■ 氏名
岡田 倫代 (オカダ ミチヨ)
OKADA Michiyo

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Professor
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
大学院 総合人間自然科学研究科(専門職学位課程) 教職実践高度化専攻

■ 連絡先
住 所
電 話
F A X
E-Mailmic-okada●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
香川大学 修士(教育学研究科 学校臨床心理) 2004 (修了)
香川大学 博士(医学系研究科 社会環境病態医学) 2010 (修了)

■ 出身学校・専攻等

■ 取得学位
修士 (課程) 香川大学 教育学
博士 (課程) 香川大学 医学

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴
丸亀市発達障害児支援協働事業推進委員 香川県警察親子カウンセリングアドバイザー

■ 受賞学術賞
平成20年度日本衛生学会若手優秀論文賞 (2009)

■ 所属学会
日本心理臨床学会
 ( 国内)
日本学校保健学会
 ( 国内)
日本公衆衛生学会
 ( 国内)
日本児童青年精神医学会
 ( 国内)
日本教育心理学会
 ( 国内)
日本ピア・サポート学会
 ( 国内)
日本思春期学会
 ( 国内)
日本教育カウンセリング学会
 ( 国内)
日本衛生学会
 ( 国内)
中四国学校保健学会
 ( 国内)
日本生徒指導学会
 ( 国内)

■ 専門分野
生徒指導 教育相談 カウンセリング 

■ 主な研究テーマ・活動
児童生徒のメンタルヘルス 自殺予防 ピア・サポート コミュニケ−ション

■ 研究についてのPR
様々な情報を取捨選択し生きていかなければならない社会環境の変化に伴い、発達段階をクリアできない児童生徒が見受けられる。複雑化する対人関係を経験する児童生徒の課題を探り、解決方法を模索する。さらに、若年層の自殺予防について、その予防の観点から、子どもの主観的健康観(感)を明らかにし、自殺との関連を探り具体的な自殺予防システムを構築する研究を実施している。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
上記に関する内容

■ 研究業績(論文・解説)
高等学校におけるピア・サポートシステムの導入が生徒の学校生活への満足度に及ぼす効果
 ピア・サポート研究 (岡田倫代) 2/, 1−14 2005 (学術雑誌)

高等学校でのピア・サポート活動についての実践研究
 ピア・サポート研究 (岡田倫代) 3/, 57−64 2006 (学術雑誌)

ピア・サポート活動による高校生の自己像の変化について―ピア・サポーターに応募・活動した生徒と一般生徒の「現実自己」と「理想自己」を比較して―
 四国公衆衛生学会雑誌  (岡田倫代, 鈴江 毅,田村裕子,藤川 愛,須那 滋,万波俊文,實成文彦) 52/1, 115−120 2007 (学術雑誌)

地域における軽度発達障害児・者のサポートシステム構築について―特別支援教育に関連した専門家チーム・巡回相談活動報告−
 四国公衆衛生学会雑誌 (鈴江 毅,田村裕子,岡田倫代,藤川 愛,須那 滋,万波俊文,平尾智弘,石川 元,實成文彦) 52/1, 101−105 2007 (学術雑誌)

「健やか高松21」の中間報告と高松市民の健康意識の変化
 四国公衆衛生学会雑誌 (藤川 愛,鈴江毅,岡田倫代,田村裕子,一原由美子,國本政子,島 治伸,須那 滋,万波俊文,平尾智弘,大西 聡,實成文彦) 52/1, 107-114 2007 (学術雑誌)

高校生の精神的健康と食事摂取状況の関係について
 四国公衆衛生学会雑誌  (田村裕子,鈴江 毅,岡田倫代,藤川 愛,須那 滋,万波俊文,實成文彦) 52/1, 121-124 2007 (学術雑誌)

「高校生の学校生活への満足度」に関する尺度作成と実態調査
 地域環境保健福祉研究   (岡田倫代,鈴江 毅,田村裕子,藤川 愛,須那 滋,万波俊文,實成文彦) 10/1, 1-7 2007 (学術雑誌)

高等学校への特別支援教育の導入について−養護学校との連携から−
 地域環境保健福祉研究 (岡田倫代,伊藤宏美,鈴江 毅,實成文彦) 10/1, 41-47 2007 (学術雑誌)

児童の学校生活時における疲労の自覚症状とフリッカー値の状況
 地域環境保健福祉研究 (田村裕子,前橋 明,鈴江毅,岡田倫代,藤川 愛,須那滋,万波俊文,實成文彦) 10/1, 58-63 2007 (学術雑誌)

高校生の性感染症に関する予防意識と喫煙・飲酒・薬物に関する予防意識と喫煙・飲酒・薬物に関する意識の関連性について
 四国公衆衛生学会雑誌 (田村裕子,鈴江 毅,岡田倫代,藤川 愛,一原由美子,須那 滋,實成文彦) 53/1, 95-100 2008 (学術雑誌)

高校生における悩みの相談対象に関する実態調査
 四国公衆衛生学会雑誌 (岡田倫代,鈴江 毅,田村裕子,藤川 愛,一原由美子,須那 滋,實成文彦) 53/1, 79-86 2008 (学術雑誌)

高校生における友達支援と学校生活への満足感との関連 ―A県における実態調査からの検討―
 地域環境保健福祉研究 (岡田倫代,鈴江 毅,田村裕子,藤川 愛,一原由美子,須那 滋,實成文彦) 11/1, 21-25 2008 (学術雑誌)

A Survey on Current Status of High-School Students’Sense of Self-Esteem−Correlations between High-School Students’Sense of Self-Esteem and Satisfaction with School Life−
 School Health (Michiyo Okada,Takeshi Suzue, Hiroko Tamura, Ai Fujikawa, Yumiko Ichihara, Hrunobu Shima, Shigeru Suna, Fumihiko Jitunari) 5/, 1-8 2009 (学術雑誌)

高校生における抑うつ状態に関する調査 ―Birleson 自己記入式抑うつ評価尺度(DSRS−C)を用いて−
 児童青年精神医学とその近接領域 (岡田倫代,鈴江 毅, 田村裕子,片山 はるみ,實成文彦) 50/1, 57-68 2009 (学術雑誌)

在宅高齢者の家族形態別における精神的健康度と近隣他者との交流について
 四国公衆衛生学会雑誌 (一原由美子,鈴江毅,岡田倫代,田村裕子,藤川 愛片山はるみ,實成文彦) 54/1, 101-107 2009 (学術雑誌)

ピア・サポート活動が高校生の友達支援に与える影響について
 四国公衆衛生学会雑誌 (岡田倫代,鈴江 毅,田村裕子,藤川 愛,一原由美子,片山はるみ,實成文彦) 54/1, 124-128 2009 (学術雑誌)

高校生の肥満と動脈硬化危険因子の関連
 四国公衆衛生学会雑誌 第54巻 第1号.  P134〜138  (鈴江 毅,一原由美子,岡田倫代,田村裕子,藤川 愛,福岡悦子,金山時恵,矢庭さゆり,平尾智広,片山はるみ,須那 滋,實成文彦) 54/1, 134-138 2009 (学術雑誌)

定時制高校生における学校生活に対する満足感と肥満度(BMI)との関連性について−A校の実態調査より−
 地域環境保健福祉研究 (岡田倫代,鈴江 毅, 田村裕子,一原由美子,藤川 愛,片山はるみ,平尾智広,實成文彦) 12/1, 45-49 2009 (学術雑誌)

我が国の緩和ケア施設におけるQOL評価票の使用と普及の現状
 地域環境保健福祉研究 (片山はるみ, 江口 瞳,鈴江 毅, 一原由美子,田村裕子,岡田倫代) 12/1, 61-67 2009 (学術雑誌)

山間過疎地域における平常時の健康習慣と健康危機管理との関連について
 地域環境保健福祉研究 (鈴江 毅, 一原由美子, 岡田倫代,田村裕子,藤川 愛,福岡悦子,金山時恵,矢庭さゆり,平尾智弘,片山はるみ,須那 滋,實成文彦) 12/1, 31-36 2009 (学術雑誌)

高校生の動脈硬化関連因子の関連について
 地域環境保健福祉研究 (田村裕子,鈴江 毅,万波俊文,中村雅一,太田 明,岡田倫代,藤川 愛,一原由美子,片山はるみ,平尾智広,須那 滋,實成文彦) 12/1, 69-73 2009 (学術雑誌)

Association between interpersonal relationship among high-school students and mental health
 Environmental Health and Preventive Medicine (Michiyo Okada, Takeshi Suzue, Fumihiko Jitsunari) 15/1, 57-62 2010 (学術雑誌)

症例研究 AD/HDを有する高校生への支援ネットワーク −社会参加に向けた効果的な支援と連携について−
 児童青年精神医学とその近接領域  (岡田倫代,小池香代子,鈴江 毅) 51/5, 529-538 2010 (学術雑誌)

高校生の携帯メール依存と孤独感との関連における性差―A高校定時制生徒の実態調査より―
 地域環境保健福祉研究 (岡田倫代) 15/1, 39-44 2012 (学術雑誌)

保育士のコミュニケーション能力向上に関する研究
 地域環境保健福祉研究 (岡田倫代) 18/1, 19-28 2015 (学術雑誌)

児童・生徒の自殺予防に向けた人材養成研修の取り組み
 地域環境保健福祉研究  P29〜37 (藤川 愛,岡田倫代) 18/1, 29-37 2015 (学術雑誌)

職場における自殺予防のためのメンタルヘルスアップ・コーディネーターのコンピテンシー研究
 地域環境保健福祉研究 (鈴江 毅,片山はるみ, 岡田倫代,藤岡秀夫,森 享子,徳田恒治,岡田惠子,根本幸子,平尾智広) 18/1, 51-57 2015 (学術雑誌)

職場における自殺予防のためのメンタルヘルスアップ・コーディネーター養成講座の有効性
 地域環境保健福祉研究 (鈴江 毅,片山はるみ, 岡田倫代,藤岡秀夫,森 享子,徳田恒治,岡田惠子,根本幸子,平尾智広) 18/1, 59-66 2015 (学術雑誌)

The Structure and Effect of Socio-Psycholigical Factors on Mental Health among Job Seekers in Kagawa, Japan under Long-term Economic Stagnation
 Journal of District Environment/Health/Welfare Research (Takeshi Suzue,Yoichi Hoshikawa,Harumi Katayama, Ai fujikawa, Michiyo Okada,Yoshimi Tsuji,Nobuyuki Miyatake, Noriko Sakano,Takeshi Yoda,Akira Yoshikawa, Taichi Nagatomi, Takanori Matsuura,Wataru Shiraki, Tomohiro Hirao. ) 19/1, 1-8 2016 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)
ピア・サポート力がつくコミュニケーションワークブック(2013)
 出版社:学事出版(株)

地域支援の実際と課題 −香川県丸亀市発達障害児支援協働事業の展開−(2015)
 出版社:学文社(株)

2分でできる子どものメンタルヘルスチェックシート(2016)
 出版社:学事出版(株)

■ 研究業績(口頭・ポスター)
ピア・サポートシステム導入の効果の検討と今後の課題 (第4回日本ピア・サポート研究会 2005 口頭発表)

高松市内中学生の性の悩み・不安の現状と家庭における相談状況 (第39回中国・四国学校保健学会 2007 口頭発表)

高校生における精神的健康と生活習慣の関連について (第39回中国・四国学校保健学会 2007 口頭発表)

高校生における血清総コレステロール値について−肥満度および血圧との関連性− (第40回中国・四国学校保健学会 2008 口頭発表)

高校生における悩みの相談対象と抑うつ状態との関連―DSRS-Cを用いて― (第40回中国・四国学校保健学会 2008 口頭発表)

夜間定時制高校生の学校生活に対する満足感と肥満度(BMI)は関連している−A高校における実態調査より− (第41回中国・四国学校保健学会 2009 口頭発表)

高校生における動脈硬化指数と生活習慣の関連について (第41回中国・四国学校保健学会 2009 口頭発表)

A survey on the relationship between interpersonal relations among high school students and their mental health for their successful (The 3rd International Conference on Occupational Health Nursing The 2nd Asia Conference on Occupational Health Nursing 2010 口頭発表)

重症心身障害者(児)病棟におけるゆらし刺激について―睡眠効果とリラクゼーション− (第64回国立病院総合医学会 2010 口頭発表)

発達障害を持つ高校生への支援ネットワーク−社会参加に向けた支援と連携について− (第30回日本心理臨床学会 2011 口頭発表)

定時制高校生におけるストレスマネジメント教育の試み―スクールカウンセラーとの授業を通してー (第44回中国・四国学校保健学会 2012 口頭発表)

定時制高校生の精神的健康の向上支援について(ピア・サポート活動の効果とプログラムの開発) (第59回日本学校保健学会 2012 口頭発表)

DSRS-Cを用いた中学生のメンタルヘルスの現状とピア・サポートの取り組み (第45回中国・四国学校保健学会 2013 口頭発表)

Assessing the impact of competency-based training program for health volunteers on mental health (141st APHA Annual Meeting in Boston 2013 口頭発表)

Usefulness of animal type robot assisted medical examination for autism spectrum disorder (Asian Medical Conference on Child Health in Kagawa 2018 口頭発表)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る