■ 氏名
原田 哲夫 (ハラダ テツオ)
HARADA Tetsuo

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Professor
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Science Education Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(理科教育コース)

■ 連絡先
住 所
電 話+81-88-844-8410
F A X
E-Mailharatets●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
大阪市立大学 博士(理学研究科 生物学) 1992 (単位取得満期退学)

■ 出身学校・専攻等
高知大学 (理学部 生物学) 1986 (卒業)

■ 取得学位
博士(理学) (論文)

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本動物学会
 ( 国内)
日本応用動物昆虫学会
 ( 国内)
日本昆虫学会
 ( 国内)
日本時間生物学会
 (評議員 2000- 国内)
日本応用動物昆虫学会
 ( 国内)
日本睡眠学会
 (評議員 2003- 国内)
AAAS(アメリカ科学協会)
 ( 国外)

■ 専門分野
昆虫の環境生理学、アメンボの生物学、幼児・児童・生徒・学生の生活リズムと睡眠習慣に関する研究

■ 主な研究テーマ・活動
「アメンボ類の季節適応の生物学」
「児童・生徒・学生の生活リズム研究(平成11−13年度文部省科研費地域連携推進研究費助成対象)」
「中高一貫校で使用可能な生物教科書の作成研究(文部省科研費地域連携推進研究費助成対象)」

■ 研究についてのPR
「アメンボ類の季節適応の生物学」及び「児童・生徒・学生の生活リズム研究(平成11−13年度文部
省科研費地域連携推進研究費助成対象)」が研究テーマです。
 アメンボ類の方はゴムボートに乗って生態調査」をしたり、分散力や生殖、耐寒性などの機能が温度や
日長などにどのように制御されているのかを飼育実験によって調べ、内分泌器官の関与や耐寒物質の
研究など分子レベルでも進めて行こうとしています。最近は厳しい環境条件=低温、高温、乾燥などに
どの程度耐性を持つのか、という問題に特に取り組んでいます。また、“究極の水上生活者”=外洋性ウミアメンボの研究も最近力を入れています。水面という特殊な棲息環境へどのように適応するようになったのか、その進化のプロセスを探るべく、東京大学海洋研究所が運行業務を行なう全国共同利用研究船淡青丸(約650t)と白鳳丸(約4000t)に乗船し、研究を行なっています。生活リズム研究は質問紙を用いて朝型―
夜型度やそれに影響しそうな要因(塾通い、光環境、食事、家族との会話、運動など)を調べたり、アクチグラフシステムにより直接子供達の活動リズムや表面体温の実態を調べ、子供達の体内時計を中心とした生理的状況を明らかにしようとしています。 また平成11年度から「中高一貫校で使用可能な生物教科書の作成研究(文部省科研費地域連携推進経費)」を2年半の計画で行いました。 上記のテーマでチェコ科学アカデミー昆虫学研究所、カナダ・アルバータ大学生物科学科 (以上はアメンボ類の研究)、ボローニャ大学医学部心理学教室(児童・生徒の生活リズム研究)との国際共同研究を展開しています。人と昆虫、いずれも動物の進化の頂点にいる分類群です。いつかこの2つの研究を統合できたらと思っています。でも、中高一貫校用テキストづくりはこの統合的な仕事のひとつになるかも知れません。当研究室のメンバーになればチェコ、カナダ、ボローニャへの研究留学が可能ですし、院生であれば上記の研究船に研究者として参加し、研究が出来ます。情熱のある方、一緒に研究しませんか?

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
水上生活者:アメンボ達の世界
究極の水上生活者=ウミアメンボ
昆虫達は季節の変化にどのように対応しているのか?
24時間型社会に生きる子ども達の睡眠健康と生活リズム
現代人と睡眠―睡眠健康をいかに確保するか?
養護教員のための睡眠学講座、
看護師のための睡眠学講座、
理学療法士・作業療法士のための睡眠学講座
学校教員のための睡眠学講座
保育士のための睡眠学講座
デンマーク・チェコ共和国の理科教育事情
海外研究三昧:カナダ・アルバータ、チェコ共和国・チェスケブデヨビッツエ、
       イタリア・ボローニャ、白鳳丸・淡青丸による東シナ海航海研究
中高一貫校に求められるテキストとは?−中高一貫生物テキストづくりプロジェクトを通して

■ 研究業績(論文・解説)
Effects of evening light conditions on salivary melatonin of Japanese junior high school students.
 Journal of Circadian Rhythms (Harada T. ) 2/, 4-11 2004 (学術雑誌)

Diapause development in Aquarius paludum (Heteroptera: Gerridae)
 European Journal of Entomology (Hadara, T., Ito, K., Hodkova, M. & Hodek, I.) 101/, 427-430 2004 (学術雑誌)

現代夜型生活とこころの健康
 小児保健研究 (原田哲夫 ) /63, 202-209 2004 (学術雑誌)

Relationship between watching late night TV and morningness-eveningness of 18-22-year old Japanese students Sleep and Biological Rhythms
  (Harada, T., Kadowaki, A., Shinomiya, H., Takeuchi, H. ) /2, 97-98 2004 ()

Comparative study on circadian typology of Japanese and Italian students aged 12-18 years Sleep and Biological Rhythms
  (Hinomiya, H., Takeuchi, H., Martoni, M., Natale, V., Harada, T. ) /2, 93-95 2004 ()

Hardiness to low temperature and drought in a water strider, Aquarius paludum in comparison with other insect groups In Trends in Entomology, 2003. (Research Trends, vol 3),Trivandrum, India
  (Harada, T. ) /, pp. 29-41 2003 ()

Comparative study of diapause regulation and life hitstory traits among the four species of the water striders, Aquarius paludum, In Recent Research Developments in Entomology, 2003. (Research Signpost, vol 4), Kerala, IndiaGerris latiabdominis, G. nepalensis and G. gracilicornis.
  (Harada, T. ) /, pp 77-98, 2003 ()

Effects of low temperature on the condition of flight muscles and flight propensity in a water strider Aquarius paludum (Heteroptera: Gerridae)
 European Journal of Entomology 100 (Harada, T., Inoue, S. & Watanabe, M. ) /, 481-484 2003 (学術雑誌)

Effects of the usage of a blacked-out curtain on the sleep-wake rhythm of Japanese University students.
 Sleep and Biological Rhythms (Harada,T., Matsumura, A. & Takeuchi, H. ) 1/, 179-181 2003 (学術雑誌)

Adult flight in a water strider exposed to habitat drydown in the larval stages.
 Naturwissenschaften (Kishi, M., Harada, T. & Spence, J.R. ) 89/, 552-554 2002 ()

Usage of mobile phone in the evening or at night makes Japanese students evening-typed and night sleep uncomfortable.
 Sleep and Hypnosis (Harada, T., Morikuni, M., Yoshii, S., Yamashita, Y. & Takeuchi H. ) 4/, 150-154 2002 (学術雑誌)

Morningness-eveningness preference and mood in Japanese junior high school students.
 Psychiatry and Clinical Neurosciences (Takeuchi, H., Morisane, H., Iwanaga, A., Hino, N., Matsuoka, A. & Harada, T. ) 56/, 227-228 2002 (学術雑誌)

A leaf beetle, Galerucella nippnensis, as available food resource for a water strider, Gerris nepalensis
 Japanese Journal of Entomology (New series)(in Japanese with English abstract) (Saiki, H. & Harada, T. ) 5/, 9-15 2002 (学術雑誌)

Effect of daytime light conditions on sleep habitsand morningness-eveningness preference ofJapanese students aged 12-15 years.
 Psychiatry and Clinical Neurosciences (Harada, T., Morisane, H. & Takeuchi, H. ) 56/, 225-226 2002 (学術雑誌)

A sexual difference in morningness-eveningness is absent from current studies in Japanese junior highschool.
 Chronobiology International (Takeuchi, H., Yamashita, Y. & Harada, T. ) 18/, 1198-1199 2001 (学術雑誌)

Physical training makesJapanese junior highschool studentsmorning-typed.
 Chronobiology International (Harada, T., Iwanaga, A., Yamashita, Y., Okazaki, Y. & Takeuchi, H. ) 18/, 1112-1113 2001 (学術雑誌)

Parental enforcement of bedtime during childfood results in Japanese junior high school students preferring morningness to eveningness.
 Chronobiology International (Takeuchi, H., Inoue, M., Watanabe, N., Yamashita, Y., Hamada, M., Kadota, G. & Harada, T. ) 18/, 823-829 2001 (学術雑誌)

児童・生徒・学生の生活リズムと睡眠習慣についての疫学的研究(総説)
 日本時間生物学会会誌 () /3, 37-46 2001 (学術雑誌)

Light conditions during sleep period and sleep-related lifestyle in Japanese students
 ┣DB Psychiatry and Clinical Neurosciences (/)-┫DB () 26/55, 221-222 2001 (学術雑誌)

Adult diapause of a monovoltine water strider, Gerris gracilicornis (Heteroptera: Gerromorpha).
 Acta Soc. Zool. Bohem. (Harada, T. & Taniguchi, Y. ) 65/, 181-187 2001 (学術雑誌)

Do majoring subjects affect morningness-eveningness preference by Japanese students ?
 J. Human Erg. (Harada, T. & Inoue, M. ) 28/, 49-53 2000 (学術雑誌)

アメンボ科昆虫における耐寒性と休眠についての生理生化学とその地理的変異
 平成11年度北海道大学低温科学研究所共同研究報告書 () /, 86-87 2000 (大学・研究所等紀要)

Do life history traits of a water strider, ┣DB Aquarius paludum (/)-┫DB, change in accordance with global warming?
 Cryo Letters () /21, 193 2000 (学術雑誌)

Nymphal density and life histories of two water striders (Hemiptera : Gerridae)
 The Canadian Entomologist () /132, 353-363 2000 (学術雑誌)

中高6年一貫教育に向けての理科(生物分野)6年一貫教材の開発と生徒の生活リズム調査
 文部省科学研究費補助金(平成11-13年度地域連携推進研究費:課題番号11794001)11年度中間報告書(第1部),(第2部) () /, 2000 (その他)

アメンボ科昆虫の生殖、分散力、耐寒性、耐乾性に及ぼす水面消失の影響
 文部省科学研究費補助金研究実積報告書(平成11年度奨励研究A:課題番号10740361) () /, 2000 (その他)

児童・生徒の生活リズム研究(]G0003[)
 高知大学教育学部研究報告 () 1/60, 127-135 2000 (大学・研究所等紀要)

朝、夕の運動と睡眠-覚醒リズム位相についての疫学的研究
 日本時間生物学会会誌 () 6/2, 127 2000 (学術雑誌)

アメンボ科昆虫の生殖、分散力、耐寒性、耐乾性に及ぼす水面消失の影響
 文部省科学研究費補助金研究実積報告書(平成10年度奨励研究A:課題番号10740361) () /, 1999 (その他)

児童・生徒の生活リズム研究(]G0002[)
 高知大学教育学部研究報告 () 3/58, 11-31 1999 (大学・研究所等紀要)

食事習慣と朝型-夜型度、大学生と専門学校生を中心にした疫学的調査
 日本時間生物学会会誌 () 5/2, 95 1999 (学術雑誌)

アメンボにおける季節適応についての内分泌学的、生理・生態学的、生態学的諸問題
  () 1/, 55-57 1999 (その他)

アメンボとヒトアメンボの移動シンドロームについての比較研究
  () 1/, 89 1999 (その他)

岡山産アメンボの翅型や生殖的休眠における光周性反応
  () 1/, 87 1999 (その他)

カナダ産アメンボ科昆虫,Limnoporus canaliculutusの生活史形質における光周性反応
  () 1/, 81 1999 (その他)

アメンボの耐寒性と生活史形質
  () 1/, 80 1999 (その他)

家族間の会話頻度が中学生の朝型-夜型度に与える影響
 日本時間生物学会会誌 () 5/2, 94 1999 (学術雑誌)

朝型-夜型度と睡眠週間の関係に及ぼす地域文化較差と性差の影響
 日本時間生物学会会誌 () 4/2, 96 1998 (学術雑誌)

児童・生徒の生活リズム研究(]G0001[)
 高知大学教育学部研究報告 () 6/5(series13), 1-91 1998 (大学・研究所等紀要)

ハネナシアメンボの飛翔型と非飛翔型による越冬
  () 1/, 257 1998 (その他)

2種のアメンボ科昆虫,アメンボとヒトアメンボの移動シンドロームについての比較研究
  () 1/, 239 1998 (その他)

飛ぶべきか、飛ばざるべきか:生息場所が干上がった時のアメンボ類の反応
  () 23/, 370-376 1998 (学術雑誌)

アメンボ亜種=amaiensisの長翅型及び短翅型成虫における生活史形質
  () 1/, 179-184 1998 (学術雑誌)

児童・生徒における加齢に伴うM-E得点の変化と性差に関する分析
 日本時間生物学会会誌 () 4/2, 95 1998 (学術雑誌)

小・中学生の睡眠ストレスに及ぼす朝型・夜型度の影響
 日本時間生物学会会誌 () 3/2, 122 1997 (学術雑誌)

高密度または低密度下で飼育されたアメンボにおける移動形質群
  () 1/, 179-184 1997 (学術雑誌)

日本の中学生における朝型-夜型度に及ぼす塾通いの影響
  () 14/Supple.1, 73 1997 (学術雑誌)

日本の中学生における朝型-夜型度に及ぼす塾通いの影響
  () 14/Supple.1, 63 1997 (学術雑誌)

増加する日長はアメンボにおける分散力を抑制する。
  () 84/, 306-308 1997 (学術雑誌)

理科教材としての『アメンボ[Aquarius Paludum(Fabricius)]における走光性実験I
 高知大学教育学部研究報告 () /53, 45-52 1997 (大学・研究所等紀要)

Sensitive stages in the photoperiodic determination of wing forms and reproduction in the water strider, Aquarius paludum(Fabricius)(共著)
 Zoological Science () 14/1, 21-27 1997 (学術雑誌)

アメンボ類の翅の長さと生活史
 インセクタリゥム () 33/9, 16-23 1996 (その他)

アメンボ科昆虫における走光性の季節的変化
 比較生理生化学 () 13/2, 107-115 1996 (学術雑誌)

理科教材としての『オカダンゴムシ[┣DBArmadillidium vulgare(/)-┫DB (Latreille)]における湿度定位行動実験』
 高知大学教育学部研究報告 () /51, 1-7 1996 (大学・研究所等紀要)

Effects of population density on the duration of nymphal period and diapause-posture at the adult stage in a water strider, Gerris latiabdominis(Hemiptera : Gerridae)
 Japanese Journal of Entomology () 64/2, 413-419 1996 (学術雑誌)

Adult diapause induced by the loss of water surface in the water strider, ┣DBAquarius paludum(/)-┫DB
 Zoological Science () 11/6, 855-857 1994 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)
生物学-分子が語る生命のからくり-(第8章:環境シグナルへの応答と適応)(1998)
 出版社:朝倉書店

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)
【国際会議開催】“Czech-Japanese Governments Project: International Japanese-Czech New-Year Seminar of Entomology, 8-10 January, 1999, Kochi, Japan”(国際会議:チェコー日政府間プロジェクト:昆虫学国際ニューイヤーセミナー「昆虫の季節適応の生物学:分子生物学、生理学、生態学を統合する新しい」地平を拓く」)で開催責任者を務める。(1999)

【国際会議開催】“International New-Year Workshop on Making Biological Textbook for New 6 Years Middle School (13-18y) System in JAPAN, 10-12 January, 2001, Motoyama-cho & Kochi, Japan” (国際会議:中高6年一貫校用生物テキスト作りの為の国際ニューイヤーワークショップ)で開催責任者及び議長を務める。(2001)

【国際会議座長】“International Congress of Chronobiology, 1997, Paris” (国際時間生物学会議:パリ、フランス), Poster Session:Physical and Mental Performance の座長を務める。(1997年9月11日)

【国際会議座長】“IV th European Congress of Entomology, 1998,Ceske Budejovice”(第6回ヨーロッパ昆虫学会議)、Workshop 3A: Migration: an important phase of life cycle: Oral Presentation(ワークショップ:移動:生活史における重要局面、口演によるセッション)の座長を務める。(1998年8月25日)

【国際会議座長】“2nd International Czech-Japanese Seminar on Entomology INSECT PHOTOPERIODISM AND RHYTHMICITY 第2回チェコ―日昆虫学国際セミナー(チェコ科学アカデミー昆虫学研究所、南ボヘミア大学生物科学部主催)Round-table on Japanese textbook of Biology(生物教科書作りプロジェクト円卓会議)で議長を務める。(2002年8月8日)

【国際会議座長】“Korea-Japan Joint Conference on Applied Entomology and Zoology, 2003  韓―日応用動物昆虫学合同学術会議、Program of Aquatic Entomology Oral Section (水棲昆虫学のセッション)でProf Yeon Jae Baeと共に座長を務める。(2003年5月30日)

【国際会議座長】“The International Society for Affective Disorders (ISAD) 2nd Biennial Conference Cancun, Mexico, 5th-10th March(国際気分障害会議第2回学術会議), Free-Communication- Orals, Session one Topic 2: Personality and development (口頭発表セッション1、人格と発達で座長を務める)(2004年3月7日)

日本動物学会国際研究集会派遣研究者(第6回ヨーロッパ昆虫学会議)に選出される。(1998年10月)

日本昆虫学会「第21回国際昆虫学会旅費援助研究者」に選出される。(1999年9月)

チェコ共和国・南ボヘミア大学より「南ボヘミア大学栄誉賞」が授賞される。 (2001年9月)


前ページへ戻る