■ 氏名
駒井 説夫 (コマイ セツオ)
KOMAI Setsuo

■ 所属部局/職名
教育研究部(学系・部門)以外の所属/特任シニアプロフェッサー

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Health and Physical Education Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(保健体育教育コース)

■ 連絡先
住 所
電 話088-844-8264
F A X
E-Mailkomai●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
大阪教育大学 修士(教育学研究科 保健体育) 1980 ()

■ 出身学校・専攻等
大阪教育大学 (教育学部 保健体育学科) 1977 ()

■ 取得学位
教育学修士 (課程)

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本体力医学会
 ( 国内)
日本学校保健学会
 ( 国内)
日本体育学会
 ( 国内)
ランニング学会
 ( 国内)
日本運動生理学会
 ( 国内)
日本教育医学会
 ( 国内)

■ 専門分野
運動生理学 、スポーツ科学

■ 主な研究テーマ・活動
「全身持久力に関する研究」と「身体運動と健康・体力について

■ 研究についてのPR
長期的な身体運動が身体にどのような影響を与えるのかについて、データを蓄積している。これらのデータに基づき、今後身体運動の健康・体力に及ぼす効果ついて明らかにしていきたい。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
身体運動と健康・体力について

■ 研究業績(論文・解説)
大学生における性役割意識と身体肥満度、及びそれらの関連性についての検討  性差及びスポーツ経験の差に着目して
 武庫川女子大学紀要 () 51/, 67-79 2003 (大学・研究所等紀要)

有酸素性トレーニングとレジスタンストレーニングの併用がPeak Vo2に及ぼす影響
 土佐リハビリテーションジャーナル () /1, 1-9 2002 (大学・研究所等紀要)

本学運動部女子学生の体力特性
 高知大学教育学部研究報告 () /57, 1-7 2000 (大学・研究所等紀要)

マラソン及びウルトラマラソンが血液成分に及ぼす影響
 高知大学教育学部研究報告 () /59, 1-9 1999 (大学・研究所等紀要)

長距離走者の走成績とvVO2maxとの関係
 高知大学学術研究報告 () 45/, 69-76 1996 (大学・研究所等紀要)

スポーツ動作とラテラリティの関連性についての調査研究
 学校保健研究 () 38/3, 285-295 1996 (学術雑誌)

地方大学生の身体活動量について
 高知大学学術研究報告 () 41/, 1992 (大学・研究所等紀要)

自発的な運動回復に関する実験的研究
 大阪教育大学紀要 () 40/2, 1992 (大学・研究所等紀要)

発育期における糖摂取及び運動実施がマウスの発育、糖・脂質代謝に及ぼす影響
 高知大学学術研究報告 () 40/1, 1991 (大学・研究所等紀要)

糖尿病の運動療法に関する基礎的研究-糖負荷試験の判定基準からみた種々の症例への適用
 高知大学学術研究報告 () 40/1, 1991 (大学・研究所等紀要)

運動が糖・脂質代謝に及ぼす影響-インスリン非依存型(II型)糖尿病患者と健康者の比較
 高知大学学術研究報告 () 40/1, 1991 (大学・研究所等紀要)

長距離走者の走パフォーマンスと有酸素性作業能のパラメーターとの関係
 高知大学学術研究報告 () 40/1, 1991 (大学・研究所等紀要)

フィールド走とトレッドミル走との比較
 ランニング学研究 () 2/1, 1991 (学術雑誌)

漸増負荷法と固定負荷法から求めた換気性閾値の比較
 高知大学学術研究報告 () 39/1, 1990 (大学・研究所等紀要)

漸増負荷テスト時における漸増時間の違いが呼吸循環系の応答に及ぼす影響
 高知大学学術研究報告 () 35/1, 1986 (大学・研究所等紀要)

個人の無酸素的作業閾値を基準とした回復運動について
 大阪教育大学紀要 () 35/1, 1986 (大学・研究所等紀要)

固定負荷時における無酸素性作業閾値
 大阪体育学研究 () 23/1, 1985 (学術雑誌)

10km走行時における血中諸物質の変動
 大阪体育学研究 () 21/1, 1983 (学術雑誌)

発育期ラットの自由運動と安静時血清酵素活性
 大阪教育大学紀要 () 32/1, 1983 (大学・研究所等紀要)

短時間の激運動後の最大下運動が血中乳酸及び血清FFAに及ぼす影響
 体力科学 () 31/5, 1982 (学術雑誌)

激運動後の最大下運動が血中乳酸濃度に及ぼす影響
 大阪教育大学紀要 () 30/1, 1981 (大学・研究所等紀要)

集団検尿におけるエマルジョン法についての研究
 大阪教育大学紀要 () 28/1, 1979 (大学・研究所等紀要)

■ 研究業績(著書)
現代健康教育学(1992)
 出版社:朝倉書店

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る