■ 氏名
多良 靜也 (タラ シズヤ)
TARA Shizuya

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Associate Professor
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/准教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (English Language Education Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(英語教育コース)

■ 連絡先
住 所
電 話088-844-8380
F A X
E-Mailtara●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
広島大学 修士(教育学研究科 教科教育学) 1996 ()

■ 出身学校・専攻等

■ 取得学位
教育学修士 (課程)

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
全国英語教育学会
 ( 国内)
中国地区英語教育学会
 ( 国内)
関西地区英語教育学会
 ( 国内)
日本教育心理学会
 ( 国内)
四国地区英語教育学会
 (理事 1998 国内)

■ 専門分野
英語教育学, 特に, 発音指導の理論と実践, 動機づけ, 言語テスト

■ 主な研究テーマ・活動
・発音学習を援助するためのオンライン型発音学習教材の開発
・音声(特に発音)を効率よく測定するためのテストのあり方の検討

■ 研究についてのPR
・外国語として英語を学ぶための学習方法を、語彙、発音に焦点をあてて研究を行っている。いくつかの調査研究の結果、古典的ではあるが「繰り返し書いて覚える」「繰り返し聞いて練習する」といった反復学習が「学習成果」と強い関係があることが得られている。この根気のいる骨の折れる作業の重要性を私たち英語教師は再認識し、生徒に指導していく必要があると考える。
・英語の基礎体力としての発音が、英語授業で体系的長期的に取り上げられることは希である。その結果、実践的コミュニケーション能力の基礎である発音が十分に育成されていない。発音練習は、生徒や学生にとっては苦痛な練習の一つにもなっている。そんな状況を打破するために、双方向型オンライン学習教材を開発し、少しでも発音の興味を持ってもらうよう研究を進めている。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
可能講演題目キーワード
「世界の中の英語」「なぜ英語か」「英語学習方法」「英語発音」、「英語学習と動機づけ」

■ 研究業績(論文・解説)
ライティング指導におけるSentense-Combiningに関して-単文レベルのSCから談話レベルのSCへ向けて(単著)
 『中国地区英語教育学研究紀要』 () /25, 63-68 (学術雑誌)

日本人EFL学習者のライティングプロセスにおけるメタ知識の影響-Composing-Aloud Protocol Procedureを用いて-
  () /, ()

ライティング指導におけるSentence-Combiningに関して-単文レベルのSCから談話レベルのSCへ向けて-
 中国地区英語教育学会『中国地区英語教育学会研究紀要』 () 25/, 63-68 1995 ()

英語教育学モノグラフ15:ライティング(共著)
 大修館書店『英語教育』 () 44/8, 62-86,72-73,76 1995 ()

高校生の英語学習に関する意識調査(仮題)(共著)
 『広島大学英語教育研究』 () /, 1997 ()

Retrospective Dataを基にしたWriting Processの分析-量的観点からのアプローチー(単著)
 中国地区英語教育学会『中国地区英語教育学会研究紀要』 () /27, 1997 ()

Writin指導におけるSentence-Combiningに関して
 中国地区英語教育学会第25回岡山研究大会自由研究発表会岡山大学教育学部 () /, 1994 ()

日本人英語学習者の英作文におけるメタ知識に関する一考察
 第21回全国英語教育学会浦安研究大会明海大学外国語学部 () /, 1995 ()

高校生の英語学習意識-1988年度との比較-(広島大学英語教育研究室 担当箇所:統計処理全般,学習派背景との関わり)
 第20回広島大学英語教育学会広島市中区カレント・コスモ () /, 1996 ()

Retrospective Dataを利用したWriting Processの分析
 中国地区英語教育学会第27回島根研究大会自由研究発表会島根大学教育学部 () /, 1996 ()

高校生の英語学習に対する意識調査(広島大学英語教育研究室担当箇所:統計処理全般,問C,及び学習背景との関わり)
 中国地区英語教育学会第27回島根研究大会自由研究発表会島根大学教育学部 () /, 1996 ()

和文英訳プロセスの研究(広島大学英語教育学会ライティング研究部会担当箇所:中間日本語と和文英訳)
 中国地区英語教育学会第27回島根研究大会自由研究発表会島根大学教育学部 () /, 1996 ()

ライティング指導におけるSentence-Combiningに関して-単文レベルのSCから談話レベルのSCへ向けて-
 『中国地区英語教育学会研究紀要』 () 25/, 63-68 1995 (学術雑誌)

Retrospective Dataを基にしたWriting Processの分析-量的観点からのアプローチー
 『中国地区英語教育学会研究紀要』 () 27/, 27-36 1997 (学術雑誌)

ライティング指導におけるSentence-Combiningに関して-単文レベルのSCから談話レベルのSCへ向けて-
 『中国地区英語教育学会研究紀要』 () 25/, 63-68 1995 (学術雑誌)

英語教育学モノグラフシリーズ15:ライティング(共著)
 『英語教育』大修館書店 () 44/8, 62-86 1995 ()

高校生の英語学習に関する意識調査(共著)
 『中国地区英語教育学会研究紀要』 () 27/, 101-113 1997 (学術雑誌)

高校生の英語学習意識(4)(共著)
 『英語教育研究』(広島大学英語教育学会) () 40/, 52-122 1997 ()

Retrospective Dataを基にしたWriting Processの分析-量的観点からのアプローチー
 『中国地区英語教育学会研究紀要』 () 27/, 27-36 1997 (学術雑誌)

英語教育学モノグラフシリーズ18 : 公立小学校の英語教育(共著)
 『英語教育』大修館書店 () /, ()

英語授業に対する分析視点としてのカテゴソーと教師の視点比較(共著)
 『兵庫教育大学教科教育学会紀要』 () /13, 16-22 2000 (大学・研究所等紀要)

工業高校生の英語学習に関する意識調査(共著)
 高知大学教育学部研究報告 () /59, 69-83 2000 (大学・研究所等紀要)

日本人大学生の英語発音に関する調査-重要性認識レベルと自己能力認識レベルのギャップ-(共著)
 『紀要』(四国英語教育学会) () /20, 2000 (学術雑誌)

リスニングカに影響を与えるリスニング学習ストラテジー及び英語学習動機の団果関係-共分散構造分析を用いて-(共著)
 英語教育研究(関西英語教育学会) () /, 2000 (学術雑誌)

中学生の英語授業活動における因子分析的研究(共著)
  () /, 2000 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る