■ 氏名
原崎 道彦 (ハラサキ ミチヒコ)
HARASAKI Michihiko

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Humanities and Social Science Unit/Professor
教育研究部 人文社会科学系 人文社会科学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Social Studies Education Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(社会科教育コース)

■ 連絡先
住 所
電 話088-844-8370
F A X
E-Mailharasaki●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
東北大学 博士(文学研究科 ) 1991 (単位取得満期退学)

■ 出身学校・専攻等

■ 取得学位
文学修士 (課程) 東北大学

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本倫理学会
 ( 国内)
社会思想史学会
 ( 国内)
東北哲学会
 ( 国内)

■ 専門分野
西洋哲学史
西洋哲学

■ 主な研究テーマ・活動
ヘーゲル『精神現象学』の成立史
青年ヘーゲルの思想形成
快楽にかんする哲学的考察
リラクセーションの哲学

■ 研究についてのPR
 研究歴はオーソドックスに西洋哲学史(ヘーゲル)からスタートしています。ヘーゲルの『精神現象学』の成立史の研究で20代をすごし、青年ヘーゲルの思想形成の研究で30代をすごしました。40代は(オーソドックスな)思想史研究から離れて、自然科学の分野におけるさまざまな研究成果をもとに快楽について考えることに没頭しました。快楽は哲学の歴史において主題的に扱われたことがほとんどありません。哲学史の「裏テーマ」などと言われることもありますが、私としては、メイン・テーマとなるはずだと考えています。40代の後半から、快楽体験としてのリラクセーションに没頭するようになり、50代にさしかかった現在、リラクセーションを中軸にすえた哲学の構築をめざしながら、リラクセーションの実習をともなう哲学の事業をフル展開中です。 実はリラクセーションも西洋哲学の世界では完全に無視されているテーマなのですが、めげずにまい進中です。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
ヘーゲルは何を考えたか?
哲学では「快楽」をどう考えてきたか?
リラクセーションとは何か?
東洋と西洋の人間観はどこがどう違うか?

■ 研究業績(論文・解説)
単著:「カラダはココロである(2) 快楽の哲学のために」 
 高知大学教育学部研究報告 () /69, 1-14 (2009)  (学術雑誌)

翻訳: 「ヘーゲル『精神現象学』饒舌訳の試み」  
 高知大学教育学部研究報告 () /68, 35-117 2008 (学術雑誌)

単著: 「カラダはココロである 快楽の哲学のために」 
 高知大学教育学部研究報告 () /68, 1-34 2008 (学術雑誌)

単著: 「微かな刺激を深く感じる 快楽の哲学のために」 
 高知大学教育学部研究報告 () /67, 15-36 2007 (学術雑誌)

単著: 「脱力の思想 快楽の哲学のために」 
 高知大学教育学部研究報告 () /66, 19-36 2006 (学術雑誌)

単著: 「ゾウリムシはいつ死ぬか 快楽の哲学のために」 
 高知大学教育学部研究報告 () /64, 21-31 2004 (学術雑誌)

単著: 「快楽原理のゆくえ 快楽の哲学のために」 
 高知大学教育学部研究報告 () /64, 1-19 2004 (学術雑誌)

単著: 「快楽原理のもとに 快楽の哲学のために」 
 高知大学教育学部研究報告 () /63, 32-48 2003 (学術雑誌)

単著: 「青年ヘーゲル論(その三)」
 高知大学教育学部研究報告 () /57, 1-80 1999 (学術雑誌)

単著: 「青年ヘーゲル論(その二)」 
 高知大学教育学部研究報告 () /56, 1-437 1998 (学術雑誌)

単著: 「青年ヘーゲル論(その一)」 
 高知大学教育学部研究報告 () /55, 1-57 1998 ()

単著: 「バタイユとヘーゲル」
 理想 () /660, 117-127 1997 (学術雑誌)

単著 『ヘーゲル 「精神現象学」 試論 埋もれた体系構想』
 未来社 () /, 全289 1994年11月 (学術雑誌)

単著: 「進化論とヘーゲル −なぜヘーゲルに進化論がないのか−」
 伊坂青司・長島隆・松山寿一編 『ドイツ観念論と自然哲学』 創風社 () /, 113−133 1994 (学術雑誌)

カラダはココロである(3) 快楽の哲学のために
 高知大学教育学部研究報告 (原崎道彦) /70, 23-47 2010 (大学・研究所等紀要)

カラダはココロである(4) 快楽の哲学のために
 高知大学教育学部研究報告 (原崎道彦) /71, 11-40 2011 (大学・研究所等紀要)

『中論』をめぐる冒険
 高知大学教育学部研究報告 (原崎道彦) /70, 41-102 2011 (大学・研究所等紀要)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る