■ 氏名
寄高 博行 (ヨリタカ ヒロユキ)
YORITAKA Hiroyuki

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Multidisciplinary Science Cluster, Kuroshio Science Unit/Professor
教育研究部 総合科学系 黒潮圏科学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Agriculture and Marine Science, Department of Marine Resource Science, Marine Resources and Environmental Course
農林海洋科学部 海洋資源科学科 海底資源環境学コース

■ 連絡先
住 所南国市物部乙200
電 話088-864-6754
F A X
E-Mailyoritaka●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
東北大学 修士(理学研究科 地球物理学専攻) 1987 (修了)

■ 出身学校・専攻等
東北大学 (理学部 天文及び地球物理学科第二) 1984 (卒業)

■ 取得学位
博士(理学) (論文) 東北大学 気象・海洋物理・陸水学

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本海洋学会
 ( 国内)
海洋調査技術学会
 ( 国内)

■ 専門分野
海洋物理学

■ 主な研究テーマ・活動
海洋表層流の観測と変動メカニズムの解明

■ 研究についてのPR

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
海洋観測データの解析による海流、波動など様々な物理現象の理解

■ 研究業績(論文・解説)
A New Fall-Rate Equation for T-5 Expendable Bathythermograph (XBT) by TSK
 Journal of Oceanography () 61/1, 115-121 201502 () 10.1007/s10872-005-0024-4

海洋学の 10年展望(T) ―日本海洋学会将来構想委員会物理サブグループの議論から―
 海の研究 (岡 英太郎・磯辺 篤彦・市川 香・升本 順夫・須賀 利雄・川合 義美・ 大島 慶一郎・島田 浩二・羽角 博康・見延 庄士郎・早稲田 卓爾・岩坂 直人・ 河宮 未知生・伊藤 幸彦・久保田 雅久・中野 俊也・日比谷 紀之・寄高 博行) 22/6, 191-218 201312 ()

Transport of North Pacific Intermediate Water across Japanese WOCE sections
 Journal of Geophysical Research (Y. You, N. Suginohara, M. Fukasawa, H. Yoritaka, K. Mizuno, Y. Kashino and D. Hartoyo) 108/C6, 3196 200306 ()

North Pacific Subtropical Mode Waters Observed in Long XBT Cross Sections along 32.5°N Line
 Journal of Oceanography () 57/6, 679-692 200112 () 10.1023/A:1021276224519

Seasonal variability of bottom-water properties off Adelie Land, Antarctica
 Journal of Geophysical Research () 105/C3, 6531-6540 200003 () 10.1029/1999JC900292

Roles of the Okhotsk Sea and Gulf of Alaska in forming the North Pacific Intermediate Water
 Journal of Geophysical Research () 105/C2, 3253-3280 200002 () 10.1029/1999JC900304

Surface currents in the areas of Indo-Pacific Throughflow and in the Tropical Indian Ocean observed with surface drifters
 Journal of Geophysical Research () 101/C5, 12475-12482 199305 () 10.1029/96JC00035

Detecting fluctuations of the Kuroshio axis south of Japan using TOPEX/POSEIDON altimeter data
 Journal of Oceanography () 52/1, 69-92 199302 () 10.1007/BF02236533

Detection of systematic error in XBT data and their correction
 Journal of Oceanographic Society Japan () 43/1, 68-76 198702 () 10.1007/BF02110635

高知県東岸の急潮(2)
 日本海洋学会2018年度秋季大会 講演要旨集 (寄高博行・猪原亮) /, 102 201809 ()

高知県東岸の急潮
 日本海洋学会大会講演要旨集 (寄高博行, 猪原亮) 2017/, 141 201709 ()

小型漁船と水上オートバイの漂流実験
 海上保安庁海洋情報部研究報告 (寄高博行, 小西直樹) /53, 104‐107 20160301 ()

来島海峡における潮流の観測とシミュレーション
 水路新技術講演集 (森岡裕詞, 難波江靖, 橋本和紀, 石川美風香, 木村信介, 寄高博行) 29/, 9 201601 ()

海洋観測データサービスの現状と展望
 日本気象学会大会講演予稿集 (佐藤佳奈子, 須賀利雄, 石井正好, 中野俊也, 福田義和, 寄高博行, 勢田明大) /107, 169 20150430 ()

海洋分野における国際的な歴史的データ発掘・救済プロジェクトの動向
 日本気象学会大会講演予稿集 (鈴木亨, 石井正好, 木津昭一, 佐藤佳奈子, 中野俊也, 福田和義, 寄高博行, 勢田明大, 清水勇吾, 雨池健一, 須賀利雄, 道田豊) /107, 168 20150430 ()

海洋短波レーダーから観た相模湾の流況特性
 水路新技術講演集 (西村一星, 小河原秀水, 石川真衣, 寄高博行) 28/, 18-19 201502 ()

International Quality‐Controlled Ocean Database(I)Auto QCの結果
 日本海洋学会大会講演要旨集 (鈴木亨, 石井正好, 木津昭一, 佐藤佳奈子, 中野俊也, 福田義和, 寄高博行, 勢田明大, 清水勇吾, 雨池健一, 須賀利雄, 道田豊) 2014/, 143 20140901 ()

HFレーダーによる相模湾広域流況観測の有効性について
 日本海洋学会大会講演要旨集 (西村一星, 及川幸四郎, 石川真衣, 寄高博行) 2013/, 272 20130830 ()

海洋短波レーダーによる相模湾流況観測について
 海洋調査技術学会研究成果発表会講演要旨集 (西村一星, 森岡裕詞, 石川真衣, 小河原秀水, 浅原悠里, 小西直樹, 寄高博行) 25th/, 33 2013 ()

水路技術の進展と電子海図への取組 : この10年の歩み (海洋情報部創立140周年記念号)
 海洋情報部研究報告 (寄高 博行, 岩本 暢之, 金田 謙太郎) /48, 43855 201203 ()

漂流ブイデータを用いたオホーツク海の平均流の推定 (海洋情報部創立140周年記念号)
 海洋情報部研究報告 (工藤 宏之, 寄高 博行) /48, 132-136 201203 ()

日本沿岸水位の季節変動
 海洋情報部研究報告 (寄高 博行, 工藤 宏之) /47, 43838 201103 ()

海流について : 海洋短波レーダーによる海流観測
 電波航法 = Electronic navigation review (寄高 博行) /45, 43868 2004 ()

漂流予測手法の高度化に関する研究
 水路部研究報告 (寄高 博行) /38, 43-46 2002 ()

西部北太平洋における表層水温と力学的海面高の相関
 水路部研究報告 (寄高 博行) /37, 43838 2001 ()

亜寒帯域におけるラグランジュ測流 (特集 北太平洋亜寒帯循環)
 海洋 (四竈 信行, 寄高 博行, 岩尾 尊徳) 31/11, 681-685 199911 ()

Oceanographic Data of the 36th Japanese Antarctic Research Expedition from November 1994 to March 1995
 JARE data reports. Oceanography = JARE data reports. Oceanography (ヨリタカ ヒロユキ, ナミキ マサハル, Hiroyuki YORITAKA, Masaharu NAMIKI) 19/, 1-54 199910 ()

Oceanographic Data of the 36th Japanese Antarctic Research Expedition from November 1994 to March 1995
 JARE data reports. Oceanography (YORITAKA Hiroyuki, NAMIKI Masaharu) 19/, 1-54 199910 ()

Oceanographic Data of the 36th Japanese Antarctic Research Expedition from November 1994 to March 1995 (Oceanography 19)
 JARE data reports (Yoritaka Hiroyuki, Namiki Masaharu) 244/, 1-54 199910 ()

インド洋熱帯域の海流
 水路 (寄高 博行) 28/2, 16-21 199907 ()

合成開口レーダ画像を用いた流氷抽出技術の研究
 海洋調査技術学会研究成果発表会講演要旨集 (華房 康憲, 沼田 洋一, 竹田 厚, 寄高 博行, 吉宣 好, 堀井 良一) 10/, 51-52 19981105 ()

Survivability of the Surface Drifters Deployed by Hydrographic Department of Japan for the Period from 1988 to 1993
 海洋調査技術 (Michida Yutaka, Yoritaka Hiroyuki) 7/2, 2_21-2_28 1995 ()

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る