■ 氏名
藤山 亮治 (フジヤマ リョウジ)
FUJIYAMA Ryoji

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Sciences Unit/Professor
教育研究部 自然科学系 理学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Science, Department of Applied Science, Applied Chemistry Course
理学部 応用理学科 応用化学コース

■ 連絡先
住 所
電 話088-844-8300
F A X
E-Mailfujiyama●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
九州大学 博士(理学研究科 化学) 1981 (中退)

■ 出身学校・専攻等
熊本大学 (理学部 化学) 1977 (卒業)

■ 取得学位
理学博士,理学修士 (論文) 九州大学 有機化学

■ 研究職歴
1981-1989 高知大学 助手
1989-1990 高知大学 講師
1990-1996 高知大学 助教授
1996-1998 九州大学 助教授


■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本化学会
 ( 国内)
有機合成化学協会
 ( 国内)

■ 専門分野
物理有機化学・計算化学

■ 主な研究テーマ・活動
有機反応におけるケイ素基の効果に関する研究
分子軌道計算による不安定中間体構造解析
分子軌道計算による有機反応機構解析

■ 研究についてのPR
有機化合物は構造が変化することにより多種多様な性質を示し、有機化学という分野をつくっている。有機化合物はメタンのような低分子量からから酵素のような高分子量の化合物が対象であるが、有機分子の相互作用や反応を考えた場合は共通点が多い。このような相互作用や反応の多様性を定性的な理解ではなく、定量的に理解することを目指して研究している。そのための研究手段として、反応速度測定と分子軌道計算を用いている。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
化学結合の話・有機分子の立体的な形・反応速度について

■ 研究業績(論文・解説)
(S)-(+)-プロパノールメチルエーテルのアミドを用いる不斉反応 I 不斉グリニャール反応による(R)-(-)-アトロラクチン酸の合成
 高知大学理学部紀要Ser.C () 8/, 51-58 1987 (大学・研究所等紀要)

(S)-(+)-プロパノールメチルエーテルのアミドを用いる不斉反応 II N-グリシル誘導体の不斉アルキル化およびアミノ基の保護に関する研究
 高知大学理学部紀要Ser.C () 8/, 59-66 1987 (大学・研究所等紀要)

光学活性ホルミルショウノウ類を不斉源とするグリシン誘導体の不斉アルキル化
 日本化学会誌 () /, 186-190 1987 (学術雑誌)

exo-3-ホルミル-3-メチルショウノウの合成
 日本化学会誌 () /, 257-259 1987 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)
有機ケイ素化合物のソルボリシス反応(1998-)受託研究等

ボロンカチオンの化学(2000-)受託研究等


前ページへ戻る