■ 氏名
上野 智子 (ウエノ サトコ)
UENO Satoko

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Humanities and Social Science Unit/Professor
教育研究部 人文社会科学系 人文社会科学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
その他

■ 連絡先
住 所
電 話
F A X
E-Mailsandred●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
広島大学 博士(文学研究科 国語学国文学) 1979 (単位取得満期退学)

■ 出身学校・専攻等
長崎大学 (教育学部 中学校教員養成) 1975 (卒業)

■ 取得学位
博士(文学)2007 東北大学 (論文)

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本語学会
 ( 国内)

■ 専門分野
国語学
方言学
地名学

■ 主な研究テーマ・活動
日本語方言の研究
四国地方方言の研究
高知県方言の研究
海岸部地名の研究

■ 研究についてのPR
 日本語の地域性をさまざまに映し出す方言を対象に、主として表現法・語彙の観点から研究・指導を進めている。本学には北海道から沖縄まで全国各地から学生が集まるという特色があり、キャンパスにはにぎやかなことばが飛び交い、互いの方言の違いに興味を覚える仲間たちがいる。この高知県そのものが全国の中でも注目される特徴を発揮している方言の発信地であり、研究課題は「汲めども尽きぬ」といってよい。近年、「危機に瀕した言語」が世界の耳目を集め、方言の消滅もささやかれているが、この地に立っていると、老若男女の活発な土佐弁に圧倒される。もちろん変化は起こっているし、これからも変わっていくだろうが、その活力は衰えることがないのではないか、と思わされるほどだ。土佐弁に染まってしまった学生のいる高知大学で、方言研究に没頭するのは楽しくないはずがない。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
高知県の方言について

■ 研究業績(論文・解説)
生活のことばとしての地名
 言語 () 35/8, 30-37 2006 (学術雑誌)

限定のとりたての地理的変異
 沼田善子・野田尚史編『日本語のとりたて――現代語と歴史的変化・地理的変異』くろしお出版 () /, 203-222 2003 (学術雑誌)

高知県方言ラ(ー)の暗示性と明示性
 日本語科学 () /9, 79-100 2001 (学術雑誌)

限定のとりたての地理的変異
 筑波大学東西言語文化の類型論特別プロジェクト別冊日本語のとりたて () /, 153-165 2001 (大学・研究所等紀要)

四国南部方言の性向語彙――高知県安芸市方言と愛媛県宇和島方言との比較――
 室山敏昭編『方言語彙論の方法』和泉書院 () /, 249-287 2000 (学術雑誌)

方言呼称に現れる地名
 国文学攷 () /165, 13-25 2000 (学術雑誌)

方言の潮目-『四万十川流域・言語地図』を読む
  () /, 1999 (その他)

高知県方言の副助詞「バー」の意味機能
 日本語科学 () /5, 89-108 1999 (学術雑誌)

海岸地形の呼称に関わる地域性と普遍性
 人文科学研究 () /6, pp.81-93 1998 (大学・研究所等紀要)

「方言主流社会」の方言意識
 言語 () 26/5, 91-98 1997 (学術雑誌)

『四万十川流域言語地図』における県境対立分布-「さつまいも」「さといも」の分布を中心に-
 高知大国文 () /27, 1-13 1997 ()

『四万十川流域言語地図』における方言分布解釈の試み
 人文科学研究 () /4, pp.49-60 1996 (大学・研究所等紀要)

四万十川流域言語地図
  () /, 1996 (その他)

海辺の地名
 言語 () 25/4, 12-17 1996 (学術雑誌)

方言と共通語の間で-高校生に見るアンビヴァレンス
 言語 () 24/12, 136-148 1995 (学術雑誌)

北海道積丹半島の海岸部地名
 北海道方言研究会叢書第5巻 北海道方言研究会20周年記念論文集 () 5/, pp.446-453 1994 (学術雑誌)

高知市および周辺域方言の準体助詞「ガ」
 国語と教育 () 17,9-16/, 1993 (学術雑誌)

海岸部地名の比較研究-二つのオキノシマ調査報告-
 高知大国文 () 23,1-10/, 1992 ()

初級日本語学習者の漢字
 比治山女子短期大学紀要 () 25, pp.1-10/, 1991 (大学・研究所等紀要)

海岸部の人名(にちなむ)地名
 比治山女子短期大学紀要 () 24, pp.1-14/, 1990 (大学・研究所等紀要)

海岸部の地名と色名
 比治山女子短期大学紀要 () 23, pp.1-13/, 1989 (大学・研究所等紀要)

海岸部の数量地名
 国語と教育 () 13, pp.41-48/, 1988 (学術雑誌)

海岸部の比喩地名(1)
 方言研究年報 () 29, pp.133-151/, 1987 (学術雑誌)

海岸部の比喩地名(2)
 四国女子大学紀要 () 6/1, pp.129-140 1986 (大学・研究所等紀要)

長崎県西彼杵群福島の海岸地名
 地理科学 () 33, pp.22-32/, 1980 (学術雑誌)

長崎県西彼杵半島方言の接続助詞「から」「けれども」について
 広島大学文学部紀要 () 39, pp.164-187/, 1979 (大学・研究所等紀要)

長崎県西彼杵半島方言の文末詞
 国文学攷 () 76, pp.1-12/, 1979 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)
小さな地名の調べかた(2008)
 出版社:和泉書院

日本語のバラエティ (2005)
 出版社:おうふう

地名語彙の開く世界(2004)
 出版社:和泉書院

四国方言 とりたて・言いよどみ・言いはなち・言いすてて・言いおさめる(2011)
 出版社:リーブル出版

四万十川流域言語地図 カラーPDF版(2011)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る