■ 氏名
國府 俊一郎 (コウ シュンイチロウ)
KOH Shun-ichiro

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Sciences Unit/Professor
教育研究部 自然科学系 理学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Science Education Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(理科教育コース)

■ 連絡先
住 所
電 話088-844-8416
F A X
E-Mailkoh●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://www.kochi-u.ac.jp/~koh/

■ 出身大学院・研究科等
大阪大学 博士(基礎工学研究科 物性学) 1985 (単位取得満期退学)

■ 出身学校・専攻等
北海道大学 (理学部 物理学) 1977 (卒業)

■ 取得学位
理学博士 (論文) 東京大学 物性I
工学修士 (課程) 大阪大学 数理物理・物性基礎

■ 研究職歴
1988-1989 高知大学教育学部 講師
1989-2002 高知大学教育学部 助教授


■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本物理学会
 ( 国内)
アメリカ物理学会
 ( 国外)

■ 専門分野
物性物理学
核物理学

■ 主な研究テーマ・活動
量子凝縮(超伝導、超流動)
原子核多体問題
構造相転移

■ 研究についてのPR
私の研究は低温物理とハドロン物理にまたがっている。(1)いくつかの金属では低温で伝導電子の間に弱い引力が働いて緩やかに束縛された対を作り超伝導状態になる。通常の理論では電子間に引力が働く機構と、その引力の下で電子の対(クーパー 対)が出来る機構はひとまず分離して扱われる。しかし超伝導物質の範囲が広がるにつれて、引力自体が超伝導電子により媒介される様な物質も出現してきた。この場合、先の分離は良い近似ではなくなり、両者を1つの自己無撞着な機構の中に組み入れる必要になる。その為にどの様な超伝導が生じるかに興味を持った。重い超伝導体と呼ばれる物質群では、準粒子は常伝導相では異常に大きな有効質量をもつが、それが超伝導相では急激に減少する事を予言する理論を構築した。これはドハースファンアルフェン効果の実験により実証されつつある。(2)気体液体転移は日常生活で水の沸騰などでお馴染みの現象であるが、これを説明するのは統計力学の昔からの難問である。量子統計に従う系では一見するとこれはさらに難問になると予想される。しかし粒子がボース統計に従う場合は古典統計に従う系よりも理論化がむしろ容易になる。気体ヘリウム4の低温定圧下での気体液体転移の簡単な理論を構築した。(3)極低温のボース系では粘性なしに液体が流れたり、渦が量子化するなど様々な特異な振る舞いが現れる。転移温度以下では超流動性は複合して現れ、それらを分離する事は出来ないので、どれが最も本質的な超流動性を示す現象であり、どれが付随的に起きた現象であるかを理解するのは困難である。しかし相転移温度直上では超流動性はより単純な形で現れる。その結果、巨視的な凝縮体がまだ発達途上であっても本質的な超流動現象はボース統計性により姿を現す事が明らかになった。(4)原子核では陽子同志、中性子同志、または陽子と中性子の間に対相関が発達している。さらにその他に2つの陽子と2つの中性子の間にアルプァ相関も発達している。この「アルプァ相関はクーパー対の間の残留力が顕著に現われている現象である」と解釈して1つの模型を構成した。その結果、アルプァ相関は普通想像されているよりも対相関を強めている事が明らかになった。以上のいずれのテーマでも、各分野の主流をなす見解から一歩距離をおいてその基礎を改めて再検討するのが私の思考傾向である。その検討の結果、新しい豊かな物理をそこに見つけたと感じた時のみ、それを発表する価値があると考えている。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
過去の講演題目例
 物理: 「超伝導とは何だろうか」「高エネルギーで物質はどう振る舞うか」
 科学史: 「自然認識の発展と人間の自由」
 物理教育:「中学理科で力学をどう教えるか」
      「米国の大学での物理基礎教育の印象」
        (大学の物理教育(2001) 3号、59-61)

■ 研究業績(論文・解説)
SiO2(水晶)における不整合分域パターンの形成過程
 日本物理学会誌 (国府 俊一郎、山田安定) 11/9, 724-727 1986 (学術雑誌)

不整合相転移のパターン形成過程
 フィジックス (国府 俊一郎、山田 安定) 10,620-625/, 1986 (その他)

アルファ相関と有効質量-物性の目から見た重い核の超流動状態
 素粒子論研究 (国府 俊一郎) 92/2, B32 1995 (学術雑誌)

ヘビーフェルミオン系物質の堀伝導相におけ有効質量
 平成6年度文部省科学研究費補助金研究成果報告書(I) (国府 俊一郎) /, 199 1995 (その他)

ヘビーフェルミオン超伝導体における反強磁性磁気モーメント
 平成9年度文部省科学研究費補助金研究成果報告書(IV) (国府 俊一郎) /, 59 1998 (その他)

クーパー対と気体液体転移
 物性論研究 (国府 俊一郎) 92/2, B32 1999 (学術雑誌)

量子多体系における気体液体相転移
 素粒子論研究 (国府 俊一郎) 103/5, E35 2001 (学術雑誌)

米国の大学での物理基礎研究の印象
 大学の物理教育 (国府 俊一郎) (3), 59/, 2002 (その他)

マイスナー効果にとってボース凝縮は必要か?
 素粒子論研究 (国府 俊一郎) 109/6, F62 2004 (学術雑誌)

Crystal Structure of (NH4)2-K2SO4 Mixed Crystal
 Journal of Physical Society of Japan (Academic Journal) (Shun-ichiro Koh) 43/2, 721-722 1977 (学術雑誌)

X-ray study of Two-Dimmensional Crystal-Liquid Phase Transition in the Purple Membrane
 Journal of Physical Society of Japan (Academic Journal) (S.Koh and T.Mitsui) 52/10, 3460-3465 1983 (学術雑誌)

Structure, Defect and Reconstruction Process of Discommensuration Lattice of Quartz
 Journal of Physical Society of Japan (Academic Journal) (Shun-ichiro Koh and Yasusada Yamada) 56/5, 1794-1809 1987 (学術雑誌)

Kinetic Process of Formation of Discommensuration Pattern Iin SiO2
 Phase Transition (Academic Journal) (S.Koh and Y.Yamada) 8/, 261-271 1987 (学術雑誌)

On the triangular incommensurate phase in γ-brass I
 Journal of Physics. F (Academic Journal) (Y.Yamada and S.Koh) 10/, 1371-1386 1988 (学術雑誌)

On the triangular incommensurate phase in γ-brass II
 Journal of Physics. Condensed Matter (Academic Journal) (H.Mitani, S.Koh and Y.Yamada) 2/, 1765-1780 1990 (学術雑誌)

Theoretical Consequences of the Correlation of the Cooper Pairs in the Narrow Band Electron Systems
 Physica. B (Academic Journal) (S.Koh) 165-166/, 1087-1088 1990 (学術雑誌)

Superconductivity beyond the Gorkov decoupling 1
 Physica. C (Academic Journal) (S.Koh) 191/, 167-173 1992 (学術雑誌)

Pairing by the many-body force : A mechanism of the alpha-particle-like correlation in nuclei
 Nuclear Physics. A (Academic Journal) (S.Koh) 560/, 797-810 1993 (学術雑誌)

Thermodynamics of superconductivity beyond the Gorkov decoupling
 Physical Review B (Academic Journal) (Shun-ichiro Koh) 49/, 8983-8992 1994 (学術雑誌)

Thermodynamics of the superconductivity beyond the Gorkov decoupling
 Physica. B (Academic Journal) (Shun-ichiro Koh) 194-196/, 1193-1194 1994 (学術雑誌)

Quasiparticle effective mass in the superconducting phase of heavy-fermion systems
 Physical Review. B (Academic Journal) (Shun-ichiro Koh) 51/, 11669-11677 1995 (学術雑誌)

Dynamics of the nucleon pairing and the alpha-correlation in the valence shell
 Nuclear Physics A (Academic Journal) (Shun-ichiro Koh) 611/, 1-21 1996 (学術雑誌)

The critical properties of the superconductivity beyond the Gorkov decoupling
  Physica. B (Academic Journal) (Shun-ichiro Koh) 194-196/, 1369-1370 1994 (学術雑誌)

Cooper pairs and the gas-liquid transition
 Physics Letters A (Academic Journal) (Shun-ichiro Koh) 229/, 59-62 1997 (学術雑誌)

Many-body approach to the alpha-correlation inside of the heavy nuclei
 Progress of Theoretical Physics. Supplement (Academic Journal) (Shun-ichiro Koh) 132/, 197 1998 (学術雑誌)

Quasiparticle effective mass in the heavy-fermion superconductors
 Physica. C (Academic Journal) (Shun-ichiro Koh) 317/, 500 1999 (学術雑誌)

Antiferromagetic moment in the heavy-fermion superconductors
 Physics Letters. A (Academic Journal) (Shun-ichiro koh) 253/, 98 1999 (学術雑誌)

Effective mass and the superconductivity
 Japanese Journal of Applied Physics. Series. (Academic Journal) (Shun-ichiro Koh) 11/, 62 1999 (学術雑誌)

Antiferromagnetic spin wave and the superconductivity
 Physica. B (Academic Journal) (Shun-ichiro Koh) 284-288/, 469 2000 (学術雑誌)

Enhancement of antiferromagnetic spin wave in the heavy-fermion superconductors
 Physica. B (Academic Journal) (Shun-chiro Koh) 281-282/, 1016 2000 (学術雑誌)

Attractive Boson and the Gas-Liquid Condensation
 Physical Review. B (Academic Journal) (Shun-ichiro Koh) 64/, 134529 1-12 2001 (学術雑誌)

Statistical Mechanics of the Gas-Liquid Condensation in the Attractive Bose Gas
 Physica. B (Academic Journal) (Shun-chiro Koh) 329-333/, 38-39 2003 (学術雑誌)

Meissner effect in a charged Bose gas with short-range repulsion
 Physical Review B (Academic Journal) (Shun-ichiro Koh) 68/, 144502.1-8 2003 (学術雑誌)

Quantum gas-liquid condensation in an attractive Bose gas
 Physical Review E (Academic Journal) (Shun-ichiro Koh) 72/, 016104.1-11 2005 (学術雑誌) 10.1103/PhysRevE.72.016104

Nonclassical rotational behavior at the vicinity of the lambda point
 Physical Review B (Academic Journal) (Shun-ichiro Koh) 74/, 054501.1-11 2006 (学術雑誌) 10.1103/PhysRevB.74.054501

Moment of Inertia Just Above Lambda Point
 Journal of Low Temprature Physics (Academic Journal) (Shun-ichiro Koh) 148/3/4, 121 2007 (学術雑誌) 10.1007/s10909-007-9359-0

Dynamics of Superflow by Mesoscopic Condensate
 Journal of the Physical Society of Japan (Shun-ichiro Koh) 79/5, 054601 2010 (学術雑誌) 10.1143/JPSJ.79.054601

液体のずれ粘性とボース統計
 素粒子論研究 (国府 俊一郎) 116/2, B116 2008 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る