■ 氏名
佐竹 泰和 (サタケ ヤスカズ)
SATAKE Yasukazu

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Lecturer
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/講師

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Social Studies Education Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(社会科教育コース)

■ 連絡先
住 所〒780-8520 高知市曙町2-5-1 高知大学教育学部地理研究室
電 話088-844-8372
F A X
E-Mailsatake●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
東京大学 博士(総合文化研究科 広域科学専攻) 2017 (修了)
東京大学 修士(総合文化研究科 広域科学専攻) 2012 (修了)

■ 出身学校・専攻等
東北大学 (理学部 地圏環境科学科) 2010 (卒業)

■ 取得学位
博士(学術) (課程) 東京大学 人文地理学

■ 研究職歴
東京大学大学院総合文化研究科 学術研究員(2017年4月〜2019年3月)
東京大学地域未来社会連携研究機構 特任助教(2019年2月〜2019年3月)

■ 委員歴・役員歴
経済地理学会 選挙管理委員会 委員(2017年5月〜2018年5月)
日本地理学会 総務専門委員会 委員(2018年3月〜現在)

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本地理学会
 ( 国内)
東北地理学会
 ( 国内)
経済地理学会
 ( 国内)
地理科学学会
 ( 国内)

■ 専門分野
人文地理学

■ 主な研究テーマ・活動
デジタル・デバイドに関する地理学的研究
情報社会における条件不利地域の生活環境と経済活動に関する調査
観光地のICT利用に関する調査

■ 研究についてのPR

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)

■ 研究業績(論文・解説)
条件不利地域におけるブロードバンド整備と政策的対応
 東京大学人文地理学研究 (荒井良雄,長沼佐枝,佐竹泰和) /20, 14-38 2012 (大学・研究所等紀要)

Local government broadband policies for areas with limited Internet access: an analysis based on survey data from Japan
 NETCOM (Yoshio Arai, Sae Naganuma, Yasukazu Satake) 26/3/4, 251-274 2012 (学術雑誌)

北海道東川町における光ファイバ整備と企業のインターネット利用への影響
 地理科学 (佐竹泰和,荒井良雄) 68/3, 153-164 2013 (学術雑誌)

離島におけるブロードバンド整備と政策的対応
 東京大学人文地理学研究 (荒井良雄,長沼佐枝,佐竹泰和) /21, 67-84 2014 (大学・研究所等紀要)

北海道東川町におけるブロードバンド整備事業の展開
 季刊地理学 (佐竹泰和,荒井良雄) 68/4, 284-301 2017 (学術雑誌)

Broadband deployment and daily life on an island: A case study in Ogasawara, Japan
 Komaba Studies in Human Geography(東京大学人文地理学研究) (ARAI Yoshio, SATAKE Yasukazu, UEMURA Madoka) /22, 15-30 2018 (大学・研究所等紀要)

■ 研究業績(著書)
インターネットと地域(2015)
 出版社:ナカニシヤ出版
 ISBN:9784779509094

■ 研究業績(口頭・ポスター)
仙台都心部における新築オフィスビルの 空室率とテナントの立地移動 (東北地理学会2009年度春季学術大会 2009 口頭発表)

インターネットを用いた商店街情報発信の定着のプロセスとその課題 ‐街ナビ仙台を事例として‐ (東北地理学会2010年度春季学術大会 2010 口頭発表)

A Role of Providing Information about Shopping Streets via the Internet: The Case of Sendai (5th Japan-Korea-China Joint Conference on Geography 2010 口頭発表)

条件不利地域における地理的デジタル・デバイドに対する政策的対応 (日本地理学会2011年春季学術大会 2011 口頭発表)

Broadband Policies for Limited Internet Access Areas by Local Governments: An Analysis Based on the Questionnaire Survey in Japan (Annual meeting of the IGU Commission on the Geography of Global Information Society 2011 口頭発表)

周辺地域におけるブロードバンド整備と インターネット利用の変化 ―北海道東川町を事例として (日本地理学会2012年春季学術大会 2012 口頭発表)

周辺地域におけるブロードバンド整備の影響 ―北海道東川町を事例に― (経済地理学会4月関東支部例会(修士論文発表会) 2012 口頭発表)

Broadband Deployment and Its Impact on Peripheral Areas: A Case in Japan (7th China-Japan-Korea Joint Conference on Geography 2012 口頭発表)

北海道東川町におけるブロードバンドの整備と利用 (地理科学学会第29回シンポジウム 2012 口頭発表)

山村におけるブロードバンド整備と利用 ―長野県南佐久地域を事例に― (人文地理学会第278回例会 2013 口頭発表)

The implications of office buildings vacancy rates in regional central cities in Japan: The case of Sendai (IGU 2013 Regional Conference 2013 口頭発表)

Broadband deployment and living in the island: a case study in Japan (IGU 2013 Regional Conference 2013 口頭発表)

Effects of broadband on the hotel business in mountainous areas: a case of Higashikawa town, Japan (IGU 2013 Regional Conference 2013 口頭発表)

国際学会運営における情報共有に関する成果と課題 ―日韓中地理学会議の経験から― (日本地理学会2014年春季学術大会 2014 ポスター)

条件不利地域における宿泊業のブロードバンド需要と課題 ―北海道上川町層雲峡地区を事例に― (日本地理学会2014年春季学術大会 2014 口頭発表)

Challenges to broadband deployment in mountainous areas: the case of hotel business activities in Hokkaido, Japan (IGU 2014 Regional Conference 2014 口頭発表)

離島におけるインターネット利用の特徴 ―東京都小笠原村と島根県海士町の事例 (日本地理学会2014年秋季学術大会 2014 口頭発表)

山梨県における公衆無線LAN設置場所の 空間特性 (日本地理学会2017年春季学術大会 2017 口頭発表)

観光地の国際化とブロードバンド整備政策との関係―北海道上川町層雲峡地区の事例― (経済地理学会12月関東支部例会 2018 口頭発表)

条件不利地域におけるブロードバンドの整備とデジタル・デバイドに関する地理学的研究 (経済地理学会第66回大会(フロンティアセッション) 2019 口頭発表)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る