■ 氏名
村山 雅史 (ムラヤマ マサフミ)
MURAYAMA Masafumi

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Multidisciplinary Science Cluster, Interdisciplinary Science Unit/Professor
教育研究部 総合科学系 複合領域科学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Center for Advanced Marine Core Research
海洋コア総合研究センター

■ 連絡先
住 所
電 話088-864-6718
F A X
E-Mailmurayama●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
高知大学 修士(理学系研究科 地質学専攻) (修了)
東京大学 博士(理学系研究科 地質学) 1993 (修了)

■ 出身学校・専攻等
高知大学 (理学部 地学科) (卒業)

■ 取得学位
博士(理学) (課程)

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴
室戸ジオパーク推進協議会 運営委員

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本地質学会
 (代議員 国内)
日本第四紀学会
 ( 国内)
American Geophysical Union
 ( 国外)
日本地球化学会
 ( 国内)
日本古生物学会
 (行事委員 国内)
日本地球惑星科学連合
 ( 国内)

■ 専門分野
同位体地球化学,古海洋学,海洋地質学

■ 主な研究テーマ・活動
テーマ
・安定,放射性同位体を用いた海洋コアの高精度年代測定と古環境復元
・同位体を用いた陸域?海域における物質循環の解明

■ 研究についてのPR
安定・放射性同位体を用いて,海洋コアや堆積物や海水などの高精度年代測定を行い,海洋古環境の復元を行っている.高精度年代測定は,他の海域から採取された海洋コアや氷床コア,湖沼コアなどと高精度な対比を行う上で必要不可欠である.過去に,グローバルやローカルに起こった環境イベントの同時性や前後関係を明らかにすることが出来る.
 また,同位体は,地球上で起こるマクロからミクロレベルの物質循環を解明する上で貴重なツールになる.例えば,地球温暖化ガスの1つとして知られている二酸化炭素(CO2)が,大気圏,水圏(天水や河川水,海洋水),地圏,生物圏などの相互の循環システムの中でどのように拡散・移動・貯蔵されているのかを解明できる.近年,天然資源として注目を浴びているメタンハイドレートの生成起源も,その炭素同位体比から「生物発酵起源」なのか,地下深部由来の「熱分解起源」なのか特定することが可能である.
以上のように,様々な種類の安定・放射性同位体を使った「同位体地球化学」は,地球科学,特に環境地球科学の諸問題に大きく貢献している.

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
・ 地球深部掘削から何がわかるか?
・ 統合国際深海掘削(IODP)って何?
・ 放射性炭素同位体を使った年代測定法の原理と応用---地球科学から考古学まで---
・ 研究船における生活と海洋調査法の実際
寄港地見聞録(アメリカ,オーストラリア,フィリピン,マレーシア,パプアニューギニア,インド,ポルトガル,モナコ,ペルー,プエルトリコ,バルバドスなど)

■ 研究業績(論文・解説)
Latitudinal and downcore (0-750 ka) changes in n-alkane chain lengths in the eastern equatorial Pacific.
 Quaternary Research (共著) 73/, 573-582 2010 (学術雑誌) doi:10.1016/j.yqres.2010.01.001

Evidence for tropical South Pacific climate change during the Younger Dryas and the B?lling-Aller?d from geochemical records of fossil Tahiti corals.
 Earth Planet. Sci. Lett. (共著) 288/, 96-107 2009 (学術雑誌) doi:10.1016/j.epsl.2009.09.011

The 1,500-year climate oscillation in the mid-latitude North Pacific during the Holocene.
 Geology (共著) 37/, 591-594 2009 (学術雑誌) doi:10.1130/G25667A

Late Quaternary planktic foraminifer fauna and monsoon upwelling records from the western South China Sea, near the Vietnam margin (IMAGESMD012394).
 Terr. Atmos. Ocean. Sci. (共著) 19/, 347-363 2008 (学術雑誌) doi:10.3319/TAO. 2008.19.4.347 (IMAGES)

Profiles of volumetric water content in fault zones retrieved from hole B of the Taiwan Chelungpu-fault Drilling Project (TCDP).
  Geophys. Res. Lett. ( 共著) 35/, L01305 2008 (学術雑誌) doi:10.1029/2007GL032158

Truncated flame structure within deposit of the Indian Ocean Tsunami: evidence of syn-sedimentary deformation.
 Marine Geology (共著) 54/, 131-144 2007 (学術雑誌)

Standing stock of deep-sea metazoan meiofauna in the Sulu Sea and adjacent areas.
 Deep Sea Research II (共著) 54/, 131-144 2007 (学術雑誌)

Spatial and temporal sea-surface temperatures in the eastern equatorial Pacific over the past 150 kyr.
 Geophysical Research Letters ((共著)) Vol. 33/, L13605 2006 (学術雑誌) doi:10.1029/2006GL025948.

High magnetic susceptibility of fault gouge within Taiwan Chelungpu-fault: Nondestructive continuous measurements of physical and chemical properties in fault rocks recovered from Hole B, TCDP.
 Geophysical Research Letters (共著) 33/, L15303 2006 (学術雑誌) doi:10.1029/2006GL026133.

Long term Aleutian Low dynamics and obliquity-controlled oceanic primary production in the mid-latitude western North Pacific (Core MD01-2421) during the last 145,000 years.
 Global Planet. Change (共著) 53/1-2, 21-28 2006 (学術雑誌)

Paleoceanographic change off central Japan since the last 144,000 years based on high-resolution oxygen and carbon isotope records.
 Global Planet Change ((共著)) 53/, 5-20 2006 (学術雑誌)

Foraminiferal oxygen isotope stratigraphy and high-resolution organic carbon, carbonate records from the Okinawa Trough (IMAGES MD012404 and ODP Site 1202).
 Terr. Atmos. Ocean. Sci. ((共著)) 16/, 57-73 2005 (学術雑誌)

Fidelity of d18O as a proxy for sea surface temperature: Influence of variable coral growth rates on the coral Porites lutea from Hainan Island, China, Geochem.
  Geophys. Geosyst. (共著) 6/, Q09017 2005 (学術雑誌) doi:10.1029/2005GC000966.

North and south migrations of frontal zones during the past 40 kyr in the Kuroshio−Oyashio transition area.
 Geochemistry Geophysics Geosystems (共著) vol.5/, 1-16 2004 (学術雑誌)

Sea surface temperature and salinity changes in the northwest Pacific since the last glacial maximum.
 Journal of Quaternary Science (共著) 19/4, 335-346 2004 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)
国際深海掘削計画, ODP Leg.154 (西赤道大西洋,シェラ海台)(1994)


前ページへ戻る