■ 氏名
普喜 満生 (フキ ミチオ)
FUKI Michio

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Sciences Unit/Professor
教育研究部 自然科学系 理学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Science Education Course)/Lifelong Education Division (Living Environments Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(理科教育コース)、生涯教育課程(生活環境コース)

■ 連絡先
住 所
電 話088-844-8420
F A X
E-Mailfuki●cc.kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://www.kochi-u.ac.jp/~fuki/

■ 卒業大学及び大学院等
神戸大学理学部物理学科・神戸大学大学院理学研究科修士課程、
岡山理科大学大学院理学研究科博士課程

■ 学位(種類)
理学博士

■ 所属学会
日本物理学会、情報処理学会

■ 専門分野
宇宙線物理学

■ 主な研究テーマ・活動
高エネルギー宇宙線の相互作用
モンテカルロシミュレーション
顕微鏡画像処理

■ 研究についてのPR
宇宙線物理学、特に原子核、陽子などの高エネルギー放射線が宇宙で果たす役割について、   コンピュータシミュレーションによって解明します。宇宙では、1/10,000,000,000,000 cm   以下の小さい素粒子(宇宙線という)が、100,000光年以上もある銀河の中を高速で旅して、   地球に降り注いでいます。この粒子がどのくらいやって来ているか、太陽や地球の磁場と物質   とどんな反応をするか、というようなことを研究しています。
 Http://akebono.ei.kochi-u.ac.jp/~fuki/

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
宇宙とプラズマ、宇宙の階段
乱数の利用とコンピュータシミュレーション

■ 研究業績
A) 主な著書
1) 「情報処理T」第2章コンピュータの原理、pp.9-20
 高知大学情報教育委員会編、(株)南の風社、(平成12-16年3月)

B) 学術論文(英文)
1) Calculation of Cosmic-Ray Proton and Anti-Proton Spatial Distribution in Magnetosphere, M.Fuki, A.Kuwahara, N.Sawada, Proceedings of 28th Int'l Cosmic-Ray Conference. (Tsukuba, 2003) Vol.4, OG1.5, p2073-2076
2) Measurement of Cosmic-Ray Nuclei in Super JACEE Emulsion, A.Iyono, T.Tominaga, M.Fuki, T.Matsumoto, Proceedings of 27th Int'l Cosmic-Ray Conference. (Hamburg, 2001) Vol.2, OG016, p1717-1719
3) Interpreting Anomalous Electron Pairs as New Particle Decays, JACEE Collaboration: K.Asakimori, T.H.Burnett, M.L.Cherry, K.Chevli, M.J.Christl, S.Dake, J.H.Derrickson, W.F.Fountain, M.Fuki, J.C.Gregory, T.Hayashi, J.Iwai, A.Iyono, J.Johnson, M.Kobayashi, J.J.Lord, O.Miyamura, K.H.Moon, H.Oda, T.Ogata, E.D.Olson, T.A.Parnell, F.E.Roberts, T.Shiina, S.C.Strausz, T.Sugitate, Y.Takahashi, T.Tominaga, J.W.Watts, J.P.Wefel, B.Wilczynska, H.Wilczynski, R.J.Wilkes, W.Wolter, H.Yokomi and E.Zager, J. Phys. G: Nucl. Part. Phys. 25 (1999) L133-137
4) Cosmic-Ray Proton and Helium Spectra: Results from the JACEE Experiment, K.Asakimori, T.H.Burnett, M.L.Cherry, K.Chevli, M.J.Christl, S.Dake, J.H.Derrickson, W.F.Fountain, M.Fuki, J.C.Gregory, T.Hayashi, J.Iwai, A.Iyono, J.Johnson, M.Kobayashi, J.J.Lord, O.Miyamura, K.H.Moon, H.Oda, T.Ogata, E.D.Olson, T.A.Parnell, F.E.Roberts, T.Shiina, S.C.Strausz, T.Sugitate, Y.Takahashi, T.Tominaga, J.W.Watts, J.P.Wefel, B.Wilczynska, H.Wilczynski, R.J.Wilkes, W.Wolter, H.Yokomi and E.Zager, Astrophysical Journal, 502 (1998) 278
5) Energy Estimate for Very High Energy Cascade by Core-Size Method in the JACEE Emulsion Chamber. M.Fuki and Y. Takahashi, Proc. 24th Int'l Cosmic Ray Conference, Rome (1995), vol. 3, pp.677−680 Energy Spectra and Elemental Composition of Nuclei above 100 TeV from a Series of the JACEE Balloon Flight, ibid, vol. 2, pp.707−709

B) 学術論文(和文)
1) 変形正規乱数によるポアソン乱数の高速発生技法, pp.56-59、
高知大学教育学部研究報告第63号(平成15年3月)

C) その他報告等
1) 南極周回バルーンによる一次宇宙線原子核の研究, P.123-127
 1995.12, 東大宇宙線研究所報告書, 科研費重点「超高エネルギー天体」

2) 長時間気球による超高エネルギー宇宙線の組成とその相互作用,
 1998.4, 平成8年度〜平成9年度科学研究費補助金(国際学術研究)研究成果報告書:0804108


前ページへ戻る