■ 氏名
中野 俊幸 (ナカノ トシユキ)
NAKANO Toshiyuki

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Professor
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Mathematics Education Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(数学教育コース)

■ 連絡先
住 所
電 話088-844-8441
F A X
E-Mailtnakano●cc.kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://www.kochi-u.ac.jp/~tnakano/

■ 卒業大学及び大学院等
広島大学 教育学部 教科教育学専修卒業(1984.3)
広島大学大学院 教育学研究科 博士課程前期修了(1986.3)

■ 学位(種類)
教育学修士(1986.3 広島大学)

■ 所属学会
日本数学教育学会
全国数学教育学会

■ 専門分野
数学教育学

■ 主な研究テーマ・活動
数学学習の記号論的考察
数学的認識論の研究
数学教育方法論

■ 研究についてのPR
数学教育は,「数学を教えている」というより,「数学で教育をしている」というほうがより適切です。そこにどのような意義や問題点があり,そのために何をどのように学習・指導したらよいのかを,記号論の立場から研究しています。
また,教育現場の授業実践を年間数十時間以上観察し,指導助言や問題提起を行っています。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
【学校教員対象の講演題目の例】
・ 本物の算数・数学学力の向上を如何に図るか
・ 子どもの算数の力を如何に評価し育成するか
・ 算数科教育で大切なこと
・ 算数・数学科における授業改善について
・ 生徒自らが学ぶ意欲を高める算数・数学教育について
・ 「個」に応じた指導のあり方について

■ 研究業績
「図的表記の有契生について」日本数学教育学会第36回数学教育論文発表会論文集, pp.217−221, 2003

「数学教育の根底にある数学観について −プラトニズム vs 構成主義−」,高知大学教育学部研究報告 第1部 第60号,2000,pp.51-59

「数学学習における「否定」について(U)」, (岩崎秀樹との共著), 日本数学教育学会第32回数学教育論文発表会論文集, pp.327−330, 1999

「数学学習のネゴシエイションについて」,高知大学教育学部研究報告 第1部 第58号,1999,pp.133-139

「数学学習において「規則に従う」とはどういうことか−「言語ゲーム」理論からの示唆−」,『全国数学教育学会誌 数学教育学研究』,第4巻,1998

「数学教育における「規範」について」,高知大学教育学部研究報告 第1部 第55号,1998,pp.21-33

「数学教育における「間主観性」について」,高知大学教育学部研究報告 第1部 第53号,1997,pp.29-36

「数学に対する生徒の信念・目的・態度の基礎的研究 (U) −「学習成績」との相関性について−」, 広島大学教育学部・関係附属学校園共同研究体制 研究紀要第24号, (村上和男ほか4名との共著), pp.79−84, 1996

「数学に対する生徒の信念・目的・態度の基礎的研究 (U) −「学習成績」との相関性について−」, 広島大学教育学部・関係附属学校園共同研究体制 研究紀要第24号, (村上和男ほか4名との共著), pp.79−84, 1996

「数学教育におけるradicalな構成主義の現象学的視点からの考察」, 日本数学教育学会第28回数学教育論文発表会論文集, pp.113−118, 1995


前ページへ戻る