■ 氏名
長谷川 精 (ハセガワ ヒトシ)
HASEGAWA Hitoshi

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Science and Technology Unit/Lecturer
教育研究部 自然科学系 理工学部門/講師

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Science and Technology
理工学部 地球環境防災学科

■ 連絡先
住 所高知県高知市曙町2-5-1 高知大学理工学部1号館3階304号室
電 話088-844-8321
F A X
E-Mailhito_hase●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttps://sites.google.com/site/hitohasewebsite/home

■ 出身大学院・研究科等
東北大学 修士(理学研究科 地学専攻) 2006 (修了)
東京大学 博士(理学系研究科 地球惑星科学専攻) 2009 (修了)

■ 出身学校・専攻等
東北大学 (理学部 地学科) 2004 (卒業)

■ 取得学位
博士(理学) (課程) 東京大学

■ 研究職歴
2006 年4 月~2009 年3 月: 日本学術振興会特別研究員(DC1),東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻
2008 年1 月~2 月: タイ・チュラロンコン大学,外来研究員
2009 年4 月~2010 年3 月: 博士研究員,北海道大学創成研究機構
2010 年4 月~2012 年7 月: 日本学術振興会特別研究員(PD),北海道大学大学院理学研究院自然史科学部門
2012 年1 月~3 月: ドイツ・ハノーバー大学,外来研究員
2012 年8 月~2014 年6 月: 特任助教,名古屋大学博物館
2014 年7 月~2017年3月: 特任准教授,名古屋大学博物館
2017年4月~現在: 講師,高知大学理工学部地球環境防災学科

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞
日本堆積学会2008年大会最優秀口頭講演賞 (2008)
アメリカ地球物理学会 (AGU) 2008年大会; Outstanding Student Paper Award (2008) 国外
日本堆積学会2011年大会最優秀ポスター講演賞 (2011)
日本堆積学会2014年論文賞 (2014)
日本地質学会2019年論文賞 (2019)
日本堆積学会2018年大会最優秀口頭講演賞 (指導学生:隈隆成) (2018)
日本地質学会四国支部2018年優秀口頭講演賞受賞(指導学生:庄崎弘基) (2018)
日本地球惑星科学連合2019年大会優秀ポスター発表賞(指導学生:隈隆成) (2019)
日本地球惑星科学連合2019年大会優秀口頭発表賞(指導学生:庄崎弘基) (2019)
日本地質学会四国支部2019年優秀ポスター講演賞(指導学生:石川航輝) (2019)

■ 所属学会
日本地質学会
 ( 国内)
日本堆積学会
 ( 国内)
日本古生物学会
 ( 国内)
地球惑星科学連合
 ( 国内)
アメリカ地球物理学会
 ( 国外)
地球環境史学会
 ( 国内)

■ 専門分野
地質学,堆積学,古気候学,惑星地質学

■ 主な研究テーマ・活動
地球の気候変動と惑星環境の歴史を地層や堆積物から探っています。
現在は下記のような研究を進めています。
@過去の温室地球期の気候復元から温暖化進行後の地球環境予測へ
A砂漠の地層(風成層)から過去の大気循環システムの復元
B湖の地層(湖成年縞)から過去の年スケール気候変動の復元
C地球の地層研究との比較から火星などの惑星環境の復元

■ 研究についてのPR
「新しくて面白い」研究をするのがモットーです。従来はあまり研究がされていないような対象に対して分野横断的なアプローチを行い、50年後にも引用されるようなクリエイティブな研究論文を書きたいと日夜研鑽に勤しんでいます。(例: ウェゲナーの大陸移動説やミランコビッチの氷期-間氷期サイクルのような革新的な研究がしたい)

学生の研究テーマも多岐に渡ります。一人一人が異なるテーマを研究しているので、学生自身で課題を探求する能力が養われると考えています。
下記が現在およびこれまでの学生の研究テーマです。
@米国西部の風成層から復元するパンゲア超大陸時代の大気循環復元
Aモンゴルの湖成堆積物から復元する最終氷期の永久凍土の動態
B花粉記録から復元する最終氷期〜現在の東アジアの植生変遷
C白亜紀年縞湖成層から復元する温室期の年〜十年スケール気候変動
Dチリ沖海成堆積物コアから復元する最終氷期の南半球偏西風経路の変動
E竜串海岸の鉄コンクリーションの成因と火星ゲールクレーターの球状物体との比較

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
地球温暖化問題や、恐竜時代の地球環境、火星の環境など様々な一般向け講演をしてきました。
・名古屋大学ワークショップ「白亜紀温室期の気候: 氷床はどこまで必要か?」(2017年9月22日)
・中津川市鉱物博物館講演会「火星にもある球状コンクリーション 〜その形成の謎〜」(2018年11月18日)
・高知大学出前公開講座in佐川町「高知の地層から探る地球と宇宙のひみつ」(2019年11月13日)
・福井県立年縞博物館サイエンスカフェ「恐竜時代の年縞から地球温暖化を考える」(2019年11月30日)
・みらいぶプラス(河合塾/内閣府)に研究紹介記事「ゴビ砂漠の恐竜時代の地層から、温暖化による急激な気候変動を発見」掲載(2020年10月)
https://www.sekaiwokaeyo.com/theme/l2353/
・竜串ビジターセンター講演会「竜串海岸と火星にあるまんまる石のヒミツ」(2020年11月22日)
・防災推進センターシンポジウム「過去の気候変化から予測する温暖化進行後の地球環境」(2020年12月12日)

■ 研究業績(論文・解説)
Origin of aeolian dust emitted from the Tarim Basin based on the ESR signal intensity and crystallinity index of quartz: the recycling system of fine detrital material within the basin.
 Geological Magazine (Isozaki, Y., Tada, R., Sun, Y., Zheng, H., Toyoda, S., Sugiura, N., Karasuda, A. & Hasegawa, H.) 157/, 707-718 2020 (学術雑誌) 10.1017/S0016756820000242

漸新統芦屋層群に見られるハンモック状斜交層理砂岩の堆積相・粒径・波長の関係と,白亜系銚子層群,中新統三崎層群との比較
 名古屋大学博物館報告 (隈隆成,長谷川精,坂井卓 ) 35/, 1-20 2020 (大学・研究所等紀要)

Siberian permafrost thawing accelerated at the Bolling/Allerd and Preboreal warm periods during the last deglaciation.
 Geophysical Research Letters (Katsuta, N., Matsumoto, G. I., Hase, Y., Tayasu, I., Haraguchi, T. F., Tani, E., Shichi, K., Murakami, T., Naito, S., Nakagawa, M., Hasegawa, H., Kawakami, S.) 46/, 1-11 2019 (学術雑誌) 10.1029/2019GL084726

Biogenically induced bedded chert formation in the alkaline palaeo-lake of the Green River Formation.
 Scientific Reports (Kuma, R.*, Hasegawa, H.*(共同責任著者), Yamamoto, K., Yoshida, H., Whiteside, J. H., Katsuta, N., Ikeda, M.) 9:16448/, 1-8 2019 (学術雑誌) 10.1038/s41598-019-52862-7

Fe-oxide concretions formed by interacting carbonate and acidic waters on Earth and Mars.
 Science Advances (Yoshida, H.*, Hasegawa, H.*(共同責任著者), Katsuta, N., Maruyama, I., Minami, M., Asahara, Y., Nishimoto, S., Yamaguchi, Y., Ichinnorov, N., Metcalfe, R.) 4:eaau0872/, 1-11 2018 (学術雑誌) 10.1126/sciadv.aau0872

Depositional ages and characteristics of Middle-Upper Jurassic and Lower Cretaceous lacustrine deposits in southeastern Mongolia.
 Island Arc (Hasegawa, H., Ando, H., Hasebe, N., Ichinnorov, N., Ohta, T., Hasegawa, T., Yamamoto, M., Li, G., Erdentsogt, B., Heimhofer, U., Murata, T., Shinya, H., Enerel, G. Oyunjargal, G., Munkhtsetseg, O., Buyantegsh, B., Enkhbat, D., Suzuki, N., Irino, T., Yamamoto, K.) 2018;e12243/, 43847 2018 (学術雑誌) 10.1111/iar.12243

Penetrative trace fossils from the late Ediacaran of Mongolia: Early onset of the agronomic revolution.
 Royal Society Open Science (Oji, T., Dornbos, S.Q., Yada, K., Hasegawa, H., Gonchigdorj, S., Mochizuki, T., Takayanagi, H., Iryu, Y.) 5/, 1-10 2018 (学術雑誌) 10.1098/rsos.172250

Permian adakitic magmatism in the Khanui Group, northern Mongolia ? Late Paleozoic slab-melting of subducted oceanic plate beneath the “Siberian continent”
 Journal of Geodynamics (Tsukada, K., Nuramkhaan, M., Purevsuren, N., Kabashima, T., Kondo, T., Gantumur O., Hasegawa, H., Yamamoto, K.) 121/, 49-63 2018 (学術雑誌) 10.1016/j.jog.2018.07.004

Composition of Asian dust from cathodoluminescence spectral analysis of single quartz grain.
 Geology (Nagashima, K., Nishido, H., Kayama M., Kurosaki, Y., Ohgo, S., Hasegawa, H.) 45/, 879-882 2017 (学術雑誌) 10.1130/G39237.1

Confirmation of a Middle Jurassic age for the Eedemt Formation in Dundgobi Province, southeast Mongolia: constraints from the discovery of new spinicaudatans (clam shrimps)
 Alcheringa: An Australasian Journal of Palaeontology (Li, G., Ando, H., Hasegawa, H., Yamamoto, M., Hasegawa, T., Ohta, T., Hasebe, N., Ichinnorov, N. ) 38/, 305-316 2014 (学術雑誌) 10.1080/03115518.2014.870834

風成砂丘から見る火星およびタイタンの大気循環システム
 地質学雑誌 (長谷川 精) 118/, 632-649 2012 (学術雑誌) 10.5575/geosoc.2012.0037

Drastic shrinking of the Hadley circulation during the mid-Cretaceous Supergreenhouse
 Climate of the Past (Hasegawa, H. , Tada, R., Jiang, S., Suganuma, Y., Imsamut, S., Charusiri, P., Ichinnorov, N., Khand, Y. ) 8/, 1323-1337 2012 (学術雑誌) 10.5194/cp-8-1323-2012

Differential transportation and deposition of terrestrial biomarkers in middle Eocene fluvial to estuarine environments, Hokkaido, Japan
 International Journal of Coal Geology (Inoue, T., Suzuki, N., Hasegawa, H., Saito, H.) 96-97/, 39-48 2012 (学術雑誌) 10.1016/j.coal.2012.03.001

A Cenozoic record of the equatorial Pacific carbonate compensation depth
 Nature (Palike, H., Lyle, M., Nishi, H., et al. (著者63名中25番目)) 488/, 609-614 2012 (学術雑誌) 10.1038/nature11360

Jurassic-Cretaceous lacustrine deposits in East Gobi basin, southeast Mongolia
 Journal of the Geological Society of Japan (Ando, H., Hasegawa, H., Hasegawa, T., Ohta, T., Yamamoto, M., Hasebe, N., Li, G., Ichinnorov, N.) 111/, XI-XII 2011 (学術雑誌) 10.5575/geosoc.117.11.XI_XIII

Millennial-scale oscillations of the westerly jet path during the last glacial period
 Journal of Asian Earth Sciences (Nagashima, K., Tada, R., Tani, A., Sun, Y., Isozaki, Y. Toyoda, S., Hasegawa, H.) 40/, 1214-1220 2011 (学術雑誌) 10.1016/j.jseaes.2010.08.010

北海道大学創成研究機構JAPEX地球エネルギーフロンティア寄附研究部門 ~多様な炭化水素資源の可能性~
 石油技術協会誌 (鈴木徳行,齋藤裕之,松本公平,長谷川精) 76/, 258-262 2011 (学術雑誌) 10.3720/japt.76.258

“Thailand was a desert” during the mid-Cretaceous: Equatorward shift of the subtropical high-pressure belt indicated by eolian deposits (Phu Thok Formation) in the Khorat Basin, northern Thailand
 Island Arc (Hasegawa, H., Imsamut, S., Charusiri, P., Tada, R., Horiuchi, Y., Hisada, K.) 19/, 605-621 2010 (学術雑誌) 10.1111/j.1440-1738.2010.00728.x

Preferred orientation of the trace fossil Entradichnus meniscus in the eolian dune strata (Djadokhta Formation) at Tugrikiin Shiree, south Mongolia and its paleoecological implications
 Island Arc (Seike, K., Hasegawa, H., Ichinnorov, N.) 19/, 622-627 2010 (学術雑誌) 10.1111/j.1440-1738.2010.00742.x

Desertification and dust emission history of the Tarim Basin and its relation to the uplift of northern Tibet
 Geological Society, London, Special Publications (Tada, R., Zheng, H., Sugiura, N., Isozaki, Y., Hasegawa, H., Sun, Y., Yang, W., Wang, K., Toyoda, S.) 342/, 45-65 2010 (学術雑誌) 10.1144/SP342.5

The Pacific Equatorial Age Transect, IODP Expeditions 320 and 321: Building a 50-Million-Year-Long Environmental Record of the Equatorial Pacific
 Scientific Drilling (Lyle, M., P?like, H., Nishi, H., Raffi, I., Gamage, K., Klaus, A., and IODP Expeditions 320/321 Scientific Party) 9/, 43936 2010 (学術雑誌) 10.2204/iodp.sd.9.01.2010

Lithostratigraphy and depositional environments of the Upper Cretaceous Djadokhta Formation, Ulan Nuur Basin, southern Mongolia, and its paleoclimatic implication
 Journal of Asian Earth Sciences (Hasegawa H., Tada R., Ichinnorov N., Minjin C.) 35/, 13-26 2009 (学術雑誌) 10.1016/j.jseaes.2008.11.010

Coal-bearing succession of the middle Eocene Ishikari Group in Sanbi Coal Mine, Bibai city, central Hokkaido
 Journal of the Geological Society of Japan (Hasegawa H., Suzuki N., Saito H.) 110/, XV-XVI 2009 (学術雑誌) 10.5575/geosoc.115.11.XV_XVI

Distinguishing the sources of Asian dust based on Electron Spin Resonance signal intensity and crystallinity of quartz
 Atmospheric Environment (Sun, Y.B., Tada, R., Chen, J., Chen H.Z., Toyoda, S., Tani, A., Isozaki, Y., Nagashima, K., Hasegawa, H., Ji J.F.) 41/, 8537-8548 2007 (学術雑誌) 10.1016/j.atmosenv.2007.07.014

Paleoenvironmental reconstruction of dinosaur-bearing Upper Cretaceous sediments in Mongolia based on sedimentological study
 Mongolian Geoscientist (Hasegawa H., Minjin C., Badamkhatan Z.) 27/, 44086 2005 (学術雑誌)

Permian ammonoids Prostacheoceras and Perrinites from the Southern Kitakami Massif, Northeast Japan
 Journal of Paleontology (Ehiro M., Hasegawa H., Misaki A.) 79/, 1222-1228 2005 (学術雑誌) 10.1666/0022-3360(2005)079

■ 研究業績(著書)
地球と宇宙の化学辞典 「8. 地層」(2012)
 出版社:朝倉出版

大阪市立自然史博物館特別展 恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス 「中生代の大陸配置と古気候」(2014)
 出版社:読売新聞社

国立科学博物館叢書 砂漠誌 「1.2 地球史を通じた砂漠の分布と環境の変遷」(2014)
 出版社:東海大学出版会

名古屋市科学館特別展 恐竜・化石研究所ガイドブック「湖の地層から恐竜時代の気候変動と太陽活動を復元する」(2016)
 出版社:恐竜・化石研究所実行委員会

中津川市鉱物博物館講演資料「地球と火星にある球状鉄コンクリーション ~その形成の謎~」(2018)
 出版社:中津川市鉱物博物館

年縞博物館・解説書「世界の年縞」(2020)
 出版社:福井県立年縞博物館

■ 研究業績(口頭・ポスター)
長谷川精・今岡良介・志知幸治・N. Ichinnorov「サンギンダライ湖堆積物から復元するモンゴル北西部のMIS3以降の古環境変動と植生変遷(予察)」 (『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第8回研究大会』国立民族博物館、2019年12月15日 2019 ポスター)

石川航輝,長谷川精,Ichinnorov N.,モンゴルの年縞湖成層から復元する白亜紀中期におけるアジア内陸のオービタル〜千年スケールの気候変動 (日本地質学会四国支部2019年香川大会, 香川大学,2019年12月14日 優秀ポスター発表賞受賞 2019 ポスター)

今岡良介,志知幸治,長谷川精,Ichinnorov N., G. Tsolmon, 勝田長貴,笹岡美穂,村山雅史,岩井雅夫,モンゴル北西部の湖底堆積物から復元する過去2500年間の古環境変動と植生変遷 (日本地質学会四国支部2019年香川大会, 香川大学,2019年12月14日 2019 口頭発表)

Kuma, R., Hasegawa, H., Yamamoto, K., Ikeda, M., Yoshida, H., Katsuta, N., Whiteside, J. H., Non-marine paleoclimatic response of Early-Middle Eocene “hothouse” interval evidence from a lacustrine record of the Green River Formation in Utah, USA (AGU2019, San Francisco, December 9-13, 2019 2019 ポスター)

今岡良介,志知幸治,長谷川精,勝田長貴,Ichinnorov N., 笹岡美穂,岩井雅夫,モンゴル北西部の湖底堆積物から復元する過去2500年間の古環境変動と植生変遷 (日本花粉学会2019年高知大会, 高知大学,2019年10月12日 2019 口頭発表)

長谷川精,勝田長貴,村木綏,安藤寿男,Ichinnorov N., Heimhofer U., 山本鋼志, 村山雅史, 太田亨, 山本正伸, 池田昌之, 多田隆治 「モンゴルの年縞湖成層から読み解く白亜紀中期“超温室期”の十年〜千年スケール気候変動と太陽活動の気候影響」 (『日本地質学会山口大会』,山口大学,2019年9月23日 2019 口頭発表)

隈隆成,長谷川精,山本鋼志,吉田英一,池田昌之,勝田長貴,Whiteside J.,アメリカ湖水環境における生物起源チャート層の成因と堆積リズム (日本地球化学学会,2019年9月 2019 口頭発表)

Hasegawa, H., Noma, N., Katsuta, N., Murayama, M., Tamura, T., Izuho, M., Ichinnorov, N., Davaadorj, D., Sasaoka, M., Hasebe, N., Iwai, M., Paleoenvironmental reconstruction of southwestern Mongolia during MIS 3: new evidence from lake sediment (INQUA2019, Dublin, July 25-31, 2019 2019 ポスター)

出穂雅実,長谷川精,「上部旧石器時代のモンゴルおよびザバイカルにおける環境変化と人類の適応行動に関する予察」 (『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第7回研究大会』名古屋大学、2019年5月11日 2019 口頭発表)

長谷川精,野間七瀬,勝田長貴,村山雅史,田村亨,出穂雅実,イチノロフN.,ダワドルジD.,長谷部徳子,笹岡美穂,岩井雅夫,モンゴル南西部オログ湖堆積物から復元される最終氷期〜完新世の古環境変動とホモ・サピエンス定着との関係性 (日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張メッセ,2019年5月 2019 ポスター)

庄崎弘基,長谷川精,超大陸パンゲア時代の大気循環パターンと縦列砂丘の発達 (日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張メッセ,2019年5月 優秀口頭発表賞受賞 2019 口頭発表)

隈隆成,長谷川精,山本鋼志,吉田英一,池田昌之,勝田長貴,Whiteside J.,米国グリーンリバー層に見られる湖成チャートの堆積リズムと湖生物生産との関係性 (日本地球惑星科学連合2019年大会,2019年5月優秀ポスター発表賞受賞 2019 ポスター)

近藤康生,本藤修太郎,長谷川精,西尾嘉朗,廣田隆吉,二枚貝イタヤガイ殻のLi/Ca比と日輪解析から推定される植物プランクトンの季節変動 (日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張メッセ,2019年5月 2019 口頭発表)

Nakamura, M., Sekine, Y., Fukushi, K., Hasebe, N., Davaadorj, D., Takahashi, Y., Hasegawa H., Ogura, T., Morida, K., Dark streak features in Mongolia as terrestrial analogues of Recurrent Slope Lineae on Mars (日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張メッセ,2019年5月 2019 口頭発表)

伊庭靖弘,長谷川精,竹田裕介,足立悠海,次世代イメージング装置による地球生命化石探査法の革新:火星への応用可能性 (第2回月着陸探査研究会,国立天文台水沢キャンパス,2019年2月23日 2019 口頭発表)

Hasegawa, H., Noma, N., Murayama, M., Iwai, M., Katsuta, N. (2018) Quantitative reconstruction for paleoenvironmental changes in southern Mongolia during the Homo sapiens’s migration: New evidence from Orog Lake, sediment core (The International Workshop, Cultural History of PaleoAsia Rsearch, Institute for Humanity and Nature, Dec 16-18, 2018 2018 ポスター)

庄崎弘基,長谷川精,超大陸パンゲア時代の大気循環パターンと縦列砂丘の発達 (日本地質学会四国支部2018年徳島大会, 徳島大学,2018年12月15日 優秀口頭講演賞受賞 2018 口頭発表)

野間七瀬,長谷川精,村山雅史,モンゴルの湖底堆積物から復元する最終氷期〜完新世の古環境変動 (日本地質学会四国支部2018年徳島大会, 徳島大学,2018年12月15日 2018 ポスター)

長谷川精,野間七瀬,村山雅史,岩井雅夫,池原実,勝田長貴,Ichinorov N. 「モンゴルの湖底堆積物コアから探る完新世と最終氷期,白亜紀の地球環境」 (高知コアセンター15周年記念シンポジウム,オーテピア,2018年11月30日 2018 ポスター)

長谷川精・野間七瀬・村山雅史・岩井雅夫・勝田長貴(2018)「モンゴル南部オログ湖の堆積物から復元された新人定着期の古環境変動」 (『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第6回研究大会』東京大学、2018年11月17日(予稿集26-27頁) 2018 口頭発表)

佐久間杏樹, 多田隆治, 吉田智紘, 長谷川精, 烏田明典, 杉浦なおみ, ZHENG Hongbo,タリム盆地西縁部第三系の堆積相と供給源変動 (日本地質学会学術大会講演要旨(20180901)125th/,97 2018 口頭発表)

長谷川精(2018)「湖成年縞から読み解く白亜紀無氷床時代の気候安定性」 (日本第四紀学会,首都大学東京,2018年8月26日 招待講演 2018 口頭発表)

安藤寿男, 長谷川精, 長谷部徳子, ICHINNOROV N., 太田亨, 長谷川卓, 山本正伸, LI G., ERDENETSOGT B‐O., HEIMHOFER U.,モンゴル南東部の中上部ジュラ系‐下部白亜系湖成層の堆積年代と堆積環境 (日本古生物学会年会講演予稿集(20180622)2018/,26 2018 口頭発表)

長谷川精, 安藤寿男, 勝田長貴, 村木綏, Ichinnorov N., 村山雅史, 山本鋼志, 太田亨, 長谷川卓, 山本正伸, 長谷部徳子, Heimhofer U., 池田昌之, 西本昌司, 山口浩一, 阿部文雄, 多田隆治「モンゴルの年縞湖成層から読み解く白亜紀中期“超温室期”の十年〜千年周期の気候変動と太陽活動の気候影響」 (『日本地球惑星科学連合2018年大会』幕張メッセ、2018年5月23日 2018 口頭発表)

Hasegawa H., Yoshida H., Katsuta N., Sirono S., Maruyama I., Minami M., Asahara Y., Nishimoto S., Yamaguchi Y., Ichinnorov N., Metcalfe R.,Formation mechanism of Fe-oxide concretions on Earth and its implication for alteration history in early Mars (日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張メッセ,2018年5月 2018 ポスター)

隈隆成,長谷川精,山本鋼志,池田昌之,Whiteside J.,北米グリーンリバー湖成層に見られるチャート層の成因と始新世前期“温室期”の湖生物生産量変動 (日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張メッセ,2018年5月 2018 口頭発表)

庄崎弘基,長谷川精,風成砂丘から探る異なる海陸分布における大気循環パターン: 地球・火星・タイタンの比較 (日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張メッセ,2018年5月 2018 ポスター)

吉田英一・山本鋼志・長谷川精・勝田長貴・城野信一・丸山一平・南雅代・浅原良浩・山口靖・西本昌二・門脇誠二・Niiden Ichinnorov, Richard Metcalfe,球状炭酸塩および鉄コンクリーションの形成プロセスFormation process for spherical carbonate and iron concretions (日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張メッセ,2018年5月 2018 口頭発表)

長島佳菜,西戸弘嗣,鹿山雅裕,大郷周平,東久美子,藤木徹一,長谷川精,石英個別粒子のカソードルミネッセンス分析を用いたアジアダスト識別と供給源推定:氷床コアおよび海洋・セジメントトラップ試料への応用 (日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張メッセ,2018年5月 2018 口頭発表)

佐久間杏樹, 多田隆治, 吉田知紘, 長谷川精, 烏田明典, 杉浦なおみ, ZHENG Hongbo),タリム盆地南西縁部新生界陸成層における砕屑物供給源変化と後背地の構造運動 (日本地球惑星科学連合大会2018/,ROMBUNNO.MIS01‐P05 (WEB ONLY) 2018 口頭発表)

吉田英一, 山本鋼志, 長谷川精, 勝田長貴, 城野信一, 丸山一平, 南雅代, 浅原良浩, 山口靖, 西本昌司, ICHINNOROV Niiden, METCALFE Richard,球状炭酸塩および鉄コンクリーションの形成プロセス (日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)2018/,ROMBUNNO.HCG24‐08 (WEB ONLY) 2018 口頭発表)

神崎友裕, 多田隆治, 烏田明典, WANG Ke, 長谷川精, ZHENG Hongbo,タリム盆地南西縁部新生界河川成堆積物の鉱物・化学組成から見た後背地変動と化学風化 (日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)2018/,ROMBUNNO.MIS01‐P03 (WEB ONLY) 2018 口頭発表)

長谷川精・門脇誠二・田村亨・奈良郁子(2018)「南ヨルダンの中部・上部・終末期旧石器時代遺跡堆積物からの古環境復元の試みと西アジアの古気候記録との比較」 (『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第5回研究大会』名古屋大学、2018年5月13日(予稿集39-41頁) 2018 口頭発表)

長谷川精,安藤寿男,勝田長貴,村木綏,Ichinnorov N.,村山雅史,山本鋼志,太田亨,長谷川卓,山本正伸,長谷部徳子,Heimhofer U.,モンゴルの年縞湖成層に記録される白亜紀中期“超温室期”の太陽活動周期の気候変動 (日本堆積学会2018年秋田大会,2018年3月 2018 口頭発表)

隈隆成,長谷川精,山本鋼志,北米グリーンリバー湖成層に見られるチャート層の成因と始新世前期“温室期”の湖生物生産量変動 (日本堆積学会2018年秋田大会,2018年3月 最優秀講演賞 (SSJ Best Talk Award) 受賞 2018 口頭発表)

庄崎弘基,長谷川精,風成砂丘から探る超大陸パンゲア時代の大気循環: 火星やタイタンとの類似性 (日本堆積学会2018年秋田大会,2018年3月 2018 ポスター)

長谷川精・門脇誠二(2017)「南ヨルダンの中部・上部・終末期旧石器時代遺跡堆積物からの古環境復元の試み(予察)」 (『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9日 2017 ポスター)

長谷川精,白亜紀温室期の気候: 氷床はどこまで必要か? (研究集会「気候科学と古気候プロキシ研究の接点創出」,2017年9月22日 2017 口頭発表)

長谷川精,吉田英一,火星コンクリーションの謎 (名古屋大学博物館特別講演会,2017年6月17日 2017 口頭発表)

隈隆成,長谷川精,山本鋼志,Whiteside J.,池田昌之,グリーンリバー湖成堆積物から始新世の古気候指標の抽出 (日本地球惑星科学連合2017年大会, 幕張メッセ,2017年5月 2017 ポスター)

長谷川精(2017)「レス-古土壌シーケンス記録からみる最終氷期におけるアジア内陸の古環境変動」 (『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民俗学博物館、2017年5月13日(予稿集78頁) 2017 ポスター)

隈隆成, 長谷川精,ハンモック状斜交層理砂岩の波長や粒径の比較による過去の台風強度の復元 (日本堆積学会大会プログラム・講演要旨(20170310)2017/,41‐42 2017 口頭発表)

長谷川精(2017)「ホモ・サピエンス定着期における西アジア〜東アジアの環境変動記録のコンパイル」 (『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依ホール、2017年2月12日(予稿集78頁) 2017 口頭発表)

長谷川精,安藤寿男,勝田長貴,山本鋼志,村木綏,太田亨,山本正伸,長谷川卓,長谷部徳子,Ichinnorov N. (2016)「年縞湖成層から探る白亜紀中期の年〜地球軌道要素スケールの気候変動」 (『第2回地球環境史学会』早稲田大学,2016年11月26日(招待講演) 2016 口頭発表)

長谷川精(2016)「モンゴルの湖沼堆積物とレス堆積物から復元する新人定着期の環境変動(これからの計画)」 (『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5日(予稿集78頁) 2016 口頭発表)

Hasegawa H., Yamamoto K., Mimura K., Ando H., Ichinnorov N. (2016)「Millenial- to orbital-scale paleoclimatic changes in the mid-Cretaceous from Mongolian lacustrine records」 (『Goldschmidt2016』, Yokohama,June 29, 2016 2016 ポスター)

長谷川精,山本鋼志,勝田長貴,三村耕一,安藤寿男,太田亨,山本正伸,長谷川卓,長谷部徳子,Ichinnorov N.,Heimhofer U., Enerel G., Oyunjargal G., 西本昌司, 山口浩一, 鈴木徳行, 入野智久, 阿部文雄, 村木綏(2016)「モンゴル湖成層から読み解く白亜紀中期“超温室期”の十年スケール〜地球軌道要素スケールの気候システム変動」 (『日本地球惑星科学連合2016年大会』幕張メッセ,2016年5月24日(招待講演) 2016 口頭発表)

早川翼, 勝田長貴, 國分(齋藤)陽子, 長谷部徳子, 村上拓馬, 宮田佳樹, 長谷川精, 長尾誠也, 川上紳一, 柏谷健二,モンゴル西部の湖沼堆積物を用いた完新世後期の古環境変動解析 (日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)2016/,ROMBUNNO.MIS17‐P26 (WEB ONLY) 2016 口頭発表)

大路樹生, DORNBOS Stephen, 矢田圭吾, 長谷川精, GONCHIGDORJ Sersmaa, GONCHIGDORJ Sersmaa, 望月貴文,エディアカラ紀に左右相称動物存在の証拠はあるか?モンゴル西部のエディアカラ系生痕化石からの新知見 (日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)2016/,ROMBUNNO.BPT06‐01 (WEB ONLY) 2016 口頭発表)

福田紘之, 山本鋼志, 長谷川精,モンゴルのウランバートル市におけるエアロゾルの化学組成とその起源推定 (日本地球化学会年会講演要旨集(20150916)62nd/,258 2015 口頭発表)

Hasegawa, H., Climate and atmospheric circulation systems in the Cretaceous “greenhouse” world: insights from eolian dune and lacustrine records (Conference Climates of the past-lessons for the future, Monte Verita, Ascona, Swiss, July 2015 招待講演 2015 口頭発表)

大路樹生, DORNBOS Stephen Q., 矢田圭吾, 長谷川精, GONCHIGDORJ Sersmaa, 望月貴史, 高柳栄子, 井龍康文「カンブリア紀の農耕革命」はエディアカラ紀に始まっていた (日本古生物学会例会講演予稿集(20150130)164th/,25 2015 口頭発表)

矢田圭吾, 大路樹生, DORNBOS Stephen, 長谷川精, GONCHIGDORJ Sersmaa, 望月貴史, 高柳栄子, 井龍康文,「カンブリア紀の農耕革命」はいつ始まったのか? (日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)2015/,ROMBUNNO.BPT27‐02 (WEB ONLY) 2015 口頭発表)

Hasegawa, H., Ando, H., Ohta, T., Hasegawa, T., Yamamoto, M., Hasebe, N., Murata, T., Shinya, H., Li, G., Ichinnorov, N., Erdenetsogt, B., Heimhofer, U., Reconstruction of terrestrial paleo-hydrological change during the mid-Cretaceous “Supergreenhouse” period: Insights from the lacustrine records (Shinekhudag Fm.) of southeast Mongolia (The 2nd International Symposium of IGCP-680, Waseda, Tokyo, September 2014 2014 口頭発表)

大路樹生, DORNBOS Stephen, 長谷川精, GONCHIGDORJ Sersmaa, 望月貴史,モンゴル西部の後期エディアカラ系から垂直方向の潜入痕を持つ生痕化石の発見 (日本古生物学会年会講演予稿集(20140627)2014/,32 2014 口頭発表)

長谷川精,安藤寿男,太田亨,長谷川卓,山本正伸,長谷部徳子,村田崇之,新谷広紀,Li G.,Ichinnorov N.,西本昌司,山口浩一,岩間由希,モンゴルの年縞湖成層のラミナレベル解析: 白亜紀中期“超温室期”の数年〜数十年スケール気候変動の解明に向けて (日本堆積学会2014年山口大会,2014年3月 2014 口頭発表)

長谷川精,安藤寿男,長谷川卓,太田亨,山本正伸,長谷部徳子,村田崇之,Gang Li,Niiden Ichinnorov,鈴木徳行,入野智久,池田昌之,Ulrich Heimhofer,モンゴルの中部白亜系湖成層に記録される湖水位および湖生物生産のオービタルスケール変動 (日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ,2012年5月 招待講演 2012 口頭発表)

長谷川精,風成砂丘から見る火星とタイタンの大気循環システム (日本堆積学会2011年長崎大会,2011年12月 最優秀講演賞 (SSJ Best Poster Award) 受賞 2011 ポスター)

長谷川精,多田隆治,Jiang Xinsheng,菅沼悠介,Suvapak Imsamut,Punya Charusiri,Niiden Ichinnorov,Yondon Khand, アジア内陸の砂漠堆積物から見る白亜紀“温室期”における大気循環システムの変動 (日本堆積学会2008年弘前大会, 弘前,2008年4月 最優秀講演賞 (SSJ Best Talk Award) 受賞 2008 口頭発表)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る