■ 氏名
中村 努 (ナカムラ ツトム)
NAKAMURA Tsutomu

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Lecturer
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/講師

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Social Studies Education Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(社会科教育コース)

■ 連絡先
住 所〒780-8520 高知県高知市曙町2-5-1
電 話088-844-8372
F A X
E-Mailtsnakamu●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://www.geocities.jp/nakamuhp/

■ 出身大学院・研究科等
東北大学 修士(理学研究科 地学専攻) 2004 (修了)
東京大学 博士(総合文化研究科 広域科学専攻) 2008 (修了)

■ 出身学校・専攻等
東北大学 (理学部 地圏環境科学科) 2002 (卒業)

■ 取得学位
博士(学術) (課程) 東京大学 人文地理学

■ 研究職歴
2003年10月-2004年2月 東北大学理学部 ティーチング・アシスタント
2006年4月 - 2010年3月 東京国際大学商学部 非常勤講師(マーケティング・ワークショップ)
2008年4月 - 2014年3月 明治学院大学教養教育センター 非常勤講師(地理学概論1,地理学概論2)
2008年4月 - 2014年3月 フェリス女学院大学国際交流学部 非常勤講師(人文地理学,地誌)
2008年4月 - 2009年3月 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻 研究生
2009年4月 - 2014年3月 東京海洋大学海洋科学部 非常勤講師(人文地理学)
2009年4月 - 2014年3月 東京大学大学院総合文化研究科学術研究員
2010年4月 - 2014年3月 流通経済大学経済学部 非常勤講師(経済地理学T,経済地理学U,基礎演習)
2016年4月 - 現    在  近森病院附属看護学校 非常勤講師(社会学)
2017年4月 - 現    在  放送大学教養学部 非常勤講師(地域の見方・とらえ方)

■ 委員歴・役員歴
2008年4月 - 2010年3月 日本地理学会 財務専門委員会委員
2010年3月 - 2014年3月 「こども大学」プロジェクト講師
2012年3月 - 2013年9月 8th Japan-Korea-China Joint Conference on Geography Organizing Committee member
2015年2月 高知県青年団協議会 まち・むらづくりフォーラム司会
2016年2月 高知県青年団協議会 青年問題研究集会助言者
2016年6月 平成28年度高知大学教員免許状更新講習 担当講師
2016年11月 高知大学教育学部附属中学校 研究発表会教科別分科会における指導助言

■ 受賞学術賞
第15回学校図書館出版賞/全国学校図書館協議会 (2013年)
Travel Award/ 6th Korea-China-Japan Joint Conference on Geography (2011年) 国外

■ 所属学会
東北地理学会
 ( 2002年度〜 )
日本地理学会
 ( 2002年度〜 )
経済地理学会
 ( 2004年度〜 )
人文地理学会
 ( 2004年度〜 )

■ 専門分野
地理学,特に社会経済地理学,流通地理学,情報地理学

■ 主な研究テーマ・活動
社会保障の地域格差研究
IT技術を活用した企業や組織の空間行動分析

■ 研究についてのPR
現在進めている具体的な研究テーマは以下の通りです。
1.地域包括ケアシステムの再編成プロセス
2.救援物資のロジスティクス論
3.医療供給体制の国際比較
4.地理学の成果を踏まえた地理教育の実践

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
大学と地域の関わりからの地域振興
地域の見方・とらえ方

■ 研究業績(論文・解説)
長崎県における医療情報システムの普及過程
 地理学評論 (中村 努) 90/2, 67-85 2017 (学術雑誌)

沖縄県金武町における「場所の政治」
 高知大学教育学部研究報告 (與儀昴一・中村 努) 77/, 129-138 2017 (大学・研究所等紀要)

看護師養成課程における地理学的視点の導入効果
 高知大学教育学部研究報告 (中村 努) 77/, 1-8 2017 (大学・研究所等紀要)

いかにして救援物資を輸送するのか―広域災害発生時における二次的被害の軽減に対する地理学の貢献
 E-journal GEO (荒木一視・岩間信之・楮原京子・熊谷美香・田中耕市・中村 努・松多信尚) 11/2, 526-551 2016 (学術雑誌)

台湾における医療供給体制と公平性の確保に向けた政府の役割
 経済地理学年報 (中村 努) 62/3, 210-228 2016 (学術雑誌)

高知県高知市におけるコンビニエンスストアの立地展開の特異性
 E-journal GEO (松山侑樹・遠藤 尚・中村 努) 11/1, 40-55 2016 (学術雑誌)

高知県高知市における街路市の展開と流通システムの空間特性
 E-journal GEO (中村 努) 11/1, 21-39 2016 (学術雑誌)

大学と街路市の教育的連携による効果―農産物の収穫と日曜市の販売体験を事例に
 高知大学教育学部研究報告 (中村 努) 76/, 37-45 2016 (大学・研究所等紀要)

大学共通教育における防災教育授業の実践
 高知大学教育学部研究報告 (中村 努) /76, 27-35 2016 (大学・研究所等紀要)

地理学巡検におけるジオパーク活用の教育的意義―室戸ジオパークの実践
 高知大学教育学部研究報告 (中村 努) /75, 61-70 2015年 (大学・研究所等紀要)

地理学教育に基づく地理教育の実践例―「こども大学」の取り組み
 高知大学教育学部研究報告 (中村 努) /75, 51-60 2015年 (大学・研究所等紀要)

長崎県上五島地域における医療供給体制の再編成とそのメカニズム
 人文地理 (中村 努) 66/5, 405-422 2014年 (学術雑誌)

Regional differences in the wholesale pharmaceutical industry: An international comparative study among Japan, the US, and Europe
 Science Reports of Tohoku University 7th Series(Geography) (Nakamura Tsutomu) 60/1, 41-55 2013年 (学術雑誌)

インターネットを活用した地域医療連携システムの構築と普及―北海道道南地域の事例
 地理科学 (中村 努) 68/3, 165-176 2013年 (学術雑誌)

Pharmaceutical supply chain security and efficiency: The case of the Great East Japan Earthquake
 Geographical review of Japan series B (Nakamura Tsutomu) 85/2, 84-92 2013年 (学術雑誌)

ICTを活用した医薬品流通システムの構築過程―川崎市北部の事例
 地理学評論 (中村 努) 86/3, 288-299 2013年 (学術雑誌)

日本におけるICTを利用した地域医療連携の政策と普及プロセス(韓国語)
 科学技術政策紙 (中村 努) 22/3, 109-122 2012年 (大学・研究所等紀要)

離島における医薬品流通システムと医薬品卸の役割―長崎県五島列島の事例
 季刊地理学 (中村 努) 63/1, 1-16 2011年 (学術雑誌)

Value-added service provision through ICT by drug wholesalers in Japan
 Networks and Communication Studies (Nakamura Tsutomu) 24/1/2, 63-78 2010年 (学術雑誌)

地域医療情報ネットワークにおける情報技術の構築と受容過程
 経済地理学年報 (中村 努) 55/2, 150-167 2009年 (学術雑誌)

The development of medical networks through ICT in Japan
 Networks and Communication Studies (Nakamura Tsutomu) 21/3/4, 363-380 2007年 (学術雑誌)

情報ネットワーク化に伴う保険薬局の水平的協業化
 経済地理学年報 (中村 努) 51/1, 89-100 2005年 (学術雑誌)

仙台港における港湾開発と国際コンテナ物流の動向
 季刊地理学 (中村 努・松岡恵悟) 55/3, 162-165 2003年 (大学・研究所等紀要)

東北地方における医薬品卸の情報化対応
 季刊地理学 (中村 努) 55/1, 20-34 2003年 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)
地図でみる日本の健康・医療・福祉(2017年)
 出版社:明石書店
 ISBN:4750344997

インターネットと地域(担当:分担執筆, 範囲:医療分野におけるICTの利用)(2015年)
 出版社:ナカニシヤ出版
 ISBN:4779509094

小商圏時代の流通システム(担当:分担執筆, 範囲:離島における医薬品流通の維持)(2013年)
 出版社:古今書院
 ISBN:4772241612

日本のすがた〈4〉中部地方 (帝国書院地理シリーズ)(担当:分担執筆, 範囲:p.28-31, p.50-53, p.82-101)(2013年)
 出版社:帝国書院
 ISBN:4807160915

流通空間の再構築(担当:分担執筆, 範囲:情報化の進展と医薬品流通の再編成)(2007年)
 出版社:古今書院
 ISBN:4772290028

■ 研究業績(口頭・ポスター)
災害対策と地理学 (高知地学研究会 2017 口頭発表)

高知県における南海トラフ地震を想定した救援物資輸送ルートの脆弱性 (2017年日本地理学会春季学術大会 2017 口頭発表)

高知県梼原町における地域包括ケアの地理的多様性 (2016年日本地理学会秋季学術大会 2016 口頭発表)

自治体による地域包括ケアシステム構築に関わるアンケート調査結果報告 (2016年日本地理学会春季学術大会 2016 口頭発表)

長崎県新上五島町における医療再編による介護サービスへの影響 (2016年日本地理学会春季学術大会 2016 口頭発表)

医療サービス供給の多様化と地域差 (経済地理学会関西支部例会 2015 口頭発表)

救援物資輸送の地理学 (2015年日本地理学会秋季学術大会 2015 ポスター)

高知県の僻地医療における病院の役割 (2015年日本地理学会秋季学術大会 2015 口頭発表)

高知県高知市の街路市の展開と流通システムの空間性 (2015年日本地理学会春季学術大会 2015 口頭発表)

地域医療連携システム「あじさいネット」への参画による有用性と地域連携のあり方について6 ―会員薬局における意識調査― (第76回九州山口薬学大会 2014 ポスター)

台湾における医療供給体制の階層性と公平性 (2014年日本地理学会秋季学術大会 2014 口頭発表)

The role of ICTs for equal access to health care in Taiwan (The 9th Korea-China-Japan Joint Conference on Geography 2014 口頭発表)

地域医療連携システムの利用における地域的偏在とその要因―大村東彼薬剤師会会員薬局に対するアンケート結果から― (2014年日本地理学会春季学術大会 2014 口頭発表)

医療分野におけるICTの普及と縁辺地域への影響 (経済地理学会関東支部例会 2013 口頭発表)

長崎県上五島地域における医療供給体制の再編成 (2013年日本地理学会秋季学術大会 2013 口頭発表)

Growth mechanism of ICT-based health care system: A case of Japan (IGU 2013 Kyoto Regional Conference 2013 口頭発表)

A comparative study on regional differences in ICT-based health care services (8th Japan-Korea-China Joint Conference on Geography 2013 口頭発表)

長崎県における地域医療連携システムの普及メカニズム (2013年日本地理学会春季学術大会 2013 口頭発表)

インターネットを活用した地域医療連携システムの構築と普及―北海道道南地域の事例― (2012年地理科学学会第29回シンポジウム 2012 口頭発表)

地域医療連携システムの普及プロセス―ID-Linkの事例― (2012年日本地理学会秋季学術大会 2012 口頭発表)

Can oases appear in medical desert via information network?: The spatiality of health care changing in Japan (IGC2012 2012 口頭発表)

医療供給体制における情報化の受容過程に関する地理学的研究 (経済地理学会第59回大会フロンティアセッション 2012 口頭発表)

地域医療連携におけるICT利用の空間性 (2012年日本地理学会春季学術大会 2012 口頭発表)

Security and efficiency in pharmaceutical supply chain: The case of the Great East Japan Earthquake (6th Korea-China-Japan Joint Conference on Geography 2011 口頭発表)

医薬品供給体制における安全性と効率性―東日本大震災を例に― (2011年日本地理学会秋季学術大会 2011 口頭発表)

Shift to direct-to-pharmacy model in European pharmaceutical distribution system and changing behavior of distributors (Third Global Conference on Economic Geography 2011 2011 口頭発表)

東日本大震災時における医薬品供給ルートの確立 (2011年度東北地理学会春季学術大会 2011 口頭発表)

欧州における医薬品直販体制の構築と流通業者の行動変容 (2011年日本地理学会春季学術大会 2011 口頭発表)

Regional differences in business development of pharmaceutical wholesalers: An international comparative study among Japan, the United States, and Europe (5th Japan-Korea-China Joint Conference on Geography 2010 口頭発表)

長崎県の離島における医薬品流通システム―流通再編と地域への影響(2)― (2010年日本地理学会春季学術大会 2010 口頭発表)

医薬品卸売業のビジネスモデルと空間的展開―日米比較研究― (2009年日本地理学会秋季学術大会 2009 口頭発表)

Value-added service provision through ICT by drug wholesalers in Japan (Digital Communities 2009 2009 口頭発表)

富山県における製薬企業の物流共同化の展開 (2008年日本地理学会秋季学術大会 2008 口頭発表)

川崎市の医薬品供給体制におけるICTの受容過程―アクターネットワーク理論の視点から― (2008年日本地理学会春季学術大会 2008 口頭発表)

医薬分業体制の構築プロセスと医薬品卸の情報化戦略 ―川崎市北部を事例として― (2007年日本地理学会秋季学術大会 2007 口頭発表)

医薬品卸売業における全国ネットワークの形成と情報サービス機能の強化 (2006年度人文地理学会大会 2006 口頭発表)

The development of medical networks through information and communication technologies in Japan (IGU Commission 2006 口頭発表)

二次医療圏別にみた医療供給体制の地域的特徴 (2005年日本地理学会秋季学術大会 2005 口頭発表)

医療機関間における情報の電子的共有化と地域医療連携の可能性 (2005年日本地理学会春季学術大会 2005 口頭発表)

情報技術を活用した医療ネットワークの展開と保険薬局の役割 (2004年度人文地理学会大会 2004 口頭発表)

情報ネットワーク化の進展と医薬品流通業 (2004年日本地理学会春季学術大会 2004 口頭発表)

情報ネットワーク化に伴う医薬品小売業の水平的協業化の展開 (2004年日本地理学会春季学術大会 2004 口頭発表)

情報ネットワーク化に伴う中小小売業の水平的協業化―医薬品小売業の事例― (2003年度東北地理学会秋季学術大会 2003 口頭発表)

東北地方における医薬品卸の情報化対応 (2002年度東北地理学会春季学術大会 2002 口頭発表)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)
書評 岩間信之編著: 都市のフードデザート問題―ソーシャル・キャピタルの低下が招く街なかの「食の砂漠」.農林統計協会,2017年.(地理学評論90-5,2017)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(中国編) 訪中報告第7回 日本進出卸の事業展開(後編)(ミクス41-10,2013)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(緊急報告)―欧米特別編 欧米医薬品流通、小売り主導で一元化の動き 米小売ウォールグリーン、欧・米の大手卸&小売に出資、世界医薬品流通機構構築か(ミクス41-8,2013)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(中国編1) 訪中報告第6回 中国医療制度改革と日本進出卸の事業展開(前編)(ミクス41-5,2013)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(中国編1) 訪中報告第5回 「衛生事業計画」発表…医療サービス充実 中国11-15年医療・医薬関連計画出揃う(ミクス41-3,2013)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(中国編1) 訪中報告第4回 東邦設立の新合弁会社、14省展開・納入先1万軒(ミクス40-13,2012)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(中国編1) 訪中報告第3回 薬価制度、公定価格の引き下げ続く 効率化に挑戦する民営大手卸の実像(ミクス40-9,2012)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(中国編1) 訪中報告第2回 商務部が医薬品流通改革の指針発表 M&Aで卸統合促進、1000億元超全国卸1〜3社(ミクス40-6,2012)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(中国編1) 訪中報告第1回 中国、医療制度改革の真っ最中 医薬品流通も近代化に向け変革着手(ミクス40-5,2012)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(欧州編2) 訪欧報告第8回 欧州卸は公定マージン大幅減で体制再構築 日本卸は価格崩壊も物流は健闘(ミクス39-13,2011)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(欧州編2) 訪欧報告第7回 欧州卸の物流業態変化 英はメーカー追随強化・独は配送頻度見直し(ミクス39-10,2011)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(欧州編2) 訪欧報告第6回 欧州のメーカー流通支配強化と卸経営モデルの変化(ミクス39-9,2011)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(欧州編2) 訪欧報告第5回 アライアンス・ブーツ、最強の薬局事業・メーカー直販対応・世界へ水平展開(ミクス39-8,2011)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(欧州編2) 訪欧報告第4回 セレシオ、ドックモリス買収で薬局事業拡大、川上〜川下で付加価値創出(ミクス39-6,2011)その他

東日本大震災で分かった医薬品ロジスティクスの成果と課題(ミクス39-6,2011)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(欧州編2) 訪欧報告第3回 フェニックス、M&Aで欧州市場のシェア拡大も国ごとの経営風土は尊重(ミクス39-5,2011)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(欧州編2) 訪欧報告第2回 多様な欧州ローカル市場、規制の弱い地域への対応で戦略がわかれる欧州卸(ミクス39-3,2011)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(米国編2)―米国の医療風土と医薬品卸の機能 第3回 マッケソン独立系薬局支援を拡大、カーディナル・ヘルス多角化を推進(ミクス38-13,2010)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(米国編2)―米国の医療風土と医薬品卸の機能 第2回 卸経由増大、3大卸の顧客構成の変化と収益への影響(ミクス38-12,2010)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(米国編2)―米国の医療風土と医薬品卸の機能 第1回 医薬品市場は低成長、通販拡大で卸利益率は低下(ミクス38-10,2010)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(総合編)―欧米日の医療風土と医薬品卸の機能 第2回 変化する欧・米・日 医薬品卸のビジネスモデル(2) 進む欧米卸の多角化、期待される日本卸の挑戦(ミクス38-9,2010)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(総合編)―欧米日の医療風土と医薬品卸の機能 第1回 変化する欧・米・日 医薬品卸のビジネスモデル(1) 卸再編進展も利益低下、欧州先頭に多角化に活路(ミクス38-7,2010)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(米国編)―米国の医療風土と医薬品卸の機能 第4回 米国型卸フィービジネス展開と日本卸の対応(ミクス37-14,2009)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(米国編)―米国の医療風土と医薬品卸の機能 第3回 メガ物流センター展開し販管費率半減!独立系薬局支援とフランチャイズ事業深耕(ミクス37-13,2009)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(米国編)―米国の医療風土と医薬品卸の機能 第2回 3大卸、異なる経営モデルで事業展開…ローコスト・多角化・情報支援(ミクス37-11,2009)その他

海外医薬品流通からのメッセージ(米国編)―米国の医療風土と医薬品卸の機能 第1回 卸の台頭と収斂、ローコストと付加価値で直販打破(ミクス37-10,2009)その他


前ページへ戻る