■ 氏名
関 伸吾 (セキ シンゴ)
SEKI Shingo

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Agriculture Unit/Professor
教育研究部 自然科学系 農学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Agriculture and Marine Science, Department of Marine Resource Science, Aquaculture Course
農林海洋科学部 海洋資源科学科 海洋生物生産学コース

■ 連絡先
住 所
電 話088-864-5153
F A X
E-Mailseki●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 卒業大学及び大学院等
昭和57年3月 高知大学農学部栽培漁業学科 卒業
昭和59年3月 高知大学大学院農学研究科栽培漁業学専攻 修了
昭和63年3月 愛媛大学大学院連合農学研究科生物資源生産学専攻 修了

■ 学位(種類)
農学博士(1988.3 愛媛大学)

■ 所属学会
日本水産学会、日本魚類学会、日本水産増殖学会、日本動物育種学会、水産育種研究会

■ 専門分野
魚介類の育種、魚介類の集団遺伝学

■ 主な研究テーマ・活動
放流種苗の遺伝的多様性評価および放流後の動態に関する研究
野生集団の遺伝的多様性評価と地理的分化に関する研究
外来種による遺伝的攪乱に関する研究
水生生物相から見た河川環境の評価に関する研究

■ 研究についてのPR
 私の研究分野は水族遺伝学を柱として大きく2つのテーマを掲げ、研究を進めております。1つ目は、育種学的見地からの遺伝学、つまり、魚介類について選抜育種を進める上で重要と思われる有用形質の探索を行うことです。その手法として、バイオテクノロジーを利用した選抜や連鎖地図の作製による有用形質の探索を行っております。2つ目は保全生物学的見地からの遺伝学、つまり、野生生物を貴重な遺伝資源とし、遺伝学的な見地からその集団の保全を考えていこうとするものです。そのような観点から人工採苗集団や野生集団の遺伝的多様性評価、野生集団における地理的分化の把握、野生集団の遺伝子流動や近親交配、外来種による遺伝的攪乱等をテーマとした研究を行っております。また、生態学分野として3つ目のテーマ、水生生物相から見た河川環境評価を掲げ、人工構造物が水生昆虫を中心とした水生生物の種多様性に及ぼす影響、水生生物の多様性・生産量が当該河川の淡水魚の生息個体数、種数に与える影響等についての研究も進めております。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
魚介類のバイオテクノロジーに関する講演会
遺伝学的観点からの野生生物の保護に関する講演会
魚介類の地理的分化に関する講演会
河川の水生生物に関する学習会

■ 研究業績
Amplified fragment length polymorphism markers reveal population structuring in Dimidiochromis kiwinge (Teleostei: Cichlidae), a commercially-exploited species from Lake Malawi, African J. Aqua. Sci., 32(1), pp.39-44, 2007 (注 共著)
Nuclear marker reveal that inter-lake cichlids’ similar morphologies do not reflect similar genealogy, Molecular Phylogenetics and Evolution, 40, pp.383-388, 2006 (注 共著)
Genetic diversity within the genus Cynotilapia and its phylogenetic position among Lake Malawi’s mbuna cichlids, African J. Biotechnol., 4(10), pp.1195-1202, 2005 (注 共著)
Preliminary study on linkage mapping based on microsatellite DNA and AFLP markers using
Homozygous clonal fish in ayu (Plecoglossus altivelis ), Mar. Biotechnol., 6, pp.327-334, 2004
(注 共著)
Detection of ayu sex-linked DNA markers using homologus clones, Fisheries Science, 70巻,1号,pp.47-52, 2004(注 共著)
同一環境下で継代飼育されたアユPlecoglossus altivelis 3品種間における温度適応力の差異,日本水産学会誌,69巻,5号,pp.717-725, 2003(注 共著)
Breeding new strains of tilapia: development of an artificial center of origin and linkage map based
on AFLP and microsatellite loci, Aquaculture, 185巻,pp.43-56, 2000(注 共著)
AFLP analysis of genetic diversity in three populations of ayu Plecoglossus altivelis, Fisheries
Science, 65巻,6号,pp.888-892, 1999(注 共著)
Isolation and characterization of microsatellite loci of Clarias macrocephalus and their application to genetic diversity study, Fisheries Science, 65号,4号,pp.520-526,1999(注 共著)
Genetic differences in quantitative traits of cultured strains and gynogenetic lines of red sea bream, Pagrus major, SUISANZOSHOKU, 47巻,1号,pp.21-28,1999(注 共著)


前ページへ戻る