■ 氏名
今村 和也 (イマムラ カズヤ)
IMAMURA Kazuya

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Multidisciplinary Science Cluster, Interdisciplinary Science Unit/Assistant Professor
教育研究部 総合科学系 複合領域科学部門/助教

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Science and Technology
理工学部 化学生命理工学科

■ 連絡先
住 所高知県高知市曙町二丁目5番1号
電 話
F A X
E-Mailimamura-kazuya●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://www.cc.kochi-u.ac.jp/~suinetsu/
https://imamurakazuya.web.fc2.com/

■ 出身大学院・研究科等
近畿大学 修士(総合理工学研究科 物質系工学専攻) 2011 (修了)
近畿大学 博士(総合理工学研究科 物質系工学専攻) 2013 (修了)

■ 出身学校・専攻等
近畿大学 (理工学部 応用化学科) 2008 (卒業)

■ 取得学位
学士(工学) (課程) 近畿大学 触媒・資源化学プロセス
修士(工学) (課程) 近畿大学 触媒・資源化学プロセス
修士(工学) (課程) 近畿大学 触媒・資源化学プロセス

■ 研究職歴
2012-2013 日本学術振興会特別研究員 DC2
2013-2014 日本学術振興会特別研究員 PD
2014-2016 大分大学工学部 講師(非常勤研究員)
2016- 高知大学 助教

■ 委員歴・役員歴
2018- 広報委員

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本化学会
 ( 2007- 国内)
触媒学会
 ( 2010- 国内)
光化学協会
 ( 2013- 国内)
高知化学会
 ( 2016- 国内)

■ 専門分野
光触媒・触媒:酸化物触媒の調製,固体触媒・光触媒による物質変換反応,水質浄化

■ 主な研究テーマ・活動
光触媒・触媒による有機化合物の物質変換

■ 研究についてのPR
光触媒とは,光を照射することで電子と正孔を生成し,酸化還元反応を引き起こす物質の総称です.この酸化還元反応を物質変換へと応用するための研究を行っています.医薬品・プラスチックの製造など,現在のモノづくりには非常に大きなエネルギーを費やしています.エネルギーと言われるとものを動かすことばかりに気を取られがちですが,モノづくりを意識したエネルギー対策に光触媒を利用しているという点が特徴です.
光触媒をご存知の方はH2製造(水分解)を思い浮かべるでしょう.そのH2を工業的に化学反応に使用するなら,最初から水を原料にしましょう.この考えから,私は水を水素源とする新規な光触媒的水素化反応の開拓に成功しています.さらに,石油から得られている化学原料を,木質系バイオマスから光触媒によって製造することにも挑戦しており,リグニンの光触媒的分解による芳香族化合物の生成などを研究しています.現在破棄されているようなバイオマスを光触媒で化学原料にできればよいと考えています.


■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
光触媒・触媒・エネルギーキャリア(主にアンモニア合成)

■ 研究業績(論文・解説)
Copper-Modified Titanium Dioxide: A Simple Photocatalyst for the Chemoselective and Diastereoselective Hydrogenation of Alkynes to Alkenes under Additive-Free Conditions
 ChemCatChem (古南博、比嘉恵、野島武夫、橋本圭司、今村和也) /, 2019-2022 2016 () DOI: 10.1002/cctc.201600290

Organically modified titania having a metal catalyst: A new type of liquid-phase hydrogen-transfer photocatalyst working under visible light irradiation and H2-free conditions
 Physical Chemistry Chemical Physics (古南博,) /, 16076-16079 2016 () 10.1039/c6cp01847e

A low-crystalline ruthenium nano-layer supported on praseodymium oxide as an active catalyst for ammonia synthesis
 Chemical Science (佐藤勝俊,今村和也,河野夕希子,宮原伸一郎,山本知一,松村晶,永岡勝俊) 8/1, 674-679 2016 () 10.1039/C6SC02382G

Photocatalytic chemoselective cleavage of C-O bonds under hydrogen gas- and acid-free conditions
 Chemical Communications (Kazuya Imamura, Hiroko Kato, Yuichiro Wada, Kazuhiro Makabe, Ayumu Onda, Atsuhiro Tanaka, Hiroshi Kominami, Katsutoshi Satob and Katsutoshi Nagaoka) 54/, 7298-7301 2018 (学術雑誌) 10.1039/C8CC03362E

Synthesis of Novel Layered Zinc Glycolate and Exchange of Ethylene Glycol with Manganese Acetate Complex
 Bulletin of the Chemical Society of Japan (Kaori Takase , Hitoshi Nishizawa , Kazuya Imamura , Ayumu Onda , Kazumichi Yanagisawa , and Shu Yin) 91/, 1546-1552 2018 (学術雑誌) 10.1246/bcsj.20180132

■ 研究業績(著書)
Synthetic Applications of Titanium(IV) Oxide-Based Photocatalysts(2016)
 出版社:Springer-Verlag Berlin Heidelberg
 ISBN:978-3-662-48719-8

■ 研究業績(口頭・ポスター)
CHARACTERIZATION and KINETICS STUDY of AMMONIA SYNTHESIS over RTHENIUM CATALYST SUPPORTED on PRASEODYMIUM OXIDE (Rare Earths 2016 2016 ポスター)

光触媒による物質変換 (高知化学会第29回研究発表会 2016 口頭発表)

Pd-TiO2によるC-O結合の選択的開裂 (2016年日本化学会中四国支部大会 2016 口頭発表)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る