教育』 (吉田茂樹) /65, 67-74 2009.3 (学術雑誌)

訳詩する活動を通して漢詩を深く読み味わわせる指導の工夫―『絶句(杜甫)』と『送元二使安西(王維)』の実践を中心に―
 鳴門教育大学国語教育学会『語文と教育』 (吉田茂樹) /23, 82-95 2009.8 (学術雑誌)

通念化されたありきたりな表現を克服するための言語遊戯の実践―新鮮な言葉の組み合わせを実感できる言語活動の工夫―
 鳴門教育大学国語教育学会『語文と教育』 (吉田茂樹) /24, 71-81 2010.8. (学術雑誌)

作文の表現修正を支援する「対話」技法の探究―カウンセリング技法による分析・考察を中心に―
 鳴門教育大学国語教育学会『語文と教育』 (吉田茂樹・小林麻里) /25, 40\54 2011.8 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)
対話による文章表現指導の研究―〈個に即した支援〉の理論と方法―(2012.6)
 出版社:渓水社

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る