■ 氏名
袴田 綾斗 (ハカマタ リョウト)
HAKAMATA Ryoto

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Lecturer
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/講師

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Mathematics Education Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(数学教育コース)

■ 連絡先
住 所高知県高知市曙町二丁目5番1号
電 話088-844-8098
F A X
E-Mailhakamata●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
広島大学 修士(教育学研究科 科学文化教育学専攻数学教育学専修) 2014 (修了)
広島大学 博士(教育学研究科 文化教育開発専攻数学教育学分野) 2018 (中退)

■ 出身学校・専攻等
広島大学 (教育学部 第二類(科学文化教育系)数理系コース) 2012 (卒業)

■ 取得学位
修士(学術) (課程) 広島大学

■ 研究職歴
2018.04- 高知大学 教育学部

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本数学教育学会
 ( 国内)
全国数学教育学会
 (幹事 2017,2018 国内)

■ 専門分野
数学教育学

■ 主な研究テーマ・活動
教授人間学理論(Anthropological Theory of the Didactic)に基づく数学科教師教育・教員養成の研究

■ 研究についてのPR
教授人間学理論は,数学教授学(didactics of mathematics)と呼ばれる数学教育研究の分野で,40年近くにわたって発展してきた大きな研究プログラムです。数学的知識の発生や伝播,そして消滅などの様子を,制度(institution)の観点から分析します。この理論の強みは,学習者の知識のみならず,教師の知識,さらには教師教育者の知識など,いろいろなレベルの知識を研究の対象にできることです。私の研究では,この強みを生かして「数学教師に必要な知識とは何か」「数学教師はどのように知識を形成していくのか」といった問いを探究していきます。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)

■ 研究業績(論文・解説)
含意命題の真偽の規定方法が「集合と命題」の単元構成に与える影響:間接証明法に焦点を当てた教科書のプラクセオロジー分析
 全国数学教育学会誌『数学教育学研究』 (袴田綾斗・上ヶ谷友佑・早田透) 24/1, 161-168 2018 (学術雑誌)

Can Students Construct Non-Constructive Reasoning?: Identifying Fundamental Situations for Proof by Contradiction
 Proceedings of the 42nd Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education (Hayata, T., Uegatani, Y., & Hakamata, R.) 3/, 2018 (その他)

数学的な方法知の構成に必要な活動に関する規範的枠組:間接証明法を具体例とした理論的検討
 全国数学教育学会誌『数学教育学研究』 (上ヶ谷友佑,袴田綾斗,早田透) 23/2, 159-168 2017 (学術雑誌)

間接証明カリキュラムの開発に関する研究:背理法の学習過程に注目して
 学部・附属学校共同研究紀要 (早田透,上ヶ谷友佑,袴田綾斗,岩知道秀樹,影山和也,小山正孝,寺垣内政一) /45, 281-287 2017 (大学・研究所等紀要)

教育実習における効果的な指導のあり方に関する研究(2) : 教育実習生の授業における小集団学習の場面の分析を通して
 学部・附属学校共同研究紀要 (井上芳文,喜田英昭,袴田綾斗,折口香織,砂原徹,富永和宏,橋本三嗣,森脇政泰,吉田将康,青谷章弘,小山正孝,下村哲,影山和也) /45, 53-63 2017 (大学・研究所等紀要)

教育実習における効果的な指導のあり方に関する研究 : 数学的活動の位置付けに関する指導について
 学部・附属学校共同研究紀要 (井上芳文,袴田綾斗,吉田将康,青谷章弘,喜田英昭,砂原徹,富永和宏,橋本三嗣,森脇政泰,河嵜祐子,小山正孝,下村哲,影山和也) /44, 55-64 2016 (大学・研究所等紀要)

数学者による活動分析 : 数学科教師教育への示唆を目指して
 学習システム研究 (袴田綾斗,寺垣内政一,影山和也) /2, 71-78 2015 (大学・研究所等紀要)

Left-orderable fundamental groups and Dehn surgery on genus one 2-bridge knots
 Algebraic & Geometric Topology (Ryoto Hakamata,Masakazu Teragaito) 14/4, 2125-2148 2014 (学術雑誌)

Left-orderable Fundamental Group and Dehn Surgery on the Knot 5_2
 Canadian mathematical bulletin (Ryoto Hakamata,Masakazu Teragaito) 57/2, 310-317 2013 (学術雑誌)

組合せ論における諸問題を教材とした クリティカルシンキングを育成する数学授業の開発 :高校数学における授業実践「リーグ戦の対戦計画」を通して
 全国数学教育学会誌『数学教育学研究』 (井上優輝,服部裕一郎,松原和樹,袴田綾斗) 24/1, 99-120 2018 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)
教授人間学理論(ATD)に基づく数学科教育実習生の学びの記述 (全国数学教育学会第48回研究発表会 2018 口頭発表)

課題研究における数学的な探究活動の指導と評価:グラフのn筆書きをテーマとした探究 (日本数学教育学会 第100回全国算数・数学教育研究(東京)大会 2018 口頭発表)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る