■ 氏名
辻田 宏 (ツジタ ヒロシ)
TSUJITA Hiroshi

■ 所属部局/職名
Director/Director
理事/理事(総務・財務・企画担当)

■ 学部・学科・コース等
Director
理事

■ 連絡先
住 所
電 話088-844-8265
F A X
E-Mailtsujita●cc.kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 卒業大学及び大学院等
1982.3 筑波大学大学院体育研究科修士課程修了
1987.3 筑波大学大学院体育科学研究科博士課程単位取得退学

■ 学位(種類)
体育学修士(1982.3 筑波大学)

■ 所属学会
日本スポーツ法学会
日本スポーツ産業学会
日本体育学会
日本教育法学会

■ 専門分野
スポーツ法学
スポーツ政策論
スポーツ産業論

■ 主な研究テーマ・活動
日米スポーツ法及び判例の比較研究
生涯スポーツ政策と地域スポーツ振興
地域産業(企業)とスポーツ
スポーツビジネスとマネジメント

■ 研究についてのPR
 日本におけるスポーツ法及びスポーツ権利論に関する研究を継続するとともに、アメリカにおけるスポーツ法及び判例に関する研究を行ってきた。特に、アメリカの教育機関におけるスポーツ参加の男女平等論やプロスポーツを巡る判例研究に焦点を当てている。
 その一方で、今日の日本社会が抱える地域スポーツの課題や改善についての研究も行っている。とりわけ、自治体のスポーツ行政や地元企業のスポーツ支援との関係で住民スポーツの在り方や課題を追求している。
 また、担当する講義との関係で、スポーツビジネス全般やプロスポーツのマネジメント(経営)などについても研究を進めているところである。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
・ スポーツをする権利と学ぶ権利
・ スポーツ参加の男女平等について〜アメリカを事例として〜
・ 日本とアメリカのスポーツ振興法について
・ 生涯スポーツの振興と地方自治体の課題
・ 巨大スポーツイベントの現状と課題
・ スポーツビジネスの現状と課題
・ 地域スポーツ振興と企業の役割

■ 研究業績
・ 「国体開催後のスポーツ施設運営の現状と課題に関する研究-2003年高知国体を事例として-」,高知大学教育学部研究報告,第64号,2004年
・ 「アメリカの修正『アマチュア・スポーツ法』(The Olympic and Amateur Sports Act Amendments of 1998)に関する研究」,高知大学教育学部研究報告,第63号,2003年
・ 「企業の体育・スポーツ支援活動に関する研究-高知市における実態と課題-」,高知大学学術研究報告・社会科学,第51巻 ,2002年
・ 「Title \ 1979 Policy Interpretation の施行に関する研究 」,高知大学教育学部研究報告,第61号,2001年
・ 「スポーツ参加の逆差別訴訟に関する比較研究〜アメリカの二つの裁判をめぐって〜」,高知大学学術研究報告・社会科学,第47巻 ,1998年
・ 「スポーツ参加の男女平等に関する研究〜アメリカにおける逆差別訴訟をめぐって〜」,現代スポーツ研究,第3号,1997年
・ 「地域『競技スポーツ』政策の現状と課題に関する研究」,高知大学学術研究報告・社会科学,第46巻 ,1997年
・ 「地域生涯スポーツ政策の動向と課題に関する研究」,高知大学学術研究報告,第44巻,社会科学,1995年


前ページへ戻る