■ 氏名
受田 浩之 (ウケダ ヒロユキ)
UKEDA Hiroyuki

■ 所属部局/職名
Director/Director
理事/理事(地域・国際・広報・IR担当)

■ 学部・学科・コース等
Director
理事

■ 連絡先
住 所高知市朝倉本町2丁目17-47
電 話088-844-8555
F A X088-844-8556
E-Mailhukeda●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
九州大学 修士(農学研究科 食糧化学工学) 1984 ()

■ 出身学校・専攻等
九州大学 (農学部 食糧化学工学科) 1982 ()

■ 取得学位
農学博士 (論文) 九州大学 食品科学
農学修士 (課程) 九州大学 食品科学

■ 研究職歴
1986-1991 九州大学 助手
1991-1992 ドイツ国立バイオテクノロジー研究所 客員研究員


■ 委員歴・役員歴
2016−2019 香南市産業振興計画策定委員会 委員長
2016−2019 第38回全国豊かな海づくり大会高知県実行委員会委員
2017−2019 日本カツオ学会 副会長
2017−2019 南国市行政計画審議会委員
2017−2019 高知市まち・ひと・しごと創生有識者会議 委員長
2017−2019 高知市立公民館運営審議会委員
2017−2019 内閣府消費者委員会 委員
2017−2021 四国健康支援食品制度推進委員会 委員
2017−2021 NPO法人食と健康を学ぶ会 副理事長
2017−2020 碁石茶新需要創造協議会 会長
2018−2021 公益財団法人高知県産業振興センター評議員
2018−2021 公益財団法人高知県牧野記念財団 理事
2018−2020 内閣府平成30年度地方と東京圏の大学生対流促進事業選定委員会委員
2018−2020 高知カツオ県民会議 会長代理、幹事長
2018−2021 香南市まち・ひと・しごと創生総合戦略策定委員会委員
2018−2020 高知県産業振興計画フォローアップ委員会委員長
2018−2020 高知市れんけいこうち広域都市圏ビジョン推進懇談会委員長
2018−2020 文化庁日本遺産フォローアップ委員会 委員
2019−2020 公益財団法人日本生産性本部 地方創生カレッジ推進会議委員
その他

2018- 内閣府「地方大学・地域産業創生交付金」事業
高知県プロジェクト「“IoP(Internet of Plants)”が導く「Next次世代型施設園芸農業」への進化」事業責任者


■ 受賞学術賞
日本食品科学工学会奨励賞 (1995)
日本分析化学会フローインジェクション分析研究懇談会 フローインジェクション分析進歩賞 (1998)
日本分析化学会フローインジェクション分析研究懇談会 学術賞 (2008)

■ 所属学会
日本農芸化学会
 (中国四国支部評議員 2002- 国内)
日本分析化学会
 (中国四支部幹事 国内)
日本食品科学工学会
 ( 国内)
日本機能性食品医用学会
 (評議員 2003 国内)
海洋深層水利用学会
 ( 国内)
日本食品化学学会
 ( 国内)
日本カツオ学会
 (副会長 国内)

■ 専門分野
食品分析学、食品化学、食品機能学

■ 主な研究テーマ・活動
1. 食品成分(栄養成分、色・味・香りなどの感覚機能成分、健康の維持・増進作用を有する生体調節機能成分)の分析技術の開発
2. 健康の維持・増進に役立つ食品成分の検索とその利用
3. 海洋生物資源の食品利用
4. 乳製品の品質管理技術の確立(メイラード反応の化学)

■ 研究についてのPR
 研究テーマは「食品機能を測る・探す・確かめる」です。
 食品には健康の維持・増進に寄与する有用な成分が含まれています。私は、主に高知県で得られる各種農水産物(碁石茶、ニラ、ショウガ、ナス、カツオなど)が有する健康の維持・増進効果を解明することを目的に、簡易・迅速な機能性評価技術の開発、並びにその技術を駆使した地域資源の機能性評価と、関与成分の構造解析を試みています。
 これまでに、種々の病気の原因と考えられている活性酸素(スーパーオキシドアニオン)の消去能(抗酸化能)を簡便に評価できる分析技術を確立し、商品化致しました。本測定キットは生化学や食品化学の分野で世界的に広く利用されています。また食品の機能性成分の検索を行った成果は、すでに「血圧が高めの方に適した食品」と表示された特定保健用食品の誕生に結びついています。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
社会人対象:「食と健康」
 油が傷んだり、味噌、醤油が着色する現象は老化や生活習慣病の発症モデルになります。講演ではこれらの現象がなぜ老化や生活習慣病のモデルになるのか、またそこから導き出された二つの因子、活性酸素とメイラード反応について解説します。それらの原因を科学的に理解した上で、どんな食品がそれらの予防に有効であるかを一緒に考えてみます。
生徒対象:「健康に暮らすための食生活を考える」
 病気の原因を活性酸素とメイラード反応の面から説明し、その予防に有効な食品成分を解説します。食品科学の最新知見から明らかになった病気予防の究極の食べ物は?・・・・実は日本人が伝統的に食べてきた味噌汁をはじめとする「和食」だったのです。

■ 研究業績(論文・解説)
加熱イワシ筋肉のペプシン加水分解物中に存在するアンジオテンシンI変換酵素阻害ペプチド
 日本農芸化学会誌 () 66/1, 1992 (学術雑誌)

ビタミンK3をメディエーターとして用いた酸素消費型酵素センサーによるエタノールの
 分析化学 () 38/11, 1989 (学術雑誌)

アルコール脱水素酵素とBacillus licheniformis由来のNADH酸化酵素を用いた溶存酸素消費に基づくエタノールのフローインジェクション分析
 分析科学 () 9/6, 779 1993 (学術雑誌)

グルタルアルデヒド活性化担体上への牛血清アルブミン結合過程の動力学的解析
 分析科学 () 9/5, 617-623 1993 (学術雑誌)

微生物電極に基づいた牛乳中の短鎖脂肪酸のフローインジェクション分析
 農芸化学及び食品化学雑誌 () 40/11, 2324-2327 1992 (学術雑誌)

食品分析-特に食品の品質にかかわる成分
 ぶんせき () /, 690-696 1991 (学術雑誌)

フローインジェクション分析法による牛乳の分析
  () /, 1994 (学術雑誌)

電導度検出型糖含量測定用フローインジェクション分析装置の開発
 日食工誌 () 32/8, 576-581 1985 (学術雑誌)

フローインジェクション分析法による食品中の糖嘱量の電気化学的測定
 日食工誌 () 32/12, 916-919 1985 (学術雑誌)

並列酵素固定化カラム法を用いた酸素研費型センサーによるワイン中のL-リンゴ酸とエタノールの同時定量
 分析化学 () 39/11, 723-727 1990 (学術雑誌)

グルタルアルデヒドを用いたアミノ基定量による魚肉酵素加水分解反応の簡易モニタリング法
 農化 () 65/8, 1229-1231 1991 (学術雑誌)

イワシ蛋白質加水分解物からのアンジオテンシンI変換酵素阻害ペプチドの調製とその分離
 農化 () 65/8, 1223-1228 1991 (学術雑誌)

バイオセンサー-フローインジェクション分析法による食品分析
 日本食品科学工学会誌 () 42/, 849-858 1995 (学術雑誌)

ビタミンK3とテトラゾリウム塩を組み合わせた生乳微生物数の簡易発色試験法の開発
 日食工誌 () /, 627-633 1995 (学術雑誌)

各種褐草藻から抽出されたアルギン酸の化学的性質とナトリウム結合能
 日本食品科学工学会誌 () 43/5, 569ー574 1996 (学術雑誌)

二官能性試薬グルタルアルデヒドの織りなす多様な科学の世界
 化学と生物 () 35/7, 496-504 1997 (学術雑誌)

食品中のメイラード反応生成物の分析法
  () 171/, 84-91 1997 (学術雑誌)

テトラゾリウム塩XTTを用いた新規SOD様活性測定法の嗜好飲料への応用(共著)
 農化 () 72/10, 1181-1186 1998 (学術雑誌)

バイオセンサ/FIA法による食品分析(単著)
 食品工業 () 42/2, 45-53 1999 (その他)

固定化生体触媒を利用した食品分析システムの開発(単著)
 分析化学 () 48/2, 183-191 1999 (学術雑誌)

マイワシ筋肉ペプシン消化物からの活性酸素消去能を有するオクタペプチドの分離同定およびその活性(共著)
 日水誌 () 65/6, 1096-1099 2000 (学術雑誌)

フローインジェクション分析-有機成分-(共著)
 ぶんせき () /, 211-216 2000 (学術雑誌)

酵素スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)の新規活性測定法(単著)
 農化 () /75, 562-565 2001 (学術雑誌)

牛乳の品質評価におけるXTT法フェリシアナイド還元法との比較
 食化工 () 48/11, 840-843 2001 (学術雑誌)

スーパーオキシドアニオン消去活性新規測定法の食品への応用
 食化工 () 49/1, 25-31 2002 (学術雑誌)

高知県産茶および青果物に有するスーパーオキシドアニオン消去能の測定
 食化工 () 49/10,  679-682 2002 (学術雑誌)

海洋深層水媒体下における寒天ゲルのレオロジー特性
 Bull. Soc. Sea Water Sci. Jpn () 56, 32-40/, 2002 (学術雑誌)

Volatile Components of Vietnamese Lime Peel Oil
 Proceeding of Scientific Conference Honoi Univ. Technol () ,36-40/, 2001 (大学・研究所等紀要)

Isotope Ratio by HRGC-MS of Citrus Junos Tanaka(Yuzu) Essential Oils: m/z 137/136 Terpene Hydrocarbons
 Biosci. Biotechnol/Biochem () 65/12, 2622-2629 2001 (学術雑誌)

Effect of Carnosine and Related Compounds on the Inactiovation of Human Cu, Zn-Superoxide Dismutase by Modiffication of Fructose and Glycolaldehyde
 Biosci. Biotechnol/Biochem () 66/1, 36-43 2002 (学術雑誌)

Characteristic Odor Components of Citrus Sphaerocarpa Tanaka(Kabosu) Cold-pressed Peel Oil
 J. Agric. Food Chem. () 50/10, 2908-2913 2002 (学術雑誌)

Volatile Constituents of Vietnamese Pummelo, Orange, Tangerine and Lime Peel Oils
 Favour Fragr. J. () 17, 169-174/, 2001 (学術雑誌)

Spectrophotometric Assay of Superoxide Anion Formed in Maillard Reaction Based on Highly Water-soluble Tetrazolium Salt
 Anal. Sci. () 18, 1151-1154/, 2002 (学術雑誌)

高知県産茶および青果物の有するスーパーオキシドアニオン消去能の測定
 日本食品化学工学会誌 (森山洋憲、片山康幸、中林錦一、受田浩之、沢村正義) 49/10, 679-682 2002 (学術雑誌)

室戸海洋深層水媒体下における加熱香気生成反応に関する研究
 日本海水学会 (沢村正義、今江直博、Anas Khairul Fazian、受田浩之、深見公雄) 57/2, 113-121 2003 (学術雑誌)

イワシ筋肉アルカリプロテアーゼ加水分解物のスーパーオキシドアニオン消去活性
 日本食品科学工学会誌 (森山洋憲、片山泰幸、受田浩之、沢村正義、筬島克裕、松井利郎、松本清) 50/9, 392-398 2003 (学術雑誌)

食品機能を評価するためのFIA
 Journal of Flow Injection Analysis (受田浩之) 20/1, 21-25 2003 (その他)

バイオセンサの応用とトピックス
 化学装置 (受田浩之) 10月号/, 24-30 2003 (その他)

スーパーオキシドアニオン消去活性新規則定法の開発と食品への応用
 Foods & Food Ingredients Journal of Japan (受田浩之、森山洋憲) 208/, 4-12 2003 (その他)

Flow infection analysis of DPPH radical based on electron spin resonance.
 Talanta (Hiroyuki Ukeda, Yukiko Adachi, Masayoshi Sawamura) 58/, 1279-1283 2002 (学術雑誌)

Reduction mechanism of tetrazolium salt XTT by a glucosamine derivative.
 Bioscience, Biotechnology and Biochemistry (Tomoko Shimamura, Atsuko Takamori, Hiroyuki Ukeda, Masayoshi Sawamura) 67/2, 295-299 2003 (学術雑誌)

Isotope ratio analysis by HRGC-MS of monoterpene hydrocarbons from ditrus essential oils
 Bioscience, Biotechnology and Biochemistry (Atsushi Satake, Akitoshi Une, Takao Ueno, Hiroyuki Ukeda, Masayoshi Sawamura) 67/3, 599-604 2003 (学術雑誌)

Spectrophotometric assay of yeast vitality using 2,3,5,6-tetramethyl-1,4-benzoquinone and tetrazolium salt
 Analytical Sciences (Tadayuki Tsukatani, Takahiro Ohba, Hiroyuki Ukeda, Kiyoshi Matumoto) 19/5, 659-664 2003 (学術雑誌)

Changes of the volatile profile and artifact formation in Daidai(Citrus aurantium) colod-pressed peel oil on storage.
 Journal of Agricultural and Food Chemistry (Simon Muhoho Njoroge, Hiroyuki Ukeda, Masayoshi Sawamura) 51/14, 4029-4035 2003 (学術雑誌)

Characteristic odour components of Citrus inflate Hort.Ex Tanaka (Mochiyu)cold-pressed peel oil
 Flavour Fragrance Journal (N.T.Mihn Tu, Y.Ohnishi, U.S.Son, E.Ogawa, H.Ukeda, M.Sawamura) 18/, 454-459 2003 (学術雑誌)

7.Electrochemical measurement of yeast cell density and vitality using 2,3,5- trimethyl-1,4-benzoquinone and effect of ethanol on the metabolism of quinine by yeast cells.
 Food Science and Technology Research (Tadayuki Tsukatani, Seiji Ide, Takahiro Ohda, Hiroyuki Ukeda, Kiyoshi Matsumoto) 9/3, 271-275 2003 (学術雑誌)

Effects of several variable factors on the isotope ratio by HRGC-MS
 Bioscience, Biotechnology and Biochemistry (Masayoshi Sawamura, Atsushi Satake, Takao Ueno, Akitoshi Une, Hiroyuki Ukeda) 68/1, 215-217 2004 (学術雑誌)

Flow-injection assay of catalase activity
 Analytical Sciences (Hiroyuki Ukeda, Yukiko Adachi, Masayoshi Sawamura) 20/3, 471-474 2004 (学術雑誌)

MS fragment isotope ratio analysis for evaluation of citrus essential oils by HRGC-MS
 Bioscience, Biotechnology and Biochemistry (Atsushi Satakee, Kiyoshi Furukawa, Takao Ueno, Hiroyuki Ukeda, Masayoshi Sawamura) 68/2, 312-316 2004 (学術雑誌)

Relationship between the XTT reducibility and aminoreductone formed during the Maillard reaction of lactose: the detection of aminoreductone by HPLC
 Food Science and Technology Research (Tomoko Shimamura, Hiroyuki Ukeda, Masayoshi Sawamura) 10/1, 6-9 2004 (学術雑誌)

The application of O-aminopropyl amylase for the stabilization of horseradish peroxidase via addition and cross-linking
 Enzyme and Microbial Technology (Antje Gonera, Petra Mischnick, Hiroyuki Ukeda) 34/, 248-254 2004 (学術雑誌)

Metabolism of benzoquinone by yeast cells and oxidative characteristics of corresponding hydroquinone: application to highly sensitive measurement of yeast cell density by using benzoquinone and a chemiluminescence probe
 Bioscience, Biotechnology and Biochemistry (Tadayuki Tsukatani, Seiji Ide, Hiroyuki Ukeda, Kiyoshi Matsumoto) 68/7, 1525-1532 2004 (学術雑誌)

Effect of carbonyl compounds on red cells deformability
 Biochemical and Biophysical Research Communications (Hiroyoshi Iwata, Hiroyuki Ukeda, Tohru Maruyama, Takehiko Fujino, Masayoshi Sawamura) 321/, 700-706 2004 (学術雑誌)

抗酸化活性評価のためのフローインジェクション分析システム
 分析化学 (受田浩之) 53/, 221-231 2004 (学術雑誌)

Flow Injection Determination of Xanthine Oxidase Inhibitory Activity and Its Application to Food Samples
 Analytical Science (Le Hoang Lam, ken Sakaguchi, Hiroyuki Ukeda, and Masayoshi Sawamura) 22/1, 105-109 2006 (学術雑誌)

Tyrosinase Inhibitory Activity of Citrus Essential Oils
 Journal of Agricultural and Food Chemistry (Ritaro Matsuura, Hiroyuki Ukeda, and Masayoshi Sawamura) 54/6, 2309-2313 2006 (学術雑誌)

Assay of Angiotensin I-comverting enzyme-inhibiting activity based on the detection of 3-hydroxybutyric acid
 Analytical Biochemistry (Le Hoang Lam, Tomoko Shimamura, Ken Sakaguchi, Katsuya Noguchi, Munetaka Ishiyama, Yume Fujimura, Hiroyuki Ukeda) 364/, 104-111 2007 (学術雑誌)

Electron Spin Resonance Analysis of Superoxide Anion Radical Scavenging Activity with Spin Trapping Agent,Diphenyl-PMPO
 Analytical Science (Tomoko Shimamura, Yume Fujimura, and Hiroyuki Ukeda) 23/10, 1233-1235 2007 (学術雑誌)

酸化防止剤力価評価のための各種抗酸化活性測定法の共同試験
 日本食品科学工学会誌 (島村智子,松浦理太郎,徳田貴志,杉本直樹,山崎壮,松藤寛,松井利郎,松本清,受田浩之,) 54/11, 482-487 2007 (学術雑誌)

土佐宇宙酒と「てんくろう学」〜ビジネスモデルの構築〜
 日本航空宇宙学会誌 (上東治彦,竹村彰夫,広田豊一,松井隆,日和崎三郎,受田浩之,鈴木朝夫) 55/646, 10-15 2007 (学術雑誌)

Protective ability of aminoreductone on riboflavin photo-degradation
 International Dairy Journal (Vu Thu Trang, Yoshikazu Kurogi, Shinya Katsuno, Tomoko Shimamura, and Hiroyuki Ukeda,) 18/, 344-348 2008 (学術雑誌)

Characterization of Superoxide Anion Scavenging Compounds in Roselle(Hibiscus sabdariffa L.) Extract by Electron Spin Resonance and LC/MS
 Food Science and Technology Research, (BO-Chuan Hsieh, Ritaro Matsuura, Hironori Moriyama, Richie L.C.Chen, Tomoko Shimamura and Hiroyuki Ukeda) 14(4)/383−388, 2008 (学術雑誌)

Assay of Angiotensin I-converting Enzyme-inhibiting Activity Based on the Detection of 3-Hudroxybutyrate with Water-soluble Tetrazolium Salt
 Analytical Sciences, (Le Hoang Lam, Tomoko Shimamura, Sachiyo Manabe, Munetaka Ishiyama, and Hiroyuki Ukeda) 24(8)/1057−1060, 2008 (学術雑誌)

カンキツ精油の有する生体作用の生化学的解析
 Aroma Research, (受田浩之) 9(4)/302−306, 2008 (学術雑誌)

碁石茶製造工程におけるカテキン含量とスーパーオキシドアニオン消去活性の変化
 日本食品科学工学会誌 (島村智子,松浦理太郎,森山洋憲,竹田匠輝,受田浩之) 55(12)/640−644, 2008 (学術雑誌)

濃縮海洋深層水の膜蒸留法による高塩分化と微細藻Dunaliella salinaの培養への応用
 日本食品科学工学会誌 (島村智子,黒田さやか,竹中裕行,柳下宏,池上徹,榊啓二,受田浩之) 55(12)/619−624, 2008 (学術雑誌)

Antimicrobial activity of aminoreductone against Helicobacter pylori
 Journal of Agricultural and Food Chemistry (Vu Thu Trang, Hiroaki Takeuchi, Hayato Kudo, Akitoshi Aoki, Shinya Katsuno, Tomoko Shimamura, Tetsuro Sugiura and Hiroyuki Ukeda) 57/23, 11343-11348 2009 (学術雑誌)

Flow injection analysis of angiotensin I-converting enzyme inhibitory activity with enzymatic reactors
 Talanta (Le Hoang Lam, Tomoko Shimamura, Munetaka Ishiyama, Hiroyuki Ukeda) 79/, 1130-1134 2009 (学術雑誌)

Chemical and aroma profiles of yuzu(Citrus junos)peel oils of different cnltivars
 Food Chemistry (Nguyen Thi Lan-Phi, Tomoko Shimamura, Hiroyuki Ukeda, Masayoshi Sawamura) 115/, 1042-1047 2009 (学術雑誌)

抗酸化物質の2成分混合系におけるDPPHラジカル消去活性
 日本食品科学工学会誌 (松藤寛, 佐々怜一郎, 本間友輝, 宮島拓臣, 千野誠, 山崎壮, 島村智子, 受田浩之,松井利郎, 松本清, 山形一雄) 56/3, 129-136 2009 (学術雑誌)

食品の抗酸化能評価法
 Foods & Food Ingredients Journal of Japan (石川洋哉,松本清,受田浩之,島村智子,松藤寛,山崎壮) 215/1, 5-16 2010 (学術雑誌)

既存添加物ドクダミ抽出物の品質評価
 日本食品科学学会誌 (石附京子,多田敦子,杉本直樹,松本清,受田浩之,松藤寛,山崎壮,河村葉子) 17/3, 192-197 2010 (学術雑誌)

Elucidation of mechanism of aminoreductone formation in the Maillard reaction
 International Journal of Dairy Technology (Vu Thu Trang, Tomoko Shimamura, Takehiro Kashiwagi, Hiroyuki Ukeda and Shinya Katsuno) 64/2, 188-196 2011 (学術雑誌)

Demonstration of the presence of aminoreductone formed during the Maillard reaction in milk
 Food Chemistry (Tomoko Shimamura, Yoshikazu Kurogi, Shinya Katsuno, Takehiro Kashiwagi,Hiroyuki Ukeda) 129/, 1088-1092 2011 (学術雑誌)

Surface enhanced Raman scattering spectroscopy of Ag nanoparticle aggregates directly photo-reduced on pathogenic dacterium (Helicobacter pylori)
 Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry (Hayato Kudo, Tamitake Itoh, Takehiro Kashiwagi, Mitsuru Ishikawa, Hiroaki Takeuchi, Hiroyuki Ukeda) 221/, 181-186 2011 (学術雑誌)

碁石茶がアディポサイトカインの変動に及ぼす影響
 日本食品科学工学会誌 (横田純子,常風興平,吉岡三郎,森山洋憲,邑田修三,大石雅夫,受田浩之,宮村充彦) 58/8, 398-402 2011 (学術雑誌)

In Vitro Antimicrobial Activity of Aminoreductone against the Pathogenic Bacteria Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus (MRSA)
 Journal of Agricultural and Food Chemistry (u Thu Trang, Hiroaki Takeuchi, Hayato Kudo, Shinya Katsuno, Tomoko Shimamura, Takehiro Kashiwagi, Vu Hong Son, Tetsuro Sugiura, and Hiroyuki Ukeda) 59/, 8953-8960 2011 (学術雑誌)

In Vitro Anti-Helicobacter pylori Activity of Chinese Chive (Allium tuberosum)
 Food Science and Technology Research (Hayato Kudo, Hiroaki Takeuchi, Tomoko Shimamura, Youshu Kadota, Tetsuro Sugiura and Hiroyuki Ukeda) 17/6, 505-513 2011 (学術雑誌)

Antimicrobial Activity of Natural Products and Food Components
 Curr. Res. in Agriculture & Food Chem (Hiroaki Takeuchi, Tomoko Shimamura, Hayato Kudo, Hiroyuki Ukeda, and Tetsuro Sugiura) 1/, 1-12 2012 (学術雑誌)

Superoxide dismutase activity of Helicobacter pylori perse from 158 clinical isolates and the characteristics
 Microbiology and Immunology (Keiko Morishita, Hiroaki Takeuchi, Norihito Morimoto, Tomoko Shimamura, Yoshu Kadota, Masayuki Tsuda, Taketoshi Taniguchi, Hiroyuki Ukeda, Tetsuya Yamamoto and Tetsuro Sugiura) 56/, 262-272 2012 (学術雑誌)

The influence of Goishi tea on adipocytokines in obese mice
 Food Chemistry (Junko Yokota, Kohei Jobu, Saburo Yoshioka, Takehiro Kashiwagi, Tomoko Shimamura, Hironori Moriyama, Shuzo Murata, Masao Ohishi, Hiroyuki Ukeda, Mitsuhiko Miyamura) 138/, 2210-2218 2013 (学術雑誌)

酸化防止剤力価評価を目的としたDPPHおよびABTSラジカル消去能評価法の特性比較
 日本食品保蔵科学会誌  (山内良子、深水さやか、小浜友紀子、島村智子、柏木丈拡、受田浩之、穐山浩 、松井利郎、石川洋哉 ) 40/ 2 , 55-63 2014 (学術雑誌)

高知県経済を支える食品産業の未来
 四銀経営情報 (受田浩之) 137/3, 7-26 2014 (その他)

土佐の魚食を支えるカツオについて考える
 高知大学留学生教育  (受田浩之) No. 8/, 43-59 2014 (大学・研究所等紀要)

地(知)の拠点を目指して―高知大学インサイド・コミュニティ・システム(KICS)―
 高知大学リサーチマガジン  (受田浩之) no. 9/, 2-3 2014 (その他)

酸化防止剤力価評価を目的としたDPPHラジカル消去能測定におよぼす反応溶媒の影響
 日本食品保蔵科学会誌 (山内良子、石井佐弥、草場悠里、小林弘司、島村智子、受田浩之、穐山浩、石川洋哉 ) 42 /5 , 189-196 2016 (学術雑誌)

碁石茶に含まれる抗酸化成分の解明
 日本食品保蔵科学会誌 (島村智子、柏木丈拡、松本結香、吉次香菜子、平岡あゆみ、山添智香子、森山洋憲、大石雅夫、宮村充彦、受田浩之 ) 43 / 3, 103-110 2017 (学術雑誌)

既存添加物チャ抽出物中のカテキン類含量と抗酸化力価の関係
 日本食品化学学会誌 (島村智子、伊藤裕才、久保勇人、柏木丈拡、石川洋哉、松井利郎、山崎壮、多田敦子、杉本直樹、穐山浩、受田浩之 ) 24 / 1, 10-15 2017 (学術雑誌)

かつお節をはじめとする各種節類抽出液に含まれる環状ジペプチドの定量
 日本食品保蔵科学会誌 (島村智子、山本憲司、大塚祐季、林未季、柏木丈拡、受田浩之 ) 43/ 5 , 227-233 2017 (学術雑誌)

高知県の地域食材が有する機能性の解明とその検証
 Foods and Food Ingredients Journal of Japan (受田浩之、島村智子 ) 222 /1, 27-34 2017 (その他)

苦味と健康〜脳と腸の円滑なクロストークを目指して〜
 ソフト・ドリンク技術資料 (受田浩之) 181 /, 1 2017 (その他)

生涯活躍できる元気な地域づくりを目指して―地域おこし協力隊や日本版CCRCを活用して移住策を推進―
 地域づくり (受田浩之) 10月号 /, 2-5 2017年 (その他)

地域の食品産業を支える土佐フードビジネスクリエーター人材創出事業
 産学官連携ジャーナル (受田浩之) 13 /11, 27-29 2017 (その他)

高知県の地域食材が有する機能性の解明とその検証
 臨床化学 (受田浩之、島村智子、石塚悟史) /47, 374-386 2018 ()

Quantification of Proline-containing Cyclic Dipeptides by LC-MS/MS
 ANALYTICAL SCIENCES AUGUST (Yuuki OTSUKA, Tomoko SHIMAMURA, Michio SAKAJI, Takehiro KASHIWAGI, and Hiroyuki UKEDA) /VOL. 36, 2020 ()

■ 研究業績(著書)
図説フローインジェクション分析法 基礎と実験(1989)
 出版社:廣川書店

Assay of Enzyme Superoxide Dismutase(2001)
 出版社:Recent Re. Devel. Anal. Biochem.

Analysis on Maillard Reaction Products in Food Using Tetrazolium Salt XTT(2002)
 出版社:Current Topics in Analytical Chemistry

食品酵素化学の最新技術と応用 ―フードプロテオミクスへの展望―(2004)
 出版社:シーエムシー出版

Sample Preparation (2004)
 出版社:Encylopedia of Analytical Science Second Edition

Enzyme-Based Assays (2004)
 出版社:Encylopedia of Analytical Science Second Edition

新・食品分析法U‐食品機能と安全保証のための分析技術‐:「食品成分の抗酸化性評価における活用事例」(2006)
 出版社:光琳

食品分析学 機器分析から応用まで:「構造解析に用いられる機器分析法」(2006)
 出版社:培風館

農産物・食品検査法の新展開(2010)
 出版社:株式会社 シーエムシー出版

「食品分析」,機能性評価法:抗酸化能229-239,ポリフェノール249-256.(2011)
 出版社:丸善出版

テキスト「産学連携学入門」上巻 第2編地域システム 第2部 産業区分を超えた産学連携システム 第4章 食品産業の振興に向けた中核人材育成システム(土佐FBC)の構築 産学連携学会編 207-212 受田浩之 (2016)
 出版社:産学連携学会発行

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)
牛乳の評価方法及び評価キット
 152410

スーパーオキシドジスムターゼ活性および活性酸素の測定法
 196896

水溶性抗酸化物質、デュナリエラ水抽出物、飲食物、化粧料及び医薬部外品
 299188

高濃度塩水の製造方法および海水の濃縮システム
 320798

魚介類用餌飼料
 189929

アンジオテンシンI変換酵素活性の測定方法
 202515

脂肪細胞縮小化剤、医薬品及び飲食品
 210917

抗ピロリ菌組成物と、その製造方法
 217384

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る