■ 氏名
宮田 信司 (ミヤタ シンジ)
MIYATA Shinji

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Professor
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Music Education Course)/Lifelong Education Division (Arts and Culture Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(音楽教育コース)、生涯教育課程(芸術文化コース)

■ 連絡先
住 所
電 話088-844-8446
F A X
E-Mailshmiyata●cc.kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 卒業大学及び大学院等
1980.3 東京芸術大学音楽学部卒業
1984.2 西ドイツ国立リューベック音楽大学卒業

■ 学位(種類)
学士(芸術)

■ 所属学会
日本ピアノ教育連盟、日本音楽表現学会、全四国音楽学会

■ 専門分野
器楽(ピアノ)

■ 主な研究テーマ・活動
ピアノ演奏法、指導法についてロマン派作品を中心に研究している。演奏分野ではソロ活動はもとよりアンサンブル活動も積極的に行っている。

■ 研究についてのPR
最近はピアノ指導者養成の観点から中高生に対するピアノ指導法について、オーソドックスではあるがチェルニーのエチュード、J.S.バッハのインヴェンションとシンフォニアの効果的・実践的な利用法を研究している。また演奏分野では2003年9月にリスト作品ばかりを収録したCDをモモンガレコードよりリリースした。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
これまでに高知大学生涯学習教育研究センター主催で「ピアノに親しむ」「ショパンの魅力」の公開講座を行ってきた。その他にもミニコンサートを含むピアノ演奏法や指導法の公開講座・公開レッスンは随時、開催している。

■ 研究業績
「中島亨クラリネットリサイタル:モーツァルト クラリネット三重奏曲、シューマン クラリネットとピアノのための幻想小曲集、ブラームス クラリネットソナタ第2番」2003年10月27日:ノナカサロン(東京)
「宮田信司ピアノリサイタル:ブラームス 6つの小品 作品118、ベートーヴェン ソナタ第28番 作品101、ショパン スケルツォ第3番、ショパン ソナタ第3番」2003年9月15日:高知県民文化ホール
「CD Shinji MIYATA plays Liszt:リゴレットパラフレーズ、ソナタ ロ短調、ラ・カンパネラ、愛の夢 第3番」2003年9月リリース:制作(モモンガラボ)
「宮田信司ピアノリサイタル:ベートーヴェン ソナタ第30番 作品109、リスト ソナタロ短調、ショパン 幻想ポロネーズ、スクリャービン ソナタ第5番」2001年9月14日:高知県民文化ホール
「学術論文:フィンガリングに関する一考察〜違いからみた演奏解釈〜」2001年3月:高知大学教育学部研究報告 第61号
「学術論文:ピアノ演奏におけるペダルの技法(その1)〜フィンガーペダルの効果〜」1996年9月:高知大学教育学部研究報告 第52号


前ページへ戻る