■ 氏名
藤岡 正樹 (フジオカ マサキ)
FUJIOKA Masaki

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Multidisciplinary Science Cluster, Collaborative Community Studies Unit /Associate Professor
教育研究部 総合科学系 地域協働教育学部門/准教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Regional Collaboration, Department of Regional Collaboration
地域協働学部 地域協働学科

■ 連絡先
住 所
電 話
F A X
E-Mailfujioka●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
慶應義塾大学 修士(政策・メディア研究科 ) 1999 (修了)
慶應義塾大学 博士(政策・メディア研究科 ) 2005 (修了)

■ 出身学校・専攻等
慶應義塾大学 (環境情報学部 環境情報学科) 1997 (卒業)

■ 取得学位
博士(政策・メディア) (課程) 慶應義塾大学

■ 研究職歴
2001年4月 東京工科大学メディア学部 非常勤講師 (科目名「コンピュータ操作演習I」)(〜2001年8月)
2005年4月 慶應義塾大学SFC研究所 上席所員(訪問)(〜2007年3月)
2007年5月 株式会社イオタ 代表取締役(〜2012年9月)
2007年7月 東京工業大学 研究員(〜2015年3月)
2008年4月 日本体育大学 非常勤講師(科目名「情報機器の操作(情報処理)」)(〜2015年3月)
2014年5月 ユナイテッドグロース株式会社 代表取締役(〜2015年3月)


■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞
Young GIS Professional Award, The 7th Asia GIS Conference (2008) 国外
総務省消防庁消防大学校消防研究センター 消防防災機器の開発等、消防防災科学論文及び原因調査事例 優秀賞 (2009)
2014年地域安全学会年間優秀論文賞 (2015)

■ 所属学会
地域安全学会
 ( )

■ 専門分野
地域防災・企業防災

■ 主な研究テーマ・活動
地域防災を専門とする。特に災害時における人間の避難行動に関するシミュレーションを専門とし、各地で地域住民・行政職員・企業関係者へ向けた防災講演を実施している。

■ 研究についてのPR

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)

■ 研究業績(論文・解説)
都市・建築景観データベースにおける景観イメージ分析手法の開発
 慶應義塾大学 政策・メディア研究科 修士論文 () /, 1999 ()

マルチエージェント型避難モデルの特性評価
 地域安全学会, 地域安全学会論文集 (4), pp.57-63 (藤岡正樹・石橋健一・梶秀樹・塚越功) /, 2002 ()

津波避難対策のマルチエージェントモデルによる評価
 日本建築学会, 日本建築学会計画系論文集 (562), pp.231-236 (藤岡正樹・石橋健一・梶秀樹・塚越功) /, 2002 ()

The information dependability for evacuee on multi-agent based simulation model
 Proceedings of the 4th Workshop on Agent-Based Simulation, pp.64-69, The Society for Modeling and Simulation International, Montpellier, France (Masaki Fujioka,Kenichi Ishibashi) /, 2003 ()

大規模災害に対する自由避難行動のモデル化に関する研究
 慶應義塾大学 政策・メディア研究科 博士論文 (藤岡正樹) /, 2005 ()

大学の地震対策の現状とBCPのあり方に関する考察
 地域安全学会, 地域安全学会梗概集 (23), pp.94-97 (岩口陽子・大町達夫・翠川三郎・梶秀樹・藤岡正樹) /, 2008 ()

市民にわかりやすい建物地震被害リスクマップの作成
 地域安全学会, 地域安全学会論文集 (13), pp.387-395 (佐伯琢磨・翠川三郎・藤岡正樹) /, 2010 ()

携帯端末による地震防災教育用ゲームの開発
 地域安全学会, 地域安全学会梗概集 (27), pp.101-104 (藤岡正樹・梶秀樹・三平洵) /, 2010 ()

携帯端末による地震防災教育用ゲームの開発とそれを使った教育研修提案
 地域安全学会, 地域安全学会論文集(14), pp.133-139 (藤岡正樹・梶秀樹・三平洵) /, 2011 ()

詳細地盤モデルがもたらす地震リスク評価への効果と応用(その5)
 日本建築学会, 日本建築学会学術講演梗概集, B-2, pp.7-8 (藤岡正樹・翠川三郎・佐伯琢磨・三浦弘之) /, 2011 ()

詳細地盤モデルがもたらす地震リスク評価への効果と応用(その6)
 日本建築学会, 日本建築学会学術講演梗概集, B-2, pp.9-10 (佐伯琢磨・翠川三郎・藤岡正樹・三浦弘之) /, 2011 ()

防犯カメラ映像を利用した集客施設での地震時の人間行動の分析
 地域安全学会, 地域安全学会梗概集 (33),pp. 29-32 (沖祐哉・翠川三郎・藤岡正樹・安達正一・東宏樹) /, 2013 ()

防犯カメラ映像を用いた大規模集客施設での地震時の人間行動分析 −震度と人間行動の対応−
 地域安全学会, 地域安全学会論文集(24),pp. 223-231 (藤岡正樹・翠川三郎・沖祐哉・安達正一) /, 2014 ()

A Simulation Model for Forecasting Urban Vulnerability to Earthquake Disasters in Lima, Peru : LIMA-UVEQ
 Fuji Technology Press, Journal of disaster research,No.9(6), pp.1069-1077 (Hideki Kaji, Osamu Murao, Masaki Fujioka, Hidehiko Kanegae, Fumio Yamazaki, Miguel Estrada, and Alberto Bisbal) /, 2014 ()

防犯カメラ映像にみられる大規模集客施設での地震時の人間行動 : その 1 震度と人間行動の対応
 日本建築学会, 日本建築学会学術講演梗概集, B-2, pp.173-174 (藤岡正樹・翠川三郎・沖祐哉・安達正一) /, 2014 ()

防犯カメラ映像にみられる大規模集客施設での地震時の人間行動 : その2 場所や属性による人間行動の違い
 日本建築学会, 日本建築学会学術講演梗概集, B-2, pp.175-176 (沖祐哉・翠川三郎・藤岡正樹・安達正一) /, 2014 ()

防犯カメラ映像にみられる大規模集客施設での地震時の人間行動 : その3 避難シミュレーションの開発
 日本建築学会, 日本建築学会学術講演梗概集, B-2, pp.869-870 (藤岡正樹・翠川三郎) /, 2015 ()

防犯カメラ映像に基づく大規模集客施設での地震時避難行動シミュレーション
 地域安全学会, 地域安全学会論文集(27),pp.267-273 (藤岡正樹・翠川三郎) /, 2015 ()

■ 研究業績(著書)
都市防災学()
 出版社:学芸出版社,5章 群衆避難, pp.116-145

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)
大学におけるBCP策定に関わる研究(2008)

よこはま西・ビル環境協議会 研修会 講師(2011)

企業防災能力診断システムの開発と公開(2012)

四国内大手企業における企業防災力診断の実施(2015)

四国内大手企業における企業防災ワークショップの実施(2016)

高知市内商店会における企業防災ワークショップの実施(2016)

高知県内企業・団体向けBCP 導入プログラムの開発プロジェクトの実施(2016)


前ページへ戻る