■ 氏名
永田 信治 (ナガタ シンジ)
NAGATA Shinji

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Multidisciplinary Science Cluster, Life and Environmental Medicine Science Unit/Professor
教育研究部 総合科学系 生命環境医学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Agriculture and Marine Science, Department of Agricultural Chemistry
農林海洋科学部 農芸化学科

■ 連絡先
住 所
電 話088-864-5190
F A X
E-Mailnagashin●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://wwwagr.cc.kochi-u.ac.jp/japan/selfintro/606/1.html http://www.cc.kochi-u.ac.jp/~hmura/

■ 卒業大学及び大学院等
昭和55年静岡大学農学部農芸化学科卒業
昭和60年京都大学大学院農学研究科農芸化学専攻博士課程修了

■ 学位(種類)
京都大学農学博士

■ 所属学会
日本農芸化学会、日本生化学会、日本生物工学会、日本ビタミン学会、日本蛋白質科学会、極限環境微生物学会、バイオインダストリー協会、応用微生物学研究協議会、日本アーキア研究会、酵素工学研究会、好塩微生物研究会、環境医学研究会

■ 専門分野
応用微生物学、遺伝子工学、発酵化学、酵素化学、蛋白質工学

■ 主な研究テーマ・活動
●有用微生物、有用酵素の探索と利用
1.β-1,3-1,6-グルカンを生産する黒酵母の分離と育種
2.黒酵母β-1,3-1,6-グルカンの機能解析と食と健康への利用
3.食品や血液中の機能性β-1,3-1,6-グルカンの酵素定量法の開発
4.β-1,3-1,6-グルカンの凝集性を利用した科学教材の開発と環境教育への活用
5.香気性に優れた有用清酒酵母の分離、育種とその醸造への利用
6.黒潮圏に生息する野生酵母の探索、解析とその製パンへの利用
7.動物の消化器官系及び植物性バイオマスに由来する乳酸菌の探索と乳酸発酵の利用
8.高大による科学教育・環境教育の連携と実験的食育の実践

■ 研究についてのPR
 日常の食生活で身近な発酵食品や医薬品を作るために、微生物や微生物が持つ酵素が利用されています。未知な環境から未知の微生物を見出し、その機能を物質生産や暮らしの中でうまく活用することは、とても素晴らしいことです。さらに、微生物が生産する機能性物質を食に活用することで健康を維持したり。環境保全に役立てることもできます。また、地球の生態系において狂い始めた物質循環を、微生物によって改善する研究を深めれば、身近な環境保全や宇宙ステーションのような閉鎖的環境の維持、管理に役立ちます。また、遺伝子組換えや遺伝情報の解析技術を活用して、生物の同定、育種、動物の雌雄判別や動物の感染症の遺伝子診断など、活躍できる場が多彩です。
過去20年間、様々な環境の微生物酵素を用いてアミノ酸や医薬品などの有用物質を生産する研究を行ってきました。遺伝子工学を用いた微生物の遺伝子解析や育種などの機能改変であり分子レベルの研究です。ここ5年程は自然界、発酵醸造、腸内の微生物相など細胞と生体レベルの研究で、ヒトの食と健康に重要な微生物とその代謝物を研究しています。また、食品生産の現場で有用な微生物の利用法を、現場の優れた人材と一緒に開発しています。
参考:
●http://www.sangakuplaza.jp/page/138709
●http://deainoba.jp/data/view_detail.php?subject_id=00184
●http://read.jst.go.jp/public/cs_ksh_008EventAction.do?action4=event&lang_act4=
J&judge_act4=2&knkysh_name_code=1000040664

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
=社会人を対象とした講演=
●「高知の現場から発信するバイオの世界」
 大学から社会、そして世界に飛び出す研究成果は様々です。そこには知っているようで知らなかったワクワクしそうなネタが満載! 高知県から社会へ、そして世界に発信するバイオテクノロジーの世界を覗いてみましょう。
●「微生物によるバイオテクノロジー戦略」
 私達の暮らしの中で活躍する微生物は無限です。バイオテクノロジー戦略の数々を実現するための主役は微生物! 遺伝子操作から医療や食品、農業から環境保全に至るまで、幅広く活躍する生命の営みを、様々な分野で見てみましょう。
=高校生を対象とした講義=
●「微生物のおかげで生きてます。 〜食と環境を守る微生物パワー〜 」
 微生物って悪者? 私達の暮らしの中で活躍する微生物は無限です。そして未知なる微生物も無限です。医療や食品、農業から環境保全に役立つ生命の姿を学び、大腸菌や放線菌、カビ、酵母を観察して理解を深めましょう。
●「環境にやさしいって何? 〜環境を守る微生物〜 」
 地球が生まれて46億年。生命が誕生して35億年。人間が出現してわずか100万年でバランスを崩してしまった地球。生態系の維持と環境浄化に役立つ微生物の営みってどんなものが理解しよう。そして、細胞や微粒子を瞬時に凝集させる微生物多糖を用いて、汚水処理などの過程を体験してみましょう。
●「遺伝子って怖い? 〜未来のための遺伝子組換え〜 」
 遺伝子って面白い? 遺伝子組換えって怖そう? 怪物が生まれるの? 知らないままにマスコミに踊らされる社会! 生物育種を目的とする遺伝子組換えが、何のためにどのように利用されているかを考えてみよう。そして、細胞を壊して遺伝子の本体DNAを抽出してみましょう。
=小・中学生を対象とした講義=
●「身近な微生物を探そう」
 微生物って何? 私達の暮らしの中で活躍する微生物は沢山あります。生態系を守るために空気中や土壌など様々な環境に生育し、我々の体内や皮膚にも付着しています。そんな微生物を育ててみましょう。

■ 研究業績
●Purification and properties of cycloinulooligosaccharide fructanotransferase from Paenibacillus polymyxa MG-CF6, F. Nanjo, K. Goto, H. Oka, H. Muramatsu, S. Kato and S. Nagata (2008), Journal of Applied Glycoscience, 56, 356 (2008)
●Molecular characterization of lysine 6-dehydrogenase from Achromobacter denitrificans, P. Ruldeekulthamrong1, S. Maeda, S. Kato, S. Nagata, S. Sittipraneed, K. Packdibamrung, H. Misono, BMB reports, 790 (2008)
●Characterization of an Inducible Phenylserine Aldolase from Pseudomonas putida 24-1,
H. Misono, H. Maeda, K. Tuda, S. Ueshima, N. Miyazaki, S. Nagata, Appl. Environmet. Microbiol., 71(8) 4602 (2005)
●Molecular identification of monomeric aspartate racemase from Bifidobacterium bifidum, T. Yamashita, M. Ashiuchi, K. Ohnishi, S. Kato, S. Nagata, H. Misono., Eur. J. Biochem. 271, 4798 (2004)
●Cloning and sequenceing of the leucine dehydrogenase gene from Bacillus sphaericus
IFO3525 and importance of the C-terminal region for the enzyme activity, R. Katoh, S. Nagata, H. Misono, 23, J. Mol. Catalysis B:Enzymatic, 239 (2003)
●Purification and characterization of leucine dehydroganase from an alkalophlic
halophile, Natronobacterium magadii MS-31, R. Katoh, S. Nagata, A. Ozawa, K. Ozawa, T. Ohshima, M. Kamekura, H. Misono, 23, J. Mol. Catalysis B:Enzymatic, 231 (2003)
●Novel halophilic 2-aminobutyrate dehydrogenase from Halobacterium saccahrovorum DSM1137, S. Nagata, Y. Kobayashi, S. Shinkawa, R. Katoh, T. Ohshima, H. Misono, 23, J. Mol. Catalysis B:Enzymatic, 223 (2003)
●Molecular characterization of alanine racemase from Bifidobacterium bifidum. T.
Yamashita, M. Ashiuchi, K. Ohnishi, S. Kato, S. Nagata, H. Misono, 23, J. Mol.
Catalysis B:Enzymatic, 213 (2003)
●Characterization of short-chain dehydrogenase/reductase homologues of Escherichia
coli (YdfG) and Saccharomyces cerevisiae (YMR226C). H. Fujisawa, S. Nagata, H.
Misono, 1645, Biochim. Biophys Acta,89 (2003)
●Cloning and overexpression of the 3-hydroxyisobutyrate dehydrogenase gene from
Pseudomonas putida E23., E. K. Chowdhury, Y. Akaishi, S. Nagata, and H. Misono,
Biosci. Biotechnol. Biochem. 67, 438 (2003)
●Cloning, equencing, and overexpression in Eshcerichia coli of a phenylsaerin
dehydratase gene from Ralstonia pickettii PS22, H. Okuda, S. Nagata, H. Misono, 66,
Biosci. Biotechnol. Biochem., 2754 (2002)
●Cloning and sequencing of the serine dehydrogenase gene from Agrobacterium
tumefaciens,H. Fujisawa, S. Nagata, E. K. Chowdhury, M. Matsumoto, H. Misono, 66,
Biosci. Biotechnol. Biochem., 1137 (2002)
●Characterization of D-threonine dehydrogenase homologues of Escherichia coli, YbbQ
and YhaE., T. Miyaji, M. Ashiuchi, K. Packdibamrung, S. Nagata, and H. Misono, 12,
J. Mol. Catalysis B: Enzymatic, 77 (2001)
●Cloning, sequencing, and expression of meso-diaminopimelate dehydrogenase gene from
Bacillus sphaericus., S. Sakamoto, M. Seki, S. Nagata, and H. Misono, 12, J. Mol.
Catalysis B: Enzymatic, 85 (2001)
●Breeding of sake yeasts that produce enhanced levels of flavor by transformation
with a mutanted LEU4 gene or leudh gene., H. Uehigashi, R. Katoh, O. Kawamoto, M.
Seki, E. Nakagawa, Y. Ojima, S. Nagata, H. Misono, 96, J. Brew. Soc. Japan, 129 (2001)
●Relationship between the reduction of tetrazolium salt XTT and DNA strand Breakage
with aminosugars., T. Shimamura, A. Takamori, H. Ukeda, S. Nagata, and M. Sawamura,
48, J. Agric. Food Chem., 1204 (2000)
●Effect of the conditions used in the steamed rice cooling process of sake brewing
on aging., H. Uehigashi, H. Moriyama, H. Sugano, S. Nagata, H. Misono, 95, J. Brew.
Soc. Japan, 70 (2000)
●The Characterizations of the Ginnoyume Rice Cultivar for Sake Brewing., H.Uehigashi,
Y. Nakamura, H. Moriyama, M. Mizobuchi, N. Sugano, S. Nagata, H. Misono, 94, J. Brew.
Soc. Japan, 840 (1999)
●Breeding of sake yeast that produce enhanced levels of flavor by transformation with
a mutated FAS2 gene and their utilization in brewing rice flour shochu., H. Uehigashi,
E. Nakagawa, H. Moriyama, S. Nagata, H. Misono, 94, J. Brew. Soc. Japan, 840 (1999)
●Alanine dehydrogenase from Enterobacter aerogenes: Purification, characterization,
primary structure, M.K Chowdhury, T. Saito, S. Nagata, M. Ashiuchi, H. Misono, 62,
Biosci. Biotech. Biochem., 2357 (1998)
●Nucleotide sequence, cloning, and overexpression of the D-threonine dehydrogenase
gene from Pseudomonas cruciviae, M. Ashiuchi, K. Packdibamrung, T. Miyaji, S. Nagata,
H. Misono, 167, FEMS Microbiol. Lett., 75 (1998)
●The GLY1 gene of Saccharomyces cerevisiae encodes a low-specific L-threonine
aldolase that catalyzes cleavage of L-allo-threonine and L-threonine to glycine,
Ji-Quan Liu, S. Nagata, T. Dairi, H. Misono. A. Shimizu , H. Yamada, 245 Eur. J.
Biochem., 289 (1997)
●A Novel NADP-dependent serine dehydrogenase from Agrobacterium tumefaciens., E. K.
Chowdhury, I. Higuchi, S. Nagata, H. Misono, 61, Biosci. Biotech. Biochem., 152 (1997)
●3-Hydroxyisobutyrate dehydrogenase from Pseudomonas putida E23: Purification and
characterization, E. K. Chowdhury, S. Nagata, H. Misono, 60, Biosci. Biotech. Biochem., 2043 (1996)
●A novel phenylserine dehydratase from Pseudomonas pickettii PS22: Purification,
characterization, and sequence of its phosphopyridoxylpeptide., H. Okuda, S. Nagata,
H.Misono, 119, J. Biochem., 690 (1996)
●Occerrence of an Inducible Phenylserine Dehydratase in Pseudomonas pickettii PS22
Isolated from Soil, H. Misono, H. Okuda, K. Shin, S. Nagata, S. Nagasaki, 59, Biosci.
Biotech. Biochem.,339 (1995)
●Gene cloning, purification, and characterization of thermostable and halophilic
leucinedehydrogenase from a halophilic thermophile, Bacillus licheniformis TSN9, S.
Nagata, S. Bakthavatsalam, A.G. Galkin, H. Asada, S. Sakai, N. Esaki, K. Soda, T.
Ohshima, S. Nagasaki, H. Misono, 44, Appl. Microbiol. Biotechnol., 4432 (1995)
●総説
・永田信治,「微生物を食べる!〜食と健康と微生物」,2008年3月,高知大学ラジオ講座読本「Liberation」,高知大学
・池上裕倫,永田信治,「黒酵母由来β-グルカン〜その多機能性と未来〜」,2007年6月,食品工業,第.50巻,11号,光琳
●権利化及び商品化
・No.164-743 水質浄化体験セットGYS-Tの商品化(平成19年3月)(製造:ケニス梶j
・成果有体物作成開示(平成18年12月)「高知野生酵母」(製パン:南国市・ペロリ)
●特許
・「D-フェニルセリンデアミナーゼ及びその利用」発明者:村松久司、永田信治、山本浩明、出願人:高知大学、潟_イセル化学、日本、特開2009-010466
・「β-1,3-1,6-グルカンの定量方法」発明者:永田信治、村松久司、池上裕倫、宮脇香織、尾仲隆(2008)、出願人:高知大学、潟\フィ、日本、特願2008-207967
・「L-フェニルセリン脱水素酵素の製造法」発明者:味園春雄、永田信治、山本浩明、出願人:高知大学、ダイセル化学梶A日本、特願2005-069615
・「新規な環状オリゴ糖生成酵素、その製造方法および環状イヌロオリゴ糖の製造方法」、発明者:南条文雄、永田信治、味園春雄、出願人:東京フードテクノ梶A日本、特願2003-038182
・「(S)-4-ハロ-3-ヒドロキシ酪酸エステルの製造に有用な酵素をコードする遺伝子、その取得方法、及びこれを利用した光学活性アルコールの製造方法」、発明者:山本浩明、永田信治、味園春雄、出願人:ダイセル化学梶A日本、特開2002-209592
・「アラニン脱水素酵素遺伝子、組換え体DNA及びアラニン脱水素酵素の製造法」、発明者:味園春雄、永田信治、鈴木英之、出願人:キッコーマン梶A日本、特開2000-125876


前ページへ戻る