■ 氏名
渡辺 茂 (ワタナベ シゲル)
WATANABE Shigeru

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Multidisciplinary Science Cluster, Interdisciplinary Science Unit/Professor
教育研究部 総合科学系 複合領域科学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Science and Technology
理工学部 化学生命理工学科

■ 連絡先
住 所〒780-8520 高知県高知市曙町 2-5-1
電 話088-844-8301
F A X088-844-8359
E-Mailwatanabe●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://www.cc.kochi-u.ac.jp/~watanabe/

■ 出身大学院・研究科等
大阪府立大学 博士(工学研究科 応用化学) 1990 (修了)

■ 出身学校・専攻等
大阪府立大学 (工学部 応用化学) 1985 (卒業)

■ 取得学位
工学博士 (課程) 大阪府立大学 機能物質化学

■ 研究職歴
平成 2年 9月 米国マイアミ大学化学科 G.W.Gokel教授 博士研究員
          −人工イオンチャンネルに関する研究 −
平成 4年 2月 米国アルゴンヌ国立研究所 M.R.Wasielewski博士 博士研究員
         −人工光合成(光誘起電子移動)に関する研究 −
平成 5年 1月 高知大学理学部 助手
平成 6年10月 高知大学理学部 講師
平成 8年 4月 高知大学大学院理学研究科・理学部 助教授
平成22年 4月 教育研究部総合科学系複合領域科学部門 准教授


■ 委員歴・役員歴
平成19年4月−平成21年3月 日本化学会中国四国支部高知地区幹事
平成21年11月−現在 日本化学会中国四国支部高知地区代議員
平成22年4月−現在 有機合成化学協会中国四国支部高知地区幹事


■ 受賞学術賞
有機合成化学協会中国四国支部長賞 (2004)

■ 所属学会
日本化学会
 (日本化学会中国四国支部高知地区代議員 2010 )
高分子学会
 ( )
応用物理学会
 ( )
有機合成化学協会
 (中国四国支部高知地区幹事 2010 )
化学とマイクロ・ナノシステム研究会
 ( )
アメリカ化学会
 ( )

■ 専門分野
超分子化学,有機合成化学,生物有機化学コロイド化学,分子分光学

■ 主な研究テーマ・活動
1. バイオコンジュゲートナノ検出薬の開発
2. ナノプラズモニクスセンサの開発
3. 生体微量物質の高感度な定量・定性分析を実現させるナノ診断システムの開発

■ 研究についてのPR
 金属や半導体ナノ粒子をキーマテリアルに生体微量物質の高感度な定性・定量分析を可能にするナノ検出薬およびナノ診断システムを開発する。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
 『見えない色素がおもしろい』(出張講義)
 色素といえば赤・緑・青など色々な色を思い浮かべ,私たちの生活を大へん色鮮やかにしてくれるものと思い込みがちですが,見えないところにも様々な色素が使われています.これらの色素は光・熱・圧力などの刺激を与えると,赤や青あるいは黒くなり目えるようになります.このような変わり者の色素を発色のメカニズムとともに紹介します.

 『太陽電池を作ろう』(出張実験)
 導電性ガラスに酸化チタンを塗布し,いろいろな色素を加えてきれいな色の付いた太陽電池をつくり,発電に挑戦します.

■ 研究業績(論文・解説)
Enhanced Optical Sensing of Biological Important Anions with Functionalized Gold Nanoparticles
 Trans.Mater.Res.Soc.Jpn. () 29, 869-872/, 2004 (学術雑誌)

Enhanced Optical Sensing of Anions with Amide-functionalized Gold Nanopartcles
 Chem.Comm. () 2866-2867/, 2002 (学術雑誌)

Heterocyclic Quinol-type Fluorophores. Part 1. Synthesis of New Benzofurano[3,2-b]naphthoquinol Derivatives and Their Photophysical Properties in Solution and in the Crystalline State
 J.Chem.Soc.,Perkin Trans.2 (K.Yoshida, Y.Ooyama, H.Miyazaki, S.Watanabe ) /, 700-707 2002 (学術雑誌)

Heterocyclic Quinol-type Fluorophores. Part 2. Synthesis of New Benzofurano[3,2-b]- naphthoquinol Derivatives and Their Photophysical Properties in Solution and in the Crystalline State  
 J.Chem.Soc.,Perkin Trans.2 (K.Yoshida, Y.Ooyama, H.Miyazaki, S.Watanabe ) /, 708-714 2002 (学術雑誌)

A Luminescent Metalloreceptor Exhibiting Remarkably High Selectivity for Mg2+ over Ca2+
 J.Am.Chem.Soc. () 123, 8402-8403/, 2001 (学術雑誌)

Fluorescence Sensing Behavior of Crystals of an Imidazole-Type Clathrate Host upon Contact with Gaseous Carboxylic Acids
 Chem.Lett., (K.Yoshida, K.Uwada, H.Kumada, L.Bu, S.Watanabe ) /, 808-809 2001 (学術雑誌)

Stereoselective Optical Sensing of Dicarboxylate Anions by An Induced-fit type Ru(U) Receptor
 Tetrahedron Lett. () 41, 4583-4586/, 2000 (学術雑誌)

Fluorescene Sensing Behavior of Thin-films of Benzofuranoquinol Clathrate Host upon Exposure to Various Gaseous Amines
 K.Yoshida, Y.Ooyama, S.Tanikawa, S.Watanabe, (Chem.Lett.) /, 714-715 2000 (学術雑誌)

Solid-Surface Fluorescence Enhancement Behavior of a Benzofuranoquinol-Type Fluorescent Host upon Enclathration of Alicyclic Amines   
 Chem.Lett. (K.Yoshida, H.Miyazaki, Y.Miura, Y.Ooyama, S.Watanabe, ) /, 837-838 1999 (学術雑誌)

Synthesis and Metal Ion-sensing Properties of Fluorescent PET Chemosensors Based on 2-Phenylimidazo[5,4-a]anthraquinone  
 J.Chem.Soc., Perkin Trans. 2 (K.Yoshida, T.Mori, S.Watanabe, H.Kawai, T.Nagamura  ) /, 393-397 1999 (学術雑誌)

Luminescent Metalloreceptor with a Neutral Bis(Acylamino-imidazoline) Binding Site: Optical Sensing of Anionic and Neutral Phosphodiesters
 J.Am.Chem.Soc. () 120, 29-230/, 1998 (学術雑誌)

Azacrown Ethers as Amphiphile Headgroups: Formation of Stable Aggregates from Two- and Three-Armed Lariat Ethers  
 J.Org.Chem., 62 (S.L.De Wall, K.Wang, D.R.Berger, S.Watanabe, J.C.Hernandez, G.W.Gokel) /, 6784-6791 1997 (学術雑誌)

Synthesis of New Imidazoanthraquinol Fluorophores and Their Fluorescence and Solid-State Inclusion Properties
 Chem.Lett. (K.Yoshida, J.Yamasaki, Y.Tagashira, S.Watanabe) /, 9-10 1996 (学術雑誌)

Synthetic Models for Transmembrane Channels: Structural Variations That Alter Cation Flux
 J.Am.Chem.Soc., 117 (O.Murillo, S.Watanabe, A.Nakano, G.W.Gokel ) /, 7665-7679 1995 (学術雑誌)

Luminescent Metalloreceptor with a Neutral Bis(Acylamino-imidazoline) Binding Site: Optical Sensing of Anionic and Neutral Phosphodiesters
 J.Am.Chem.Soc., 120 (S.Watanabe, O,Onogawa, Y.Komatsu, K.Yoshida, ) /, 229-230 1989 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)
糖修飾金属超微粒子の製造法
 特願2004-030122

超微粒子配列シートの製造方法
 特願2004-246402

超微粒子配列シート
 特願2004−303625

■ 研究業績(その他の活動)
機能性ナノ粒子の設計・合成(2003−2004)受託研究等


前ページへ戻る